ダイエット-まだ三週間だけれど、「今のところの基本方針」とご相談 その1

私が購入した本が、どちらかというと、糖質制限ではなく、糖質を燃やせるようなビタミンBやたん白質が足りている身体にするための食事をすることで痩せようという本であったので、食事制限がきついというより、結構良く食べている感じもないわけではない。
下手をすると、ダイエットをする前より、種類数も絶対量も多く食べているかも知れない。

間違っているところがあるかも知れないが私が今行っている食事の基本方針は、

1.ご飯を食べるときは、まず、お茶→汁物→小鉢のような野菜類→動物性たんぱく質→それでも足りないなら、ご飯の順序で食べる。
結局、液体や食物繊維をおなかに沢山入れてから、食事に必須の動物性たんぱく質を食べ、最後、糖質を量を少なめに食べるようにして、お腹がいっぱいになるように仕向ける。(おかずでご飯を食べることはやめている)

ということで、私も汁物を作っておく以外、小鉢のような野菜主体のおかずを作らねばと思っているのだが、3週間で作ったのは、かぼちゃと挽肉の煮っころがしだけ。

でも、強い味方が身近にいたのだ、浅草橋の野菜スタンドに最近、ピンク色をした薄く切った大きなかぶの甘酢漬けがあったのだ。
社長に「このピンク色は、梅酢?」とまたおバカなことを聞くと、何でも、赤カブを漬けたからピンク色だとのこと。
なるほど~と、この甘酢漬けを買って来て、一日一パック、三回の食事の度に、汁物の次に食べることにしていた。
で、はじめ1パック買って気に入ったので、次に5パック買ったのがっ数日前に終わってしまった。


d0063149_20465589.jpg
でも、今日無事に注文しておいた10パックを買うことができた。

d0063149_20465870.jpg


赤かぶというのも、今頃の農作物だから、一年中この甘酢漬けはないわけで、どうしようかと思う。
ちらっと考えたら、自分で大根とニンジンのなますとか、お酢を柔らかくして作ればいいのかな?

また、その本には、週に三回くらい、食事の最初にごぼうを食べると良いと書いてあったのだけれど、ごぼう料理も面倒くさいよね?
また、きんぴらとかもう飽きているし、そういうことに頭を使うのは、もっとダイエットに慣れて、自分に余裕ができてからと自分を甘やかした。
もしかしたら、鳥越おかず横丁の郡司味噌漬物店に、ごぼうのお漬物とかあるのでは?と思い、見に行ったら、一つだけ、黒ごぼうという細いごぼうのお漬物があったので購入500円。
これも味がそんなに濃くなくて、ボリボリ食べることができて良かった。(ただ、ごぼうをたまに食べても、何の効果も全く実感していない)

そして、汁物も作っておける時ばかりではないので、多慶屋で、簡単に飲めるスープの素を色々買って来て常備し出した。
中でも、結構トマトのポタージュがお気に入り。(私は、化学的な日本のだしは苦手なのだが、洋風のスープの素は結構大丈夫なので、スープ関係ばかり買ってしまう)

d0063149_20465366.jpg
2.この本では、30~40歳の女性が毎日2千kcal摂取することを前提にしているようだが、他の栄養の本を色々チェックしたら、それだと、私の世代は、1600kcalで良いみたい。
だったら、何で調整するかというと、現在は、今まで、一回の食事で160gのご飯粒を食べていたところを80gにしている。(それも食べるとき、本当に30回ずつ噛んで、殆ど液状にして喉に送り込んでいる。<笑>)

それでも、一日のうち1度くらいは、160g取ってしまうこともあるのだが、その時とか、外食で多めに食べた時は、その後の食事で、ご飯を食べるのをやめたりしている。
でも、1で書いたように、毎食必ず、汁物を飲み、野菜をたくさん取り、動物性たんぱく質を食べるから、そんなに辛いことはない。

その他にも、色々なことをやっているのだが、本日、体重を計ったら、1週間前より900g減っていたので、ホッ。

また、ダイエットの方針についてだったり、ほんのちょっとの知恵なぞ書きたいことはあるのだが、今日はこんなところで。

で、ダイエットにちょっと関連して、ご相談なのだが、私は今後も揚げ物とか食べたいのだ、とんかつも好きだし、牡蠣フライも好き。
それをどうしようかと考えている時に、ちょうどオーブントースターの調子が悪くなったので、買い替えるとしたらとAmazonで調べたら、現在、コンベクションオーブンのようなオーブントースターが結構安く出ていることがわかった。
コンベクションオーブンを買えば、油を使わず揚げ物にできるとのことで、ダイエットに良いかなと思う。
でも、どなたか、使ってらっしゃる方から、意見を聞いてみたいです、使ってらっしゃる方、是非教えてください。

[PR]

by mw17mw | 2017-12-13 20:53 | ダイエット・健康 | Comments(0)