人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

蔵前駅界隈-「龍昇房」で汁なしパクチー担々麺

日曜日は朝から晩までずっと雨。
こういう日に部屋の掃除をしなくてはいつするの!と思い、家にいながら、PCの前にも座らず、一日中、部屋を片付けていた。
気晴らしにお昼はどこかに食べに行くことにし、歩いて行けるところで探してみた。
でも、最近、歩こうという気になる近隣に、日曜日のお昼、営業しているお店が増えた。
マスクラマエ、らーめん改、タンタンタイガー、それと、タンタンタイガーの近所の店の名前と経営者がくるくる変わる中華料理屋さん。
TOMITさんの食べログで、その中華料理屋がまた名前と経営者が変わって、現在、龍昇房という名前の中華料理屋さんになったことを知って、買い物のついでに前を通ってみたら、10月中は麺祭りで、麺料理全て700円と書いてあったし、ここを狙って、傘をさして、出かけた。

まず、マスクラマエの前を通ったので、メニューをチェックしたら、鶏のから揚げで千円とのこと。
昨日のお昼は天ぷらだったし、揚げ物はパスと思って、龍昇房に向かっただのが...。


d0063149_16071908.jpg

雨で、客は殆どいないで、私と入れ違いで出て行ったお客がいただけ、夜は臨時休業すると出ていた。

定食も売り物のお店のよう、画像は撮らなかったけれど、夜のメニューの中に、揚げ茄子の山椒風味なぞがあり、もしかして、私が好きなあの料理があるかも知れないと喜ぶ。


d0063149_16072254.jpg
こちらが毎日のランチメニュー。
色々な麺料理があるみたいだけれど、表に書いてある「汁なしパクチー風味の担々麵」にしてみた。
普通に注文すれば、950円もするのだもの、お得。

d0063149_16072562.jpg
こちらが出てきたもので、スープ、ザーサイ、杏仁豆腐、サラダが付いてきた。
中でも、スープとザーサイが美味しかったかな。

d0063149_16072843.jpg
でも、相当油でまみれた坦々麺だった。
「汁なし担々麺」というより「油あり担々麺」という感じ。
気持ち悪いほどではなかったけれど、相当油が強く、まんべんなく麺に油が絡んでいる。
その油に唐辛子の辣味とか山椒のしびれる味が混ざっている感じ。
そうか、油って、それらの味を中和させ、滑らかに融合する働きがあるのだと感じながら食べた。(元々、唐辛子や山椒の味はそんなに強くないみたい)
他に、白ゴマのすったものとか、挽肉がたっぷり入っていて、食べよかった。
近隣の香辛料のトゲトゲが売り物のタンタンタイガーより、食べやすい担々麺だなと思いながら、完食した。
でも、二度目があるかというと、ここの汁なし担々麺は、やはり、油が強過ぎて無理かも。(他のメニューでは行ってもいいかな?)
まだ、本場の汁なし担々麺というものが良く分かっていないが、以前たべた栄児でも、結局油麺だったし、やはり、このお店の汁なし担々麺に近いかも。(と言いながら、上野に発見した「晴々飯店」で本場物とうたっている汁なし担々麺を食べて研究しよう)

お店を出るとき、お店のお姉さんに、ここは何が美味しいの?と聞いたら、麺だったら、汁なしパクチー風味担々麺、料理だったら、麻婆豆腐とのこと。
汁なしパクチー風味担々麺は、推薦しないが、お店全体については、一度だけの訪問では何とも言えない。


by mw17mw | 2017-10-25 11:59 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)