人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

はらこ飯にチャレンジ

いくら作りの先生である品川Iさんから、「生鮭をしょうゆとみりんと鮭で7−8分煮て、その煮汁でご飯を炊きます。ご飯が炊けたら一口サイズに煮た鮭を分けていくらといっしょに炊けたご飯の上にまぶしてできあがり」というメールがあり、「はらこ飯」の作り方をレクチャーしてくださったのは、10月中旬。

それから1週間くらいして、ある日、生筋子と生鮭の切り身を買って来て、作ってみた。
ただ、一人分、しかも試しなので、お米は1合にしたかったので、炊飯器は使えず、土鍋で炊いてみた。

イメージとしては、釜めしとか、鮭の親子わっぱ飯みたいなものかなと思って作ったのだが、味付けが、醤油と味醂だったので、違う味付けのものができた。

で、今となってはどのレシピを使ったのかわからなくなったが、Cookpadのレシピを参考にして、生鮭を1切れ、大きめに切って、180ccくらいのお水とお酒、お醤油、味醂で、7~8分煮て、冷ました。(何で、鮭を別に煮るかというと、鮭は煮過ぎると固くなってしまうかららしい)
(「はらこ飯 レシピ」だの「はらこ飯 レシピ 土鍋」で検索すると、たくさん色々なレシピが出てくるので、細かいことはそちらを参考にしてください)

土鍋で出汁で炊くお米の扱いがよくわからなかったので、炊飯器の場合と同じ扱いとして、洗ってお水に30分浸けておいてから、水切り。

土鍋にお米をセットして、味付けした鮭の出汁をお米と同容積入れたのかな?

それで、火にかけて、沸騰したら弱火にして10分、火を止めてから10分蓋をしたまま置いておいた。
(いや、よく考えたら、沸騰直前くらいのときに、火を弱めたかもしれない)

蓋を開けて、鮭を飾り、解凍しておいたいくらもたっぷり乗せて出来上がり。

お茶椀によそって食べたが、何だか、食べられないという程ではないけれど、ご飯が固過ぎた。
d0063149_12085168.jpg


何でだろう?この水加減で良いと思うのだが...。

全体の美味しさが、このお米の水加減や炊き方の失敗に引きづられてしまった。

炊飯器で、味付けした出汁でご飯を炊く場合は、上記の水加減とやり方で大丈夫なのだが、土鍋には通じないみたい。
もっと研究せねば。

鮭といくらを混ぜながら食べたけれど、醤油・味醂味より、塩味で炊いた釜めしのごはんの方が私の好みかも思った。

また、次の日、残りのごはんはチンして、鮭を細かくしてご飯に混ぜてみたが、そのほうが好みであった。

良いヒントをいただいたので、まだ、冷凍のいくらと生鮭の冷凍があるので、今度は、塩味で、塩味で作ってみたい。
by mw17mw | 2016-10-30 09:06 | 料理レシピ | Comments(0)