人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

たん白加水分解物とは

創味の焼き肉のたれ」の記事を書いたときに、原材料に「たん白加水分解物」なる文字を発見。

これは何だろうと検索したら、何と、扱いとしては、調味料ではなく、食品になるらしいが、所謂、うまみ調味料と同じ役割を果たし、現在、「化学調味料無添加」商品が流行っているが、化学調味料を使わなくても、このたん白加水分解物を使えば、化学調味料無添加を謡いながらも、化学調味料を使ったと同然かそれ以上の効果があるらしい。

「たんぱく加水分解物」って何? Q&A
日本生活協同組合連合会の上記ページに、どんなものか書いてある。
ま、こちらが常識的な説明だと思う。

もう一つ、もっと過激なことを書いているたんぱく加水分解物の安全性。劣悪な原料に発がん性の心配もご紹介。
(気持ちが悪いので、後半は読まなくても良いと思う)
「調味料として、しょう油(安物)、マヨネーズ(カロリーハーフなど)、ソース、ドレッシングなどによく使われています。加工食品のほとんどはこの調味料が使われるが加工食品に使われる調味料の原料には表示義務はありません。他にも外食チェーンなどにも使われます。
化学調味料が叩かれる中、「化学調味料無添加」とする裏にはたんぱく加水分解物などが使われるケースが多いです。」ということも書いてあり、参考になる。

そうか、化学調味料不使用なんて書いてあっても、これが入っていたら、ほぼ変わらないのだ。

創味の焼き肉のたれは、最初美味しかったけれど、段々飽きてしまったのは、この「たん白加水分解物」のせいかどうかは、不明。
ただ、鳥寛の焼き肉のたれに比べて、安いのは、こういうものを使っているからということは言っても良いと思う。
by mw17mw | 2016-10-20 22:17 | 調味料 | Comments(0)