天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw
カレンダー

レンジでとうもろこしを茹でる

昨日の朝、従姉から電話があり、「野菜を一昨日送ったけれど、着いた?」とのこと。
え、受け取っていないし、宅急便の不在連絡も見た覚えがない。
従姉に「ゆうパック」ということと、番号を聞いて、ネットで検索したら、不在のため、浅草郵便局に持ち帰りましたとかなんとか書いてあった。
不在票も入れたとか。

それで、自分の部屋の新聞受けとか郵便受けも見たけれど、全く、そんなものは入っていなかった。
仕方がないので、浅草郵便局に電話したら、確かに持ち帰っているとのこと、今日、これから届けるとしたら、12時から2時の間になるとのこと。
え~、それを待っていたら、一日がおわってしまうではないか、ということで、本局まで取りに行けば受け取れるか、調べてもらったら、OKとのことだったので、田原町の郵便局まで取りに自転車で行ったら、すごく重いのだ。
(という顛末だったが、「不在連絡票」が入っていなかったこと、ゆうパックは、ちゃんと事故として処理してくれるのだろうか?<していないような気がする、その場で謝って終わりみたいな>内容が野菜と宅急便の票には書いてあるが、一泊で届くと思って、常温の宅急便であったが、本局はそのままもう一泊常温の状態に置いてあったみたい。それは仕方ないとしても、不在連絡票が配達先に見あたらないというのは、私からすると、宅急便業者の致命的ミスだと思う。ゆうパックでのこういう不愉快な事故は2回目、何か、ゆうパックって、すごく脇が甘い組織だと思う)

家に帰って開けたら、とうもろこしだけでなく、なすに3種のトマト、枝豆、じゃがいも、玉ねぎなぞ、一通りの野菜を入れてくれたみたいだった。
箱を開けて取り出しているうちに、開封をした部屋中、畑の土と太陽の匂いが漂い出した。
とても新鮮できれいな野菜ばかり、一泊余計に常温で置くことになってしまったが、十分まだまだ新鮮であった、ただ、トマト一つだけが腐り始めていたのが残念、でも、悪いところを取ってしまえば、食べられそう。(そんな郵便局に取りに行ったり、皆で分けるために連絡を取っていたら、画像を撮り忘れてしまった。)

昨日は、枝豆ととうもろこしだけ、処理して食べた。
両方とも、とても良くぷっくりしていて、豊かとか、ふくよかという言葉が自然と頭に浮かぶ味。
こういう野菜は、街中では売っていないのだよね、何でも、青梅の農家までわざわざ買いに行ってくれたものとのこと。
さすがだね~。

で、とうもろこしは、茹でるか蒸すか気持ちが決まらないので、ネットで「とうもろこし 蒸す 茹でる」で検索したら、検証!とうもろこしは“ゆでる、蒸す、レンジ”どれがベスト?というページが見つかり、レンジが一番良いとかいてあったのだ。

それによると、ルクエのスチームケースが必要だったが、持っていないので、ビニール袋で代用。
ビニール袋に、皮一枚だけ残したとうもろこしを入れた、お水はもしかして入れなかったかも。
ビニール袋の口は縛らず、ゆるゆるにしておいた。
そうして、1本で1分30秒チンして、ひっくり返して1分30秒、その後、粗熱が取れるまで、そのままにしておくらしい。
私のは、「2本だったので、2分、ひっくり返し、2分、位置を変えて1分、位置を変えて1分」で茹でてみた。

そうして、電子レンジの蓋を一度開けたけれど、その後、触れるくらい冷めるまでそのままにしておいた。

で、2,3時間経ってから、触れる熱さになったので、取り出して、塩を振って食べたけれど、確かに甘さが強くて美味しい。
ただ、電子レンジだけでしか調理しなかったので、その甘さが電子レンジで調理することでより強くなったかはわからない。(元々が美味しいとうもろこしだったので)
d0063149_12042465.jpg


ルクエで調理して、粗熱が取れるまでそのままなら、どのくらいの時間がかかるのだろうか?
電子レンジで調理すると言っても、電気を使う時間は短いけれど、美味しく食べられるようになるまでは、相当の時間が必要と思った。

でもね、この前、テレビの林先生の番組で、野菜を甘くするのは電子レンジが一番と言っていたので、確かに、とうもろこしを茹でるのは、電子レンジが良いかも。
但し、ルクエを使ったら、特にだけれど、一度にたくさん調理できないところが欠点。
[PR]
by mw17mw | 2016-07-03 10:04 | 調理・料理研究 | Comments(0)