人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

亀有の洋食屋さんの「万能ソース」

金曜日の午後6時58分からのTV東京「腹ペコ!なでしこグルメ旅」という番組が結構好きで良く見ている。
(なぜか、この番組は、録画し損ねることが多かったのだが、先週とうとう「連ドラ予約」に設定した。)

最初の頃は、「また、お笑い芸人と大食い?」とその安上がりな制作姿勢を感じて、ながらで見ていたが、大食いの競い合いではないし、大食いは大食いなのだけれど、いつも普通にきれいな女性が美味しそうで幸せそうな表情でご飯を食べるし、ブラックマヨネーズも良い味を出していたので、嫌な印象がないし、また、ただただ食べ歩くだけの番組だと飽きてしまうが、それはそれなりに、大原則お金がかからないことを前提とした発想と工夫で、色々新しい試みをするので面白い。

先週の亀有特集の時は、すっかり見るのを忘れていて、途中から見たら、大食いをするお店で、評判料理のレシピを公開してもらうという企画で、「グリルさんばん」という、元帝国ホテルのシェフだった方が開いた洋食屋さんの「万能ソース」の作り方を公開するところから見ることになって、そこから、録画をしておいた。

         テレビの
          レシピ    その1/3     その1/6
(出来上がり) (約600cc)  (約200cc)     (約100cc)
玉ねぎ       1個      1/3個      1/6個
生姜        2個       2/3個     1/3個
にんにく      2かけ     2/3かけ    1/3かけ
ウスターソース  大さじ1    小さじ1     小さじ1/2
トマトケチャップ  大さじ1    小さじ1     小さじ1/2
砂糖        大さじ1    小さじ1     小さじ1/2
醤油        180cc       60cc       20cc
みりん        80cc       60cc       20cc
ごま油     スプーン1    スプーン1/3  スプーン1/6

おいしそうだったので、テレビのレシピの1/3量で作ってみたが、ざっとだが、ソースが200㏄もできてしまった。
大家族ならそれで良いかも知れないが、一人、二人暮らしの場合、全体の1/6を試しに作るくらいでちょうどよいのではないか。
d0063149_12362039.jpg


で、作った感想としては、「本当だ、洋食屋さんのバーベキューソースの味!とても美味しい!」と思った。
というのは、このレシピ、生姜が2個とか、個単位なのだ、それがどのくらいの大きさか、よくわからず、私としては、生姜焼きのソースを作ったつもりが、生姜の量が足りなくて、バーベキューソースになってしまったという感じ。

番組の中では、お店のシェフのお孫さんがこのソースをもらって家庭に帰り、唐揚げのつけだれにしたり、チャーハンに入れたり、サラダドレッシングとしても使っているようなことを言っていたかな?

作り方は、3つの野菜をすり金で受け皿に溜め、そこに、ウスターソース・トマトケチャップ・砂糖を入れて混ぜた後に、しょうゆとみりんを入れて混ぜる。
最後、そこにごま油を入れるのだが、この量も「スプーン1」というよくわからない単位なので、適当で十分だと思う。

出来上がったソースの味見をすると、ちょっと甘くて、砂糖の味がうるさいなと思ったが、実際に、豚肉の切り身半分を焼いて、このソースをかけて、火を通して仕上げたのだが、そうしたら、余計な甘さが消えて、ちょうど良い甘さになっていたから不思議。(また、次の日、ソースを味見したら、甘いのだけれど、砂糖がなじんだみたいで、「砂糖が入っています」みたいな味は消えた)

そして、このポークステーキのジンジャーソースを、どんぶりに入れたごはんの上に海苔をちぎり、細く切ったお肉とソースをかけて「ポークジンジャー丼」で食べたのだが、本当にごはんに良く合った。(豚肉の両面を焼いた後、蓋をして、火を消して、保温で熱を通した後、細く切って、フライパンに戻し、ジンジャーソースを入れて、一緒に火を通した。<そうだ、フライパンに浮かんだ脂は拭き取ってしまったが、残した方が良かったのだろうか・?)
(その日、付け合わせの野菜が全然なかったのだが、実だくさんのお味噌汁があるので、お肉とご飯だけの丼でも栄養的には問題なし)
d0063149_12362174.jpg


食べていると、別にポークでなくても、牛肉でもチキンでも、ハンバーグでも合うと思うし、付け合わせの細切りキャベツとか、ご飯の代わりにスパゲティでも、おいしいだろうなと思う。
そういう意味では、洋食屋さんのこのソースは、本当に「万能」ぽい。
(生姜を控えめにすると、「バーベキューソース」、生姜を利かせると「ジンジャーソース」?)

家庭にある調味料と香味野菜で、洋食屋さんの味が楽しめるのは、本当に良いと思った。
(このソースの作り方を知っていたら、洋食屋さん開けるのでは?と思ってしまう)
このソースは、保存については何も言っていなかったけれど、冷蔵保存で数日かな?(味がおかしくなる前まで)

洋食屋さんの味が好きな方は、真似してみる価値あり。
Commented by tara at 2014-08-27 23:02 x
こんばんわ、marin-ba様。
このソースつくってみたいです。そもそも洋食屋さんのバーベキューって、食べた事が無いのですが(汗)
最近のネタでは生姜焼きに「ショウガジャム」を作っておいて、それを入れるとおいしいと情報を仕入れました。
ショウガは擦って蜂蜜や砂糖で煮詰めるようです。
量を調整すれば、イケルような気がします。
以上、情報まで。

Commented by marin-ba at 2014-08-28 09:03 x
> taraさん
おはようございます。
バーベキューは野外料理なので、洋食屋さんにはないと思います。
敢えて、似たものを探すと、昔の洋食屋さんには、プロシェットとかいう名前の長い銀串に色々なお肉の塊を刺して焼いた料理がありました。
バーベキュー料理とバーベキューソースはセットだったのでしょうが、だんだん、別にバーベキューをするときでなくてもあると美味しいということで、他のお料理、例えば、ハンバーガーなぞにも使われるようになったと思います。

ま~、今回紹介したレシピは「醤油とみりん」が主な材料ですので、本当に「和風バーベキューソース」ですよね。
洋風のバーベキューソースはたぶん、高級バーガーのお店とか、高級な洋食屋さんに行けば味わえると思います。
ショウガジャム、生姜を沢山買ってしまったときなぞ良さそうですね、研究してみます。

by mw17mw | 2014-08-26 09:17 | 料理レシピ | Comments(2)