人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Myにゃんこ物語 27−メタボ猫矯正法思案中

昨晩の「孤独のグルメ」の録画を見たら、来週は、「鳥越の明太子パスタとカツサンド」とのこと。
これは、まめぞが取り上げられるに違いない、どんな風に描かれるか興味津々。
でも、まめぞさんは、これで、当分話題のお店として、遠くからもお客さんが来るだろうから、良かった、良かった。

さて、うちのにゃんちゃんだが、やはり、下半身デブ状態がすごい!
我が弟に、最近の画像を見せたら、「ずいぶん、太ったのでは?」と言われたけれど、私もそう思う。
下の画像が最新のものだけれど、やはり、お腹周り、ボテボテが、この姿勢でも良くわかる。(笑)
d0063149_12354302.jpg


うちのモトノーラは、元々、そこらへんを駆け回って暮らしていたわけではなく、目立たないように、自分の巣を荒らされないように、そして、無駄にお腹が減らないように、殆ど動かないで暮らしていたのではと思われる。
(だから、野良の時のように、えさが食べられたり、食べられなかったりぐらいのえさの量でちょうど良かったのかも知れない)

この子を拾ってきたときに、獣医さんに「家が狭くて、猫が余り運動できないのですけれど」と相談したら、「猫は、平地を歩くのではなく、どこかに上るとか、上下運動が大切」と言われ、納戸の中に、金属製の高さのある梯子を置いておいたけれど、猫は全然興味を示さなかったので、片づけてしまった。

このまま、キャットタワーを買ってあげても良いのだけれど、それでなくても、ベッド下から殆ど出てこないタイプなので、キャットタワーを部屋に置いたとして、上ってくれるという自信がない。(上ってくれなかったら、勿体ないものね)

本当に運動する習慣がなくて、食べては寝てばかりいるとしたら、食事の量を減らすしかないかしらね?

とりあえず、えさ場を立体的にしてみた。
d0063149_12354375.jpg

階段状にしたので、二段、飛ばないとえさにありつけないようにしてみたが、これだと、1日二回の食事と二回のおやつ、合わせて4回、上へ2段、下へ2段、16回上下運動するだけだものね、焼け石に水?

猫のメタボ、直す良い方法があったら、教えてください。(または、猫をベッド下から引っ張り出して、運動させる方法募集、なんちゃって、そんな方法ないよね?)
Commented by nyarcil at 2014-08-15 01:43 x
うちのワンコもメタボです。ニャンコの場合、散歩がないから、なるほどこういうアイデアもありですね。

Commented by えみぞう at 2014-08-15 21:14 x
猫じゃらしタイプのおもちゃで遊んであげたりしないのですか?

時々それで顔やら体を撫でてあげたりすると、スキンシップの練習にもなるし、私は野良さん達とお近づきになる時には、猫じゃらし→ブラシ(歯ブラシでブラッシングされる方が好きな猫もいます)→撫でる という順にステップアップしていきます。

猫じゃらしより、釣り竿タイプのおもちゃが好きな猫さんもいますが、運動にもなるし、一石二鳥だと思いますよ(^^)

Commented by あとむママ at 2014-08-15 23:58 x
我が家も室内で飼っています(5歳オス猫)。5㎏近くあるので、病院でダイエットするようにと言われてます。うちの子は尿路結石にもなりましたので、病気用でかつ低カロリータイプ(ロイヤルカナンのphコントロールライト、ヒルズc/dマルチケアライトドライ)
室内猫用とか低脂肪とか低カロリーとか、色々ありますので、「楽天 低カロリー 猫」と検索してみると、いくつもでてきますよ。大型のペットショップ(ペットショップコジマ(亀戸にもあります))で比べてみたらいかがでしょうか。

Commented by marin-ba at 2014-08-16 08:02 x
> nyarcilさん
nyarcilさんのワンちゃんは、ブログに画像が載ってらっしゃる子ですね、可愛い・。
そうですね、犬だったら、散歩という手があって、いいですね。
昨日から、2段だった階段の低いほうを外し、一段を高く飛んで餌を食べる方法に変えてみました。(笑)

Commented by marin-ba at 2014-08-16 08:05 x
> えみぞうさん
うちの子は、ずっとベッド下の奥にいて、猫じゃらしぽいものや、棒の長いものを差し込んだこともあるのですが、彼女にとって、そういうものを差し込まれると、「攻撃される」と思ってしまうみたいで、寝ていた態勢を立て直し、戦闘状態の構えに入ってしまうので、それもなかなか難しいのが実態です。
歯ブラシを長い棒にくくりつけて、それで撫でるは、まだ試していませんが、ぜひ、やってみたいと思っております。

Commented by marin-ba at 2014-08-16 08:09 x
> あとむママさん
なるほど、お医者さんできちんと診てもらって、餌も選んでもらえたら、いいですよね。
ただ、うちの子は、今のところ、捕まえるのが不可能に近くて、お医者さんに連れていけないのと、結構味にうるさく、ヒルズのサイエンスダイエット成猫用も最初は食べていたのですが、今は、まったく食べなくなってしまいました。
低カロリー、試す価値はありそうですが、口に合わなくて、食べなかったら、トホホです。

仕方がないので、昨日から、餌の量を2/3に減らしてみました、これで当分頑張ってみます。
(うちのにゃんちゃん、餌が出てくれば良いみたいで、減らしたことについて、猛烈抗議はないようです)

by mw17mw | 2014-08-14 22:37 | | Comments(6)