天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

久々宴会料理3/3-その他

メインの手巻き寿司に、まぐろとサーモンを足してみた。
まぐろは、めばちでは、まぐろらしい味が少ない気がして、でも、めばちまぐろの方が安いしで、スーパーで散々悩んだ挙句、画像の養殖の本まぐろと冷凍を解凍しためばちまぐろを粗みじんに切って、混ぜてみたが、全然美味しくならなくて、がっかり。

d0063149_17315280.jpg
画像を見てもわかるように、100gあたりの価格が倍違う。
で、今回混ぜたものは、量的には、めばち:本まぐろ=3:2だから、美味しくなかったのかも。
それにしても、久々スーパーでまぐろを見たが、中落ちだけではなくぶつ切りのまぐろにも、植物油やアミノ酸が加えられていると明記してあり、嫌になってしまう。

リーズナブルで美味しいまぐろの調達法、研究しなくては。

d0063149_17324258.jpg意外に受けなかったのは、「うずらの卵とミニトマトと軽く煮た蓮根」の甘酢漬け。
彩りがきれいだし、予め作っておけるし、一口で食べやすいので、出してみたが、誰も手を出さないという程ではないけれど、スティックサラダに比べたら、人気がなかった。
但し、甘酢の味がお寿司とかぶっているから、受けなかったとも考えられる。
う~ん、次回から作るのはやめよう。
d0063149_1733112.jpg
デザートは、ちょうど良い時期に、家庭教師先からいただいた大きなとちおとめ。(2パックもいただいてしまった。)
自分では絶対買わないであろう、高そうなとちおとめで、食べても美味しかった。

それだけでも良かったのだが、私が自分のために煮た金柑の蜜煮が沢山あったので、出してみたら、やはり、評判が良かった。
他のものなら、弟家におすそわけすることが多いのだが、金柑の蜜煮だけは、あげたことがない、美味し過ぎるからかも。(笑)
[PR]
by mw17mw | 2013-02-06 21:16 | 料理レシピ | Comments(0)