人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

2012年前半 研究したもの・美味しかったものを再評価

<2012年01月>
こうじ美白水の効果&ホホバオイル
こうじ美白水は、一時やめていたが、その効果を思い出して、今また復活させ、続いている。
何と言うか、眠る前に、こうじ美白水をつけただけではだめで、こうじ美白水を化粧水のように叩き込んだ後、他のナイトクリームなぞ、栄養を補給し、保湿効果のあるものを塗る必要があるのだ。
すなわち、こうじ美白水は、万能ではなく、多分、こうじに含まれる消化分解酵素が肌の表面で不要なものを分解してくれるだけの効果しかないのではと思っている。(これも、確かかどうかわからないが)

だから、毎日、お風呂上がりの洗顔の後で、こうじ美白水をつけた上、普通の化粧水もつけ、その上、栄養クリームも塗って、眠ると、肌に透明感が出て来て、白くなると実感している。
(だから、自分のプラスマイナス5歳くらいの知り合いで、肌に透明感のない人を見ると、つい、「こうじ美白水」を勧めたくなるのだけれど、私の世代の女性は皆、それなりに信じている手入れ法をしているわけだし、余計なお世話だろうと思って、言わないことにしている)

ま~、こうじ美白水を作って、小分けして冷凍しておいたり、解凍後は冷蔵保存だし、そういう手間はいるけれど、私からしたら、とても優れ物で、お奨め。
(ただ、解凍したこうじ美白水を冷蔵保存しておくと、10日~2週間で、酸化するみたいで、濁ったり酸っぱい匂いがし出したら、顔に塗らない方が良い。酸化したものは捨てる。ということで、最近は、小分けする時、15ccで小分けする。)

きんかんの蜜煮  2回目
昨年の目次を見ていて、これも美味しかったことを思い出し、そろそろ、今年の分を仕込もうと思っている。
きんかんの蜜煮を作ると、当然、蜜が残るのだけれど、これを溜めて冷蔵庫で保管しても腐らないみたい。
そして、夏になったら、この蜜を梅酢で割って、お水で薄めて飲むと美味しい。

<2012年02月>
適正量・鳥越おかず横丁の昆布巻き
そうそう、これも美味しかったし、ダイエット中の腹の虫塞ぎに良かったので、今年も買おうと思っている。

滑らかな甘酒の作り方
甘酒作りにフープロ(スピードカッター)を導入←3月の記事だけれど)
米麹を手で揉んで馴染ませてから使う方法は、確かに効果を感じるものの、面倒なので、最近は、フープロで砕いている。
しかも、その麹で作った甘酒は、一旦、ミキサーで再度なめらかにしてから飲んでいる。
やはり、滑らかな甘酒の方が飲みやすく、美味しいから。

体重が増えない食べ方
これは、本当に効果を感じていて、食事の最初に、サラダを食べること、サラダが無理なときは、ファイブミニなぞを飲むことを心がけている。

米麹だけの甘酒
米麹だけの甘酒と、お米と米麹で作る甘酒と、どちらが身体に良いのだろうという点なのだけれど、私の実感としては、使う米麹の量を同じにした場合(すなわち、飲む量は米麹だけの甘酒の方が少なくなる)は、お米と米麹で作る甘酒の方が効果があると実感している。
やはり、飲む量が多いからかも知れないが、はっきりしたことはわからない。
私の場合、お米の入っている甘酒を午前中に飲むと、足の神経痛が出ないのだが、米麹だけの甘酒を少量飲んだ時期に、神経痛が出て来たのだ。

<2012年03月>
塩麹豆乳
これも美味しかったのだが、塩麹と豆乳を混ぜてから、数時間冷蔵庫に入れておかないと美味しくならないので、再び作ることはない、残念。

医者も知らない酵素の力(エドワード・ハウエル)1/2  2/2
この本は良かった。
この本を読んだおかげで、酵素信者になってしまい、今でもずっと万田酵素を毎日飲んでいるし、甘酒も飲んでいる。

<2012年05月>
人は食べ物で変わるか
変わらないよね、当然。

とうもろこしのひげ茶-ダイエットに好感触(研究中)
最初、体重減少に貢献を感じたひげ茶、その後は余り効果を感じないものの、未だに飲み続けている。
何だか、ひげ茶が私の口に合うのか、それまで、コーヒーを作り置きして常に飲んでいたのが、ひげ茶に変わった。
(話は脱線するが、今、「コーヒーを飲みたい」と思うときって、脂っこいものとか、味の濃いものを食べた時だと気付いた。そう考えると、以前は、「コーヒーを常に必要とする食生活」だったのが、ダイエットを始めて、私の食生活から、以前より脂こさと味の濃さが消えたのかも知れない)

<2012年06月>
50℃洗い
これも興味はあるのだけれど、面倒なので、全然やっていない。
今年はちょっとは挑戦してみたい。

梅漬けの話しは、後半にまとめる。
by mw17mw | 2013-01-02 22:26 | その他 | Comments(0)