天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

根菜と豆のミルクスープ

d0063149_16451131.jpg先日の「結わえる」さんで味わった「根菜と豆のクリームスープ」が美味しかったので、冷蔵庫の片付けも兼ねて「こんな感じかしら?」と作ってみたら、とても美味しくできた。

結わえるさんと同じ味になったかというと、多分、あそこのは「クリームスープ」と名乗るから、生クリームを使って、リッチな味にしているのだと思う。
その点、私の作ったミルクスープは、牛乳の他、冷凍庫に凍らせてあったココナッツミルクも(冷凍庫にスペースを作るために)使ったので、あっさりした出来であった。

レシピなぞ、あってなき料理。
今回入れたものは、大根、蓮根、人参、じゃがいも、玉ねぎの根菜類、お豆は、ひよこ豆を持っていると思ったらなく、缶詰のキドニービーンズがあったので、それを使用。
他にベーコンを少々味出しに使ったし、キャベツの芯があったのでそれも入れてしまった。
(あれば、かぶとかセロリも入れたら、美味しいだろうと思った。)
あ、そうだ、最後、気が向いて、高野豆腐を入れた、きっと、油揚げやお豆腐でも馴染むと思う。

というように、台所に残っている野菜や食品の在庫一掃に向いたスープ。

1.根菜類は、1~1.5cm角に切り、じゃがいもと蓮根のみ水にさらして、水気を
  切っておく。

2.1㎝程度の幅に切ったベーコンをフライパンで熱し、油を出させ(足りなかったら、
  油を足す)、野菜の角切りを炒める。
  (炒め方はどちらかというと、じっくり炒めて水気を飛ばした方が良いと思う。)

3.そこに被るくらいのお水を入れて煮立たせ、アクを取り、ブイヨンキューブとお豆を入れて
  10分くらい煮る。

  私の場合は、その後、保温状態にして置いておく。
  保温鍋を使わない場合は、蓮根以外柔らかくなったら、出来上がりだと思う。
  (柔らかくなった=野菜の形は残っているけれど、食べると柔らかい感じ)

4.最後に、牛乳とココナッツミルクを適当というか、味を見ながら、足してみた。
  結果、スープの水分と同じくらいの量を入れたのだと思う。

5.再び温めて、塩胡椒して味を調えて出来上がり。

蓮根以外柔らかく煮えた野菜やお豆が次々に口に入って来て楽しいスープとなった。

それに、キドニービーンズ(金時豆)の色合いが、白いスープにとても映えて、美味しそうにできた。

この料理は、別に、ミルクやクリームではなく、トマトソースを入れたり、お味噌を入れても美味しくできると思った。

色々な野菜が中途半端に残っている時にお薦め。

今は、沢山できたので、冷蔵庫で保存し、毎昼食ごとに電子レンジで温めて食べている。(一週間程度持ちそう)
[PR]
by mw17mw | 2011-04-14 16:50 | 料理レシピ | Comments(0)