人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カスピ海ヨーグルト

d0063149_22295342.jpg初めてのカスピ海ヨーグルトは、タネ100g弱と、電子レンジに片面1分ずつかけた牛乳1リットルを混ぜて、27℃12時間でできた。(というか、タイマーを4時間ずつセットしていったので、12時間目に出来上ったと気付いたのだ)

出来は、オリジナルのフジッコのものより、若干、粘りが強いかなという出来であった。

しかし、私はこの全く酸味がない、良く言えば、穏やかな、悪く言えば、味に変化がないヨーグルト、どちらかというと、好きでないかも。
圧倒的に、プレーンヨーグルトの味の方が美味しいと思うのは、食べ慣れているせいであろうか?

それに、本当に良く粘って、食べにくいのだ。
悪く言うと、胃のレントゲンを取る時に飲まされるバリウムの濃度を思い出させる粘り。
この粘りを食べるのが嫌で、最近は、1割程度のお水を加えて、よ~く混ぜて食べている。(笑)
それにしても、水を入れてもすぐに馴染まないで、分離したままの状態になるところが、カスピ海ヨーグルトの粘りのすごいところ。

ほら、山芋を初めとするとろろ類だって、食べにくいから、水気が足りない場合、出汁で割って濃度を薄めるけれど、それと同じ。
余りにすごいネバネバって、胃腸には良いかも知れないが、美味しいか不味いか、食べやすいか食べにくいかと言うと、不味くて食べにくいのだ。

でも、冷蔵庫に3日位入れておいたら、若干粘りが弱くなったみたい、そうなると、乳酸菌は弱くなったのかなと心配になる。

フジッコのページを見ると、「一日に最低200g」と書いてあるけれど、プレーンヨーグルトだと一日300g以上摂るように書いてあるものが多い。
ということは、カスピ海ヨーグルトは、プレーンヨーグルトに比べて、同じ容積に対する乳酸菌の密度が1.5倍なのかしらね?と思ったりして。だから、粘るのかな?(これは全く不確かなこと、いい加減なことです)

また、フジッコのページには、「できるだけ乳酸菌のダメージを少なくする為には空腹時を避ける方が良いでしょう。又、便秘気味の方の場合は朝食べると胃直腸反射が起こりお通じが出やすいので朝食時に召し上がることをおすすめします。」と書いてあったので、この2,3日、朝、200gのカスピ海ヨーグルトにオリゴ糖8gとシナモン6振りとお水1割程度を入れて、よ~くかき混ぜてから、木の実と繊維やバナナとともに食している。
(お通じ効果はまだ確信できていない。)

プレーンヨーグルトの時は、一日3回に分けて食べていたのは、多分美味しくて、食べて気分が良いからだったのだと気付いた。
カスピ海の場合は、一日3回も味わいたくない気持ちもあって、朝一度に大量に食べてしまう。
不味くて嫌やという程不味くはないのだけれど、美味しくて楽しいという気持ちが湧かないようだ。

カスピ海の味・粘りに少しは慣れて来たが、やはり、早くプレーンヨーグルトに戻りたいなと思っている。
冷凍庫にタネ用カスピ海ヨーグルト100gが3つあり、根がケチなので、これを使ってからになる。
でも、カスピ海ヨーグルトの方が効能あらたかだったら、カスピ海ヨーグルトに留まるのかしらね?
何だか、その決心がつきそうもない。

以上、私の好みの問題だとは思います。(カスピ海を美味しいと思う方も多いかとも思いますが)
by mw17mw | 2011-01-28 22:30 | ダイエット・健康 | Comments(0)