人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

初めて「おはぎ」を作る

d0063149_2331337.jpg玄米を試みていたときに、yukiさんから、「自然食品の店で売っている黒すり胡麻の胡麻塩を玄米にかけて食べたものが一番美味しい」と連絡があったので、それを買ったのだ。
でも、その後、玄米は私には無理とわかり、使わなくなってしまった。

材質的、味的には、とても美味しい上質な黒すり胡麻であり、私の頭の中に、「これでおはぎを作ったら美味しいだろう」ということが浮かんだ。

で、今回、おはぎを作ってみた。
それに、いつもお彼岸の時に、松戸の叔父が自動車で来て、我が家でお墓参りに行く人たちを拾ってくれるので、お礼に、得意のお赤飯を渡すようになっていたのだが、お彼岸にお赤飯というのも、どうもね、という気があったのだ。
どうせなら、おはぎの方がいいに決まっている。

でも今回、初めて作るものをプレゼントするのは無理が大き過ぎると、その日は、お赤飯を炊いて渡し、今日、家で自分たちで食べるように、おはぎを作ってみた。

自慢ではないけれど、おはぎを一人で作るのは初めて。(家庭科の時間か何かに作ったことがあるような気もするのだが、余りに昔の話)

(細かい話は明日以降、補足するが)
d0063149_23314047.jpg結論としては、おはぎ作りは私には向かない。
や~めた、お彼岸のお墓参りの時に、お赤飯ばかりあげて悪いから、おはぎにしようかと思ったが、多分、私はおはぎに向かない性格だし、私にはおはぎに対する探究心が湧かないと思う。
実際におはぎを作ってみたら、おはぎはやめて、今度は、五目寿司に凝ってみようという気になってしまった。(笑)

おはぎのどこが私に向かないかというと、計量。
おはぎの大きさを全て同じに揃えるために、ご飯も餡も、秤で計ったのだが、ご飯も餡もベタベタするもので、それを一々同じ重さにするのが面倒だ。
また、計ったご飯と餡を並べておくパット、そして、できたおはぎを並べる容器など、洗い物が多いところも気に入らない。
昔の人は偉かったな~、こんなベトベトしていて洗い物の多い面倒なものを作ってとまで、思ったりした。(笑)

他、ご飯に餡を巻いたり、反対にご飯で餡を巻いたりするのは、別にどうということがなかった。

それに出来上がったものだって、ま、普通の手づくりのおはぎ以上の出来ではなかった。
(後は、明日以降追加で書きます)
by mw17mw | 2010-09-20 23:33 | 料理レシピ | Comments(0)