人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

黒豆の効果その後-一時中断

そう言えば、弟に、胡麻だれ冷やし中華の胡麻だれの感想を聞いたら、「塩味とか醤油味が薄い」と言われてしまった。
甥2もそういう感想なのだそうだ、太っている系で、沢山の塩分を常に欲しているタイプに、胡麻だれは、合わないのかも知れない。

そして、私は、昨日、昼はガストのを、夜は、醸造酢を使った自分製を、そして、今日のお昼は、千鳥酢を使った自分製の「胡麻だれ冷やしサラダ中華」を連続して食べた。
千鳥酢を使ったものは、流石であった、派手な味はないのだが、しみじみと穏やかに美味しかった。
やはり、一番は千鳥酢かな?
ごちそうの千鳥酢、普段使いのミツカンの純米酢というところか?

で、本題です。

黒豆を食べ始めて、早、2か月が経とうとしている。

d0063149_15113913.jpg今の状態
1.北海道産黒豆200gをお湯に
  つけて保温鍋に入れておくこと
  数時間。

2.それを二時間半、茹でて
  柔らかくする。

3.煮汁は、薄めても何しても500g
  にし、煮豆は、480gになって
  いるので、冷めてから、それを
  2等分して半分は冷凍。

4.冷凍しなかったもの250ccの煮汁を鍋に入れ温め、砂糖を大さじ2足して煮溶かす。
  その時に、ゼライスを一袋ふやかして、入れ、また、煮溶かす。

5.粗熱が取れたら、ゼリー液の中に黒豆を入れ、冷やして出来上がり。

6.全体を10等分しておいて、5日間かけて、昼夜ご飯前に食べる。(忘れて、ご飯後の
  場合もあるが)

7.冷凍したものを解凍して使う場合は、煮汁だけを煮立ててゼリー液を作り、解凍した
  黒豆を混ぜる。
  (というのは、冷凍した煮豆を解凍しただけでも相当柔らかくなっているので、それを
  更に煮ると、皮が剥げやすくなるので。)

結果、この2か月間、(乾物で)200gの豆と煮汁を10日で食べていたので、一日、乾物の豆を20gを摂取していたことになる。

ということをしていたのだが、基本的な肌はとてもきれいになったのだけれど、どうしても、頬辺りが薄ら赤くなって炎症を起こしているようだった。
で、皮膚科で薬をもらってきてつけて1か月以上経つのだが、それ以上悪くはならないが、結果、赤味は消えていない。
おまけに、2週間前だったか、今まで無事だった顎とかおでこまで赤くなってきた。

ということで、お医者さんに聞いても、「黒豆が原因ではないと思う」とのことだったが、やはり、原因は黒豆の量が多過ぎるからかもという気になって来た。
だから、昨日から、一旦黒豆を食べるのをやめた。
(これで顔から赤味が消えたら、やはり、黒豆の摂り過ぎが原因ということになる)

ところで、「黒豆の効果」か、「朝食を殆ど食べずに、昼夜の食事についても、カロリーを摂り過ぎないように、気にしたり、土日に歩いたせい」か、昨日、とうとう、「少し痩せたんじゃない?」と知り合いの人に言われた。

どう考えても、黒豆ではなく、摂取カロリーをセーブしたおかげだと思うのだけれど、

だから、当分は、黒豆を食べるのをやめて、赤味が消えたところで、今度は、一日10gに減らして再開したいと思っている。

今度こそ、他の人に推薦できたらいいなと思っている。

(本人の顔をさらさないから、わかり難いと思うのだが、基本の肌は本当に、黒豆を食べる前と比べて、良くなっているのだ。<美容の専門家にも、「赤味を除けば、皮膚の状態がとても良い」と言われた。>良くなっている皮膚の上に、所によって、赤味が乗っている感じなのだ。)

<追記>
この記事に寄せられたコメントでわかったのだが、きっと私は刺激に弱い敏感肌なのだ。
だから、保証はできないけれど、敏感肌以外の正常な肌の人だったら、黒豆を毎日食べると、それなりに、効果があるのではと思う。(でも、試すとしたら、自己責任でお願いいたします)
Commented by kaneon at 2010-05-23 15:53 x
私もやっぱり一番確実なのは摂取カロリーを抑えるのをできるだけ続けることだと思います。

でも最近私は朝果物だけは続けてますが、一日にするとカロリー摂り過ぎが続いてしまってます。それでも以前より太らない気がします。体質が変わったのかな。とにかく午前中かなり空腹というのが効いてるのかもしれません。

黒豆と肌の関係はわかりませんが、敏感に肌に出るタイプの人もいるのかもしれませんね。
Commented by mw17mw at 2010-05-23 22:14
>kaneonさん
うううっ、これでも、絶対とは言えませんが、麻の美味しいご飯は一生諦めなくてはいけないのかもと思うと、辛いです。(たまには食べようっと)
きっと段々胃が小さくなっているのかなとも思います。

そうか、私は、敏感肌なのかもと思って、「敏感肌」を検索してみましたが、どうやら、そうみたいです。
だいたい、十年くらい前に、皮膚科医から、洗顔にはミノン以外使ってはだめと言われたのは、「あんたは、敏感肌なんだよ」という意味だったのですね。
あ~、面倒くさい、です。
頭と気持ちは鈍感なのに、何故皮膚だけが...。
by mw17mw | 2010-05-23 15:13 | ダイエット・健康 | Comments(2)