人気ブログランキング | 話題のタグを見る

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

2021年の柚子仕事2/2

これが昨日作ったもの、左から、「外皮と白いワタのマーマレード」、真ん中が、「袋のジャム」、右が「白味噌の柚味噌」

2021年の柚子仕事2/2_d0063149_22325435.jpg
1.「柚子の種の化粧水」の続きと補足。
焼酎は、ホワイトリカーとか書いてあったりするが、全体的に、アルコール度数20度のもので良いみたい。
そして、焼酎には、甲と乙(昔の分類)があって、乙の方は、麦焼酎、米焼酎、芋焼酎なぞの原料が単一で値段が高い。
どうも、この化粧水には、甲というそうではない方の安い焼酎で良いみたい。(甲の定義は忘れた、でも、果実酒に使うホワイトリカーなぞも甲だし、別に甲で十分な場合もある。)
2021年の柚子仕事2/2_d0063149_22320492.jpg
昨日作ったときの焼酎では足りなかったので、今日、20度の焼酎を400㏄買って来て、付け直した。(種の5,6倍の焼酎に一週間漬けるとあったので)
一日焼酎に浸けてあった種を取り出してみたが、種はそれぞれ薄っすらペクチンと思われる物質に覆われていた。
焼酎で、種の中から引き出されるのか。
一週間後が楽しみ。

また、昨日、この化粧水のために買って来た焼酎がいいちこという高くて美味しい焼酎だったのだ。(なぜなら、余ったら、私が飲むので)
で、種に注いだいいちこ20度をなめてみたが、柚子の風味が少し移って美味しかったので、これはこれで生かして、化粧水に使わない場合は私が飲むことに決めた。(笑)

2.白味噌の柚子味噌
最高の出来とは思わないが、ちゃんと柚子味噌っぽい味がする。
田楽味噌として、茹でたこんにゃく、焼いたお豆腐につけて食べるのが楽しみ。
2021年の柚子仕事2/2_d0063149_22331471.jpg
「冷蔵保存で、2、3週間」とあるので、その期間で食べ切らなかった場合は、品質が悪くなることは覚悟で、冷凍してしまおう。
今年は、白みそを持っていたので、今日との白味噌を使ったが、別に白味噌でなくても、普通の赤みそ、名古屋の八丁味噌でも美味しくできそう。

3.「袋部分だけのジャム」「外皮と白いわた部分のマーマレード」
また従兄のお嫁さんJ子さんに、「柚子のジャムのレシピをネットで見ると、外皮だけを使い、白いわたは苦みがあるから使わないと書いていあるのだけれど」と聞いたら、「いや、白いわたも捨てないで、オレンジ色の外皮につけたまま、一晩お水に浸けておけば、苦みは抜ける」と教えてくれた。
また、ごく標準的なレシピだと、実が入って来た袋なぞも一緒にジャムにするみたいだが、J子さんの話では、「こちらでは、袋は袋でジャムにして、それはそれで味わい、外皮とワタも別に砂糖を入れて煮る」とのこと。
え~、何で別々?と聞くと、袋だけで作ったジャムはとても上品で美味しいから、外皮とは別に作って味わうとのこと。
でも、両方とも、2,3回煮こぼす作業は必要とのこと。

すなわち、
「外皮と白いわた部分のマーマレード」→一晩水に浸ける(2,3度水を変えた)→2,3度茹でこぼす→お砂糖を入れて煮詰める
「袋部分だけのジャム」)→2,3度茹でこぼす→お砂糖を入れて煮詰める

外皮の方は、J子さんは「ゆべしの大きさに切る」とのことだが、私はやはり、パンに塗りやすいように細長く細かく切った。
(お水二漬けて置くとき、最初はゆべしの大きさで6時間くらい漬けはじめたが、最後、細長く切った後も念のため1時間水に放ってみたが、それが正しいかどうかは不明)

両方とも砂糖の量は適当とのこと、私は茹でこぼしてからジャムの材料の重さを計ったので、その分量の半分弱で煮始めて、時々味見して砂糖を加えた。

白い方が袋だけのジャム、ペクチンたっぷり、見かけ、リンゴのすりおろしのジャムみたいだし、確かに上品。

「外側と白いわた部分のマーマレード」は、砂糖で煮ているうちに、ワタがどんどん透明になっていくので出来上がりがわかりやすい。
ただ、袋も種もなく、煮るので、果皮にまとわりつくジャムみたいなものが少ないので、「そうだ、冷蔵庫に去年搾った柚子の果汁があるはず」とそれを少し加えてみた。(少しでもペクチンぽいものが加わらないかと思って)
そうしたら、どういうわけか、その去年の果汁が塩っぽい味だったのだ、でも、加えたのが少量だったので、ちょっと塩を加えた甘さに変わっただけで実害はなかった。(笑)
でも、また、来年以降も柚子をいただけるとしたら、まずは、全て種を取り出したら、化粧水の方に半分回して、半分は、布の袋に入れて、外皮のマーマレードを煮る時に一緒に入れて、ペクチンをマーマレードに加えたい。(化粧水の出来にもよるが)

2021年の柚子仕事2/2_d0063149_22334626.jpg
両方とも美味しかった、トーストに乗せて食べるのも美味しいし、先程、寒いし、甘いものが欲しくなったので、ほんのちょっとのジャムをお湯で溶いで、50㏄くらい、お茶みたいにして飲んだが、それも美味しかった。

そのうち、一人で使い切れないかも知れないので、最後、2種類のジャムを混ぜてしまうかも知れない。(当然混ぜても美味しいはず)

今回色々作ってみたが、柚子を沢山手に入る方には、ジャムまで作ることをお勧めするけれど、スーパーで柚子を一つ二つ大きめを買って柚子仕事をしてみたい方は、「柚子味噌」と「化粧水」を作り、余ったものは、外皮とわたは水に浸けることは省略せず、外皮、わた、袋すべてで一度に作るマーマレードを作るか、柚子湯に入れるのが良いのではと思う。

今年、もう一つ反省することがある。
柚子が到着してから実際に料理するまで、1週間くらいかかってしまったので、中の果汁が減ってしまったと思う。
来年以降は、いただいたら、すぐに調理したい。

柚子を送ってくれ、電話で指導してくれたまた従兄夫妻に感謝。

# by mw17mw | 2021-11-29 23:40 | 調理・料理研究 | Comments(0)

2021年の柚子仕事1/2

1か月くらい前に、日田の親戚からかぼすが沢山届いて、「わ、今年はカボスの年なのだ」と思っていたら、1週間とか10日前に、今度は柚子を送ってくれたのだ。
その頃、時間があったのに、大分からの宅配便は3,4日かかるみたいで、着いた頃、色々なアクシデントとか、締め切りが増えてしまい、私の首が回らなくなってしまった。
それに、柚子って、絞ったことしか経験がなく、「柚子の種を使った化粧水」だの「柚子ジャム」だのに、ネットで内容を検索することには手が伸びるけれど、時間がかかる実際の調理には手が伸びなかったのだ。
それなのに、柚子味噌の作り方なぞを見つけて、それも作りたくなったりした。(笑)

大分のまた従兄に確認したら、これらの柚子は、また従兄の幼馴染の家に植わっている手入れしていない柚子の木のもの。
だから、そこに生った柚子の実そこには、自動的に、無農薬なのだそうだ。(無農薬と言う言葉は、無農薬の検査を合格したものにしか使えないらしいが)←収穫しないとそのまま木の上で腐るだけだとか。

2021年の柚子仕事1/2_d0063149_22165028.jpg
ということで、冷蔵庫に入れておいたものの、時間が経ってしまったので、少し、柚子を悪くしてしまったところは出てしまったけれど、それを切り捨てて、今日は「柚子の種の化粧水」「(白みそが冷凍庫にあったので)白味噌の柚子味噌」、「袋部分だけのジャム」「外皮と白いわた部分のジャム」を作ることができた。
29個もらった柚子をお嫁さんに2個、残り妹と折半で分け、私は今日調理したので、後、4個残っている。
その4個は、明日以降、他の親戚からいただいたはちみつがあるので、柚子茶か、柚子のはちみつ漬けにしたい。

1.柚子味噌と化粧水の準備
外皮ごと洗って拭いて、すりおろしの道具で、黄色い部分だけ薄くすりおろした後、柚子1個を横に切って、種と汁を取り出す。
(その後、ジャム用の他の柚子も横半分に切り、種を取り、汁を絞り、袋を取り出しておく)

2.柚子味噌を作る
参考にしたのは、みんなのきょうの料理、大原千鶴さんの柚子味噌のレシピ
2年くらい前に買って冷凍庫に入れっぱなしだったら京都の白味噌が150gあったので、それを使い切りたかった。
下の画像一番右のお鍋が白みそを練っているもの。
2021年の柚子仕事1/2_d0063149_22172206.jpg
白味噌に砂糖、みりんを入れて、照りが出たら、すりおろした柚子の皮と汁を入れるとあったけれど、こんな熱々のお味噌の中に入れてしまったら、香りが飛ぶのではと思ったけれど、保存期間も考えて、一旦、熱を通すのかなと思いながら、レシピに従った。(それに照りが出ているかどうかなぞ良くわからなかった。また、最後柚子の汁を小さじ2入れるので、ちょっと硬めに火を入れて、最後汁で伸ばす感じが正しいかも?)

3.柚子の種の化粧水
また従兄の奥さんの方から、「この化粧水は安くて優秀だから試してみて、レシピはネットに良く出ているから、参考にして」とのこと。
だから、「柚子の種 化粧水」で検索すると、ゆずの種を捨てるのはもったいない? 自家製「ゆず種化粧水」の作り方を参考とした。
(まさか、4つの柚子から大量の種が獲れるとは知らず、20度の焼酎を200㏄しか買ってなかったので、明日、買って来て足す予定)
簡単に書くと、種を実から取り出したら、新鮮なうちに瓶に入れてそこに20度の焼酎を4,5倍の量を入れて1週間おくと、肌がすべすべになる化粧水ができるということ。
普通の柚子ジャムのレシピを見ると、取り出した種は布とか髪の袋に入れて、ジャムの材料と一緒に煮て、種についているペクチンをジャムに移して、トロトロにするものが多かったが、大分方式は、柚子の種についているペクチンを美容に役立てるというもの。

ちょっと眠くなってきたので、今日はここまで。
明日、柚子ジャム等について書くつもり。

# by mw17mw | 2021-11-28 22:42 | 調理・料理研究 | Comments(0)
昨日のブログの焼いたお肉の写真、追加しました。

---本題ですーーー

昨日と今日、台東区は、生涯学習センターというかっぱ橋道具街最北端に近い施設で、「消費生活デイ」という催し物があったのだ。
私は3年くらい前、消費生活についての講義を受けたのでサポーター登録されており、昨日の午前中、大したことはできないけれど、お手伝いすることになったのだ。

中々ためになることが展示されているし、その展示を見れば答えられるクイズを印刷した紙を渡して、来た方々にちゃんと1つでも覚えて行ってもらおうという良い会であった。

その催し物が始まる前、まだ、お客さんが来ていないときに回ったら、所々に、商売でいうところの販促品というのか、今回は、販売ではないから、「来てくださって有難う」という気持ちを込めた小さなバンドエイドとか、ティッシューなどが「自由にお持ちください」という感じで置いてあった。
その中に、何だか面白そうなものがあったので、責任者に断って、一ついただいてきた。

ニチバンのディアキチクリアテープと冷蔵庫用マグネットの道具_d0063149_21075896.jpg
何かと思ったら、この裏に真ん丸のマグネットがついていて、そこに25㎜幅の半透明なテープが巻いてあって、「ディアキチワザアリテープ」という名前のもの。(紹介ページの下の方に動画がある)
裏を見ると、マグネットタイプのテープホルダが特徴で、食品保存袋の上に貼って、冷蔵庫や冷凍庫で保存できるらしい。
そして、このテープは手でちぎっても真っすぐに簡単に切れ、油性のサインペンで文字を書くことができるのだ。
こういう道具があるの、知らなかった!
ただ、販売元がニチバンさんというセロテープなどのメーカーで、台所の道具メーカーでなかったから、私の目に触れなかったのかな?

ニチバンのディアキチクリアテープと冷蔵庫用マグネットの道具_d0063149_21083154.jpg
これはまさに私向き。今まで、サインペンは冷蔵庫の近くに置いてあったのだが、保存袋の上に直接書いてもきれいにかけないし、事務用のインデックスを使おうと思ったけれど、それもいちいち袋から出して、使ってしまうというのが面倒で、使わなくなってしまい、私の自分で作った冷凍食品は、冷凍した日付がわからないものばかり。(笑)

しかし、今回ニチバンのディアキチさんが手に入ったおかげで、冷蔵庫に貼り付けている細かい道具が完成した気がする。
私も相当な老人なので、恰好をつけて、冷蔵庫の表には、タイマーが2つ貼り付けてあるだけ。

が、主に横の側面に、以前にも紹介したが、100キンで見つけたマグネット付きホルダー(鳥とか猫)を使って、置き場所が定まらなかった道具を殆どぶら下げてあり、これは便利で、一生やめないと思う。(特に一番下の鍋敷きが便利)
一番上の左黄色は、ダイソーの卵のお尻に穴をあけるもの、その隣はニチバンのディアキチテープ。
下の方の白い鍋敷きの隣の四角いケースはどこかの100キンで買ったサインペンなどを入れられるマグネット付きケースの上、一番下にフックが一つついている優れもの。

ニチバンのディアキチクリアテープと冷蔵庫用マグネットの道具_d0063149_21093053.jpg
多分、これで完成。(と思ったが、ディアキチの違う色のテープが増えるかも)

あ、そうそう、あのディアキチをいただいてきたのは良いけれど、どこで売っているのだろう?替えのテープだけ売っているのだろうか?実はまだわかっていない。
でも、「ディアキチ ワザアリテープ どこに売ってる」で検索したら、ヨドバシカメラとかAmazonや楽天の通販でも手に入るみたい。

ご存知の方が多いかも知れないし、私も、まだ、実際に使っていないけれど、お知らせする。

# by mw17mw | 2021-11-27 21:52 | 道具 | Comments(0)
どこで聞いてきたか、卓球のコーチが何重にも薄いお肉をぐるぐるに巻いた「かっぱステーキ」に興味を持ったので、合羽橋本通りのさがみ屋さんというお肉屋さんを教えたら、いたく気に入って、その後も何度か買いに行ったり、他の生徒さんにも宣伝しているみたいだった。
何でも、コーチが買いに行った時、自動車で訪れたおばあさんがなんと40本買ったところを見たことで、その人気がわかったみたい。
その女性は、一度通りすがりに、串刺しのかっぱステーキを偶然買って、家の庭で焼いて孫たちに振る舞ったら大うけで、こちらの近隣に来た時にたまに買いに来るのだって。
そうだ、私も、ある年の暮れに、かっぱステーキでも買っておくかと買いに行ったら、冗談ではなく、予約のお客と地方発送の大量注文で、買える余地がなかった覚えがあり、その時、私もすごい人気なのだなと思った覚えがあった。
皆、お庭のあるお家では、お節に飽きた孫たちが来ると、お庭でかっぱステーキを焼いてあげると、柔らかいし、串にささっていて食べやすいこともあり、子供に喜ばれるのだ。

そんなことを思い出しながら、私も、久々、かっぱステーキが食べたくなったので、買って来た。

さがみやさんの前に、前からこの2匹の木のかっぱが置かれていたっけ?
どちらにしろ、お久しぶりの本通りの芸術的なかっぱさんたち。

かっぱ橋界隈ー久々「さがみ屋」さんでかっぱステーキ_d0063149_23193148.jpg
多分、かっぱステーキは、このお店が元祖と思うが、他、浅草松屋の地下にある日山も同じような薄い肉を巻いたステーキを売っている。
確か、日山の方が種類が多いような気がした。

久々中に入ったのだが、さがみ屋さんは仲の良いご夫婦のお店で、いつも二人でお店番というイメージだったが、その時はご主人は不在であった。
コーチの話では、何でも、奥さんが足を悪くしたので、以前は、お店でかっぱステーキを焼いてくれたが、今はそれをやめているのだって。
結局、お店番の若い女性が相手をしてくれたが、お店の奥から、以前お会いしていた奥さんらしき人がニコニコと「いらっしゃいませ」と元気な声で歓迎してくれていた。(まさか、私のことは覚えていまい、長年のお店番の習慣で、来てくれるお客さんに気づくと、愛想よく挨拶してくれるのだろう)
(余談であるが、私が接した合羽橋界隈の人の中で、ここのご店主が一番かっぱ橋の歴史とか伝説に詳しいと思う。昔は良くテレビにでていたし)
かっぱ橋界隈ー久々「さがみ屋」さんでかっぱステーキ_d0063149_23201734.jpg
1本だいたい320円(税抜き)くらいと書いてあったので、2本買って来た。
100g460円(税抜き)で、どこかに和牛と国産牛を混ぜて巻き込んであるとか、書いてあったかな?
ちゃんと牛脂をつけてくれる心遣いが嬉しい。

かっぱ橋界隈ー久々「さがみ屋」さんでかっぱステーキ_d0063149_23202945.jpg
今日は、一本焼いて夕飯のおかずとしたが、写そうと思ったら、カメラの調子が悪くて写せなかった。(明日以降もう一本焼いたら、写真を追加すると思う)

両面に塩胡椒を振って、牛脂の脂を引きだしたフライパンで両面を焼き、側面もこんがり焼くのdけれど、当然、串の長い部分とかうまく焼けなくて、結局最後やり方がわからないので、串からお肉を外し、極弱火で蓋をして、少し蒸らす感じで、お肉の中まで火を入れるようにした。(本当に火が通ったかはよくわからず)

気分としては、焼き立てを熱々と食べるよりは、「焼けたわよ」とお皿に並べ、少し、時間を置いて、中まで火が通ったところを食べるのが良さそう。

かっぱ橋界隈ー久々「さがみ屋」さんでかっぱステーキ_d0063149_21094689.jpg
(次の日に焼いたかっぱステーキを焼いた画像、塩胡椒で焼いて、醤油とマスタードで食べてみたが、この組み合わせも美味しかった。)

くどくなく脂身の美味しさも味わえるかっぱステーキは、結論としては美味しかったけれど、おばさんとしては、この塊を一口で食べるのではなく、半分に切って、半分ずつ頬張った方が美味しく食べられるように感じた。(若い人はそんなことないけれど)

今、さがみ屋さんのかっぱステーキの焼き方のページを発見、あら!3本以上買うとステーキスパイスがついてきて、それをかけて焼くと書いてあった。(今度から3本にしよう)

かっぱ橋界隈ー久々「さがみ屋」さんでかっぱステーキ_d0063149_23204569.jpg
おばさんが足を悪くされて、お店で焼くこともやめ、定休日も増やしたみたいだ。

お休みが増えたとしても、お店を続けてくれていることが嬉しい。

# by mw17mw | 2021-11-26 23:52 | 食材・食材のお店 | Comments(0)
丁寧に書きたい飲食店の話1つあるのだけれど、もうすぐ土日なので、落ち着いてからにしたい。

また、今日書く話題は、東京では手に入らないものなので、皆さまのお役に立つとも思えないのだが。(どうか、常陸大宮の方にドライブに行くことがあったら、もしかして、常陸大宮まで行かなくてももしかして茨城県では売っているかも知れないので、茨城県で見つけたら、買うことをお勧めです)

先日、ひっぱりうどんの時に、偶然使った妹の常陸大宮みやげの干しうどん、大したものではないからと袋を捨ててしまっていた。
私は一度だけ自動車で、常陸大宮を抜けて袋田の滝まで往復したことがあって、道々、おそば屋さんの看板が多かったと記憶している。
金砂郷とか、蕎麦の実で有名だったかの場所で、おそば屋の大きな看板を多数見た覚えがあった。

常陸大宮市の「味一番」という干しうどん、最高に美味しい!_d0063149_22111979.jpg

だから、「常陸大宮の名物は実はお蕎麦なのに、うどんを買ってくるなんて」と思ってしまったし、「味一番」という名前も美味しそうではない気がしたので、袋は捨てていた。(笑)
(でもね、妹からしたら、実は、常陸大宮のイベントで実際食べて「美味しい」と思ったから、買って来たのだって。)

で、妹はまだ食べていないとのことで、開封していないうどんが手元にあるとのことで、画像を撮ってもらった。

常陸大宮市の「味一番」という干しうどん、最高に美味しい!_d0063149_19345905.jpg
どういう風に美味しいかというと、小麦粉の美味しさがとてもストレートに味わえる感じ?
こんな小麦粉の風味が美味しく感じられるうどんは初めてではないかと思えるくらいの風味。

でも、原材料に「小麦粉(国内製造)、塩」しか書いていない。
国内製造と書いてあるということは、国産小麦ではないと思われる。
そして、色々調べると、うどんの製造は、丸金産業有限会社と言う常陸大宮市の南側の近隣の会社さんで、それをまるしんドライブインというところが販売しているよう。
そのドライブインで買うと一袋250gで140円、常陸大宮市内部のお土産物屋さんで、150円なのだって。(また、調べるとそのドライブインは、何軒もドライブインを持っているわけではなく、たった1軒のドライブインと小規模な会社さん)
でも、面白い、こんな美味しい、有名になってもおかしくない干しうどんが、ドライブイン一店を経営している会社が独占しているのは。(考えてみれば、親戚と言う可能性もあるかも)

常陸大宮市の「味一番」という干しうどん、最高に美味しい!_d0063149_16484817.jpg
常陸大宮市の「味一番」という干しうどん、最高に美味しい!_d0063149_16490492.jpg
で、昨日から妹がメインで色々調べた。
電話で製造元に「東京で販売しているお店」を聞いたが、東京には卸していないとのこと。
ネットで調べると、楽天やyahooで買うことはできるけれど、安くない、また、常陸大宮市のふるさと納税5千円の返礼品にもなっているけれど、今売り切れで実際に申し込めない。
(ふるさと納税の返礼品で売り切れているというのは、秘かに人気がある商品と断定して良いのだろうか?そもそもの数が少ない可能性もある)
で、妹が色々研究した結果、製造元から、送料を払って送ってもらうのが、一番安いということになった。(結果、一袋180円くらい?)

干したうどん、いつも、稲庭うどん、冷麦、そうめんくらいしか使ったことがなくて、味一番と同じような他のメーカーの干しうどんを食べていないから、絶対これが一番とは言いにくいのだが、やはり、相当のものだと思う。

お店の味一番うどんのページには、「一度食べたら忘れられないおいしさ『味一番』は、自然の里の清らかな水を使い、最高の原料、伝統の技術を生かして作りあげた味の逸品です。 奥久慈山方茨城の味「味一番」はお客様のまごころを伝える品として、お中元、お歳暮、ご贈答、お土産に最適です。全国発送も承っております。」と書いてあるし、数は少ないがこのうどんを食べた感想に、「贈答品にも使える」と書いてあったから、やはり、味で評判を取っている干しうどんのよう。
小麦粉は海外産を遣っている可能性大だが、自然の里の清らかのお水を使い、何度も繰り返して伸ばし、包丁切り、低温で乾かしという
丁寧な工程で美味しくなるのかしら?

そして、「製造工程を見る」というページを見ると、完全なオートメーションの機械化されている工場で作られているようだが、全ての工程において、昔手で作っていた頃のうどん打ちのコツが反映されているのだろうか?

結局、妹と折半で、普通の味一番10袋に色々な他の種類のうどんを一袋ずつ、取り寄せてしまった。
明後日、着く予定、楽しみ。

どうせなら、銀座にある茨城のアンテナショップに置いて欲しい。(どうも、昔は置いてあったのに、今は置かなくなったみたいだ)
あ、でも余りに無名で、売れないかな?(どこかのグルメ雑誌に取り上げてくれればいいのにね)

# by mw17mw | 2021-11-25 23:04 | 食材・食材のお店 | Comments(0)