「ほっ」と。キャンペーン

浅草駅界隈-「丹想庵 健次郎」でそば御膳(ランチ)

いつもは土日に東浅草に仕入れに行くのだけれど、先週の土曜日仕入れに行ったのに、在庫品のチェックがいい加減で、月曜日の今日、売り切れを出してしまい、どうしても、仕入れに行かねばならなくなった。
いつもなら、朝のうちに行ってしまうのだが、今、整形外科に怪我のリハビリに行かねばならないので、お昼休みに仕入れに行くことにした。

それだったら、いつも行けないお店でランチを食べようと、「丹想庵 健次郎」さんに決めた。
ここは、お昼は、月曜日から金曜日までの平日のみなので、私のように、土日祭日の昼間に観音裏に良く行く人間には無縁のお店であった。

でも、以前、桃猫さんのブログで知って、一度は行ってみたいとずっと思っていたのだ。
(桃猫さんのブログの日付から見ると、4年経って、ようやく行けたのだ。)
d0063149_17015467.jpg

ここはミシュラン ビブグルマン受賞店とのこと、でも、行列ができるイメージがないし、行列ができたと聞いたこともないのは、駅から遠い立地だから?(と思うのだけれど、本当のところは知らない)

場所は、言問い通りから行ったら、千葉屋のもう一つ先の角を曲がってまっすぐ、路地を3つ越したところの右側。
千束通りから行ったら、鳥竹松という鶏肉屋さんの横の路地を曲がり、路地3つめ左前方。

お昼は2時までと書いてあって、1時半頃着いた。
このお店のグルナビの画像では、靴を脱ぐ席しかないように見えたが、実際に行ったら、カウンターが椅子席であるほか、4人席で靴を脱がなくていいテーブルがあって、カウンター席に案内されたので、ホッ。

そうそう、店内の印象というのは、今、新たにお店を開く腕に覚えのある若い人のお蕎麦屋さんって、その店主の美意識ですごくスタイリッシュな場合が多いと思っていた。
でも、このお店は、今風のスタイリッシュにも気を遣いながらも、昔見かけた覚えのある民芸調のお蕎麦屋さんの面影も店内に残しているようで、そこらへんが、気取っていなくて、温かい雰囲気を醸し出しているかもと思った。

また、蕎麦前のメニューとか出ていたり、お酒の瓶が沢山並んでいるから、半分居酒屋さん的雰囲気。
(蕎麦前メニューは、八寸とお蕎麦で2千円と出ていたかな?)
d0063149_17020028.jpg
お昼のメニューは、単品で頼んで良いし、日替わりの「本日のそば御膳や「お昼のみ限定五食の天丼」を頼んでも良いとのこと。
d0063149_17015738.jpg
そば御膳のメニューが良くわからないので、お店の人に聞いたら、まず、冷たいお蕎麦か温かいお蕎麦を選ぶ。
その次に「鱚・旬野菜天」「上かき揚げせいろ」「とろろご飯」の中から一つ選ぶ。(上かき揚げせいろのみ1500円、他、1000円)
おまけにどれを選んでも、「ご飯・香の物・小鉢」がつくんだって。(とろろごはんの時のご飯は良くわからないが)

ということで、「冷たいお蕎麦で鱚・旬野菜天」を選んだのだが、今日は鰆の良いものが入ったので、鱚ではなく鰆とのこと。

まず、最初に運ばれてきたのは、菜の花のお浸しの小鉢と香の物、そばつゆセット。
菜の花も香の物も、新鮮な野菜で丁寧に調理されたもので良かった。
d0063149_17111595.jpg
次に出てきたのが揚げ立ての天ぷら。
まさか、結構なが売れたお蕎麦屋さんの千円のランチで、こんなにたくさんの天ぷらが出てくるとは思わなかった。
鰆が蓋きれ、ニンジン、青いのが オクラ?(これは忘れてしまった)、ナス、かぼちゃ、さつまいも、もう一つ何かあったような覚えが...。
所謂天ぷら屋さんの天ぷらではないけれど、揚げ立てだし、量はたっぷりで満足。
全部美味しかったけれど、やはり、今日のお勧めのさわらの天ぷらがねとっとしていて本当に美味しかった。
二切れ出てきて良かった。
天ぷらの汁は熱いものが用意されたが、とても薄味。
ただ、お蕎麦を食べるそばつゆと、天つゆが別であったので、良かった。
d0063149_17111719.jpg
おそばが出て来た時に写真を撮り忘れ、食べている途中のものでごめんなさい。
細くて腰があって、美味しかった。
そばつゆは、甘くないけれど、藪の辛汁まで辛くはなく、穏やかな味。
d0063149_17112005.jpg
天ぷらを食べていたら、お店の人が「ご飯出します」とご飯を出してくれたのだけれど、他の人たちはそういうことがなかった。
私は、以前にも書いたけれど、天ぷらとお蕎麦を一緒に食べるなと父親の遺言があり(笑)、天ざるを食べる場合、本当は、お蕎麦だけを最初に全て食べ終わった後、天ぷらだけを食べるのだが、それが余り一般的な食べ方ではないみたいで、お店のお姉さんから見たら、お蕎麦が出てくる前に天ぷらに箸をつけだした私は、お腹を空かせておそばが待てない人に見えたのかも。
ま、でも、「親の遺言で」なんていうのも面倒だったので、そのままにした。
正しくは、やはり、天ぷらとお蕎麦が揃ってから箸を持って、交互に食べるのが正しいのかな?

ご飯の画像も撮るのを忘れたが、とても美味しくきれいなご飯であった。
お姉さんは、「ほんの一口ですが」とのことだったが、6口くらいあったかな、お新香と残しておいたナスの天ぷらでいただいた、ご飯の質も良くて、このお店、素材が皆良いので、気に入ったし、お蕎麦だけではちょっと足りないと思ってしまうところに、ちょっとだけでも、しかも上質のごはんがあるというのは嬉しい。

そうして、最後に、残った蕎麦汁に茹で汁を入れて薄めて飲んで、終わった。

何だかな~、この量、この素材の新鮮さ、この丁寧さで、千円は本当にすごいと私は思う。
まだ一回目だから、余り欠点が目に入らないけれど、ま、大雑把に行って、平日、浅草にいらっしゃるのなら、このお店、お勧め。

本当は夜の方が良いとの評判あり。

ただ、食べているときとか気にならなかったが、家に帰ってから、アイスクリームが食べたいと思ったということは、ちょっと天ぷらの油切れが良くないかも知れない。

やはり、一人の料理人が、蕎麦も天ぷらも両方ともに同時に気を遣って料理するのは無理が大きいかも。
(と書いたが、千円で両方完璧を考える方が図々しいかも)

[PR]

# by mw17mw | 2017-02-06 17:48 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)

ビストロ先生「保温カバー」を買ってみた

一月の初め方の日曜日、珍しく合羽橋に散歩に行って、TDIに入ってみた。
そうしたら、「ビストロ先生 保温カバー」という商品がセールになっていて、1290円だったのだ。
(うわ、今見たら、通販で、税・送料込みで、3534円だもの、ラッキーであった。)
d0063149_22071617.jpg
私は保温料理に貝印の「ほっと得ちゃん」を使っているが、これが老朽化して、外側の発泡スチロールの底が壊れていて、代替品を探していたのだ。
代替の条件は二つで、色々な大きさのお鍋を使って保温ができることと安いこと。

ほっと得ちゃんは、貝印のバーゲンの時に買ったので、ずっと昔、とても安く買えたのだが、今の時代、そのバーゲンにはほっと得ちゃん、出てこなくなったみたい。
しかし、今は、通販で買えるみたいだけれど、高いのでびっくり。
(昔は、ほっと得ちゃんは、一般のお店には出さずに、農協を通じてその会員にのみ販売していると聞いていた)

ということで、家に帰って持っているお鍋のサイズを計って、ま、どうにかなると判断がついたので、再度お店に戻って、買ってしまった。

ただね、私の詰めが甘く、持っているお鍋の直径や持ち手を含む幅は、条件以下なのだけれど、大きい方のお鍋の高さがちょっと高過ぎて、工夫しないと使えないみたい。

でも、ま、今のところ、小さいお鍋の保温料理しかしていないので、ま、いいかと使っている。

このビストロ先生、私のようなおばさんが見ると、外観を覆う水色の地に赤やピンクの花のプリント柄が昭和30年代に良く見たプリント柄に見え、古臭く感じてしまう、でも、そういう時代を知らない人には新鮮で可愛いかも。
保温のための工夫としては、下の画像のように、蓋や本体の中には、アルミシートが貼ってある。
d0063149_22074068.jpg
実際に使ってみたら、やはり、保温機能は高い本格的保温鍋に比べたら、弱いとは思う。
ビストロ先生の説明に、加熱15分した後、この保温カバーでそのお鍋を包めば1時間は80度をキープ、その後1時間は60度キープと書いてある。
でも、私からすると、保温料理するときに加熱15分というのが今までの経験からすると長過ぎて、そこまで加熱する気が起きないこともあり、「完璧で実用的」という範疇にぴったりははまることができないお鍋ではないと感じている。
(完璧で実用的保温鍋がこんなに安いわけない)
d0063149_22070327.jpg
だったら、良くないの?というと、現在、使いこなしできるようにチャレンジ中。
まだ、使いこなし中だから、はっきりしたことは言えないのだが、そして、現在、小さなお鍋で少量の料理にしか使っていないのだが、悪い感触はない。
例えば、2人前(カップ400cc)くらいの豚汁を作るとき、里芋を入れてちょっと煮て、このカバーで包んでおけば、里芋が柔らかくなるし、役に立っている。

で、このお鍋カバーを推薦するかというと、鍋の大きさが「ふた・鍋底のいずれかが22㎝を超える鍋はご使用できません」とは書いてあるのだが、実際は、その上、お鍋の高さに条件があって、「蓋の取っ手を含む高さが16㎝以下」でないと、使える範囲が狭く、使いにくいのだ。

私の場合、どうして、ビストロ先生保温カバーを購入したかと考えると、安かったことと、TDIに見本品が置かれていて、自由に触ることができたことが大きいと思う。(それでも失敗しているのだもの、だめだけれど)

これを購入してから、もっと色々検索したら、色々出てきて、これらの方が私に合っていたかなと思う。

でもね、こういうものを、実際に色々見ないで、手に取らないで、通販だけの情報で買うのは私にはできなかったことと思う。

だから、もうちょっと慣れたら、自分の持っているお鍋でも、このビストロ先生で使えるように、使いこなそうと思う。

[PR]

# by mw17mw | 2017-02-05 22:22 | 道具 | Comments(2)

浅草駅界隈-「餃子の王様」で餃子と半ライス

そうそう、今日、松坂屋にお肉を買いに行ったら、「平成29年2月9日はお肉の日、表示価格より全品20%オフ」というチラシをくれた。
うん、確かに今度の2月9日はこういうセールをするお肉屋さん、多いような気がする、狙い目、狙い目。

---本題です---

今朝、朝ごはんに160gの玄米と白米半分のごはんを炒飯にして、それもいつもより2時間くらい遅くに食べたら、お昼にお腹が空かなくて大変。
お腹が空かないと、美味しい・不味いの前に出されたものを少し残してしまいそうで怖く、普通の量のお店には入りたくなかった。

それだったらと、Facebookの「浅草界隈飲食店紹介グループUMAIZO-de-NOMUZO」というところにたまに出てくる浅草の餃子の王様に行ってみることにした。(食べログを見たら、1954年創業とのこと、今まで全然目に入っていなかった)
私はその存在すら知らなかったのだが、場所は、浅草公会堂の裏、鰻の小柳のはす向かいであった。
d0063149_22520149.jpg

何だか、見るからに昔からの中華屋さん、サンプルのショーケーㇲも懐かしいお店。
着いたのが1時半過ぎだったのだが、もう相当空いたのか、すぐに入れた。
1Fがカウンターのみ8席くらい?2,3Fはテーブル席らしい。
私は一人だったので、1Fの席に案内された。

勿論、お腹が空いていなかったので、餃子一人前に半ライスを注文。(普通のライスは250円、半ライスは200円で、余り変わらないのだが、残すのがいやなので、少ない方を選んだ)

周囲は、カップルが二組で、皆、とりあえず、餃子にビールを頼み、その後、炒飯とか焼きそばを注文していた。
このお店、見かけ、本当に昔の中華屋さんだから、若い女性が一人では入りにくいお店かも。

出てくる間、メニューをチェックすると、「餃子」「湯餃子」「肉餃子」「スープ餃子」と四種類あった。
で、果たして私が頼んだ、普通の餃子は、本当に肉が全然入っていないで細かい野菜の餡の餃子であったから、多分、肉餃子は、その中に挽肉が入っている感じなのかしらね?
湯餃子は、水餃子かな?
d0063149_22523025.jpg
後、面白いのは、一品料理の中に「おぞうに」があること、どんなものだろう?
興味はあるけれど、頼む勇気は今のところない、中華風のお雑煮かな?

出てきた餃子は、小振りなものが6個、皮は薄めで、多めの油で片面だけ、カリッと焼かれたタイプ。
(ご飯のおかずにするには、皮は薄めでないとね)
これで、しょっぱいザーサイの1,2枚でもついて来たら、最高!
量的には、この小振りの餃子6個には、半ライスでちょうどよい気がした。
d0063149_22515750.jpg
この大きさで6個420円は、決して安くない気もするけれど、こんなものかな?
最初に登場した時は、余りにきれいな茶色だったので、揚げたのかな?と思ったけれど、そこまでの油こさはなかった。
美味しい、また、細かく切った野菜のみじん切りの具は、信じられない程、化学調味料の味を感じなかった。
その他、若布のスープがついてきたのだが、これも、化学調味料の味がなくて、美味しかった。
これはすごく意外で、化調覚悟で入ったのに、肩透かし。(慣れたら、また、感じるのかも知れないが)

私はもともと、野菜のみじん切りだけの焼き餃子は大好きだし、おまけに化調の味が少ないなんて、最高!
優しい味の餃子であった、今度から、野菜だけの餃子を食べたくなったら、このお店が外れないかも知れない。
(でも、もしかして、口が馴れたら、化調感じ出すかもねと思いながら、帰り道、口の中が気持ち悪くならなかったことを思い出した。)
他の料理は何も食べていないので、何とも言えないけれど、私としては、「めっけもののお店」。

[PR]

# by mw17mw | 2017-02-04 22:55 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)

週末に、馬鹿みたいに笑えるお笑いを

全く、SMAPに興味のなかった私であるが、昨年末のスマスマの最終回の最後2時間を録画したのだが、それを何度か見るうちに、「本当に良いグループだったのだ」と、解散してからファンになってしまった。(笑)
若い頃のビートルズと共通する元気の良い自然で素直な雰囲気と、SMAPの場合は、自分たちで作るわけではないだろうが、オリジナル曲の作詞作曲が良い。

ということで、Youtubeで、昔のSMAPの番組なぞを探して見ているのだが、今日、見つけた「SMAP 出来るまで帰れない チアダンス編」は、本当に笑える。
このコーナーは、SMAPの番組の中で、SMAPが「スケートボーイズ」というグループになって、色々なスポーツを習ってこなす、課題をクリアできるまで、仕事を終えることができないというもの。
何て言うか、偶然、週末である今日、チアリーダー編を見たのだが、自然と笑えて、一週間の疲れとか、つまらなかったことを笑い飛ばせたので、紹介。
SMAPも面白いけれど、教えるチアリーダーの女性たちの動きがすごい。
このシリーズは色々あるみたいだけれど、立て続けに見ると、感激度が薄まる。
チアのコーナーは1分10秒くらいから。


[PR]

# by mw17mw | 2017-02-03 23:35 | 日常生活 | Comments(0)

糖度で選ぶみかん

広く一般的なことかわからないが、家の近所のスーパーヤマザキでは、今年、みかんを大きさのサイズと糖度を表示して売っている。
何でも、「糖度は甘味を判断する目安」とのこと。
で、実際、お勧めの糖度のみかんを買うと外れないので、最近は、みかんはスーパーヤマザキで買っている。
d0063149_23212919.jpg
私がいつも選ぶのは、糖度11度のSサイズ、税別450円、外れないので、助かっている。
別に、糖度表示していないものでも不味くはないのだろうけれど、「外れない」という安心感ができたので、いつも糖度11度を買っている。(以前、高い糖度12度のみかんも置いてあったが、売れなかったのか、今はない)
ただ、みかんの季節はそろそろ終わりのようで、以前より張りのあるものが少なくなっているような気がする。

[PR]

# by mw17mw | 2017-02-03 23:26 | 食材・食材のお店 | Comments(0)

浅草駅界隈-「浅草豆花大王」で中華粥ランチ

先日、スイーツを食べに入って、結構気に入った「浅草豆花大王」にランチを食べに行ってみた。

d0063149_22234507.jpg
ただね、行ったのが土曜日の午後1時過ぎだったのだけれど、先客は一人だけ、お昼だというのに、次のお客は私のみ...場所が悪いってこういうことなのよね、と思う。
ランチは一種類しかなく、「中華粥と口水鶏(よだれ鶏)、ザーサイと胡瓜の中華風漬物、鶏のスープ」とデザートは、「豆花、愛玉子、仙草ゼリー」から選ぶというもの。
d0063149_22234099.jpg
美味しいし、大きな不満はなかったが、鶏のスープだけ、しょっぱ過ぎて全部飲めなかった。

中華粥に惹かれて、ここのランチを食べに行く気になったのだけれど、確かに中華粥で、鶏を使っているのもわかるのだが、鶏の味より、生姜とか長ネギの味の方が強いタイプ。
このお店のどこかに、「台湾風」と書いてあったけれど、台湾のお粥って、鶏の味より、生姜などの味が強いのかしら?
食べたことがないからわからない、こういうものだと思うしかないかも。
中華粥の上には、バターロールを薄く切って焼いたみたいなものが乗っていたが、油條というのだっけ、中国のお粥に載せるパンの代わり?
ただ、本当にくたくたに煮込まれたお米が美味しい。

鶏のお粥と聞いて、もっとふくよかな味を想像して食べ出したら、全然違った味だったが、それはそれなりに美味しかった。
細切りした生の生姜が鶏粥に沢山入っていて、生姜の味がチャーミングだった。

口水鶏(よだれどり)は、ほぐした鶏の下に中華風のドレッシングみたいなもので和えたもやしが入っていて、量もたっぷりで美味しかった。

デザートは、豆花にしたら、シロップに浮かんだ冷たいものが出てきたかな?

これで900円で、お腹が一杯になったけれど、一種類しかランチがないのが寂しい。

私はここの中華粥ランチ、結構気に入ったし、今年はまだ作っていないお粥の美味しさを思い出し、ついつい、また、家で、作り出してしまった、当分凝る予定。(笑)

[PR]

# by mw17mw | 2017-02-02 22:26 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)

浅草駅界隈-懐かしの「正華飯店」の肉まん

先日、今半の宴会の後、まるごとにっぽんを見た後、雷門通りに出ようと、すしや通りを歩いていたら、新しい店で「正華飯店」の文字が目に入ってきた。(食べログ情報は、こちら
d0063149_21210705.jpg
正華飯店って、ずっとずっと昔、40年くらい前に、雷門の並びのちんやの近所にあった中華料理屋の名前。
知らないうちになくなっていたのは、いつだったのだろう?気づかないうちにやめていた。
(と思ったが、今、検索したら、こちらの記事が出てきて、2007年9月30日に閉店していたらしい)
そうして、この度、知らないうちに、浅草に戻ってきたよう。

正華飯店で食べたことがあるのは、40年近く前に、多分1,2度だけなので、味や料理に特段の印象が残っていない。
雷門界隈で、町中華以外の中華を食べようとしたら、ここだったような覚えがある。

で、今回、すしや通りの入山煎餅の近くに、復活かと思ったら、レストランはなしで、直売店を開いた模様。
売り子さんに事情を聞けなかったが、今は、足立区に工場があるとのこと。
d0063149_21210113.jpg
最近、美味しい肉まんが食べたくて仕方がなかった私は肉まんを2つ頼んだ。
肉まんには、温かいものと冷凍のものがあるとのことで、すき焼きを食べた直後だったので、冷凍の肉まんを2つ買って来た。(足立の工場から浅草へ冷凍で持ってきているみたい)

ちょっと不親切だと思ったのは、冷凍肉まんの家での戻し方とかの紙が添えられなかったこと。
当然入っているものと思ったので、安心して家に帰ったが、入っていなかった。(涙)
ま、でも、どうやっても大丈夫でしょうと、自然解凍してから、蒸して、食べられるようにした。
d0063149_21211255.jpg
ここの肉まんの一番の特徴は、皮が殆ど甘くないこと、これはすごく良い。
セキネにしろ、551の蓬莱にしろ、肉まんの皮って、やたら甘ったるいことがうるさかったのだ。

そうしたら、もらって来たパンフレットに、「正華の饅頭は、【老麺】で出来ています」と書いてあって、老麺(ローメン)の解説が載っていた。
老麺は「中国から来た天然酵母の一種で、老麺を使ったものだけが本来の中華まんじゅうと言えます。
皮の滑らかさ、醗酵によって出てくる風味など、イースト菌発酵饅頭とは本質的に違うものです。」とのこと。
でも、お肉の餡が何て言うのかな~、余り、「肉、肉」していなくて、あっさりして個性を感じないところが物足りない。
何でも、皮がセールスポイントらしく、「正華は、八十年に渡り、中国本土から持ち帰ったこの老麺のタネを大切に保存管理し、独自に中華饅頭を作り続けてまいりました。中国本土でも、近年多くの中華饅頭はイースト菌発酵が中心となってきており、老麺は数少ないものとなっています」らしい。

甘くない(もしくはほんのり甘い)点、確かにイースト菌発酵とは違うと思う、それ以上どうよ?と言われると、それ程他の饅頭に差がついていないような気がする。
(話は飛ぶが、私が一番好きな肉まん(豚まん)は、神戸の老祥記のもので、ここもイースト菌を使わないで、麹を使って皮を発酵させているというが、これも、中国本土で作られていた肉まんをイーストで作りたくなかった工夫かな?と想像した)

ま、今のところ、私はセキネの肉まんは甘いからだめなので、浅草で肉まんを買うなら、こっちかな?
でも、もうちょっと色々買って味わってからこのお店を評価したい。

(話はずれるが、年末年始に、ラーメンの歴史みたいな番組を見ていたら、この新しい正華飯店直売所の左側の並びに外人用のホステルだったかホテルができたのだが、そのラーメンの歴史によると、その場所が日本で初めてラーメンを出したお店があった場所と紹介されていた。)

それにしても、老祥記、東京に出てこないかしらね?
(そういえば、昨年夏だったか秋だったかに、テレビのニュースに老祥記が出てきたのだが、それが、何と「「豚まん」中国人店主、日本政府から黄綬褒章を授与」という話題であった。
そうなのだ、豚まんの味だけでなく、店主さんたちの生き方も含めて評価され黄綬褒章を授与されたのだろうけれど、ここの豚まんは、本当に日本でオンリーワンでナンバーワンの豚まんだと私も思う。(好みはあるだろうけれど)

こう書いていたら、本当に老祥記の豚まん、食べたくなってしまった。(笑)

[PR]

# by mw17mw | 2017-02-01 21:54 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)

山崎製パンがケーキで頑張っている

年末だったろうか、ローソンなどのコンビニのスイーツコーナーを見ると、紅白というか、ピンク白のふわっとしたお饅頭状のセットが並んでいた。
美味しそうだと思いながら、2つはちょっとね~と思って買わなかったのだが、年を明けたら、1つサイズが売られるようになった。
d0063149_20522328.jpg
メーカーはあの山崎で、薄いスポンジケーキの代の上にホイップクリ―ムの中に苺が一粒、それを求肥で包んである、洋菓子と和菓子の中間のもの。
d0063149_20522772.jpg
買ってみたら、美味しかったので、今でもたまに買っている。
で、こちらは、ローソンやセブンイレブンの他、スーパーヤマザキで売っていて、スーパーヤマザキが一番安いかな?

もう一つ、ライフというスーパーで、同じく山崎製パンの三角形のスポンジケーキが、苺のショートケーキとチョコレートケーキのセットで売られていて、2つで300円くらいで安かったし、これだと、一人暮らしの私でも飽きずに二日に分けて食べることができると思い、お正月の頃、良く買ってしまっていた。(いけない、いけない、食べてはいけないと思いながら、手が伸びていた←今は買わないようにしている)
d0063149_20523235.jpg
勿論価格から行ったら、最低限のケーキで、ショートケーキの方は、スポンジケーキに生クリームに苺が1つ、スポンジの段の間は、生の苺ではなく、苺ジャムというつつましさ。
d0063149_20543645.jpg
それでも、生クリームもスポンジも美味しく、まさか、山崎製パンのケーキがここまで美味しくなるとは夢にも思わなかった。
(私が思うには、コンビニスイーツを作るお菓子メーカーの勢いに押され放しだった、一番大きなメーカーである山崎製パンが発奮したのかな?)

面白いのは、ミックスショートと言って、ショートケーキとチョコレートケーキのセットはライフでしか見かけないで、スーパーヤマザキやセブンイレブンには同じ種類のケーキ2つずつのパターンしか売っていない。
価格は、最初、ライフだけが298円だったかで安かったけれど、そのうち、誰かに指摘されたのだろうか、スーパーヤマザキがそこまで値段を下げ出した。
高いままは、セブンイレブン(私が見た時点では、上記のように見えたが、今また変わっているかも知れない)

ただ、美味しい、美味しいと思って食べていたが、原材料を見ると、両方ともホイップクリームと書いてあった。
ホイップクリームって、植物性の生クリームもどきでしょう?
それでもここまで、生クリームっぽい味を出すなんて、ずいぶん進歩したものだと思う。(ケーキの他は、他に別途生クリームも入っているみたいだけれど)

小さい時から見てきた、食べてきた(余り食べてはいないけれど)山崎製パンのケーキがここまで進化するなんて、考えたこともなかった。
あ、でも、大人になってから山崎製パンのケーキを食べた思い出というと、誰かがクリスマスケーキとして買ってきたとか、買わされたとかで、何度か食べたことあったような気がする、その時は子どもの頃食べていた山崎のケーキより進歩していて、ま、普通に食べられるという感じだったかな。

[PR]

# by mw17mw | 2017-01-31 20:56 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)

本郷鵜飼商店の「混合厚削り」と「昆布の切れ端」

昨年の夏、いつも買う大きめのかつお節屋さんで、混合厚削りの大袋を買ったのだが、それで出汁を取ってみると、何だか、いつもと品質が違うみたいな気がした。
美味しくないし、たくさん入れても思うような出汁が取れない。
あ~あ~、どうして、こんなまずい時に大袋を買ってしまったのだろう、いつもは普通サイズを買うのに...。
でも、勿体ないから、最後まで使い切ったら、年を越して、1月の終わりになってしまった。

こういうものって、どんな原材料を使っているか、信頼問題が大切で、相手を信頼するしかない、また、相手も裏切ってはいけないと言い切りたいところもあるが、天然の素材を使ったものだから、毎年毎年同じ品質のものが取れるかどうかも、定かではないのだ。

でも、その件で、ずっと買い続けていたお店で買う気はなくなって、本郷の鵜飼商店さんで買うことにした。
鵜飼商店さんは、お母さんと息子さんと二人でやっているかつお節問屋さんで、全てに目が行き届いている感じ。
d0063149_21194643.jpg
<鵜飼さんの昆布>
鵜飼さんは、削り節屋さんだから、昆布全般は扱っていないのだが、昆布の端っこの大袋だけは売っているのだ。
多分、630円?(そういえば、この昆布の種類、聞くのを忘れている)
「厚い昆布が一番」みたいなことを有名な料理人がテレビで言っていたりするけれど、何だか慣れてしまうと薄い昆布の方が使いやすい。
別に特段美味しいというわけではないけれど、普段用には十分だと思うし、この薄い昆布があると、白菜漬けにうってつけで好き。
最近、切らしたことがない。(というか、たまには良い昆布をと思って、年末に羅臼の2千円の天然ものを買ってきたのだが、立派過ぎて使いたくない気分、結局それを開けないで、鵜飼さんの薄い昆布を、また、買ってしまった。)
お母さんの話では、天然物だから、美味しいよとのこと。
高い昆布をケチケチ使うより、安い昆布を惜しげもなく使いたい。(あ~、でも、高い昆布を使えば使ったで、やめられない美味しさを味わえるかも)

<鵜飼さんの厚削り>
買いに行ったら、かつお節の厚削りしか並んでおらず、「混合の厚削り」と言ったら、どこかから出してきてくれた。
これが開けると良い匂いがするし、そんなにたくさん入れなくても、良い出汁が取れてとても気に入ってしまった。
これも、その時200gで600円だったかな?
この鵜飼商店紹介のページによると、「材料的に一般のものと比べると少し価格が高い」と書いてあるけれど、メジャーな大量生産的なものに比べると結構高いかも知れないが、老舗のかつお節屋さんや問屋さんベースで比べると決して高くないみたい。(今回、混合厚削りを初めて買い、200g600円が高いかどうか、他の通販をしている老舗のかつお節屋さんと比べたら、安かった。)

そうそう、それから、以前築地の老舗や近所のかつお節屋さんで「混合厚削り」を買ったことがあるのだが、全く私の好みではなかった。
こういうものって、そこのお店で大量に買う飲食店の好みに合わせて調合するのだ、だから、どのお店でも同じ味ではないし、自分の好きな味でない可能性も高いので、一度自分に合っているとわかったら、そのお店から買い続けてしまう。
今まで買っていたお店の混合厚削りは私に合っていたから買っていたことを思い出した。
鵜飼商店の混合厚削りの味も私に合っているみたいで良かった!

鵜飼さん、少人数で、丁寧な仕事で、とても良いお店。

当分、この薄い昆布と厚削りで濃い出汁を楽しもう。
d0063149_21094091.jpg
実は、後、かつお節の粉を買っているのだが、これは今一つうまく使えていない。
今回お店の前に「かつお節、注文で削ります」とか書いてあったっけ、私も今後はかつお節を削ってもらおうかな?
それをそのまま冷凍してしまえばいいのだものね。

[PR]

# by mw17mw | 2017-01-30 21:23 | 食材・食材のお店 | Comments(0)

かっぱ橋界隈-「イマージュ」でランチプレート

2月末に同業者女性の新年会があり、なぜか、「詳しいからお店を探して決めて」と、いつもお世話になっている方から言われたので、お店を探している。
一番の候補は、「山水亭 月」だったのだが、お店の前に「当分夜の営業は休みます」と書いてあったり、電話しても「現在使われていません」だったりで、何か異変があったよう、残念。

そうしたら、山水亭 月の食べログのページに、草津亭のPRが載っていて、どうも、場所も変わり、料亭から割烹に代わったみたい、うん、中々良さそう、候補の一つに入れておこう。

後、おさかなフレンチのビストロキヌカワも、中高年の女性たちに向いているかも。
もう一つ、以前から気になっていて行けていない「イマージュ」をチェックして、美味しかったら、この3つから選ぼうと考えた。

キヌカワは以前行ったことがあるし、お店の前に、コース料理の内容が書いてあるので、それでだいたいわかるので、イマージュだけ行ってみた。
場所は、かっぱ橋道具街から行ったら、合羽橋北信号という、合羽橋珈琲のところの信号を淺草の方にずずっと歩いて行き、通称追分通りという通りと交差するところ。
ドアを開けて入ると、カジュアルな感じのお店であった。
d0063149_21515811.jpg
イマージュさん、なぜ今まで行かなかったかというと、「ランチプレート」みたいな出し方が余り好きではなかったから。
今回お昼に行ったら、大きなテーブルが丸ごと空いている以外、カウンターの一席だけ空いていたので、そこに案内された。(大きなテーブルは実は予約が入っていて、私の次に入っている人は断られていた)
案内された席は、シェフの動きや手元が良く見えて、良い席。

お昼のメニューは、2500円くらいのコース料理の他、1080円のランチプレート、じゃがいもと海老のグラタン、牛すじカレーとのことで、隣の人の食べている料理を見たら、それがランチプレートらしく、なかなか良かったので、ランチプレートを頼む。

お店は、中年のシェフともう一人ソムリエの男性と、男性二人で回しているみたい。

私の前に2組4人の料理がまだ出ていない状態で、それらを組み立てるシェフのテキパキとした動きを見ていると、当然だがベテランという感じの動き、また、実際に出てきたものを食べてみたら、美味しかった。
d0063149_21520611.jpg
プレート上の大半がサラダ、上左側がハンバーグ、下右がバケット、真ん中がラタトゥイユにうずらの卵の半熟、下左側はキッシュ。(中身は忘れた)
女性のランチとしては、たっぷりの量。

メニューには料理しか書いてなかったので、帰ろうとしたら、実は、一口デザートがついているとのことで、出してくれた。
固めのチーズケーキだったけれど、チーズの味が良くて美味しかった。
d0063149_21520292.jpg
何ていうのだろう、確か、メニューに珈琲の価格も載っていなかったような気がするし、ランチのお料理に小さなデザートがつくことも書いていないところが、本当に男性二人で回している大雑把なお店という感じ。
でも、それが嫌ではないし、シェフの味、動きも気に入った。(ここのシェフ、切れ者かも)

良いお店で、少人数で食べに行くのに良いかも。
私の場合、7,8人の宴会に使えるかどうか見に行ったのだけれど、使おうと思えば使えるのだけれど、真ん中の大きなテーブルに7,8人座ることになり、他の空間と仕切れれば良いのだが、それは無理そう。
そうなると、その他カウンターに5人、2席一つがあり、やはり、周囲がちょっと気になるというか、二つ三つのグループに分かれて話をすることになりそうな気がした。
その点惜しい、宴会の場合、お店の料理の美味しさも大切だけれど、個室とまで行かなくても、ある程度、自分たちだけになれるかという点も重要。

ということで、Uターンして、キヌカワのお店の中を見に入って、7,8人が固まって座れる席を見て、「これだったら大丈夫」と思ったのに、日にちを告げたら、何と、1か月後の私たちの宴会の予定日は既に予約が入っているということでだめであった、残念。

[PR]

# by mw17mw | 2017-01-29 22:12 | 合羽橋の食と飲食店 | Comments(0)