<   2015年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今度は、PCが壊れた

今年、特に後半は、何だか、呪われているのではと思える程、物が壊れたり、窃盗にあったりが、頻繁に起きている。
私の現役のPCが2,3週間前から、きっちり28分すると電源が落ちてしまうようになってしまった。
それで、その前の代のVISTA機が何とか動くので、現役機を修理にだしてしまった。
そうしたら、昨日の夜、原因は不明なのだが、代理のPCに電気は通っているようだが、起動しなくなってしまった、トホホ。

て、今、慣れないiPod touchで記事を書いている。

修理に出したPCは多分後1週間くらいで帰って来る予定。それまで、iPod touchで画像の挿入の仕方を覚えて、なるべく記事を書こうと思っています。

どこかにお祓いに行かねば。^_^
[PR]

by mw17mw | 2015-10-31 21:43 | 日常生活 | Comments(0)

浅草橋で「鼻ぺちゃ展」

いつも、猫の写真展を開く画廊の前を通ったら、今日から、犬の「鼻ぺちゃ展」ですって。
鼻ぺちゃのブルドッグ、嫌いではないし、可愛いと思うけれど、私の場合、そんなに心の琴線に響かないので、行かない。
(浅草橋の野菜スタンドの社長の愛犬が、フレンチブルドッグで、その子をいつも見ているので、それで十分)
d0063149_09465864.jpg


でも、お好きな人がいるかも知れないので、ご紹介。

鼻ぺちゃ犬の合同写真&物販展「鼻ぺちゃ展」

【開催日時】2015年10月30日 (金) ~ 11月15日 (日)
      11:00~19:00
【会  場】TODAYS GALLERY STUDIO
〒111-0053
      東京都台東区浅草橋5-27-6 5F
【入 場 料】500円 / 乳幼児以外は有料になります
[PR]

by mw17mw | 2015-10-30 16:47 | 日常生活 | Comments(0)

秋葉原界隈−「カリカリ」でツインカレー

火曜日も、用が詰まって、お昼ご飯の準備ができなかった。
ということで、行きたかった、台東区台東の「カリカリ」に行ってみた。
d0063149_09465579.jpg


アクセスする交通機関は、秋葉原駅昭和口とか、日比谷線の秋葉原駅が一番近いかも。
場所は、台東法務局とか、いきいきプラザのいう建物の向かい側、そのまま、清洲橋通りの方に歩いていくと、スーパーのライフの東京本社がある通り。(そうそう、その通りの昭和通りに近いところに、ラーメンの「粋な一生」があるし、そのまま、清洲橋通りを渡ると、丸山吉平があるCSタワーに出るから、そうそう地味な通りでもないかも知れない。)

このお店は、お昼はカレーのお店で、2時過ぎならば、ガレットが食べられるお店で、半分、カレーライス屋さん、半分カフェのよう。
d0063149_09465697.jpg


中に入ると、カレー屋さんではないみたいな、清々しい空気と雰囲気で良い感じ。
メニューの中に80円のトッピングの写真があって、その中に「チーズ」という細切りか、細く絞り出したチーズの写真があって、「わ、昔のデリーみたい」と思った。

カレーのメニューは数種類あったけれど、このお店の一番人気という辛いスリランカカレーとビーフカレーの合いがけみたいなものにしてみた。(二度目があるかどうかわからないので)

最初に、サラダが出された。(キャベツの千切りにクルトン、フレンチドレッシングで良く冷えていて美味しかった。)
一緒に写っているのは、薬味で、きゅうりのピクルスと福神漬けだったかな?
d0063149_09465767.jpg


で、カレー登場。
d0063149_09465726.jpg


ま、どう考えても、辛くないものから食べないと味がわからなくなると、ビーフカレーから食べると、こちらは、小麦粉の入ったルーなのか、とろみがある所謂欧風カレーというような感じで、多分、牛のすね肉と思われるものがとても柔らかく煮込まれていた。(味は、焦がした小麦粉味かな~?)
でも、真ん中の白飯が土手になっているので、土手を守りながら食べるのに結構気を遣った。(笑)

次にスリランカカレーにスプーンを入れると、こちらは、完全なスープカレー、口に入れて見ると、何だか、デリーのカレーを思い出させるような味。(そうそう、スリランカカレーというけれど、神保町のセイロンドロップのカレーとは似ていないと思う)
デリーで一番か二番に辛いのが、カシミールだっけかな?
カシミール程、辛くはないけれど、相当辛くて、スパイシーで美味しい。(具は良く煮込まれた鶏肉)
(料理は、目新しさはないのだけれど、安定の味というか、安心して、食べられる感じのカレー)

カレーは2つ個性が違っているので、飽きずに、それぞれ美味しく食べられた。

このお店も、店の雰囲気も良く、清潔で、ゆったりしているし、料理も丁寧に作られたものだったし、我が家の方の癒し系店舗の一つに入れられると思う。(何だか、座っているだけで癒される感じ)

私が行ったとき、カウンターの中に中年男性、サービスは女性の2人組であったが、そのサービスの女性が楚々としていて、癒し系。(カレー屋さんというより、カフェの人という感じ?)

あとから気づいたら、店の入口に「祝 開店一年 インドカレーデリー」という札が飾ってあった。
その女性に聞いたら、何でも、その女性は、新川のデリーで働いていたことがあるそうなのだ。
あ、上野ではないのね。(私は、新川のデリーは行ったことがないのだ)

私としては、御茶ノ水エチオピア系より、デリー系のカレー屋さんの方が相性が良いのだ。

家に帰って食べログをチェックしたら、このお店がオープンする前に、同じ場所に「ムルギー」という渋谷のカレー屋さんで修行した人のお店「ムルギー」があったらしい。
何でも、そこが一年前、西新井に移転したあとに、「カリカリ」さんができたとか。
わ~、そのムルギーというカレー屋さん、全然、気づかなかった、行きたかった、残念。

ここは、また行くと思う。
[PR]

by mw17mw | 2015-10-29 12:16 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)

蔵前界隈−「とりそばや 俊」で心を癒す「とりそば」を食す

事件があった日、お昼くらいまで警察の人が色々手続きしてくれて、2時からは防犯ビデオを見るという予定だったので、お昼ご飯は外で食べることにした。

我が家の方で、一番、混んでいなくて、価格も手頃で、出てくるものが丁寧に作られていて、心を癒す効果のあるお昼ご飯を食べたいとしたら、やはり、「とりそばや 俊」かなと思って1時過ぎに出かけたら、売り切れになっていないで、食べることができた。
d0063149_09465320.jpg

今年の春に最初に食べに行ったブログ「蔵前駅界隈−「とりそばや 俊」でとりそば

じつは、先週も、突然、冷たい風が吹き出したとき、「こういう日は絶対ラーメンが美味しい」と思って、このお店に入ったので、じつは二週続けてであった。
そうそう、先週は、気候の関係で冷たい風が私の体を冷やし、今週は、泥棒さんが私の心を冷やしたわけで、こういう時に一番私を温めてくれるのは、このお店だと思った。
d0063149_09465423.jpg


丁寧に取ったスープがとても美味しく心に染みる、自家製麺も細麺でスープにちょうど合っている。
これに例えば、白いご飯が別メニューにあれば、残ったスープをご飯にかけて食べられるのにと思うと、ご飯メニューがないことがとても残念。

ご店主は、脱サラで、ラーメン屋の経験のないまま一人でお店を開いたという方らしい。
鶏そば1種類だけのお店で、開店当初は、お客さんが押し寄せてきたら、対処できないとのことで、新規開店を宣伝もしないまま、営業開始。
そして、初めての、つい先ごろの夏の間も、熱い鶏そば一本で営業していたっけ。(だから、私は行かなかったのだ)

清潔でさっぱりしたまだ新しい店内、また、ご店主は先に書いたくらい無理をしない人だし、接客も落ち着いていて穏やか、丁寧なところが、このお店の魅力で、すべてが心を癒してくれる。

そういう人に「ご飯も別メニューで出したら?」と言っても良いのか、すごく迷う。

ま、ラーメンだけでも良いのだけれどね、スープがとても美味しいから、ご飯を入れたくなってしまう。

台東区南地方、浅草橋から鳥越で、心が疲れたときには、このお店が、第一のお勧め。
[PR]

by mw17mw | 2015-10-28 20:39 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)

新しいiPod Touch 購入

一昨日は、私の不注意による事故のことで、お騒がせして、申し訳ありませんでした。
段々、周囲も私も落ち着きつつあります。

私は、数日前、色々自分の通信環境を考えて、何でも今年の夏だったに発売されたiPod touch6を買ってしまいました。
じつは、2年前にもiPodを持っていたのですが、認知症の始まりか、どこかに紛失していたのでしょうた。

注文したgoldが届いたのが、先週の後半。
d0063149_09465221.jpg


色々使っていると、一番感じるのは、2年前より、街中の無料wi-fi環境が格段に良くなったこと。
ヨドバシAkiba、アトレ、都バスの中はもちろん、一番進歩したのは、セブンイレブンのセブンスポットで、セブンイレブンの公式アプリをダウンロードして、予め、登録したパスワードを設定しておけば、セブンイレブンのすぐ外で、一日何回でもwi-fiを利用できるようになったこと。(笑)←でも、店によっては、wi-fiを飛ばしていない店もあるみたい。
だから、ま、都内にいれば、結構問題なく、外でもiPod touchでネットに繋げそう。

まだまだ、使い慣れないで、わからないことだらけだけれど、今、新しいおもちゃのように触っています。

ま、とりあえずは、FaceBookに、「どこに行った」と気楽に投稿できるようになって良かったです。
[PR]

by mw17mw | 2015-10-28 18:20 | 日常生活 | Comments(0)

防犯カメラの威力

こんなことを書いてよいのか迷うのだが...。

実は、今朝起きて、いつものように8時半頃、お店に入ったら、店内は荒れてはいなかったのだが、つり銭等が全て盗まれていた。
(といっても、そんなに大きい金額ではないし、我が家に隙が大きかったことが、こそ泥に入られる大きな要因ということも自覚した)

だから、朝から、交番に届け出て、実況見分のお巡りさんが来て、指紋採取等をしてくれたり、被害届を書いてくれて、全てが終わったのが12時頃かな?

そんな騒ぎをしていたら、隣のおばさんが、「うちの防犯カメラに犯人が写っているかも」と言ってくれたのだ。

その家は、一年くらい前だったか、見ず知らずの人が夜にそのビルのドアを壊したのだが、犯人が捕まらずという事件があり、警察に勧められて、防犯カメラを2台設置したとのこと。

で、今、警察の人と昨日の防犯ビデオを見せてもらったら、その家の防犯カメラはもちろんその家のためにベストな角度で設定されているのだが、両方とも我が店の正面と側面がばっちり手に取るように映っていて、これは役に立つと全員で見入る。

色々な証言を寄せ集めると、昨日の20時から24時までが怪しいと、その時間帯の防犯ビデオを早回しで見て、全員で我が家の出入りする人間を探し、その人が我が家の関係者かどうかを、私が判定したのだ。

そして、ばっちり、見たこともない「こそ泥の若いお兄ちゃん」が映っていた。(本当に20代くらいのお兄ちゃんで、身なりも普通の若者)

そのビデオで家の前を通る人、我が家に入っていく人、色々見比べると、こそ泥って、本当に動きがこそ泥らしく、普通の盗みを考えていない人間と違う動きをすることがわかる。
ちょっと動きを見るだけで、「あ、これが犯人だ」とすぐわかってしまう。

そのこそ泥が、ばっちり、我が家に入っていくところと、盗みを終えて出ていくところ両方映っていた。(その間たったの10分、こそちゃんも人から見つかるのが怖いから長居しないのだ。)

顔も服装も結構はっきりわかるのだが、う~ん、そこまでわかっていても、どこの誰ともわからず、すぐに捕まえられないのがもどかしい。

でも、どんな人が我が家に泥棒に入ったか、はっきりとイメージができただけでも良かったのかも知れない。
それすら、わからないままだと、知らず知らずに色々な人を疑わないとも限らないから。

ということで、今日は朝から疲れた!

隣の家に、見せてもらったお礼に、近所では売っていないという「防犯カメラ作動中」という大きなステッカーを私が探して買ってきてプレゼントすることにした。

我が家の分も買ってきて、我が家にも貼ろうかしら?(笑)
[PR]

by mw17mw | 2015-10-26 15:14 | 日常生活 | Comments(0)

池上・蒲田駅前ふらふら

先々週、池上まで海苔を買いに行くついでに、大井町で下車、ピザを食べた話は既に書いた。

その後、池上に行って、海苔屋さんに行ったのだけれど、ちょっと気になったものと、帰りは蒲田で降りて駅前の商店街を歩いたのでその時のことをご紹介。

、<池上>
池上といえば、池上本門寺のある街で、くず餅が有名だし、色々お土産物を売っている街。
駅前は結構賑やかだけれど、海苔屋さんの方に少し歩くと、昔は長い商店街があったのかも知れないと思わせる家々が並ぶ道路を歩くことになる。
そして、海苔屋さんに着くと、その先に三階建てではないかというくらいの高さの立派な木造二階建ての建物があるのだけれど、良く見たら、以前はお蕎麦屋さんだったのに、今はカフェになっていた。
お蕎麦屋さんをされていた方が引退され、お子さんが継がないで、カフェとして、貸したのだろうか?
あ~、お蕎麦屋さんだった時代に一度食べてみたかったと後悔。
d0063149_09464667.jpg


その後、再び駅の方に向かったのだが、とある路地を覗いたら、「米忠 並木園」という立派な海苔屋さんがあったので、お店の外から何を売っているか見たら、立派な丸缶入りの海苔の進物品ばかり、ショーケースに並べたお店であった。
何だか、不思議、何で、池上に海苔屋さんが二軒もあるのだろうか?と考えると、やはり、池上本門寺の門前なので、法事のときのお土産にとか、海苔の需要があるのだろうし、大森から近いからかも知れない。
d0063149_09464751.jpg


その他、駅に近くなってきたところの紺ののれんの前に行列を発見。
「燕楽」というとんかつ屋さん、家に帰って調べると、池上の人気ナンバーワンはこのお店らしい。

<蒲田>
JR蒲田駅の西口に出ると、左側にサンロード、右側にサンライズという長い商店街がある。
まずは、右側のサンライズから入って、終点でUターンして、サンロードに入ろうとしたのだが、どうも、この2つの商店街は長さが違うみたいで、サンロードの方が短いみたい。
でも、そのサンロードの終わりから、商店会に入っていないと思われるところに、面白そうな食べ物屋さんを発見。

まずは、「インディアン」という「武田流古式カレーライス」と「支那そば」のお店。
写真を撮ってこなかったが、表の壁一面に何か能書きが書いてあった。
きっとわけがわからないから、興味が湧くのだろうと思うが、一度入ってみたい。
なんでも本店は、蒲田から池上線でひと駅めの蓮沼らしい。
d0063149_09464775.jpg


で、このお店の前を通りすぎ、サンロードの方にいくと、そのとなりは、「旨辛タンタンメン 荒木」というお店で、こちらの方が隣のインディアンよりお客が入っていた。
家に帰って食べログを読むと、チェーン店の「蒙古タンメン 中本」と同じ系統の辛い麺を出す店ながら、独立系のこだわった美味しさがあるお店みたい。(行ってみたいけれど、中本すら行ったことがないので、中本に行ってからね)
d0063149_09464899.jpg

[PR]

by mw17mw | 2015-10-25 23:48 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)

浅草観音裏界隈−「浅草茶寮KUWASARU」の蕎麦と丼のセット

本日、またまた、千束通りを走り抜けたところにある現金問屋に仕入れに行く用があったので、その界隈でランチしてきた。

今日は、TOMITさんの食べログで知ったお店、「浅草KUWASARU
「へ~、浅草に岩手料理のお店があるのか」と思ったけれど、岩手っぽい料理は夜だけみたいで、昼間にしか行かない私には関係ないのかも知れないと行ってみた。

場所は、浅草側から千束通りをまっすぐ進むと、真ん中くらいに、真っ黄色の派手なパチンコ屋があって、そこを通り越したところの1つめの角を右に入り、左側を見ながら歩いていると、3ブロック目あたりに大きな看板が目に入ってくる。
(場所は先週確認しておいたのだ。このお店は、水曜日定休とのことだが、他の催し物に出店するときなぞ、臨時休業するみたい)
d0063149_09464430.jpg


土曜日の1時頃入ったのだが、客は私一人、そのあと、男性が一人入ってきた。

中に入ると、ちょうど今が開店一年目とのことらしいが、まだ、センスも素材もまだ新しくて、きれい。
(茶色い木と白い壁の内装で、崩れると、古民家風になりそうなところを、都会的に仕上げてあった。)
d0063149_09464470.jpg


メニューの写真は失敗したので、手で書くと、
ランチメニュー
蕎麦と丼のセット
(お蕎麦は、かけかせいろ、丼は親子丼か海老天丼)

日替わり定食
(焼き物、煮物、お刺身、サラダ、ご飯、お味噌汁、香の物)

単品
親子丼  850円
天丼    1200円
海鮮丼   1300円
まめぶ汁

私は、お蕎麦が食べたかったので、お蕎麦と丼のセット、お蕎麦は冷たいもの、丼は海老天丼にしてみた。

出てきたのが、下記画像。
d0063149_09464554.jpg


お蕎麦も丼も両方とも美味しかった。
お蕎麦は、見かけよりボリュームがあって、嬉しかったし、お蕎麦が香り高くて、細くて固くて、美味しかった。
若いご店主に聞いたら、岩手のそば粉なのだそうだ。
今は、(名前は失念したが)二箇所のそば粉を取り寄せて、別々に打っているが、私に出したのは、香り高い方、その他、甘みが強いそば粉のお蕎麦もあるそうだ。(で、私が食べたのは、ほぼ二八、もう一つは、一九なんだって)
おつゆも美味しかったし、セットのお蕎麦としては量が多いし、パーフェクトに褒めてしまう。
(ま、ケチをつけるというわけではないけれど、岩手らしいお蕎麦の食べ方の提案があったら、もっと楽しいかも。でも、そういうの、ありそうでないのかな)

天丼も、小丼ながら、海老2尾の他、野菜がごろごろ、しし唐、さつまいも、かぼちゃ、たまねぎ、ピーマンの天ぷらも入っていて、良心的。
こちらもご飯の質も良いし、天つゆも美味しかった。

それだけ食べただけだけれど、良心的な良いお店だと思った。

でも、本当の実力は、夜の岩手料理なのでしょうね~。

浅草界隈まで遊びにきたとき、観光地の中心よりちょっと外れるけれど、このお店は間違いないと思う。
特にお蕎麦は一度食べる価値があると思う。

ただね、昔人間の私としては、「浅草茶寮」という言葉と「KUWASARU(くわさる)」という言葉の組み合わせに違和感を感じる。
茶寮もそうだけれど、菓寮という言葉は、虎屋も使っており、どちらかというと、上品で都会的なイメージなのに、そのあとで、「食う」という言葉が入る方言が続くと、何だか、ちぐはぐだなと思ってしまう。
ま、でも、言葉の使い方は時代によって変化して当然なので、私が馴れるしかないのだが、今のところは、心のなかでごつごつぶつかっている。
(と思ったが、今、「くわさる 岩手弁」で検索したら、丁寧な言葉とのこと。(うん、そうか、浅草茶寮のあとで、くわさるでも、おかしくないのだ)
私は小さい時から、「食う」なんていう言葉を使ったら、親からすごく怒られ、「食べる」以上の言葉しか使わなくなった。(友達でも女の子で、「食う」という言葉は誰も使わなかった。)
でも、これは、古い東京だけの感覚なのかも知れない、自分が変わっていると思うことにしよう。
[PR]

by mw17mw | 2015-10-24 17:43 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)

中国野菜・穀物の加工品

できるだけ国産野菜ばかりを食べたい私であるが、実は、次の二つは、中国産のものを買って食べていると告白したい。(笑)

d0063149_09464389.jpg


<青しその実>
以前から、青しそと大根・きゅうりを細かく切ったお漬物が好きだったのだ。(ピーマン漬けも好き)
で、スーパーを探したら、中国野菜のものしか売っていなかった。
買ってみたら、味付けは自分好みであったし、国産で探して見つかるかもしれないが、高いわりに味の好みが合わない恐れもあるので、その中国野菜のものを食べ続けている。(おにぎりに入れることが多い)

<十六穀ごはん>
炊飯器で、白米等を拓ときに加える雑穀なのだが、本当に悩んだ。
以前は、国産のものを近所のスーパーで売っていて、それを使っていたのだ。
それが切れたころ、なぜだか、というか、価格で支持されなかったのか、国産が棚から消えて、中国産オンリーになっていた。
ちょうどそのころ、家の近所の閉店予定のスーパーで中国産を更に安く売っていたので、試しに買ってきて、食べてみたら、まずくはないのだけれど、やはり、味は国産のものとは味が違うし、雑穀の内容も、国産と同じではなかった。(もちろん味は国産の方が美味しい、私は好き)

で、探したら、国産の十六穀ごはんは、実は、正式には、「国内産名撰十六穀」というもので、通販で手に入ることを発見したが、いかんせん、中国産と価格が全然違う。(ま、沢山買えば安くなるだろうけれど、通販で中国産が安いもので354円、国産が540円)
う~ん、どうしようかと悩んでいたのだが、何でも、中国産の十六穀ごはんは、この手の商品で日本で一番売れていると言っているし、赤信号、みんなで渡れば怖くないではないけれど、私も値段に負けて、結局、中国産の十六穀ごはんを使うようになってしまった。
通販で買う場合、沢山買わないと安くならないし、飽きたらどうしようと思うと、中々手が出ないが、今回改めて価格差を見ると、値段的には、このくらいなら耐えられるかなと思わないでもない。

そろそろ、中国産が切れる頃なので、再度悩もうかな?
[PR]

by mw17mw | 2015-10-23 21:51 | 食材・食材のお店 | Comments(0)

浅草観音裏界隈−お団子の「福家」オープン

何だか、今日はまだ食べていないお店の紹介になってしまうのだが、最近、和のお菓子の新しいお店を三軒も発見した。
一軒は、神田というか、岩本町近くのガード下のきてら、これも食べていないのだけれど、以前紹介した。
それに、お茶の水から小川町にかけての裏通りを走っていたら、これまた、嘉祥庵というもう一軒のどら焼きの新店を発見。
(食べログによると、嘉祥庵は、2014年2月にオープン、何でも、神田達磨屋という鯛焼き屋さんの姉妹店とか)

へ~、意外や意外、ま、数を比較したら、西洋菓子に比べたら、圧倒的に少ない数の新店だけれど、和菓子の新店を開く人がいて、ちょっと驚いた。

そして、三軒目は、地元浅草で、10月の中旬の日曜日、千束通りを自転車で走っていて、10月13日に新規開店のお団子屋さんを発見。
炭火で焼いたお団子が自慢と書いてあったかな?
確か、10月13日は火曜日だから、行くのが無理で、残念。
d0063149_09464149.jpg


メニューを見ると、お団子の持ち帰りだけでなく、お昼に定食の他、あんみつ等の甘いものも出すお店のよう。
d0063149_09464134.jpg


わ、一度は行かなくてはと、先週だったか、先々週の日曜日のお昼、ランチを食べに行く気になったのだが、混むのは嫌だと午後1時半過ぎに行ったら、何と、「お昼の定食は11:30~13:00と書いてあるではないか、残念、入れなかった。
定食以外の喫茶メニューは、10:00~18:00なのだって、残念。

で、もう営業開始していたので、お店の左側にある売店を見てみたら、炭火焼きのお団子は、みたらし団子と海苔団子だけだったけれど、考えてみれば、炭で焼く団子といえば、この2つしかないかも。
その他は、大福とかおはぎを売っていた。

近々、リベンジで、お昼を食べに行こう、美味しいと良いのだけれど。
まだ、情報が食べログに載っておらず、住所も定休日もわからないお店なのだけれど、土日祭日は絶対オープンしていると思う。
場所は、言問い通りを渡って、千束通りに入ったら、右側を歩いて、千束通り全体の長さの1/4くらいのところ。
長く持ってくれますように。
[PR]

by mw17mw | 2015-10-22 22:15 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)