<   2013年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

せんぽ東京高輪病院の本と「丸の内タニタ食堂」1/2

先週の木曜日、21時54分からのTBS「今、この顔がスゴい」という番組が、「食」関係の特集で、見るとはなしに、テレビをつけていたら、一番印象に残ったのが、せんぽ東京高輪病院の病院食を取り仕切る足立香代子先生という栄養管理室長さんとそのレストランのお話であった。

このせんぽ東京高輪病院というのは、我が蒲田の叔母が最期入院していた病院で、何度もお見舞いに行ったこともあるし、叔母から、「この病院のご飯は美味しいので有名」とか「満足のいくものを出してくれている」とか聞いた覚えがあるような気がするので、全然知らない病院より親近感が沸いた。

この足立香代子先生というのは、病院食の権威なのだそうだ、そして、病院自体も、私がお見舞いに行っていた当時と違って、今の病院内の普通の人が入れるレストランは、完全に病院で病人に出している食事を食べられるようになっているそうなのだ。
お昼にその食事を毎日食べに来ているという男性は半年で10㎏痩せたと言っていた。
その特徴は、確か、1回500kcal前後で、塩分は3gだったかな?(その点は、タニタ食堂と同じ、違いは、タニタが必ず汁物がメニューに入っているのに、せんぽ病院は汁物にこだわっていないこと)

この病院では、塩分3gで物足りなくない食事を作るために、出汁は京都に特注したものを使っているし、色々な香辛料を工夫して使っていると放送していた。

そして、その足立香代子さんがタレントさんと受け答えが放送されて、男の若いタレントさんが「食べる順序ダイエットと言いますが、やはり、サラダから食べるのが正しい?」と聞くと、足立先生は、「そうですね、サラダから食べるけれど、その時、ノンオイルドレッシングはだめで、油の入っているドレッシングをかけた方が良い」とか、男のタレントさんが「油は摂らない方が良いから、おなかが空いているとき、おそばの大盛りを食べている」というと、足立先生は「それは良くないです、大盛りのおそばを食べるくらいなら、普通盛りの天ぷらそばにした方がまだ良いです」とか答えたかな?

その時、確か、「食物繊維だけ摂ると、おなかが満足せず、すぐにお腹が空いてしまう」とか、「炭水化物を多く摂ることで空腹を満たすことより、油の力を借りて炭水化物を摂り過ぎないことが大事」と言っていたように覚えている。

それで興味を持って、足立香代子で検索して、本を探し、「日本一おいしい病院ごはんを目指す! せんぽ東京高輪病院 500kcal台のけんこう定食」という長い題名の本が千代田区の図書館にあったので、借りてきた。

その本を読めば、テレビで足立先生がおっしゃったことが理解できるかなと思ったのけれど、その本自体は、500kcal台の定食のレシピばかりで、理屈は殆ど載っておらず、ちょっとがっかり。
(テレビの場合、インパクトの強いところだけ放送する可能性があるから、あのテレビでの発言は、話半分と聞いておいた方が良いかも知れない。)

また、Amazonの口コミでは、実際にこの本どおりに料理を作って痩せたという話がたくさん載っていたけれど、ざっと見た感じ、やはり、病院で大人数の調理人で大人数の料理を作ることを前提としたレシピに見えて、家で作るには、材料の種類が多過ぎるし、難しいのではないかと私は思ってしまった。
(私の場合、このせんぽ病院のメニューは、家で真似するより、そのうち、食べに行きたいと思うメニューである。)

ちょうど同じとき、千代田区の図書館に申し込んでいた「丸の内タニタ食堂」の本を借りることができたのだが、この本の方が、「どういう食事を目指しているか、ダイエットに向いているか」を理屈で書いてあった。
すなわち、やはり、血糖値を上げない食事がダイエットに向くと書いてあり、足立先生の本を補ってくれる感じ。
d0063149_22444745.jpg

[PR]

by mw17mw | 2013-05-30 22:44 | ダイエット・健康 | Comments(0)

浅草橋界隈-「ゑんぞ」のモノマチ限定ランチ

他のことでガタガタして、テレビを1,2週間買いそびれている間に、5千円くらい値上がってしまった。
きっと、私と同じで、5月31日の午前9時から、地デジ電波がスカイツリーになるから、慌ててテレビを買う人が多いのかも知れない。
後、1,2週間待てば、テレビの価格が下がるかしら?
当分、自分の部屋のテレビなしでくらそうかな?

---本題です---

普段は、夜の営業だけで昼の営業は行っていない浅草橋ガード下の「ゑんぞ」が、モノマチの3日間だけ、昼営業を行うとのことで、行ってみた。(付き合ってくれる人がいれば、夜に行っても良いのだけれど、基本的には、やはり、昼に食べたい、ピザなので、ゑんぞさんにお昼に行けるのは、私にとっては「願ったり叶ったり」だったのだ。)

そうしたら、その3日間は、下記のようなランチセットメニュー1本。
980円で、前菜、ピザ、アルコールを含むワンドリンクというとても素敵なコスパの良いメニューであった。
d0063149_2149597.jpg

午後1時頃お店に着いたのだけれど、先客6人が並んでいて、用意された椅子に座って20分くらい待ったかな?
d0063149_21493775.jpg案内された席は、カウンターの一番左端の石窯の前、ピザを焼く様子が良く見えた。
ゑんぞさんの石窯は、一度に2つだと余裕、3つだとちと狭い感じの広さ。
こういう道具って、どこでも均一の熱が当たるわけではないらしく、ピザを入れたら、しょっちゅう位置を変えなくては均一に焼けないみたい。
見ていたら、焦げ目がつく程の熱さがあたると、ピザの生地は膨らむみたい。

ワンドリンクは、スプマンテでも良かったのだけれど、赤ワインを選んでみたら、冷えていたので、それはそれなりに満足。

d0063149_2153985.jpgこれが前菜。プチトマトと、お豆をサワークリーム系のもので和えたものに、やはり、サワークリーム系のものを少々乗せたパン2切れ。

ピザはその前日ナカメでマリナラを食べていたので、それと比べるために「マリナーラ」をチョイス。
大きさは、昨日のナカメと同じくらいかなと思った。
d0063149_2153364.jpg
が、残念ながら、味が全然違った。
というか、このゑんぞさんのピザは、単品だったら、500円で販売と書いてあったから、中目黒の聖林館のピザと3倍の価格差があるから、比べるのが無理なのだ。
だから、差が大きくて当然だし、今回は、聖林館が良いとか、ゑんぞさんがだめということではなくて、ピザって、素材の良さ連動型料理なのだと思った。
何というか、ゑんぞさんのピザは、台がとても柔らかく、また、トマトやオリーブオイルなどのすべての味がぼやけたピザであった。
(それと、万人が食べ、ワインを飲みながら食べる人は一握りだけであることを前提としているせいか、塩味を弱めにしており、そのせいもあって、味もはっきりしなかったということもあると思う)
980円で、ワンドリンクと前菜つけてだから、ピザの素材はいつもの夜営業より落としているに違いないと思った。(夜は一度だけだけれど、食べに行ったことがあって、とても美味しかったのだ。)

それでも何でも、こういう催し物で、コスパの高い、楽しいランチセットメニューを提供してくれたゑんぞさんの姿勢は賞賛できると思う。(すごいサービス精神)

ただ、このモノマチ期間中のお昼のピザを食べて、ゑんぞさんのピザは「こんなもの」と思われたら、損だなとは思う。(夜のゑんぞさんのピザは評価できる味であった、その他は食べたことがないからわからないけれど)

ちなみに書いておくと、食べログでゑんぞさんは、3.78、聖林館は、3.56

ゑんぞさん3.78の内訳は、
料理・味3.66サービス3.54雰囲気3.55コストパフォーマンス(CP)4.15酒・ドリンク3.51

聖林館3.56の内訳
料理・味3.64サービス2.91雰囲気3.43コストパフォーマンス(CP)3.31酒・ドリンク3.08

料理味の評価は似たようなものであるが、ゑんぞさんは、コスパが料理以上に評価され、聖林館はサービスで大きく評判を落としている。

両方の評価とも、当たっていると実感。
[PR]

by mw17mw | 2013-05-29 18:46 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)

中目黒界隈-「聖林館」でマリナラ

d0063149_2175367.jpg目黒区総合庁舎見学ツアーに行く前に、ランチする候補として、メル友さんは、「聖林館」という東京のピザ屋の老舗で有名なお店と、「huit」というフレンチのお店を挙げてくれた。
(考えてみれば、私は東京のピザの老舗はニコラスかと思っていたが、あのお店は、きっとアメリカのピザの老舗なのだと、今わかった。)
で、その次の日の日曜日、モノマチのため、特別にランチしているゑんぞに行こうと思っていたので、聖林館でピザを食べて比べてみることにした。
何でも、聖林館は、東京で、一番古いナポリピザのお店なのだって。

で、食べログの印刷のページを印刷して持って行ったのだけれど、そのページに「2008年から、ランチメニューはありません」と書いてあって、嫌な予感。

d0063149_2181135.jpgお店は、トレンディでスタイリッシュ、階段が特徴的。
一人ということで、2階のカウンターへと向かった。
すぐにメニューが出され、1ページ目に「マルゲリータ マリナラ 1500円」と書いてあった。
じゃ、どちらかねとこれは許せたが、ソフトドリンク類が550円もするのだ。
何だか、わかりにくいメニューだったので、カウンターの中の男の店員さんに確認すると、「コーラ、550円です、高いですね」と開き直っている。

ま~、仕方がないと、マリナラとコーラを注文。
すると、きっとスーパーで100円もしないで売られている瓶のコカ・コーラを冷蔵庫から出して、栓を抜き、コップと一緒に渡される。

そして、その時、お水が出ていないことに気づいて、催促すると、お水が出てきたり、その後に、若い可愛い女店員さんが現われたら、その男性店員は、嬉しそうに「夏休みは、実家に帰るの?」と話しかけたり、最悪。
(まとめると、その店員のひどさは3つあり、お冷は出し忘れ、コーラが高いと開き直り、可愛い女の子店員には、お客の存在を無視して、ヘラヘラ話しかけたり、やりたい放題)←あ、忘れていた、もう1つ。ゑんぞだと、テーブルに、唐辛子を漬けたオリーブオイルの瓶があって、辛くして食べたい場合はそれをピザにかけるのだ。だから、このお店は1500円だし、そういうものがあって、然るべしと思い、聞いたら、「ご用意しておりません」だって、ということで、サービスのひどさは、短時間に3つではなく、4つであった。

だいたい、中目黒のこういうお店の店員さんは、東京に憧れて出てきている人が多いだろうことは想像できる、でも、それを「実家」とかいう言葉を使って、客に「生活感」を知らせる必要はないよね。田舎とか実際に繋がっていたとしても、ここで店員をしている限り、客の前では、田舎とは関係ない世界のトレンディで恰好良い店員さんでいてほしいと思ってしまう。

ま~ね、この男の店員さん、豆腐の角に頭をぶつける機会とか、今日のあまちゃんに出てきたような「浅草寺の鳩に襲われる」機会があればいいのにね~。(と言いながら、今、浅草寺に鳩はいるのだろうか?宮藤官九郎もずいぶんセンスが古い、鳩に餌をあげて良かった時代、確かに浅草寺には鳩がたくさんいたけれど。それに、ナカメのトレンディ気取っているおじさん、浅草まで来ることないか?だったら、明治神宮の鳩にお願いしたい)

で、マリナラが出てくる。
d0063149_2184230.jpg
欲目で、ま、通常千円くらいのピザに比べて心持大きい気がした。(笑)
切れ目を入れないで、出されるのは、その切る時の手ごたえをしってほしいからではないかと思う程、結構しっかりした台。
食べると、ワインが欲しくなるような塩気の強さ。
口の中に感じられる、粉の味、チーズの味、トマトの味、オリーブオイルの味、香辛料の味、それぞれが上質で、それぞれが美味しい。
特に、土台の強さが印象的。

ま~、これだけ高いのだから、こんなものでしょう。
本当の価値がわかるのは、次の日、ゑんぞのその日限定のピザを食べたときなのだが、一度、ここのピザは食べておいた方が良いかもとは思う。

ピザが1500円は許せるけれど、コーラが550円は許せない、もう二度と行くものか(なんちゃって)
帰り際、ほかのお客さんを見たら、一様に、飲み物を取らずに、お冷を飲みながらピザを食べている人が多かった。
ま、このお店は、強気な値付けで、お金持ち向き、そうでない人は一回行けば十分かも。
このレベルのピザがもうちょっとリーズナブルな価格(特にソフトドリンクなど)で食べられて、もうちょっと店員の態度が良いナポリピザのお店を知りたい。
[PR]

by mw17mw | 2013-05-28 21:18 | 飲食店・菓子店 | Comments(6)

飲むだけで内臓脂肪が減るという「えのき茶」を再開

だいぶ、気候も良くなったので、毎日、えのき茶をちびちび飲み出した。

前日に、お鍋に入れた干しえのき10gに煮え立ったお湯1リットル強を入れ、保温状態にする。
テレビの放送では、30分保温すれば良いと言っていたが、30分ちょうどで切り上げたことがなく、浸しておく時間はいつもいい加減。
だいたい冷めたところで、500㏄のペットボトル2本に入れて冷やしている。(だから、2日に一度この作業をしている)

翌朝、これを魔法瓶の水筒に入れて、一日かけて500㏄をチビチビ飲んでいるのだが、やっぱり、効き目があると私は実感している。
もちろん、暴飲暴食をしたり、ダイエットを意識した食事をしなくては痩せないのだが、通常、ダイエットを意識した食事をしても体重が下がらないことが多いのだが、このえのき茶を飲んでいると、なぜだか、体重が落ちる気がする。
10日で、700~800g落ちたと実感している。(出がらしのえのきは食べていない。<無理して食べると長続きしない気がするので>)

まだ10日だけれど、えのき茶って、やはりすごいと思う。
夏の間は、せいぜい、えのき茶を毎日飲んで、冬になるまでに体重を下げておきたい。
また、時々報告する。
[PR]

by mw17mw | 2013-05-27 12:29 | ダイエット・健康 | Comments(0)

目黒区総合庁舎 建築ガイドツアー参加

d0063149_22235358.jpg4月の初めに、建築家や建築物が好きなメル友さんが目黒区美術館主催「目黒区総合庁舎 建築ガイドツアー」の企画を教えてくれた。
ご本人が参加されて良かったとのこと。

何でも、目黒区総合庁舎は、区役所として建てたものではなく、旧の千代田生命の本社を買い取って手直ししたもの。(経緯は、Wikiの目黒区役所に詳しい)
その千代田生命の本社の設計は、村野藤吾さんという有名な方なのだそうだ。

ということで、殆ど何の予備知識もないまま、「通常コース」に申し込み、参加してきた。(誰か誘おうかなとも考えたのだが、このツアー自体参加したことがないし、こういう企画に興味がある人が思い当らなかったので、一人で参加してみた)

で、全体の話をまとめると、その旧千代田生命本社が建った中目黒の土地は、大正12年頃までだと思うが、牧場だったそうで、その後、多分、戦後になるのだろうが、アメリカンスクールがあったのだそうだ。(追記:昭和11年頃の東京の古地図を見たら、その頃、既にそこにアメリカンスクールがあったようだ)
1966年に、中目黒にあったアメリカンスクールが府中に移転することになり、その跡地に、都心から千代田生命が引っ越すことになったのだそうだ。(目的は、やはり、業容拡大に伴い、都心のビルでは手狭ということらしい)

1966年頃の中目黒は、本当に住宅地で、お店も殆どないから、社員食堂は2500人収容する能力が必要だったとか、仕事が終わった後も、何の娯楽もないところだったので、和室を完備し、倶楽部活動(女性はお茶・お花かな?男性は囲碁とか将棋?)ができるようにしたそうだ。
だから、千代田生命本社とか、目黒区総合庁舎などという字面と似合わない素敵な和室とか茶室が完備されていた。(そういえば、私がいた銀行もどこの支店なぞに配属されても確かに、「和室」はあった)

で、土地の形状はなだらかな坂とのことで、それを利用して設計されていて、面白い。
本当にお金をかけた作りであるのだが、区役所になったことや時代の流れに合わなくなったものなどが改変されていて、その点が惜しい。
例えば、千代田生命の時の役員のための特別食堂なぞは、使わないとのことで、とても贅を尽くしたものだったらしいが、壊されたとのこと。
また、総合庁舎の真ん中に細長くて大きな池があるのだが、当初は噴水が2か所あり、噴水を出していたのだそうだが、目黒区役所になってからは、贅沢禁止ということで、噴水は使われなくなったそうだ。
ということで、今回説明を色々聞くと、「村野藤吾は、こういう目的でこういう風に設計したけれど、その後変えられた」という箇所が圧倒的に多かったのが残念。

「通常コース」の見学の予定時間は2時間、たかが、区役所の見学に2時間かかるかしら?と思ったが、本当に2時間以上かかった。(台東区役所では考えられない)
ま~、こういう見学会に参加しなくても、見学コースの大半は、ごく普通に目黒区民が用があって区役所に来た時に利用できたり、見学できる場所。(そのせいか、今回参加者は、全員非目黒区民であった。)

目黒区総合庁舎の全体像、ビル全体がアルミダイキャストの外壁で覆われているが、これは、ビルの窓を奥まらせることにより、ビルから漏れる明かりの反射を弱くし、周囲に影響を与えないようにするのも、この外壁が設けられた目的の一つとのこと。
d0063149_2230245.jpg

これは、3F南口という入り口で、千代田生命の頃は、富裕層の客専用の入り口だったそう、上にガラスモザイクの吹き抜けがあって、とても贅沢できれいな空間。
d0063149_22232572.jpg

その入り口をずっと中の方に歩いていくと、本当に素敵な階段がある。
これも、手すりなど、改変されているようだが、改変がうまく行っている例。
(村野藤吾さんは、ビルなぞだけではなく、客船内部の設計も手掛けていたとのことで、素人が見ても、その経験が生きているのではと思うような設計?)
d0063149_22305414.jpg

これは、土地の一番低いところに池があって、その周囲に、お茶室が作られている。その上が二階、二階は駐車場という設計。(本当は、二階に、劇場とか、周囲の住民と千代田生命の社員両方が利用できる施設を作る計画もあったらしいが、本体だけでも建築費用が掛かり過ぎて、結局は、駐車場になってしまったとのこと)
d0063149_22312220.jpg


参加して、とても楽しかった。
何ていうか、相当改変されているが、やはり、この目黒区総合庁舎は、村野藤吾さんの細部にまで気を遣った実用性を兼ね備えた壮大な芸術作品であると思った。
きっと来年以降も、このツアーは企画されるであろうから、ご興味のある方は是非参加されると良いと思います。
[PR]

by mw17mw | 2013-05-26 22:51 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)

2013モノマチ 初日(第四回)

昨日は、急にメル友さんが午後からモノマチにいらっしゃるとのこと。
それだったら、ランチご一緒しましょうと誘ってみた。

私のメル友さんだから、もちろん、味にはうるさいタイプ、しかも、モノマチを見学するということは、浅草橋・蔵前に便利なところが良いのだが、その人は池袋から来るのだから、アキバに来てもらうにしろ、中央通りの方で待ち合せれば、ワテラスでランチも夢ではないとは思ったが、それから、モノマチ地域に歩いて行ってもらうのはちょっと悪いかなと、その案は捨てて、やはり、アキバの昭和通り口に出てもらって、「饗 くろ喜」に決めた。
丸山吉平も捨てがたいのだけれど、やはり、料理が好きな人には、引き出しが多いくろ喜の方が喜ばれるかなと思ったら、当たった。(ホッ)

何せ順番が来てお店に入って案内されたのが、カウンターではなく、一番奥の4人用の席、私もその責ははじめてであった。
その席に店の奥に向かって座ると、壁の上の方に本棚が見え、柴田書店の高価で有難いこだわりの料理専門書がたくさん並んでいた。(ご一緒したメル友さんは、そのうちの何冊かを持っているとのこと)
やはり、くろ喜さんとこのメル友さんの料理に対するこだわり度はすごい!(自慢ではないが、私はそれらの本のうち、1冊も持っていない、わ、恥ずかしい~)
d0063149_882349.jpg

私が食べたものは、「白湯つけそば:、美味しかった。
d0063149_891190.jpg

d0063149_95145.jpgということで、腹ごしらえも済んで、その後、おかず横町を通って、デザビレへその友人を送っていくことにした。
おかず横町を歩いていたら、「そうだ、デザートに、港家さんの氷を案内したら喜ばれる」と思いつき、二人で、「宇治あずき」を食べてきた。
その港家さんというのは、和菓子の普通のお店で、家の前に「かき氷」という布が舞っているいることと、簡単なテーブルとベンチがお店の前にあるだけで、本格的なかき氷屋さんではないところも、下町風かも。
(あ、そうだ、港家さんは、本日土曜日は臨時休業で、明日は営業するとのこと)

案の定、その東京生まれの東京育ちながら、下町には一度も住んだことのない、好きな料理はフレンチ、お酒ならワインというメル友さんには、くろ喜の醤油そばと港家さんのかき氷は、物珍しいし、味的にも満足のいくものだったようで安心した。

d0063149_8195563.jpgその他歩いていたら、Syuroが、モノマチの期間限定で開いているカフェがあって、おかず横町近辺で、ちょっと休みたいという場合、ここが一番良さそうに思えた。(場所はSyuroまでたどり着ければ、わかる)

それにしても、モノマチも4回続き、昨日は、モノマチの開催日とは言え、平日の金曜日に結構な人出があるお祭りとなったことは感慨深い。

また、色々なお店で、地図を配布しており、それを見たら、いつもランチ営業していないお店が、モノマチの間だけランチ絵起業しているのがわかった。
一番私の興味を引くのは、浅草橋ガード下のゑんぞ、ここは明日のランチに行ってみようかな?
また、いつも日曜日は休みのル・カトルも今回の日曜日は営業しているし、草ヶ谷百合子先生のル・グッテも通常木金しか営業していないのに、モノマチ期間の金土日は営業しているみたい。(両方とも、美味しいお菓子屋さんなので、推薦できる。そうだ、この2つの洋菓子のお店の共通点は、両方とも、お菓子教室の先生のお店であること)

今日の二日目は、皮膚科に行く用がある他、以前から申し込んでいた目黒区役所見学会の日であるので、中目黒に行く予定、ということで、モノマチ2日目は不参加。
[PR]

by mw17mw | 2013-05-25 08:28 | 日常生活 | Comments(2)

色々ご報告-PC、地デジ、テレビ買い換え

<PC>
★Adobe製品
どうもわからない、私のは、Creative Suiteであり、Adobeの説明のページには、Creative Suite2からしか出ていないのだ。
私の方が、地デジアンテナとかテレビ買い換えで落ち着かないので、そちらが落ち着くまで放っておこう。

★Fax
Windows8にFax機能がついているようなことを書いたが、それは私の勘違いであった。(なぜか、プリンター一覧にFaxがあるのだ)
で、モデムは無事以前から使っていたRATOCというメーカーのものが使えることがわかり、この部分はお金がかからなかった。(RATOCのサポートが親切で、電話で色々教えてもらった)
しかし、モデムが揃っても、Faxのソフトも必要とのことで、以前から持っているまいと~く8を入れてみたら、やはり、32ビットと64ビットの違いで、何か作業をしなくては使えないみたいなので、一度インストールしたもののまた削除してしまった。
まいと~くの会社のページを見ると、以前からまいと~くの製品を持っている人には、新しいバージョンが安く買えるようだが、7千円かな?
う~ん、酒屋やたばこをいつまで商えるか不透明な中、発注回数も少ないだろうし、別にPCからファックスが打てなくてもいいやという気になってきた。

と言いながら、まだ、以前のVISTA機がどうやら動くので、またHDにアクセスできなくなることを恐れて、ずっとスリープ状態を維持して、生かしている。
そちらを使えば、Adobe製品もFAX機能も使えるので、不自由はちょっとだけ。(何だか、Windows8を買って良かった!と思えないことが二つも起きたことが残念。)

<地デジ>
我が家は、数年前に地デジ対応の全体案ができており、準備はできていた筈なのだ。
それが、突如、最終、総務省の「東京スカイツリー受信確認テスト」に付き合わないといけないことがわかり、今頃になって、アンテナ業者にこのテストに付き合うことができるように我が家のアンテナ環境の最終整備を依頼したのだ。
(数年前に見てもらった業者には、ビル全体のアンテナ線の大元のところにある地デジのところをちょっといじれば良いだけと聞いていたので)
そうしたら、我がビルを建てた当時に立てられ、その後、新丸ビルの電波障害の関係でケーブルテレビの回線を使うようになったので、全然使わなかったUHFアンテナが地デジ用に使えると聞いていたのだが、今回、実際にその能力を測定してみたら、老朽化が激しく、電波を拾う能力が劣悪とのことだったので、まずは、取り替えが必要となった。
そのアンテナを発注して問屋から届くまでに、総務省の受信確認テストの放送スケジュールは終わってしまうらしい。(涙)

ということで、そのアンテナが届いてすぐに取り替えて立てても、すぐにはスカイツリーから電波がまた発信されるかわからないので、発信されるようになるまでは何もできないとのこと。
アンテナ工事業者の人がいうには、「近隣の様子を見ても、スカイツリーに近いことだし、多分、スカイツリーから電波が発信されるようになってから対応しても大丈夫でしょう」とのこと。(それに、万が一、スカイツリーから常時電波が発信されるようになってからでも、不具合が見つかれば、総務省は対応してくれるはずとのこと)
ということで、スカイツリーから常時発信されるようになるまでは、現状維持となってしまった。

ま~、業者の人がいうように、スカイツリーから電波が発信された後に、整備して、うまく行くことを祈るしかない。
(余談であるが、東京タワー時代には、東京のどこの家のアンテナもすべて東京タワーの方に向けて立てられたが、スカイツリーになると、そうではなくなるとのこと。高い建物が多く、同じ地域でもスカイツリーとの間を遮る高い建物がある場合は、スカイツリーから直接の電波を拾うのは諦めて、直接の電波がどこかの高い建物にあたって反射した電波を拾うのだそうだ。<ということは、周囲の環境が変わったら、アンテナの方向を変えなくてはいけないのかな?>)

<テレビ買い換え>
ということで、テレビの買い替えは急がなくても良くなったのだが、近々必要は必要なので、買う予定。
でも、わからないことばかり。(涙)

私の今のテレビ、いつ買ったのだろう?
それすら覚えていない、10年~20年前の間だとは思うのだ。
だから、浦島太郎状態で、テレビを探し始めた。
ビデオとの関係が大切なのだが、外付けHDDをつけられるもの、ブルーレイをつけられるもの、内臓HDDがついているものがあって、価格からいうと、外付けHDDタイプが私に向いているのかな?
でも、そうなると、番組を見ていると録画ができないものから、番組を見ながら裏番組1つなら録れるもの、2つも録れるもの、色々なタイプがある。

また、それだけではなく、画質の良さも必要だし、インターネットも見れる方が良いに決まっている。
かと言って、インターネットまで考えると、韓国のLDというメーカーのTVには、インターネットに対応したリモコンはついているが、日本のメーカーのテレビにはそういうものが付いていない。

インターネット、テレビでできなくても良いけれど、youtubeなんて、ちょっとテレビの大画面で見たい気もする。

そして、実際に品物を見に、アキバの家電量販店や多慶屋に行ったのだが、種類は、価格.comほどないのだ。
そして、価格も、価格.comの方が安い。

今、一番気に入っている機種は、某家電量販店の定価からポイントを引いた金額は、価格.comの最安値のお店より6千円強も高い。
しかし、価格.comで買ってしまうと、今まで使っていたテレビの始末に困ってしまう。
皆さまは通販でテレビ等買った場合、今までの機械はどう始末されているのだろう?
「不要なもの、何でも引き取ります」という業者が回ってくるのを待つのか、価格.comの中に宣伝を載せている廃品回収の業者に依頼するのかな?

今まで使っていたテレビの後始末に何も気を遣いたくないと思ったら、家電量販店が楽、でも、それで6千円強使ってしまうのはいかがなものかと悩む。(来週は廃品回収業者にかかる費用を電話で聞いてみよう)

と悩みが多くて、結局何もできない私です。
[PR]

by mw17mw | 2013-05-23 18:41 | 日常生活 | Comments(7)

ディ・チェコ-茹で時間変更の謎

先日、円安が進行しているのでと思い、まだ、スパゲティが切れていないのに、もう1袋、多慶屋で買ってみた。

そうしたら、なんだか、同じメーカー(ディ・チェコ)の同じ太さ直径1.6mm、No.11のパスタなのに、茹で時間が違うのだ。
古い方が9分で、新しい方が7分。(賞味期限を見ると、4か月違いなので、輸入時期も4か月違いと思われる)
イタリアから輸入された袋に日本語の説明が貼ってあるので、翻訳間違いかなと、イタリア語の部分をよく見ると、イタリア語の茹で時間自体が、9分から7分に変わっていた。
d0063149_1639293.jpg
で、輸入元の電話番号があったので、一度だけだけれど電話してみたら、「今、近くに人がおりません、後ほど、おかけなおし願います」になってしまった。

何で、こう変わったのだろう?
本日、9分茹での表示のあるものを7分茹でたところで食べてみたが、アルデンテ以前の固さで、まだまだ食べられる状態ではなかった。
やはり、9分が正解だと思うのだけれど。

また、今、調べたら、ディ・チェコの日本における発売元は、日清製粉のよう。
多慶屋のは同時並行輸入ものなのかな?
(日清製粉のディ・チェコの茹で時間がどうなっているかまでは残念ながら、調べていない)
[PR]

by mw17mw | 2013-05-23 16:49 | 食材・食材のお店 | Comments(3)

合羽橋界隈-「浅草浪花家」のカレーうどん

今週の週末、金土日と我が家の方は「モノマチ」。
昨日あたりから、家の前に「モノマチ」というのぼりを立てている家がチラホラ。
この「モノマチ」は、もちろん物販のお店も参加するのだけれど、基本的には、常日頃、誰も訪ねてこない環境で、もくもくとものを作っている職人さんたちの作業場等も会場になるのだ。
何だか、その早めに立てられるのぼりから、職人さんたちが、「作業場に、年に一回、人がたくさん来てくれて、自分たちの作業に関心を持ってくれること、色々な人と交流できることをとても楽しみにしている」と感じてしまった。(でも、もしかして、のぼりとその台が配られて、置く場所がなくて、表に出しているのかも知れないが)
そういう意味でも、「モノマチ」は良い催し物である。

---本題です---

月曜日のお昼過ぎに、合羽橋方面に行く用があったのだ。(と言いながら、これは私の日にちの記憶違いで、実は来週であったのだが)

d0063149_22462576.jpg雨が降っていて、自転車で行くのがつらかったので、TX(つくばエクスプレス)で一駅乗っていくことにした。
で、用件に向かう前に、どこかで食事がしたかった。
結局TXの駅に近い浅草浪花家に、ケイトさんのブログを拝読して気になっていた「ミートソースうどん」を食べに行くことに決めた。
だいたい、浅草浪花家は、焼きそばが美味しかったし、期待できる。(と言いながら、テイクアウトで稲荷寿司を買ったことがあるが、これは、やたらに大きくて、油揚げが柔らかくて、好みではなかった。)
d0063149_22465734.jpg
お店に入って、メニューを見て、「ミートソースうどん」を注文し、受けてもらったと思っていたら、厨房から戻ってきた人が「ミートソースうどん、切れているそうです」とのこと。
何だか、店内の連絡が悪いな~、仕方がないので、きつねうどん・カレーうどんのどちらにしようか迷ったが、カレーうどんにしてみた。

d0063149_22475443.jpgで、出てきたのがこれ。
カレーは辛く、甘みが少ないタイプで、ごく普通に美味しかったけれど、入っている豚肉がバラ肉で、脂身ばかりでちょっとねという感じ。
メニューに「ごはん150円 おもち100円を入れて二度お楽しみいただけます。」と書いてあったけれど、本当に残ったカレー汁に、ごはんかお餅を入れて絡めて食べたら、どんなに美味しいだろうと想像できるものも、うどんだけだって、太るのだからと、一生懸命、自分に言い聞かせて、やめておいた。

ちょうど同じ時、お店には、私以外にもう一組の男女がいたのだが、その人とお店の人たちの大きな声での会話が、狭い店内だから、聞こうと思わなくても良く聞こえて来た。

その話によると、浪花家さんの店主の若い男性のお母さんの実家が、仲見世から松屋に向かう通り(伝法院通りの反対側)浅草寺側にある栃木家さんという有名なお豆腐屋さんなのだそうだ。(食べログ情報はこちら
(私も、最近は全然買わないけれど、浅草橋の池田屋さんというお肉屋さんに、「栃木家」さんのお豆腐や油揚げを置いてあるので、良く買っていた。美味しいと思う)

息子さんもお料理が好きだから、麻布の浪花家さんで修行して暖簾分けしてもらったのだろうけれど、お母さんもお料理が好きなようだ。(栃木家時代、お惣菜等作っていたらしい)
そういう意味では、浅草浪花家さんは、ツートップ体制なのね、だから、色々ヒットが出るのかも。(私の場合、好みに合わないものもあるけれど)
遺伝子レベルで料理好きということがわかって、何だか、とても安心できる気分。

また、お母さんがそういう経歴だったら、カレーうどんよりきつねうどんを食べれば良かったと思った。
まだ、このお店の麺類は、焼きそばとカレーうどんしか食べていないけれど、その2つでは、「カレーうどん<焼きそば」の評価。
[PR]

by mw17mw | 2013-05-22 22:55 | 合羽橋の食と飲食店 | Comments(2)

ワテラス界隈の興味が湧く飲食店

先日、大阪の淀屋橋駅にある「東京人が受け付けない蛍光灯」を紹介したが、本日、この大阪市営地下鉄が80周年という記事で、謂れがわかった。
このシャンデリア風?(と記事には書いてあるが)の蛍光灯は、80年前の大阪でデザインされたものらしい。
きっと日本における蛍光灯って、80年くらい前に製造され出して、その頃、珍しかったし、何かで覆うという発想がなかったから、シャンデリア風になったのだろう。

---本題です---
最近、あまり話題がないので、ワテラスの行き帰りに見つけた飲食店をご紹介。

1.アキバのHERO'S ステーキハウス
d0063149_22282123.jpg

  湯島駅から昌平橋までの道路を何て呼んで良いのか未だにはっきりしないのだが(神田白山線?)、その道路からふと路地を見ると、行列ができていた。
そのお店の位置は、昔のリビング山際だっけ、その近くで、アキバの中では一番外れなのに、行列ができていた。
ここは、入ってみるべきか、やめておいた方が良いのか、迷うところ。
このお店にいらしたことある方、評価を教えてください、あと、何が美味しいかも。

2.松竹庵 ます川
d0063149_22302750.jpg
昌平橋を渡ったところから淡路町交差点方面は、外堀通りである。
その外堀通りを挟んだワテラスの向い側には、ケーキの近江屋と志乃だ寿司という老舗がある。
それらのお店の並びにあるこのお蕎麦屋さんも老舗っぽいし、お店の正面のケースにお品書きとともに、本日の蕎麦の原産地なぞが飾られていたので、良さそうと思い、画像を撮って、家に帰って、食べログで検索してみた。(この日は定休日で閉まっていた。)
そうしたら、全体の点数は、3.29だけれども、口コミ3つが5.0.4.0、3.5だし、神田の藪蕎麦に近いところで正々堂々と頑張っており、期待できそう。
ここは是非行ってみたいな。
  
この後、近くの路地に入り、所謂「神田連雀町」界隈を自転車で走ってきた。
皆、老舗はお休みであった、今年2月に火事を出した神田藪蕎麦は、全部建物がなくなっていて、更地になっていた。
お休みだというのに、ブルドーザーが忙しそうにその空地を整地していた。(と思うのだけれど、何をしているのかは良くわからない)
この記事によると、半年後には再開するとあるが、どんな建物になるのだろう?

3.神田 磯野
d0063149_2231891.jpg
  その後は、靖国通りを東に進み、中央通りとの交差点手前、多分、神田須田町で、小さなラーメン屋さんを見つけた。
  ここも家に帰って食べログで検索してみると、3.57だし、一度は行ってみたい。

ま~、東京はちょっと余り行かないところに行くと、いくらでも美味しそうなお店が見つかるところが良い。

<おまけ>
同じ日に帰り道で見つけた、神田佐久間町の路地裏のたばこ屋さん2階の風景。猫2匹の前はカエルさん。
d0063149_22514381.jpg

[PR]

by mw17mw | 2013-05-21 22:35 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)