<   2010年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

食べ物以外のダイエット・サポーター-梨花のブログ・DVD「プラダを着た悪魔」

27日夜と31日朝の体重を比べると、何と、-1.6kg~、とても励みになっています。(笑)

で、食べ物ではないダイエットのサポーターについての話を。

今年の冬に、浅草橋シモジマで、モデルの梨花さんらしき人物を見たが、とてもにこにこしていて、幸せそうで、感じが良かった。
先週、テレビで、梨花さんを見たら、それで、彼女が今若い女性の憧れナンバー1と紹介され、ブログが人気と知って、見るようになったけれど、本当に彼女はおしゃれ。(一日のアクセス数100万人とか)
私も過去に遡って読んでみたが、若い人たちが憧れるのもわかるような気がした。

梨花さんは、勿論、オシャレとかスタイルが素敵なだけではなく、何だか、本当に気取っていなくて、誰に対してもどんな場合でも笑顔を振りまいてしまうという人間性を感じるから、私も気に入ったのかも知れない。

その後、先週見た「ジュリー & ジュリア」のメリル・ストリープ繋がりで、「プラダを着た悪魔」を借りて来て見たが、とても面白かった。
どちらかというと、オフィス根性ものっぽい漫画仕立ての話だけれど、メリル・ストリープがとても演技が上手。
同じ人なのに、1930年頃の大柄の平凡な主婦ジュリア・チャイルドを演じれば、ジュリア・チャイルドにしか見えず、今度は、現代に生きるアメリカのファッション雑誌の編集長なのだが、勿論、冷徹な敏腕編集長にしか見えない。(メリル・ストリープが演じているという感じがないのだ。)
本当に、メリル・ストリープさんは、名女優。

で、この映画にも、とてもきれいな衣装、とてもきれいな女性たちが沢山出てくる。
皆、服装、小物を選んで、「素敵な自分」を表現している女性たち。

また、主人公のファッションに無頓着だった女性が、この編集長のアシスタントに雇われ、磨かれて行く変遷も楽しい。(それにしても、NYのファッション業界で働くというのは、想像を絶する厳しさなのだということも良くわかる映画であった。)

たまにこういうきれいな服装しか出て来ない映画を見ると、「そうだ、オシャレをするって、楽しいことなのだ」とか思い出してしまう。
でもね、こういうオシャレをしようと思ったら、まずは、体重減らさなくては、洋服が買えないものね~。

この映画に描かれている冷徹な編集長は、「アメリカ・ヴォーグ」の「アナ・ウィンター」がモデルとのこと。
本当のところは知る由もないが、「プラダを着た悪魔」で、魂を悪魔に売っているがごとく冷徹な人間に描かれたのが気に入らなかったのか、その後、「ファッションが教えてくれること」という本人の活動を描いたドキュメンタリーができたそうな。(こちらは、仕事ができる、妥協を許さない他、人間性も出ているとか)
それが来週、DVDになって発売される。
今週末はお祭で借りて来られないが、再来週には見ようっと。

こういう本当にオシャレで素敵な人たちのブログや映画を見ても、ダイエットを頑張ろうという励みになる。
[PR]

by mw17mw | 2010-05-31 16:47 | ダイエット・健康 | Comments(4)

昔懐かしい物が残っている根岸&新しいお店

昨日の「デン」もそうだし、先日紹介した「定谷」の外観等、根岸には、もう御徒町あたりから消えてしまった懐かしい物が沢山残っているようだ。

「デン」の食べログを見た時に、発見した「マルス」。
鴬谷駅前に洋食屋さんがあるとは知らなかったのだ。
全体の点は、3.01と低いけれど、口コミ5件を読んでみると、皆、味には満足している様子。
興味が湧き、どんなお店だか見て来ようと、デンの前に訪ねてみた。

で、鴬谷駅なのだけれど、北口は、住宅地とホテル街に繋がっているイメージで、入谷に近い南口から根岸の方に降りたところは、未だ、全然整備されておらずゴチャゴチャ小さいお店が並んでいて何だか「戦後」とか「場末」というイメージ。(まだ、アメ横の方が整備されていてほんのちょっと垢抜けているという感じはある)

d0063149_16243336.jpgマルスは、言問通りの「鴬谷駅下」という信号を駅の方に曲がったところ、富士そばの裏にあった。
お店自体は二階のようで、1Fはサンプルが入ったケースと階段へ続く入り口だけで、中の様子はわからなかった。
他のお店の看板や旗に負けそうなケースの中には、周囲に全然負けていない、でも最近はあまり見かけないタイプの美味しそうなお料理のサンプルが沢山並べられていて、このお店が、「ただの洋食屋」ではなく、「本格的な昔のフランス料理もできる洋食屋さん」であることを物語っていた。
例えば、伊勢エビのテルミドール風って、エスコフィエの料理だし、エスカルゴもあるし(と言っても私は食べられないが)、わ、入ってみたいと思った。

このお店を見て思ったのだが、気付いたら、こういう本格的洋食屋さんも相当減っている、よくぞ生き残っていてくれたという感じ。

しかし、食べログでは、ランチ営業があるようなことを書いてあったが、お店のHPによると、現在は夜にしか営業していないようだ。(お店のメニューはこちら

行くのは難しいかも知れないが、機会があったら、行ってみたい。

<新しいお店-江戸前煮干ラーメン「きみはん」>
d0063149_16193431.jpg数日前、インターネットで、根岸にできた煮干ラーメンの「きみはん」というお店は、千駄木のつけ麺TETSUのオーナーが新しく開いたお店とのこと。
で、探すつもりはなかったのだけれど、今回行った「デン」の隣だった。
土曜日の午後1時過ぎで、行列は0だった。

行列がないということは美味しくないのかな?行列があると、並んでまで食べたくないと思うしで、結局は、この近辺に行ったら、デンかな?
[PR]

by mw17mw | 2010-05-31 16:22 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)

根岸の「デン」 グラパン

根岸で育った方に「珈琲の店 デン」を教えていただいた。(食べログは、こちら
何でも、「グラパン」というパンが名物だとのこと。
で、そこのご店主が病気で入院されている間、息子さんがピンチヒッターでお店を切り盛りしたのだが、どうしても、グラパンがお父さんの味にならなかったそうだ。
しかし、今では、お父さんは無事退院されて、お嫁さんと二人でお店に出るようになって、グラパンも昔通りの味になったお店とか。

で、行ってみた。
場所は、言問通りをずずっと鴬谷駅の方に進んで、「鴬谷駅下」という信号を右に入ると、「上野萬屋」という大きな酒屋さんが左手にあるのだけれど、その通りをちょっと進んだ左側。
(この通りは、突き当たりに、昔ながらの手焼きせんべいやさんが見えて、周囲に高い建物が見えなくて、とても昔風で良い通り)

d0063149_1920136.jpgこのお店の存在を知らなかったのは私だけで、結構色々マスコミに取り上げられているお店のようで、お店の前には、そういう記事が沢山貼ってあった。

お店の感想を一口で言えば、「昭和の喫茶店が、『繁盛したまま』残っていた~」という感じ。



d0063149_1921056.jpgお店の真ん中が喫茶店の入り口で、右側が、コーヒーとソフトクリームの、今の言葉で言えば、テイクアウトコーナーになっている。
お店の前に飾られたソフトクリームのサンプルも昭和の香り。

お店の中に入ると、全体茶色いイメージで、厨房の道具もちょっとはみ出て雑然としているところも、昭和の香り。
3~5人用のテーブルが5つと、カウンター2席のこじんまりしたお店。
また、テーブルに案内してくれた方がマスターだと思うのだが、真面目そうなごく普通の昭和の香りのする方であった。

土曜日の一時過ぎに行ったのだが、お店はほぼ満席。

これがメニュー。
d0063149_19184387.jpg


初めてなので、有名な「海老のクラパンセット」にしてみた。(何だか周囲も皆グラパンを食べている様子)
注文して出てくるまで20分はかかるとのこと。

本を持って行かなかったので、出来上がるまでメニューを一生懸命見たりしていた。
このメニューで一番気になるのは、「グラタンハムエッグスパゲティーセット」
何だか、すごく美味しそう、この3つ重ねたら、絶対美味しいよねと思う、ありそうで見たことがなかったメニュー。

お水を持ってきたマスターに聞いたら、「スパゲティーの上にハムエッグを乗せて、ホワイトソースをかけたもの」とのこと。
「焼いてないのですか?」と聞くと、「焼いてあります」とのこと。
どんなものだろう、今度来た時はこれだなと思った。

少しして、私の前のテーブルに、何だか、大きなお皿に、「星の王子様が描いたウワバミの絵」を連想させるような形の料理が運ばれてきた。
「もしかして、あれが、グラタンハムエッグスパゲティーかしら?」とピンと来た。
白いグラタンが帽子のように全てを隠していて、表面の所々に焼き目がついている料理であった。

他の席の見知らぬ人が取った料理だから、写真が撮れなくて残念。
少ししてから見ると、それを取った人は、白いスパゲティーを食べていたから、正解のようだ。
(後は、ハムエッグが半熟状で出てくるのか、茹で玉子状で出てくるのかが問題だが、それは見えなかった)
とにかく大きさが半端ではない印象があり、一人で食べるのは無理かな?

d0063149_1919138.jpgそのうち、私のグラパンも登場。
何でも、お店でグラタンを出そうとした時、グラタン用の容器がなかったので、パンに入れたところ、評判を呼んだというお料理で、このお店にしかないものみたい。

4枚切りのパン3個を重ねたくらいの厚さ(多分高さ7cm程度?)の食パンの真ん中をくりぬいたところに、ホワイトソースが入っていて、チーズをかけて焼いてある。
料理の両側には、真ん中をくり抜いて出たパンの白いところが焼かれて置いてある。

まずは、ホワイトソースを食べてみる。
(塩気が弱いので、テーブルにあった塩をかけてみた。テーブルの塩は二種類あって、普通のお塩以外、何だか、パプリカとか唐辛子系のものと一緒になった塩があった。)
次に、元真ん中であったパンをちぎって、ホワイトソースに浸して食べた。
ホワイトソースの具は、海老と玉ねぎとマッシュルーム。
全てが熱々で、美味しい。

もっと良い材料を使えばもっと美味しいだろうけれど、チーズは、所謂粉チーズだし、牛乳もバターもそこそこのものだと思う、でも、手づくりのホワイトソースなので、嫌味がなく、中の上。(何が言いたいかと言えば、決して不味くはない、もっと材料のグレードを上げたら、もっと美味しくなるな~と思いながら食べたということ)
こう書くとケチつけているみたいだが、美味しいことは美味しい。
パンもふわふわでいつまでも熱いし、昔懐かしい味であった。

くり抜かれてトーストしたパンを食べ終わる頃には、ホワイトソースの水位が低くなっているので、上からホワイトソースがこぼれないように、パンを平行の方向にちぎった。
ただ、ものすごい量なので、私は、一番下のパンまで食べ切れなかった。
そして、最初は美味しいと思ったけれど、最後はちょっと飽きて、当分要らないと思ってしまった。
(これで、下にトマトソースでも仕込んであれば、飽きないかも知れない。)

二人で一つでも良いと思うのだが、ただ、二人で一つにした場合、半分に切ってもらうわけにもいかないし、どうやって食べるのか思い付かなかった。

お店は混んでいて、ひっきりなしに新しいお客さんが入って来ていた。
周囲のお客さんを見ると、近所の人2に、雑誌を見てやって来た感じの人(含む私)が1くらいの感じ。
家族総出で、ここでお昼を食べる親子もいたが、そんな感じがぴったりの美味しい料理のある下町の喫茶店という感じ。

マスターも厨房の中のお嫁さんも、本当に忙しそうに働いていた。
何だか、お店の雰囲気も昔のもので、「わ~、こういうお店が未だに残っていて、生きているのだ」ということが嬉しいし、お店の人も、本当に「昭和の頃のどこにでもあった喫茶店の人」を感じさせるもので、好感を感じた。

でも、こういうお店はどうなのだろう?
今や、価値観が多様化していて、「何を良し」とするかは人様々。
「下町」「昭和」が許容範囲な人間にはとても素晴らしく感じられるお店だと思うが、「ブランド」「最先端」「スタイリッシュな生活」に憧れる(というか、それにしか関心のない)女の子を案内してくると、余り喜ばれないかも。(今回、隣に座っていたカップルの会話が聞こえて来て、そう思った。)

ということで、スタイリッシュ志向しか頭にないお嬢ちゃん・奥様方には向かないけれど、アイディアも良いし、お店の人たちも頑張っているし、ずっと続いて欲しいので応援したいお店。

他にも、カレーやコーヒーフロートが美味しいらしい、また、行ってみたい。
[PR]

by mw17mw | 2010-05-30 19:27 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)

2010年4,5月のダイエット反省2/2

二日続けて体重を計ってみた、一応下がり傾向なので、ほっ。

で、夜と朝で体重が変わるかと言うと、微妙なのだ。
私が今使っているデジタル体重計は、100g単位だからか、差が出にくく、ある晩、小数第一位が、「5」だとすると、その5が一旦6に行った後、5に戻る感じの「5」。
で、次の朝計ると、ピタっと5が表示されるくらいの違いしかわからない。

テレビの番組でも言っていたけれど、ここらへんを明確にさせるには、「50g単位のデジタル体重計」が必要なのかも知れない。
でも、Amazonで探したら、50g単位のデジタル体重計は、12000円強なのだ。
(きっと私は買わないだろう。)

<歩くこと>(私の評価:◎)
ここ1か月くらい、土日、暇な夕方、VAAMを飲んでから、東西めぐりんに乗り、上野の山の言問通りに近いところで降りて、だいたい根津から家まで不忍池経由で歩いている。
週に一回か二回なのだが、この散歩をすると、身体が軽くなるような気がする。
やはり、ただ、食べ物だけでダイエットしようとしても無理が大きいと実感している。
運動が好きなタイプだったら、体重を減らすのは簡単なのだろうけれど、私は運動するとストレスが溜まるタイプだから、ボチボチ歩くくらいしかできないのが残念。

<カロリーの低い動物性たんぱく質を食べる>(私の評価:〇)
特に優秀なのは、やはり、鶏の胸肉を焼いたものだろうか?
お肉をまるで食べないわけではないが、量を抑え、こま切れは食べるけれど、切り身は食べていない。
だから、厚みのあるお肉を噛み切るのが好きなのだが、それができない。
でも、胸肉を薄切りにしないで、厚い塊のまま食べたりするから、不満はない。

後、鶏のレバーも良く食べている。
これも、味が濃いから、食べると満足度が高い。
鶏のレバーのしぐれ煮か、ニラレバくらいしか作っていないけれど、レバーに火を通し過ぎないようにして作ったニラレバが一番美味しいかも。

<なるべく汁物を食事に取り入れる>(私の評価:〇)
汁物まで中々作れないので、クノールのカップスープを良く飲んでいる。
やはり、コンソメ系がカロリーが低くて良い。(一杯47kcalかな?)
消去法で、チキンコンソメよりは、オニオンコンソメの方が気に入って常備している。
例えば、ご飯200kcal、お総菜が2~300kcalの食事をした場合、汁物も飲んだ方が、満足感があるような気がしている。
「熱い汁物」が食事に良いのなら、お茶でも良いような気がするのだけれど、お茶の成分が何か邪魔をするのだろうか?

でも、夜ご飯は、つい、糖質0の冷たい発泡酒なぞを飲みながら食べてしまう。
ま、余り、自分に厳しくしてしまうと、長続きしないからなんちゃって。(笑)

先日、テレビでタニタの食堂など、美味しく健康的な昼食を出すと評判の社員食堂の様子を見た。
その時に、そういう社員食堂の共通点は、「一汁三菜」だと言っていたっけ。
結局、野菜・乾物(豆とか)にも取り入れた昔ながらの一汁三菜の食事をすれば、太らないのかも知れない。
要は、健康的な食生活が太らないコツなのかも。

今、身体が欲しているのか、大豆が食べたくなってきた。
本当は黒豆が食べたいのだが、頭が「肌のトラブルの関係で、それは今は絶対だめ」と無意識に命令しているのか、昨日は、大豆の五目豆が食べたくなった。
大豆の茹でたものを冷凍してあったので、作ってみた。
大豆を食べるのなら、納豆が一番手早いのだかが、納豆にはお醤油をかけるので、味が濃く飽きるので手が伸びない。
その点、五目豆は、昆布や椎茸なぞの消化の悪そうな素材を足せるし、味も薄めにできるから、飽きないで食べ続けられそう。
今日から食べてみる。
黒豆と大豆の違いは、アントシアニンだけだろうから、私の肌のトラブルが大豆イソフラボンだったら、肌がひどくなるかも知れないリスクはある。
本当は大豆も食べない方が良いのかも知れないけれど、試してみる、何せ身体が欲しているのだから。

今のところ、外食も良くするし、食べたいもの、興味のあるものは食べてしまうという甘いダイエットだけれど、今後もその程度は自分に許して、総カロリーで全体の食べ過ぎを抑えて頑張ろう。

以前にも書いたけれど、湯船に入ってリラックスしている時に、自分のお腹あたりを触ると、お腹についている脂肪が良くわかる。
身体全体をお湯で温めると、身体の中の脂肪はお水より軽いせいか、常温の状態で触った時より、皮から分離して、手で触ってお腹についている脂肪の量がわかる気がする。
このお腹についている脂肪の量を実感すると、「頑張らねば」という気になる。(笑)
[PR]

by mw17mw | 2010-05-29 09:43 | ダイエット・健康 | Comments(4)

2010年4,5月のダイエット反省1/2

昨晩、体重を計って、現実と向き合ってみた。
う~ん、最低でも後10kgは痩せなくては...とほほ。

結局、会社を辞めて10年経ち、体重は10kg以上増えて、現在「肥満度1」の下の方。
どうも、「肥満度1」の中くらいまで上がりそうになると、私はダイエットを始めるようだ。
そして、「肥満度1」の下に戻ると、結構安心してしまう。

10年前、会社を辞めたばかりの時、緊張しなくなったせいか、体重が地殻変動のように増え、BMIの22をかけた体重になってしまった。
その時、「太ってしまった、どうしよう!」と言ったら、皆に「適正体重になったのよ。そのくらいの方がふっくらしていて良いわよ」と言われたことを覚えている。
それより、更に10kg増えているなんて、信じられない。(あってはいけないことだから、減らさねば)

しかし、体重を後10kg落とす必要性は、自分のお腹を触ってみると本当に良くわかる。
必要な体重増10kgなら受け入れねばならないが、自分のおなかや二の腕を触ってみると、ただ単に、無駄な贅肉、余計な脂肪がついていることが実感できる。
これからもがんばらねば。(昔の自分に会いたいのだ。)

という現在の状況なのだけれど、4,5月2か月で少しは痩せたので、その色々な方からのアドバイスをもとに努力してみたことを反省してみる。

朝ごはんを殆ど食べないで、一日の総カロリーを抑える(私の評価:◎)
一日1800kcalと決めた場合、3回に分けると1回当たり、600kcalしか食べられず、満足感がないような気がする。
その点、午前中に200kcal程度しか食べないと、昼夜それぞれ800kcal程度は食べられるので、そんなに我慢しなくて良いという安心感がある。
それが私には大事。
例えば、ちょっと外食をすると千kcal食べてしまうなんてざら、そういうとき、二食で1600kcalの余裕があれば、もう一食を調整すれば、その日のうちに即対応可能。

1.朝の黒糖生姜紅茶とかんきつ類(私の評価:〇)
  これは、ちゃんと習慣になり、ちゃんときちんと材料が途切れないようにしている。
  生姜は身体を温めるもの、黒糖は血糖値の上昇が穏やかな砂糖、かんきつ類は果物
  の持つ酵素を体内に取り込むのかな?
  そんな栄養学的な効果は余り感じないのだけれど、美味しいから、満足している。
  そうだ、それに、これは、栄養的にどうのこうのというより、「胃を長時間休ませる」ところ
  に価値があるらしいが、これはまだ実感できていないでいる。

  このやり方の欠点は、休日の朝は、これらを食べた後、暇なので、空腹を感じてしまう
  ところがちょっと辛い。
  また、真夏、熱い紅茶を飲む気がするかどうかも、今後の問題。
  (やってみないとわからない)

2.100kcalの発芽玄米ご飯のおにぎり(私の評価:〇)
  平日は10時半頃、休日はもうちょっと早く、空腹をふさぐために、具は大抵じゃこか、
  こうなごの佃煮の発芽玄米入りご飯70gのおにぎりを食べている。
  これは、朝バナナダイエットの時に参考にしたページに、「朝バナナだけではお腹が
  空いた場合、小さなおにぎりを食べるのはOK」と書いてあったので、今でも、お昼ご飯
  までのつなぎに小さなおにぎりを食べている。(私の昼食は1時半~2時頃なので)
  これなしで、朝、紅茶にかんきつ類だけで、お昼まで我慢するのはちょっと無理。

白米ではなく、発芽玄米ご飯に変え、量は、午前中70g、昼夜140gにする。(私の評価:◎)
そんなに積極的にダイエットに役に立っているという感じはしていないのだが、同じ量を食べても、白米に比べてお腹が簡単には減らないような気がしている。(勿論、消化している間、重たいという感じもしない)

また、白米・発芽玄米ご飯両方を冷凍してあるのだけれど、自然と、発芽玄米ご飯の方に手が伸びるので、多分、味的にも、白米ごはんより美味しいのだと思う。

今、色々調べたら、空腹を感じる、感じないは、消化にかかる時間に関係なく、血糖値の上昇・下降に関係があるらしい。
結局は、消化に時間がかかるということは、血糖値の上昇・下降が緩やかで、そんなに空腹を感じないことに繋がるのではと思っている。

そういう意味では、ダイエット中は、消化に時間がかかって、血糖値が上がらない玄米や発芽玄米を食べた方が楽だと思う。
同じカロリー・同じ量で、腹持ちが良く、空腹感を感じ難いのだから。
白米をやめて、発芽玄米等に変えるも、ダイエットを成功させるコツの一つかも。

反対に、夜は8時過ぎにご飯を食べるので、消化の早い白米のご飯を食べることにしよう。

で、二度目の発芽玄米がなくなったので、来週になったら、七分つき米を取り寄せる予定。
これも、同じ効果があると思う。

昨晩から、玄米・発芽玄米・雑穀米の消化について、検索してみたが、どうもどれも白米に比べて、消化に時間がかかるようだ。
それを嫌う記述も多いのだが、結局は、体調の悪い時は、消化の良い物を食べる、体調が良い時は消化の長い物を食べれば良いようだ。

さて、今日は、シェフズ米1袋が見つかったので、炊くこととしよう。
[PR]

by mw17mw | 2010-05-28 11:44 | ダイエット・健康 | Comments(0)

「体重を毎日計ろう」と思った

黒豆ゼリーを食べるのをやめたのは、先週の土曜日だから、そろそろ一週間になろうとしている。
効果はと言うと、顔の赤味は少し軽くなった感じはするものの完全には消えていない。
(で、張りのある肌も消えていない。)
黒豆を食べるのをやめて、何日したら、黒豆効果が消えるのか、ちょっと楽しみ。
でもね、皮膚科でもらった二度目の塗り薬もそろそろなくなりそうなので、明日またもらって来なくては...。

で、黒豆を食べなくなって、黒豆につき、もう一つ感想が出て来たのだ。
(世間全般の人が読む可能性のあるここに、こんなことを書くのは恥ずかしいのだが)黒豆を食べるのをやめたら、何だか、排泄能力が落ちたような気がするのだ。
だから、黒豆がダイエットに効いていたかどうかの判断は難しいとは思うのだが、黒豆には、老廃物を排泄してくれる力は確かにあったと実感している。

そういう意味では早くまた黒豆ゼリーを毎日食べる生活に戻りたい。

そんな状態の昨晩、「ためしてガッテン」で、計るだけダイエット関連の放送を見た。
ガッテンのダイエットは、基本「計るだけダイエット」で毎日50~100gの体重減を目指して、毎日体重を計ってグラフにしていくというもの。
無理して1か月5kgくらい痩せると必ずリバウンドが起きるとのことで、毎日少しずつリバウンドなしに痩せることを目標としている。
1日50~100gのダイエットだったら、1か月で1.5~3kg減だから、今、私が試みているダイエットに近いような気がする。
そのグラフをつけながら、体重が増加した日があったら、その原因を考えて、「言い訳欄」に記入することで、太る原因を考えることができるとのこと。

で、その番組を見ていたら、「毎日体重計に乗ろう」という気になってしまった。

良く、人から、「ダイエットの基本は毎日体重計に乗ること」と聞くし、自分でも体重計に乗った方がいいのかなとは思っていたのだが、決して毎日同じ時間に排泄しているわけではないので(わ~、こんなこと書いちゃった)、例えば、毎日同じ時間に計った体重の増減に一喜一憂したくなかったのだ。
だから、今まで、体重は計らなかった。

しかし、昨日の番組を見たら、糸井重里さん流は、朝起きた時と夜眠る前(結局は、パジャマを脱ぐときと着る時)に体重を計る。(ガッテンの正式のやり方は、朝起きぬけ排泄後と夕食後)
で、グラフは、時系列でずっと長くしていかないで、用紙の横のメモリを1~31日の朝晩とし、毎月毎月、同じ紙に違う色の線で書いていくのが、糸井重里流。(私は、Excelでグラフをつけるつもりだが)

何だか、そのやり方にとても惹かれた。
(それはそうだ、糸井重里さんは、一流のコピーライターだもの、人を惹き付け、やる気にさせるコツがわかった会話ができるのだ)

毎日同じ時間に体重を計った数字の増減に一喜一憂するのではなく、そのグラフの線に着目して、トレンドが右下がりか、右上がりなのかを見て行けばいいのだ。
それに一日二回計って、その増減を見て行くのも面白そう。(眠る前と起きた後の間に、何も食べていないのに、体重は変化するらしい)

ということで、昨晩、自分の部屋を見回したら、昔妹が新しいものを買ったので使わなくなったとくれたデジタルの体重計が他の荷物の下に埋もれているのを発見、始めることにした。
始めるのに必要なのは、デジタル体重計をベッドの横にセットすることと毎日記録しようとする根気だけ。

はてさて、どうなるのでしょう。

ためしてガッテンの「計るダイエット」関連のページは、

そもそもの「計るだけダイエット」のページ

挫折なし!失敗なし!女性の最強ダイエット(2010年1月13日放送)

女性の最強ダイエット 完結編(2010年1月20日放送)

史上最強!ダイエット 失敗撲滅スペシャル(2010年5月26日放送)
[PR]

by mw17mw | 2010-05-27 21:00 | ダイエット・健康 | Comments(6)

ダウンを洗う

何だか、一日置きに、暑い日と寒い日が交互に来る。
今日は、暑い日にぴったりという食の話題はあるのだが、寒くなってしまったので、書けない。

ということで、またまた、掃除・洗濯まるでだめな私が、料理以外の家事の話題を連続で書くのもおこがましいし、家事が得意な方から見れば、大した話でもないが、テレビと花王のHPを参考にして、ダウンコートを洗った話をば。

土曜日の午後9時は、アド街を見ることが多く、12チャンに合わせておくと、その後に、花王提供の「ぴかぴかまんぼう」という5分程度の「花王の商品を使った掃除や洗濯のコツ」を教える番組になる。
その番組で、1,2か月前、「家庭でダウンコートは洗える、そのコツ」を放送したものを偶然見て、「私にもできそう」と思ったのだ。

今までぴかぴかまんぼうは良く見ていたが、全く「私もその通りにやってみよう」という気が起きなかったのに、ダウンコートの手洗いだけ、反応してしまった。
それは、多分、以前から、「洗濯屋さんにダウンコートを出しても、最近、余りきれいになって帰って来ない」ような不満が心の中にあったからだと思う。

だいたい、少しでもダウンに穴を開けてしまうと、「ドライクリーニング無理です」と、クリーニング拒否されてしまうし、正常なダウンを出しても、汚れのひどいところはさらっとはきれいにしてくれるのかも知れないが、数度着ると、洗った筈の汚れが浮いてくるような気がしていた。(汚れる場所は、昨年も今年も同じだからか)

昔は、洗濯屋さんは、職人気質の感じで、徹底的に工夫して洗ってくれたけれど、最近は、材質が複雑化している上、色々工夫して汚れを落としても、色が落ちてしまう、生地を傷めてしまうようなことになったら弁償問題が発生するからか、何だか、何につけても、事なかれ的にしか、クリーニングしてくれないような気がしていた。
(何かと言うと、「このシミは落ちません」という札がついて帰って来る。)

だから、ここ数年、ダウンコートなど、結構洗濯代が高いのだが、それに見合った洗濯効果を感じないでいたのだ。

で、テレビを見てから、1,2か月が経っていたので、花王のHPを探したら、「花王 家事なび ダウンコート」といいうページがあったので、この通りに洗ってみた。

初めは、短いリバーシブルのショートコートというかジャンパーを洗った。
用意するものは、「中性のホームクリーニング洗剤」と「柔軟仕上げ剤」(本当は、防水スプレーも必要なのだが、これは、来シーズン、使い初めのときにかければいいやと思って、現在はまだ買っていない)

で、ショートコートなので、洗面台を使うことにした。
初め、洗濯表示を探したのだが、見つからず、え~いと洗い始めたら、洗濯表示が見つかって、「水洗い不可」のマークがついていた。(笑)
でも、もう洗い始めてしまったのだから、やめるわけにも行かず、また、花王のページにも「水洗い不可」のマークがあっても、洗えるものもありますと書いてあったので、洗濯を続行した。
そして、とてもうまく行った。

結局、洗濯槽とか、大きな洗面台というような大物を洗える場所と、ベランダに広げて陰干しをさせるスペースがあれば、洗濯できると思った。
初め、汚れのひどいところに、スポンジで、洗剤を先に含ませてから、花王のHPに書いてある通りに洗い、すすいだ。
最後、柔軟仕上げ剤を溶かした液に浸けた後、脱水は、30秒しかかけないので、びしょびしょという程ではないけれど、やはり、すぐにはつるして干せない感じ。
それを例えば、物干しざお二本とか、物干し台の上に広げ、陰干しして、水分をある程度、乾燥させる必要がある。(きっと、脱水30秒だから、少しは水分が落ちると思うので、外に干す必要がある。)
で、太陽の光が直接当たらない時間帯が良いと思う。(ということは、ベランダの向きによって、ちょうど良い時間帯が違いそう)
夕方から夜が良いと思うのだが、とにかく、外に広げて、水気を抜く必要がある。

外に広げて、ずいぶんに水気が抜けて、ぶら下げても型崩れしないようになったら、部屋の中に数日ハンガーにぶら下げておく。(勿論、ダウンを手洗いしても、アイロンをかける必要はないように乾く)

d0063149_2222292.jpg初めてのダウンの手洗いがうまく行ったので、次は、ひざまでの長いダウンコートを洗濯槽をを使って洗ってみたが、こちらもうまく行った。
ただ、こちらは、数日干しておいたら、ダウンの表面に、薄ら白い点々がそこここに出て来てしまった。
これは、きっと、柔軟仕上げ剤が濃過ぎたのではと思っている。
ま~、このくらい、拭けば、どうにかなりそうだし、気にしない。




d0063149_222514.jpg乾かすときに、ダウンの羽が団子状になるようなことが書いてあったが、実際に洗ってみて、一番中の羽が寄ってしまったのは、首元のハイネックになっている部分。
他の部分は、キルトのように、ある程度、ミシン目が規則的に入っているせいか、そんなに寄れなかった。
だいたい乾いてから、コートの端を持って振った後、羽が偏っていないかチェックしたけれど、襟の部分は、手でほぐしたり、襟元を持って振ったりして、他の部分より時間をかけて、羽をほぐした。

この後、冬の衣類でクリーニングに出していた大物、ネルのガウンもおしゃれ着洗いの洗剤と柔軟剤で洗ってみたが、こちらもうまく行った。(全然、アイロンをかける必要がない出来で、ほっ)
(ダウンはお水で洗ったが、ネルのガウンは、お湯で洗ってみた)

両方とも、失敗とそれに伴う弁償問題が怖くて、深く洗えないクリーニング屋さんに出すより、きれいに洗えたような気がして、満足。
また、こういうもののクリーニング代は高いので、相当節約ができたところも、満足。

それに、ダウンコートが洗えることがわかって、今度から、思いがけずに染みをつけた場合、気軽に、お水に浸けて、おしゃれ着洗いの洗剤で、処理ができることがわかったことも良かった。(シーズン途中で洗えることは清潔を保てる)

そう言えば、今のロングのダウンコートの前に買ったダウンコートは、小さな穴を開けてしまい、クリーニング屋さんに洗濯を拒否されたから、着なくなったことを思い出した。
まだ、捨てていないので、あれも、自分で洗えば、まだまだ、着られる。
お祭が終わったら、洗って、使うことにしたい。

ダウンの洗い方について、「ダウンコート 洗濯」でググると色々な情報が出てくる他、youtubeで、「ダウンジャケット 手洗い」で検索すると、実際に手洗いした人がその過程を撮影した動画が出てくる。
私も、きっと、文章だけでなく、テレビで実際に洗っている様子を見たから、「自分にもできる」と思ったのだと思う。
「やってみよう」と思う人は、まずは動画を見ることがお薦め、やはり、新しいことを始めるときは、「ビジュアルトレーニング」が大事。(手洗いに関しては、自己責任でお願いします。)

私は自分の分だけだったので、ゴールデンウィークなどお休みが多い5月に洗えたけれど、家族が、何人かいらっしゃる方は、家族分洗ったら、大変だろうなと思った。

ま、でも、大きな節約になるので、是非、一枚、二枚からお試しを。
[PR]

by mw17mw | 2010-05-26 22:02 | 日常生活 | Comments(2)

収納グッズを組み立てる

4月終りから5月連休にかけて、組み立て家具を二つ組み立てた。(とても安いものです)

<PCラック>
d0063149_012737.jpgンターネットをフレッツ光に変えるついでに、お店の電話線の位置をちょっとしたスペースのあるところに、変更してもらった。
で、そのスペースにファックス機やルーターを置いてみたのだが、線がごちゃごちゃが汚らしかったし、その上の空間が勿体なかった。

部屋からお店に行った時、自分のバッグやその他の荷物の置き場がないので、ファックスの上に棚を作って、バッグ置き場を確保できたらいいなと思い、清澄白河のコーナンに、事務用家具を見に行ったら、ノートPCを置くためのラックがあったので、それにしてみた。
(PCラックだと、奥の面が空いているから、コンセントに繋がったPCやモデムの電気コードなどがうまく整理できる。)

今の時代、ホームセンターで扱っている家具は皆自分で組み立ているタイプみたい。
このPCラックも、、自転車でセットを運び、自分で組み立てたが、これは簡単だった。

出来上がって、ファックスの後ろには、フレッツ光のルーター、無線のルーターやその他もろもろの回線を整理して、箱に入れて並べてみた。
このラックは、一段目の板が手前に引き出せるので、ファックス機を乗せた一段目は広く使えた。

上の段は、私のバッグと必要なものを詰め込んだかごを置くことができて、満足。

私としては、今までうまく整理できなかったものが整理できて、きれいになったような気がして、仲の良いお客さんに、「ほら、きれいになったでしょう?」と自慢したのだが、誰も感激してくれなかった。
どうも私のしたPCラックを使った整理整頓は、他人から見れば、混沌・雑然としている状態から普通の状態になっただけにしか見えないものらしい。
皆、私に自慢されても、「はて、何で、普通の状態を自慢するのだろう?」と思っただけみたい。(笑)

<大きな本箱>
d0063149_015081.jpgPCラックの組み立てに気を良くして、次は、自分の部屋の大きなテーブルの上に乗せる本箱をコーナンに探しに行った。
以前、食卓として使っていた茶色い木のテーブル(130cm×80cm弱)を、今は作業机として使っている。
その上に、本を並べておいて、ノートPCを置いたり、ある時は、ご飯を食べたり、色々なことに使っていたのだが、やたらに散らかる。

元々が片付けが下手だからと諦めていたのだが、お店のファックスのところを二段にしたら、相当整理がついたので、このテーブルの上も、多層にしようと思い立ったのだ。(謂わば、子どもの学習机状態にしようと思ったのだ。)

で、再びコーナンまで行って、結局選んだのは、幅90cm×高さ89cm×奥行き30cmの棚板の位置を好きなように決められる穴がボコボコあいているタイプの本棚。
(棚板の位置が固定されているものは、安いけれど、棚の高さが30cmないのだ。そうなると、A4の雑誌や本を入れることができないので、買えなかった。)

こんな大きなものを自分で組み立てられるかしらとちょっと不安だったけれど、ま、どうにかなるだろうと、買ってみた。
これは、組み立て前のセットでも、やたらに大きくて、重たいので、自分で持って帰るのは不可能。
800円払って、家まで運んでもらった。

これは一人で組み立てるのが大変で、2時間くらいかかってしまった。
また、小さなドライバーでは不安定で、ねじを締めるのに時間がかかるので、途中、100キンに大きなドライバーを買いに走ったりもした。(連休中に作ってちょうど良かったかも)

この組み立て家具は、左右真ん中の縦板と天板、底の横板がぐらぐらしている状態で、バランスを取りながら、少しずつドライバーで両サイドのねじを締めていくのが大変だった。

誰か、板を押さえてくれる助手がいれば、すぐできるだろうけれど、そういう助手がいない場合、全体のバランスを取るコツを発見するまでがやたらと大変であった。
(ジュリア・チャイルドの「助手がいないアメリカ女性のためのフランス料理」という副題を思い出してしまう)

棚板は、4段分ついてきたが、A4程度の大きさの本や雑誌を入れる段を一つ作ると、3段になってしまう。
まだ、この本棚に何を入れるか決めていないが、机の上に雑然と並んでいたものを収納してみたら、テーブルの上がいつもきれいになって、とても気持ちが良い状態になった。

また、この大きなテーブルでは、パソコン作業などをこなし、食事は、今まで他のものを乗せていたサイドキャビネットの上を整理し、テーブルの手前横に置き、キャビネットの上の面は、食事専用とした。(テーブルとサイドキャビネットで、L字型にした。)

この2つの組み立て家具のおかげで、大分、整理がついた。
反省すると、片付けの下手な人って、平面に広げるだけ広げる人なのかも知れない。
そういう人は、自分の使いやすいところに、多層の棚を作れば、少しは片付けが上達するかも知れない。

ま~、それにしても、新しい家具を買う場合、自分で組み立てるものが主流なのかしら?
何だか、もっと年を取っても、このくらいの組み立てができないと、家具も買えなくなるのかしらと思った。
[PR]

by mw17mw | 2010-05-25 23:15 | 日常生活 | Comments(0)

台所の話し-保存容器と水切りマット

気付いたら、最近、世間では、「台所」という言葉を全然使わなくなって、「キッチン」になってきているようだ。
でも、昔に生まれたおばさんは、つい「台所」と言ってしまう。
そう言えば、20歳代の時も、「グレー」と言わずに「灰色、ねずみ色」と言ったら、「古い」と笑われたっけ。

台所製品って、色々売っているけれど、自分で工夫して使いこなすしかないし、また、それが楽しいのだと思う。

<保存容器>
d0063149_1147498.jpgこれは愚痴になるのだけれど...。
私が、毎日食べている保存食・作り過ぎの料理や材料を冷蔵庫に保管する場合、以前売っていたジップロック・コンテナの真四角500ccタイプがとても気に入っている。
写真のように重ねてしまうのに、形と言い、大きさと言い、ちょうど良いのだ。(黒豆ゼリーもこの容器で作っている)
しかし、数年前、旭化成は、ジップロック・コンテナーの形や大きさを一新し、私のお気に入りの「真四角500cc」タイプを廃番にしてしまった...。

ま~ね、一人暮らしの私にちょうど良い大きさということは、家族がいる人たちには小さ過ぎるのかも知れないとは想像がつく。
でも、廃番にしなくても良かったのにね。

その後、新しいジップロックも何個か買ったし、良さそうなものがあると色々試してみたが、やはり、私にはこの形・この容量が一番。
だから、古くなっても、捨てないで、ずっと使っている。
他のメーカーでも似たようなものはないかしらと探しているが、海外の製品で同じようなものがあるにはあるが、やたらに高かったり、日本のメーカーは、(きっと、こういう容器では)トップだと思われる旭化成に右へ習えしてしまったのか、全然見つからない。

私の要望は、
・真四角で余り背が高くない私のお気に入りのタイプと同じような形状であること、
 容量は500cc
・半透明で、開けなくても横から見れば、中味がわかること
・価格が高くなくて、気軽に使えること。

この3つだけ。
今、使っているものが相当古くなっているので、新しい物に取り換えたいのだが、こういう理由で取り換えられないでいる。

<水切りマット>
d0063149_11485469.jpg食器洗い機のない、そして、シンクの上にも水切り棚がない私の狭い台所で、食器やお鍋をどう洗い、どう乾燥させるかは、結構大きな問題、ずっと腐心していた。
1,2年前からは、水切りかごの二段タイプを買って来たのだが、何だか、水を受けるトレーがとても汚くなるのだ。(リンクしたものは、私の使っているものとは別のものです。私のは、ホームセンターで買って来た安物です)
水切りかごを使ったら、一回一回、受け皿を洗うべきなのだろうか?
否、それも結構大変。

で、食器やお鍋を洗いながら、観察したのだが、当然のことかも知れないけれど、洗ったものって、ゆすいだ後が一番お水がついている。
その洗ったばかりの食器を2,3分で良い、重ねておくと、表面についているお水が殆ど下の方に溜まる。
それを予め取り除けば、水切りかごの受け皿を使う度に洗ったり、水気を拭いたりしないでも、清潔に保てるのではないかと思いついたのだ。

だったら、水切りかごを使わずに、洗い上がり2,3分置いて水気を切ってから、すぐ布巾で拭けば良いのでは?と思う人も多いと思うが、一度水切りをしたくらいでは、水気は相当ついているので、布巾で拭くと、布巾がびしょびしょになるのだ。
そうなると、今度は、布巾を洗ったり、乾かしたりしなくてはいけなくなる。
(布巾は脱水機にかけられないし、乾くのに時間がかかる)
それも、嫌だ。

ということで、思い出したのが、布ではなく、化学繊維でできた「水切りマット」、これなら、布より早く乾く。
確か、合羽橋のTDIに、カエルの模様の可愛いいタイプを売っていたのを思い出し、行ってみたけれど、可愛いのは売り切れてしまったのか、全然なく、業務用の水色のものを買って来た。(540円)

お皿を洗い上げるとき、プラスチックのお盆の上に、このマットを拡げておいて、洗い上がった食器を一旦、その上に置いておく。
お皿なぞは、途中ひっくり返さないと片面のお水が取れないものもあるので、途中ひっくり返す。
そして、アバウト、余分なお水がほぼ切れたところで、水切りかごに移す。
そして、暇がある時、布巾で拭いて、仕舞う。(かごに入れっぱなしのものもあるが)

水切りマットは、お水か湯沸かし器のお湯でじゃぶじゃぶ洗い、きつく絞って、シンクにぶら下げてある洗濯バサミに挟んで、乾かす。
お盆もざっと洗って、立て掛け、終り。

こうすると、水切りかごの受け皿には殆どお水がこぼれないし、水切りマットは早く乾くし、食器を拭くための布の布巾もびしょびしょにならずに殆ど汚れない。

今、このやり方がとても気に入っている。(食器やお鍋を洗っても、他に洗うべきものが殆ど増えないところ)
[PR]

by mw17mw | 2010-05-24 11:50 | 合羽橋以外の道具 | Comments(6)

黒豆の効果その後-一時中断

そう言えば、弟に、胡麻だれ冷やし中華の胡麻だれの感想を聞いたら、「塩味とか醤油味が薄い」と言われてしまった。
甥2もそういう感想なのだそうだ、太っている系で、沢山の塩分を常に欲しているタイプに、胡麻だれは、合わないのかも知れない。

そして、私は、昨日、昼はガストのを、夜は、醸造酢を使った自分製を、そして、今日のお昼は、千鳥酢を使った自分製の「胡麻だれ冷やしサラダ中華」を連続して食べた。
千鳥酢を使ったものは、流石であった、派手な味はないのだが、しみじみと穏やかに美味しかった。
やはり、一番は千鳥酢かな?
ごちそうの千鳥酢、普段使いのミツカンの純米酢というところか?

で、本題です。

黒豆を食べ始めて、早、2か月が経とうとしている。

d0063149_15113913.jpg今の状態
1.北海道産黒豆200gをお湯に
  つけて保温鍋に入れておくこと
  数時間。

2.それを二時間半、茹でて
  柔らかくする。

3.煮汁は、薄めても何しても500g
  にし、煮豆は、480gになって
  いるので、冷めてから、それを
  2等分して半分は冷凍。

4.冷凍しなかったもの250ccの煮汁を鍋に入れ温め、砂糖を大さじ2足して煮溶かす。
  その時に、ゼライスを一袋ふやかして、入れ、また、煮溶かす。

5.粗熱が取れたら、ゼリー液の中に黒豆を入れ、冷やして出来上がり。

6.全体を10等分しておいて、5日間かけて、昼夜ご飯前に食べる。(忘れて、ご飯後の
  場合もあるが)

7.冷凍したものを解凍して使う場合は、煮汁だけを煮立ててゼリー液を作り、解凍した
  黒豆を混ぜる。
  (というのは、冷凍した煮豆を解凍しただけでも相当柔らかくなっているので、それを
  更に煮ると、皮が剥げやすくなるので。)

結果、この2か月間、(乾物で)200gの豆と煮汁を10日で食べていたので、一日、乾物の豆を20gを摂取していたことになる。

ということをしていたのだが、基本的な肌はとてもきれいになったのだけれど、どうしても、頬辺りが薄ら赤くなって炎症を起こしているようだった。
で、皮膚科で薬をもらってきてつけて1か月以上経つのだが、それ以上悪くはならないが、結果、赤味は消えていない。
おまけに、2週間前だったか、今まで無事だった顎とかおでこまで赤くなってきた。

ということで、お医者さんに聞いても、「黒豆が原因ではないと思う」とのことだったが、やはり、原因は黒豆の量が多過ぎるからかもという気になって来た。
だから、昨日から、一旦黒豆を食べるのをやめた。
(これで顔から赤味が消えたら、やはり、黒豆の摂り過ぎが原因ということになる)

ところで、「黒豆の効果」か、「朝食を殆ど食べずに、昼夜の食事についても、カロリーを摂り過ぎないように、気にしたり、土日に歩いたせい」か、昨日、とうとう、「少し痩せたんじゃない?」と知り合いの人に言われた。

どう考えても、黒豆ではなく、摂取カロリーをセーブしたおかげだと思うのだけれど、

だから、当分は、黒豆を食べるのをやめて、赤味が消えたところで、今度は、一日10gに減らして再開したいと思っている。

今度こそ、他の人に推薦できたらいいなと思っている。

(本人の顔をさらさないから、わかり難いと思うのだが、基本の肌は本当に、黒豆を食べる前と比べて、良くなっているのだ。<美容の専門家にも、「赤味を除けば、皮膚の状態がとても良い」と言われた。>良くなっている皮膚の上に、所によって、赤味が乗っている感じなのだ。)

<追記>
この記事に寄せられたコメントでわかったのだが、きっと私は刺激に弱い敏感肌なのだ。
だから、保証はできないけれど、敏感肌以外の正常な肌の人だったら、黒豆を毎日食べると、それなりに、効果があるのではと思う。(でも、試すとしたら、自己責任でお願いいたします)
[PR]

by mw17mw | 2010-05-23 15:13 | ダイエット・健康 | Comments(2)