<   2007年 12月 ( 36 )   > この月の画像一覧

秋葉原で家電?

「秋葉原で家電」というと普通な感じがする。

今日、キーボードを買いに行くにあたり、弟の「アキバに行って、中央通りから、1本東、2本東に入った通りで探せば、見つかると思うよ、「あきばお」が面白いよ」とアドバイスを受けて、そこらへんを歩くとすごいね~。
何だか、PCのパーツ屋さんだらけ。
これだけのパーツ屋さんが潤うだけのPC自作青年がいるということが不思議。

また、その中央通りの東側は、何だかゴチャゴチャしていて、一見、変な感じだけれど、実は面白いかも。
(そういえば、末広町の交差点を渡るときに、昔は、中央通りに面して、普通の素敵な奥さんがやっている喫茶付きのケーキ屋さんがあったことを思い出した、でも、それは今を去ること、30年前の話だけれど。)

秋葉原って、中央通りを境に西側は、「高層ビル、近代化」の世界だけれど、東側は、本当にオタッキーなお店が増殖中。
その上、食べ物屋も色々増えている。
ドネル・ケバブのお店があった。
木造二階建ての普通の民家の一階を改造して、ドネル・ケバブのテイクアウト専門のお店だなと思ってみていたら、二階はまだその大家さんが住んでいるのだろうか、物干しで洗濯物を干していた。(ま~ね、借り手がいたら、貸してしまうだろうね)

アキバって、駅周辺が再開発でスッキリしているのだろうけれど、面白いのはきっと中央通りの東側だと思う。

でも東側は、元日通の跡地が工事中、まだ、新しいビルの影も形も見えないが、ここがどんな素敵なものになるのだろう?
それにまだあるけれど、Llaox コンビュータ館が、まだ17年目のビルだというのに取り壊されて、新しいビルになることが決まっている。
ま、この2つが素敵に開発されても、その北側は、きっと、アキバのアメ横への道を進むに違いない。

で、話を元に戻す。

どこに入っていいかわからないけれど、偶然、私が「キーボードはどこらへん?」と聞いたお店が、パーツ毎に何号店と分かれているお店であった。
自分で自作機を作る人なら、何でも揃っている総合的なお店がいいのだろうけれど、私なんかの「自作機無関係の、大メーカーの悪口を言いながら、大メーカーに依存しているユーザー」は、こういう専門店の方が見やすい。
おかげさまで、沢山のキーボードを確認して、気に入ったものを買った。(と思ったが、家に帰って使ってみると、キーを打つと音がうるさかった)

弟の推薦の「あきばお」というお店が、最初は見つからなかったのだが、実は私のキーボードを買ったお店の向かいにあったのを発見。
でも、この「あきばお」って、変な店。
零号店というお店はガンガン聞いたことのない歌を流している。
多分、中国の流行歌?
何だか、アキバに来た中国人を全て捕まえるぞという意気込みを感じた。

その数軒先に、二号店だったか三号店があったのだが、店先に並んでいるものが、いかにもアキバというレトルト食品だったり、家電だったりして、刺激的。
何だか、本当、カタカナで「アキバ」という世界にピッタリなイメージのお店。
その無国籍な品揃えは、若干、アメ横的。

この煮込み鍋なんて、千円なら、買ってもいいかなと思ってしまう。

そのときは買わなかったけれど、家に帰ってHPを見て、低:中:高=70度:80度:90度なんて、何て、気の利いた煮込み鍋なのだろう?
多分、中に入れたものをその温度まで持っていくのに時間がかかるのかも知れない。
でも、だったら、ガス火なり何なりで、70度なり80度まで持って行って、このお鍋に仕込めば、パクパクさんのロースハムなり、鶏のコンフィだって、簡単にできそう。

と思うのだけれど、この千円という価格が引っかかる。
安くて便利だったら、買いなのかも知れないけれど、何か落とし穴はないかしらね?
ま、容量が0.7リットルということだろうけれど、もし、これが1.4リットルで2千円でも、考えてしまう。
(今度、アキバに行ったら、ゆっくり見てきます)

(今日も結局、お料理の話には戻りませんでした、明日から頑張りたいと思います。<笑>)
[PR]

by mw17mw | 2007-12-30 20:40 | 道具 | Comments(0)

復活いたしました(お騒がせいたしました)

d0063149_12592195.jpg皆様(特に、Rさんともずさんの夫さん)、お騒がせいたしました。
今、アキバで、無事キーボードを買って来て繋いだら、簡単に使えるようになりました。
ま、実際に使ってみたら、キーを打つ音がうるさいという欠点がわかったものの、3千円で復活できて、良かったです。

私はいつも左側の手前にお水をかけるみたいですが、写真のような配置で使っていけば、これはこれで、左側にお水がかかっても大丈夫な気がします。

昨晩、本のちょっとの無糖コーヒーがPCにこぼしてしまいました。
そのとき、人に頼まれた仕事が終わったときで、心の中に「私だって忙しいのに、こんな仕事やらされて。まだまだ私も色々仕事があるのに」という思いに満ちて、「早く終わった仕事を届けて、目の前から消し去りたい」なぞと思ったときに、中身の入ったコーヒーの缶を倒してしまいました。

キーボードがすぐにおかしくなり、キーを打っても違うものが表示されます。
ただ、PCが動いているので、「動いているうちにバックアップ」と思い、一生懸命バックアップをしました。
その頃でしょうか、お店のエアコンの暖房を入れたのです。
そうしたら、バックアップしている最中に、警告音ととも、富士通のサポートに連絡するようなメッセージが30個くらい出ていたのが、何故か止まったのです。
弟と、暖房を入れたから、キーボードの下に入ったお水が乾いたのかもと話していて、キーボードも数日、暖房の中に置いておけば、直るかも知れないということになりました。

で、その後、ドライヤーを持って来て、キーボードのお水がちょっと侵入してしまった部分に、熱風をかけたら、左側の「Shiftキー」が歪んで、簡単に取れてしまい、二度とはめることができなくなってしまいました。

不幸中の幸いは、各種ブログへのログインパスワードがPCの方に記憶されていて、キーボードがだめでも、ログインできたことと、メーラーにもログインパスワードを設定していたのですが、そこに使うキーは全て正常に動いてくれたことです。(特に後半はすごいラッキー。思わず、今後メーラーへのログインパスワードの設定は取り消してしまいました)

ま~そんなこんなでしたが、「もしかして、外付けキーボードを買って来たら」と思ったのですが、確信がありませんでした。
しかし、朝起きたら、Rさんやもずさんご夫妻から、良いお返事があり、どんなに嬉しかったでしょう。

なんだかな~、それでなくてもエアコンの買い替えなぞにお金がかかっており、このままで行ったら、TVチャンピオンの賞金は全て「買い替え・修理」で終わってしまいそうと情けなく感じていました。

様子見て、キーボード以外が使えなくなってきたら修理に出すか、買い替えをします。(今のPCは買って3年超です。できたら、後、2,3年持ってくれればと思います。)

考えてみれば、絶対私が悪いのです。
おっちょこちょい、無計画、とにかく色々なことをこなせばよいと散らかしながら、突っ走る性格。
何か頼まれて引き受けるのなら、この暮れの忙しいとき、何かを諦めなくてはいけないのに、無計画に、通常通りに突っ走ろうとする私の性格。

ま~、反省いたしました。
今日からは無理しないで、片付けながら進める範囲で、色々なことをしなくてはと思っております。

とにかくお騒がせいたしました。
今晩から、正常にブログを復活できると思います。

や~めでたし、めでたし。
通常のお正月が迎えられそうです。(でも、おせちは、殆ど作るのをやめようと思います)
[PR]

by mw17mw | 2007-12-30 13:03 | 日常生活 | Comments(6)

有難う

朝起きたら、何だか、早急にどうにかなりそうというコメントが入っていて、「ほっ!」です。細かいお返事は書けないのですが、アドバイス有難うございます。10時くらいになったら、秋葉原に行って来ます。本当はメンテナンスに出せば良いのでしょうが、通常でも時間はかかるのに、今は年末年始休暇の最中だし、検査されて、ハードディスクやマザーボードまで取り替えさせられて、ものすごい費用になるのは目に見えています。昨日、CDにバックアップし出したとき、最初、ものすごい数の警告音とメーカーのサポートのページが立ち上がりましたが、めげずにバックアップを続けていたら、警告音などしなくなり、正常に作業できるようになりました。(浸水した水分が飛んだのでしょうか?)ま~そんな状態だから、メンテナンスに出したら、メーカーからすれば正当な金額でしょうが、私からすると、馬鹿にならない出費になると思います。外付けキーボード買って来てうまく行ったら、多少使いにくくても壊れるまでそのまま使おうと思います。また、外付けキーボードがついたら細かくコメントします。取り敢えず「親身のアドバイス有難うございました」助かります。
[PR]

by mw17mw | 2007-12-30 10:37 | 日常生活 | Comments(0)

わかる方いたら、教えてください

私のノート型PCは現状キーボードだけが正しく作動しないだけで、他のことは何でもできそうです。こういう場合、デスクトップ型用のキーボードを買ってきて、USBポートで接続したら、正常に文字か打てるようになるのでしょうか?それともそんなことをしても無駄でしょうか?
[PR]

by mw17mw | 2007-12-30 00:43 | 日常生活 | Comments(7)

ちょっとした油断はこわい

先程、ケアレスミスからキーボードの端に無糖コーヒーをちょっとかけてしまいました。あ~ら大変とパニックになりそうでしたが、弟が「友達でそういうときに、PCを乾かして、どうにか直したのがいる」とのこと。そうだよね、携帯の水ぽちゃも干せば大丈夫と聞いたことがあることを思い出し、気を取り直しました。で、インターネットは使えるし、CDへバックアップできるので、今粗方バックアップを取りました。が、キーボードが狂ったままで、文字が打てません。今、携帯で文章書いてPCに送れば、ブログが更新できることを思いついて、書いています。何日かして、PCが乾いてくれないでしょうか?それとも修理に出すことになるのかわかりません。しかし弟家のPCを借りれば、たまにはブログ更新できるかも。という現状報告です。
[PR]

by mw17mw | 2007-12-30 00:07 | 日常生活 | Comments(0)

お正月を待つ風景

今、黒豆に取り掛かっていました。
通常は、28日の夜に、熱湯に浸け込むのですが、今年は、新豆ではなく、昨年の豆だということで、時間かかるかもと、28日の朝、熱湯に浸け込んでみました。
保温状態で置いておいて、夜、2時間近くことこと煮ましたが、結構柔らかくなりました。

そんな状態なので、お料理以外の話を。

近所の元浅草の材木屋さんの写真です。(我が家と合羽橋の中間くらい)
毎年、その次の年の干支の絵がこのように飾られるのですが、今まで写真を撮り損なっていました。
今年は、忘れずにパチリ。

材木屋さん・お豆腐屋さん、ずいぶん減りました。
合羽橋も家具屋さんがここ数年で激減。
一昨日、折りたたみの椅子を買いに行ったら、ニイミさんのところから行って、真ん中近くまで行かないと家具屋さんがないことに気付きました。

商売は新旧代わって当たり前ですけれど、こういう昔からの商売のお店の暮れの風景って、いいですよね。(珍しくないですか?)

d0063149_23473828.jpg

考えてみたら、この絵は誰が書いたのでしょう?
(制作現場、見てみたいです)
看板屋さんのようなプロに書いてもらうのかしら?
お正月が終わったら、絵を削って、売るのかしら?

今日までお店でした。
最後、大口で注文が入って、ちょっと酒屋らしい忙しさを味わいました。
酒屋が12月31日までお店を開けなくて済むというのはちょっと淋しいけれど、実際、人がいないので、自動販売機に商売を任せて、休もうと思います。
ブログも、ちゃんと書けると思います。
[PR]

by mw17mw | 2007-12-28 23:51 | 日常生活 | Comments(2)

宮内庁御用達の白滝

(また、違う記事を後で書きますが)

浅草松喜で売っている「宮内庁御用達の白滝」(台東区台東大宮本店)のものは、私が「最高」と思っている白滝とは、やはり別物であることが判明。

昨日、鳥越の大黒屋さんにお肉を買いに行ったついでに、白滝を手に取ったら、大宮本店さんのものであった。
大黒屋さんで扱っている白滝は長年、大宮本店のものとのこと。

だったら、私が最高と思っているものとは違うとわかってしまった。
ずっと昔に、大黒屋で白滝を買ったことがあったのだ。
それは、美味しいことには美味しいけれど、佐竹の横丁にあったお豆腐屋さんで扱っている白滝の方が勝っていて、二度目がなかった覚えがあるのだ。(笑)

ま、佐竹の横丁のお豆腐屋さんの白滝がどこのものかわからず、買えないのなら、これを買い続けることになるのかも知れないけれど、ま、私にとって、「最高の白滝」とは別物だとわかってしまった、残念。

大宮本店の白滝を二度に分けて、鍋物に使ったのだが、開封直後の方が美味しい。
半分残して、水を入れ替えて、冷蔵庫で2日くらい保存しておいて使ったのだが、やっぱり、コンニャクらしい香りとか、歯応えとか、ずいぶん落ちていた。
[PR]

by mw17mw | 2007-12-27 08:41 | 食材・食材のお店 | Comments(2)

この人もすごい!

ひっこさんのブログで、知った「のんびりのびのび」というブログは、有名らしいけれど、私は全然知らなかった。

でも、この作者のデザインするケーキは皆とても素敵!
おまけに、ページを遡っていくと、お子さんと作ったエプロンが出ているのだがそれもすごく素敵。
ただの水玉の布からあんな素敵なエプロンを作ってしまうなんて、すごいし、苺で、うたう苺とか、苺のサンタさんを作ってしまうセンス、同じものを手に取ってこんなに素敵なものを考え付いてしまうなんて、天才と凡人の違いかしら?
(結果を見てみると、あ、そうか、私にもできそうとか思うけれど)

何だか、刺激されてしまう。
あのレベルには絶対追いつけないけれど、やっぱり、色々自分なりに工夫したデザインのケーキ、お料理、私も心掛けようと思う。(沢村貞子さんも、身ぎれいに気をつけたというし)

この作者の本も発売になったとか。
見つけたら、是非チェックしてみたい。

この人のデザインの才能は、きっと、多くの人の才能を刺激すると思う。
[PR]

by mw17mw | 2007-12-26 19:09 | 日常生活 | Comments(2)

沢村貞子さん

昨日は、えいよう塾の井上さんが色々なものを持って、来店、楽しいときを過ごした、そのことも書きたいし、クリスマスイブに作った料理のことも、鮭のフレイクについても書きたいのに、時間がない。

なぜかと言えば、今の時期、しなくていいことをしているからだ...。

d0063149_18394463.jpg昨晩、図書館で借りてきた沢村貞子さんの「わたしの献立日記」のエッセイ部分の最初の部分をチラッと読んで、ノックアウトされ、エッセイ部分を全部読んでしまった。
しかし、この冒頭の書き出し、何て素敵なのだろう、是非、皆様も読んでくださいとしか言いようがない。
食欲について、こんなにきれいに書いた文章、はじめて、なんて、感激してしまった。
吸い込まれるように、どんどん読み進んでしまった。

その後に続く、献立に関するエッセイも、匂い立つよう。(お惣菜や料理の匂いではなく、生活を大切にし、楽しんでいる匂いかな?)

なんていうか、生活の達人とか、料理が上手とか、そういう次元ではないのだ。
じゃ、美意識が溢れんばかりというのでもなく、うまく表現できないけれど、「沢村貞子さんならではの世界」だと思う。
宗教も美意識も出てこないのだけれど、文章の裏には、骨太な道徳観・美意識があるのがわかる。
それを匂わさないで、日常を描いている。

で、今日は今日とて、やることはあるのに、インターネットで何気なく検索していたら、「沢村貞子という人」という本があることを知った。
そこに、冬休みの甥が目の前に現れ、図書館方面に行くとのこと、だから、借りてきてもらって、読んでしまった。

ま、こちらは、身近にいた人が、40代~他界するまでの沢村貞子さんの実態・生活を書いただけという本で、文才も何も感じなかった。(作者の人、ごめんなさい)

ま、沢村貞子さんに関する本は、本人が書かれたものを読むのが一番と思う。

d0063149_18401787.jpg後、やらなくていいものついでで、ご紹介。
数日前に、沢村貞子さんの本を持っていた筈と、納戸の中の本箱を探していたら、忘れていた編み物のデザインの本が4冊も見つかった。
流行は繰り返すではないけれど、この本の相当の作品が今編んでも古臭くないような気がして、編み物がしたくなってしまった。
戸川利恵子さんとか、岡村嘉子さんの作品、好きだったのだ。

う~ん、でもね、よく考えて、やめておいた方がいいかなとも思う。
(私は編み物をし出すと、料理もせず、食事も大したものも食べず、余り寝ないで、勿論掃除もしないで、集中してしまうから)
編み物も、実は久々やりたいことはやりたいのだ....。

ということをブログに書かせてもらって、また、正気に戻って、やるべきことをやらねば。
夜は、年賀状を作ります。
[PR]

by mw17mw | 2007-12-26 19:01 | 料理本 | Comments(5)

三連休のお買い物

三連休の初日、土曜日は、おじさんフレンドとお昼に入谷のサイトウでビールを飲みながら、海鮮丼を食べた。
今回1時15分くらいに着いたのだが、先客10人くらい並んでおり、お店に入るまで、2,30分は待ったかな?
ま、ここは本当に安い、そして、酢飯が相当不味い。(最初のときは、その日だけかもと期待していたが、二度目も同じであった。)
不味いのだけれど、ビールを呑みながら食べると、それ程、大きい不満も沸かずに食べられる。(笑)
アルコールって、本当に舌を麻痺させると思う。

面白かったのは、厨房から調理担当だと思われるおじさんが、生ビール片手に出てきて、「注文間違えて、生ビール注いでしまった。勿体ないから誰か飲んでください。無料です」と言ったこと。
そして、それが4杯続いたのだ。
勿論、ビール好きの男の人は嬉しそうにもらっていた。

ここを出た後、歩いて、合羽橋近辺のMというハム工場にロースハムを買いに行った。
まrさんの情報で、500g単位で買えるとのことであったので、弟家と分ける約束で買いに行ったのだ。
原材料のところに一杯色々な原材料が列記してあり、家に帰って一枚食べてみたが、Take-zoさんや太田ハムに比べて、大メーカーのハムに近い感じがした。
後味も何か残るな~と思ったのだが、いざ、クリスマスイブに、野菜の千切りを芯にして、マヨネーズを巻き込んでビール飲みながら食べたら、大きな不満はなし。(笑)
ただ、わたし的には、ここのロースハムは、大手メーカーに準じた感じがするので、わざわざ買いに行く程でもないのではと思う。

二日目は、一人の時間。
最近、後楽園方面に行っていないので、成城石井でも冷やかしに行くかと出かけた。
実は、クリスマスイブのご馳走、最後になって面倒くさくなって、スティックサラダにディップを作る気になったのだが、たらこも明太子もなかったので、久々、オニオンディップの素でも買おうと思ったのだ。
それと、昨年まで、クリスマスシーズンに後楽園に行くと、シャレたクリスマスツリーの他、普通の木々も素敵に飾りつけしてあって、プチ・クリスマス気分が味わえるからだったのだが、果たして、今年は、殆どクリスマスらしい飾りつけがなかったのだ。
後楽園ラクアももうできて何年になるのか、次々に東京に新名所がオープンしているから、多分、以前程、儲からなくなっているのだろう。
残念。

そして、オニオンディップも残念なことになかった。
オニオンディップだけではなく、ディップと名前のつく商品が皆無であった。
そうだ、私がオニオンディップを昔買った覚えがあるのは、成城石井ではなく、小石川のサントクだったことを思い出す。
でも、行くのが面倒なので、諦める。

三日目の午前中は、エアコンを設置しに業者が来たので、それに付き合う。
二台取り外して、二台つけるのに、3時間くらいかかった。
じっと作業を見て、説明を聞いたり、業者の人が自動車に物を置きに行ったりしている間、掃き掃除したりで、結構忙しかった。
3時間後、無事、エアコンは動き、久々、暖かい空気が流れてきて、幸せを感じた。

が、詳しい話はややこしいのだが、やはり室外機と室内機を結ぶドレインというのだろうか、水路が良くない。
今のままでは、エアコンから出る水が私のベランダを汚すことになる。
説明を受けたときは、「この方法しかない」と言われ、納得したのだが、その業者が帰ってから、今までの付け方と比較して考えると、どう考えても違うやり方をすれば、エアコンのお水は、ベランダに放出されずに済むと思うように至った。

良く考えたら、今のエアコンのお水の管は、今のままにしていたら、15年私の猫の額のようなベランダを濡らすわけで、でも、15年は長い。
こりゃ、絶対、今のうちに、私の案をちゃんと聞いてくれて、可能かどうか判断して、可能だったら、スムーズに管のつけ方を替えてくれる業者を探さなくては。

夜は、色々失敗しながら、ご馳走を作って、おじさんフレンドと一緒に食べた。
楽しいといえば、楽しいけれど、何だか、私たちは、会員二名の互助組合みたい。(笑)
ここぞという、一人で過ごすのが淋しいときに集まっている感じ。(笑)
[PR]

by mw17mw | 2007-12-25 23:57 | 日常生活 | Comments(6)