カテゴリ:日常生活( 535 )

パリでパティシェをしている親戚

昨日、母方の従妹から連絡があり、パリでパティシエになった従妹の次男(多分20代)がテレビに出るかも知れないとのこと。
何でも、「23時からのセブンルールという番組に、今働いている恵美子さんという女性のお店とその人が取り上げられ、色々撮影された、自分が映るかどうかわからないけれど、一応見て」と息子さんから連絡があったとのこと。

昨晩は11時には寝てしまったので、朝録画を見たら、主人公は、最近、パリのマレというお菓子の激戦区にお店を開いた佐野恵美子さんだったけれど、そのお店は、その佐野恵美子さんとパティシエの従妹の次男しかいないとのことで、顔のアップが映ることはなかったが、二度も登場したし、名前も番組に載っていた。(中々素敵な子なのに惜しい)

で、見終わってから、その番組の動画がネットにないか探したら、関西テレビの動画ページ「カンテレドーガ」で一週間無料で見ることができるみたい。(2月28日まで)


2回作業中の様子が出てくるのだが、1回目は、3分43秒くらい、2回目は15分54秒かな?

主人公の佐野恵美子さんのお話も良かったが、うちの従妹の次男も、日本の製菓学校を出た後、2,3年のつもりでパリに修行に行ったのだけれど、パリの暮らしが気に入ってしまい、ずっとフランスで働いている。
先日、彼のお兄さんの結婚式で会ったので、様子を聞いたけれど、将来は、まず、パリでお店を出したいとのこと。
アオキサダハルコースかな?

テレビを見ながら、彼の亡くなった千鳥町のおじいさん(母の弟)が良く、「あいつは、手先は器用だし、絵を描いてもセンスがあるから、パティシエに向いていると思う」と話していたことを思い出す。

で、番組に映し出されるパリの街やお菓子屋さんは、とても素敵な環境で、素敵なユニフォーム姿で、バリバリと、色々な美しいケーキを作っている様子がわかって、親族としてはその点も良かった!
(パリの老舗のお菓子屋とか、きれいはきれいだけれど、古めかしいのかしら?と思ったけれど、全体、皆、現代的に美しく見えた)
パリのマレ地区は、有名なお菓子屋さんが沢山ある街とのこと。

テレビでパリの環境を見ていたら、パティシエとして、東京ではなく、パリで働きたいという気持ちも良く分かると思った。

ご興味があれば、是非、お時間あるときに見てやってください。

[PR]

by mw17mw | 2018-02-14 11:44 | 日常生活 | Comments(2)

ゴッホの映画とホットミルク

深川七福神巡りの話は明日にして、昨晩、突然、TOHOシネマ上野に映画を見に行ったので、その話を先に。

---本題です---

昨日の夕方、ネットを色々検索していたら、突如として、先日まぺさんが教えてくださった「ゴッホ~最期の手紙~」が、その日の夜21:25から、上野広小路のparco-yaの中にできたTOHOシネマで上映されるという情報が出てきた。
広小路だったら、簡単に見に行ける、土日にでも行こうと思ったのだが、良く見ると、昨日がラストで、その21:25の回を逃したら、後はレンタルビデオで見ることになりそうだとわかり、夕食を食べた後、自転車で行くことにした。

わ~、parco-yaができて良かったと思うことは今のところ、なかったのだけれど、この最新鋭のシネコンができたことは良かったみたい。
自転車で10分のところに、夜9時過ぎに映画を見に行けるなんて、何て、御徒町も都会になったのだと感激!
(上野駅でも秋葉原駅でもなく、御徒町駅にできたところが、私にとって、とても都合が良い)
家の近所に複数の映画を上映する映画館があって、夜遅くでも見に行けるなんて、何て文化的で都会的なの!

(これから書くことは、世間の進歩について行っていないおばさんの驚きを書き連ねるのだけれど、世間の進歩について行っている皆さんにはつまらない話かも知れない。)

それにしても、私が映画館で映画を見るって、何十年振りだろう?(最近は、見たい映画があると、レンタルビデオで見ていた。)
当然、シネコンに行くのは初めて。
ま、そうは言っても映画館に変わりはないだろうと思って行ったのだが、全席指定席で、自販機で入場券を購入、その際、席を選ぶことになっており、そこでまず戸惑った。
また、上映場に入ると、傾斜面に作られた座席が並び、座ると、前の人が邪魔になって、見えにくいということのない設計は良いと思ったが、スクリーンは昔より小さくなった感じ?(スクリーンの大きさは、上野店の狭さに比例して小さいのかも)
一番驚いたのは、上映場全体の音響効果の設計がずいぶん変わっているのか、音の聞こえ方が昔の映画館と全然違うことにびっくり。
音やせりふの聞こえ方が、ヘッドホンやイヤホンをつけていないのに、自分一人にだけ聞こえているような錯覚を感じる聞こえ方であった。
昔と今とどっちがいい?というと、私は昔風の上映場の大音量の方が好きかな?(映画館に来ているという気分になれるから)
(こういう進化を味わってしまうと、コンサートも最近は全然行っていないけれど、新しいコンサートホールも音響が随分進化しているのだろうか?)

映画自体もとても良かった、まぺさんにこの映画の存在を教えていただいておいて良かった!と心から思った。
ゴッホの死後、ゴッホが最期を過ごした場所で、自殺の原因を探る映画なので、決して軽い映画ではないけれど、うなされる程重過ぎるわけでもなく、残酷なこと、不幸なことも多々描かれているが、最後は、やはりゴッホや弟のテオ、テオの妻のヨーの「お互いを思いやる愛」が心に深く印象を残す映画であった。

最後、ドン・マクリーンのヴィンセントが女性ボーカルで流れるのだけれど、やはり、この部分、私の好みは、ドン・マクリーンの方。

また、この映画は、実写とアニメの融合で、動くゴッホの絵の中で、物語が進んでいくところがすごい。
ゴッホ~最期の手紙~の真ん中より下あたりの「アーティストたちによる情熱の結晶である本作はまた」 というところで、撮影の仕方が書いてあるが、気が遠くなりそうな膨大な作業を重ねて、作られていることが良くわかる。(こんな、実写とアニメが合体されている作品、他に見たことないもの)
下のYoutubeは、そのさわりが見られる「日本版予告編」
(今、スマホをチェックしたら、下記動画がうまく全て表示されないみたいなので、スマホで全てを見たい場合、Youtubeから「ゴッホ最期の手紙 予告編」で検索して完璧なものを表示してください。




話は変わるが、昨日の前の3日くらい、「眠る前にホットミルクを飲むと、熟睡できて、その熟睡の間に成長ホルモンが分泌され、脂肪の消化が促進される」と本に書いてあったので、眠る前に100㏄くらいの牛乳をレンチンして、飲んでから眠ったら、本当に良く眠れた経験をしていたのだ。
これで、消化が進んでいるかどうかはわからないし、夜中に飲むホットミルクのカロリーがどうなるか不安なのだけれど、結構「ホットミルクは神経の調子を調えてくれて快適」という印象があり、飲んで眠れば、今まで以上にぐっすり眠れることは確か。
ま、それまでだって、エアウイーヴのおかげか、睡眠には問題もなく、不満もないのだが、ホットミルクを飲んで眠るとより一層深い眠りになるみたいな気がしていて、「眠る前のホットミルクは体重に関係あるかもしれない」と思いつつもやめられなかった。

映画が終わったのが、23:15で、大音量・大画面を集中して見終わった後、すぐに家に帰って、眠れるか心配だったのだが、ホットミルクを飲めばどうにかなるのではと考えた。
映画を見終わって帰ってから、すぐに100㏄のホットミルクを一度お代わりして二回ゆっくり飲んで寝床に入ったら、そのおかげだと思うのだけれど、すぐに眠りについて、朝までぐっすり眠れた。(とそこまでは良いのだけれど、起き上がってから午前中は、何だか頭がぼやっとしていたので、あくまでもホットミルクが助けてくれるのは睡眠だけのよう。)
眠りから覚めた後までは保証できないけれど、眠る前に興奮するようなものを見た場合、ホットミルクは有効ではないかと思う。

しっかし、食べ物や飲み物で、眠れたり眠れなかったり支配される自分を単純だと思う。(笑)

[PR]

by mw17mw | 2018-01-12 17:36 | 日常生活 | Comments(3)

洗面台故障 その後

年末に、洗面台のシャワーヘッドから水が垂れる件につき、東京ガスのサービスに来てもらったが、結論として直らなかった。
その人では修理できない原因は、私の洗面台がもう25年前のもので、古いからとのこと。(古いと、色々なところが錆びついていて、簡単に開けられなくなってしまうとのこと)
そんな古い物なら、メーカーに修理してもらうのが手っ取り早いのではとのこと。
25年前のものとなると、もう同じ部品は作られていないだろうけれど、新商品の部品の中で使えるものが必ずあるはずとアドバイスしてくれた。

で、その作業の人が、私の洗面台を見て、「これはバブル期に作られていた高額商品、バブルはじけてから、こういう商品は製造中止になった、これは今では手に入らない高級な商品だ」とほめてくれた。
どこが、バブル期を感じさせるかというと、元々は洗髪しやすいように陶器の洗面ボウルを通常より大きく、深くした最初の方の製品なのだが、その深さが贅沢、同じような朝シャンしやすいような洗面台は発売されているけれど、何でも、ボウルが浅くなってしまったらしい。(その方が安いから)
「バブルの頃の商品の部品だから、高いかも知れませんが」と言い残して、その人は帰って行った。(洗面台で一番お金がかかっているのは陶器の洗面ボウル?)

私の家や部屋、色々なところを直しに来てもらったり、リフォームも3年前にしたけれど、こういう風に「バブルの頃の高い商品を使っている」と言われたのは初めてで、気分を良くしたので、それ以外の部分で安普請がばれるけれど、TOTOに修理を依頼する際、既に製品番号とか部品番号がわからなかったので、撮って送った洗面台の一部画像を公開。(笑)←バブルを感じさせるものが使われているって聞くと、なぜか幸せ。(笑)

本当に洗面ボウルが深いから、おしゃれ着洗いとか、手で洗いの洗濯の時に、一度に沢山洗えるし、とても使いやすい。
半年くらいまでの赤ちゃんなら、ここでお風呂に入れられるくらいの大きさで、気に入っている。


d0063149_12021066.jpg

仕方がないので、年末に、メーカーのTOTOのページから修理依頼をしておいたら、お正月明けに下請けの会社が見に来てくれた。
で、水栓の一部部品を取り換えて修理するか、水栓全部を取り換えるかと2案を示してくれて、一部交換修理だと4万円、全部取り換えだと8万円という見積もりが届いた。
私の洗面台は、電球や蛍光灯が隠れてついているのだが、その部分もLEDに替えられないから、買い替えは候補に挙がるかと思ったけれど、その修理の人も、「取り換えると、洗面ボウルが浅くなってしまい、今の時代、これだけの深さの洗面ボウルの商品はないから、勿体ないです」とのこと。(ま、灯りは、洗面台が明るくならなくても、廊下の電気で十分明るいしね)

その人が言うには、取り付けて、10年、15年だったら、修理をお勧めするけれど、もう25年以上も前の商品だったら、水栓自体を取り換えた方が良いとのこと。
(というのは、修理だけだと、また何年か10数年経って、壊れるかも知れない、その時に、合う部品があるかどうかわからないし、今なら、部品があるからとのこと)
ということで、8万円かけて、直すことになりそう。

このシャワーヘッドと温度調整機能と蛇口の3つが水栓セットというらしい。
今の時代は、温度調整機能は蛇口に吸収されて、機能は2つに集約されるらしいので、現在の温度調整機能には、ふさぎふたというものがはめ込まれるらしい。


d0063149_11591269.jpg


8万かけても、私が後何年、長くても20年くらい、元気で使えるかどうかわからないけれど、また、数年経って、壊れた時、サクサクっと修理を依頼して、直してもらうのも億劫になりそうだから、ま、いいか。
修理代が勿体ないから、なるべく長く生きることにしたい。(笑)

これで、コンベクションオーブントースターを買おうという計画がちょっと後ろにずれそう。(笑)

[PR]

by mw17mw | 2018-01-09 12:20 | 日常生活 | Comments(0)

お正月休みにし損なったこと...沢山

人によって異なるのだろうが、私は一応今日で、お正月休みは終わり、明日から労働と言いながら、一日お店を開けたら、そこからまた三連休なのだが...。
お正月休みにしようと思っていたのに、できなかったことをば。

1.読書三昧を予定していたのに、結局全く本を読まなかった。
何をしていたかも良く覚えていない、あっという間に、時間が過ぎていくだけの記憶。(笑)

一番読書したり、まとめたかったのは、やはり、「ダイエット」関連。
下の画像の右の本を基にダイエットを始めたことは、既に話題に取り上げている。
この本、何も考えずに買ったら、「糖質制限ダイエットではなく、身体をエネルギー消費できる体質にしよう」という本だった。
それはそれで満足していたのだ。

d0063149_22030545.jpg


で、「食べても食べても太らない法」をググって探した時、同時に「やせるおかず作りおき!」という本も人気があって、台東区の図書館にあったのだ。
「食べても食べても」に遅れること2週間くらいで手元に届いた。
そうしたら、やせるおかずの本は、完全糖質制限ダイエットの本で、理論も書いてあるのだが、ま、全体としては、具体的なレシピ本。
(実際にこの本のレシピで色々作っている、全部は美味しくないけれど、結構役に立っている)

(余談だが、この本に、「追い込むときは糖質を完全に抜く」と書いてあって、「そうか、体重をぐっと落としたいときは、糖質を食べてはいけないのだ」と思い、徐々に、三食、完全にご飯やパンを食べないこともできるようになってきた。
そうしたら、本当に、体重が減るのだ、畏るべし、糖質ダイエット。
このお正月は、大晦日と元旦に、そんなに量は食べていないのだが、いつもより多めに色々なものを食べ、お酒を少々飲み、炭水化物も少々食べたら、1日で+400g、2日の体重は、+300gで、合わせて700g増えてしまった。その700g増加のショックで、2日から完全に食事からご飯粒を追放したら、2日で900g減った。すごいね~、糖質制限というのが実感。)

そうして、その本には、「小麦粉は食べない方が良い」と書いてはあるのだが、それ以上の解説は載っていなかった。
そもそもその本は、レシピ本なので、もっとちゃんと糖質制限を説明した本を読んだ方が良い、また、グルテンフリーというのだろうか、そこらへんのことも知らないと糖質制限はできないかもと思い、Amazonで、「糖質制限」でググって、人気のある本を探し、その中で台東区の中央図書館にある本を2冊借りて来た。(グルテンフリーでもAmazonで本を探してみたが、出てこなかった。←もしかして、ジョコビッチの本がそうかも)
(炭水化物が人類を滅ぼすという本には、最近「最終回答編」が出版されているみたい、台東区にもあったが、貸し出し中だったので、借りることができなかった。)

でも、本を借りに行くまではしたのに、一度も本を開けることはなかった、残念。


d0063149_22042921.jpg
2.コンベクションオーブントースターを選ぶ
糖質制限とか、グルテンフリーなぞ、全然気にしていないとき、「やはり、揚げ物は食べたい、それを食べるにはコンベクションオーブントースターだ」と思って、ヨドバシAkibaでパンフレットを色々もらって来たのに、全然見なかった。
でも、パンフを集めた後で、糖質制限の本の中に「小麦粉は食べてはだめ」と書いてあったので、やはり、フライは食べられなくなる、コンベクションオーブントースターは買っても無駄なのかな?米粉で焼いたパンをほぐしたパン粉を使えばいいのかななんて考えている。
ま~、ダイエットの本を色々勉強して、グルテンフリーの件なぞの知識が身についてからになる。

その他、新しいプリンターの細かい使い方も結局手つかずだったし、ダイエット以外の本も4冊読みたい本があるのに、手が伸びなかった。

ま~、お正月休みはそんなものよね。

今度の3日の連休のうち、1日は、毎年恒例の七福神巡りに参加させていただく予定はあるのと、根岸まで仕入れに一度は行かねばならないのだが、その他はま~暇だから、頑張ろう。

[PR]

by mw17mw | 2018-01-04 22:40 | 日常生活 | Comments(0)

あけましておめでとうございます2018

あけましておめでとうございます

旧年中は私の拙ブログを読んでいただき、また、色々なことを優しく教えていただいたり、大変有難うございました。

私の人生の中で、とても励みになっております。

今年も是非よろしくお願いいたします。

また、皆さまのご多幸とご健康を心からお祈り申し上げます。



d0063149_12281690.jpg

その他、大晦日に出かけた時に写した街の魚屋さんの風景を。

こちらは、近所の佐竹通商店街の春日通り口にある「魚旬」という居酒屋兼魚屋さん。
今まで知らなかったのだが、大晦日にお正月に食べる魚のお惣菜を売っていた。
商品が「寒鰤 真鯛 平目のなめろう 500円」「甘海老塩辛 300円」「福井若狭小浜 へしこ鯖炙り 350円」「京都伊根 寒ブリいあら大根 500円」「宮城 塩釜 あん肝 500円」「福井若狭小浜 真鯛姿焼き 900円」「海鮮海老かき揚げ 300円」「伊根鰤 若狭鰤の炙り寿司 900円」「日向鰤 かま焼き 1000円」とのこと。
この魚屋さんは、色々な漁港から直接魚を送ってもらっていることが売り。
それにしても、今までの我が家の方の昔からの魚屋さんと、正月用の品物が違うのでびっくり。
でも、来年は何かを買ってみようかな?


d0063149_21234672.jpg

こちらは、春日通りに面している文京区小石川とか小日向当たりの魚屋さんの前。
並んでいる品物を良く見ると、大きな鯛の焼き物一尾であった。
皆、名札が付いているので、注文の品のよう。
我が家の方では、お正月の魚というと、やはり、鮪とたこのお刺身が主流と思うが、文京区の住宅地と言うかお屋敷街は、生ものではなく、鯛の焼き物になるのかしらね?


d0063149_21235070.jpg

[PR]

by mw17mw | 2018-01-01 21:41 | 日常生活 | Comments(4)

シャンシャン、可愛い!狂騒曲

最近、シャンシャンが可愛くて仕方がない。
生まれた時から確かに可愛かったのだけれど、120日か130日あたりで、鼻の黒色がきちんと黒っぽくなってから、本当に可愛くなったと思う。(それまで、鼻が薄い黒だと何か間抜けな顔だったと思う)
その鼻の色が薄い時代の顔の印象が強い時に、テレビから、「中国でもシャンシャンは美形と評判」と流れて来て、「え~、うそ」と思っていた。
でも、お母さんに本当に大切に愛されて沢山なめられてピンク色に育ったからこそ、顔はともかく、こんなに活発でやることが全て可愛く素直そうな子になったのかなと思う。(でも、パンダの赤ちゃんに注目したのは今回が初めてなので、他の赤ちゃんパンダに比べて、どうなのかはわからない)←でも、育児放棄された子がいかに可哀そうかも良くわかった。

(1)観覧希望を申し込んでみた
それにしても、余りにシャンシャンが可愛くて、世の中、さ~大変。
実は、私もシャンシャンの公開初日に、どうせなら、小さいうちに見たいなという気分になって、このページから申し込みサイトにアクセスしてみたが、全然だめ、アクセスが多過ぎて、たどり着けないのだ。
でも、色々読んでいたら、抽選で当たった場合、ぴあかセブンイレブンで、切符を受け取れるらしい。
そこに、「沖縄にはセブンイレブンがないのでご注意ください」と書いてあって、それを見て、「沖縄からも申し込む人がいるのかな?」と思ったら、「近所の私は絶対申し込むべきだ」と思えて(笑)、数度頑張ってみたけれどだめ。
でも、次の日の午前中少し繋がりやすくなったみたいで、そのページにたどり着いたので、無事申し込めた。
しかし、何だか、その申し込みのページにたどり着いただけで、結構達成感があって、当たったのと同じような気分になるのが、不思議。(笑)(でも、結果は、本日の夕方、発表のメールが来て、当然、当たりませんでした。)

(2)郵便局で、「シャンシャンに初めての年賀状を送ろう」キャンペーンを知る
昨日、年賀状を買いに行ったら、「シャンシャンに年賀状送ろうキャンペーン」のポスターを発見。


d0063149_21385440.jpg

何でも、シャンシャンに年賀状を出すと、抽選で3千名にシャンシャンからお返事が来るんだって。(抽選で3千名に返事を出すって、一体、シャンシャンに何万枚年賀状が来ると予想しているのだろうか?郵便局は一枚でも多く年賀状を販売したいのね。)
でもね、誰がどう考えても、シャンシャンが返事書けるはずないでしょう、そんなもの、もらった子供が友達に自慢したら、「嘘つき」となじられてしまうのではとそちらの方が心配になってしまう。(笑)
先程紹介したキャンペーンの下半分が、「シャンシャン誕生記念 オリジナルフレーム切手セット発売」のお知らせなのだが、その切手セットの一番上の画像が、幼いときのシャンシャンの写真で、やはり、小さい時鼻が白ぽかった時代は、おへちゃ(美形ではないみたいな意味?)だったことがわかって可愛い)

(3)御徒町、はしゃぎすぎ!
先日、ニュースを見ていたら、見かけた場所がスケートリンクになっていてびっくり!
で、今日上野の松坂屋に買い物があったので、そちら方面に行ったら、本当、御徒町駅南口と上野松坂屋の間の広場がスケートリンクになっていた!
その真ん中には、サンタクロースの服を来たパンダがいた。

d0063149_21384277.jpg

ま、パンダのことを置いておいても、今まで御徒町の近隣に長く暮らしていた私だが、まさか、御徒町駅前にアイススケートリンクができるなんて、想像したこともなかったというか、私にとってはあり得ないことであった。
何ていう科学の進歩、日本が豊かになった他、何ていうのだろう、赤坂とか六本木あたりでやっている格好良いことを、きちんと御徒町に取り入れるその負けん気の強さが素敵だなと思った。
格好良いことを格好良い地域だけのものとさせないで、「私だって~」と御徒町が格好良さを真似て実行するところが素敵!
料金は、平日は一日で1200円は良いとしても、土日祝日は、1時間1200円と高いが。

d0063149_21385031.jpg

ま~、それにしても、何でパンダが真ん中にあるのだ、上野だから?と思ったが、そうだ、その前、御徒町駅南口の前に広場ができたときから、正式名が「パンダ広場」だったことを思い出した。←普段は、「駅の南口の吉池の裏の~」みたいな言い方をし、ストレートに「パンダ広場」と言ったことがない。何で、御徒町駅の南口に小さいながらも広場があるかというと、ここには、以前、確か東電の変電所があったのだ、それが不要になったか、引っ越した跡を、どこかのお役所(台東区?東京都?)が広場にしたみたい。(パンダ広場のためのパンダの像はちょっと暗い)


d0063149_21384671.jpg

それにしても、あそこに狭いながらもスケートリンクができたことがすごいと思った。
それと、松坂屋にお菓子を買いに行ったのだが、いたるところに、パンダをデザインしたものがあったし、挙句の果ては、スケートリンクにパンダだったよと、家に帰って弟に行ったら、ネットで、パンダのことを調べた時だったか、「御徒町 はしゃぎすぎ!」というタグが出て来たそうだ。(笑)
(そういえば、本日、浅草にも行ったのだが、浅草公会堂の前で、全国からのゆるキャラを集めて「ゆるキャラ大会」を開催していた。同じ台東区でも、浅草はパンダに興味がないみたい、ま、ちょっと遠いから?)


[PR]

by mw17mw | 2017-12-23 21:46 | 日常生活 | Comments(0)

靴下のバーゲン

昨日書くのを忘れたけれど、久々で、ヨドバシAkibaまで徒歩で言ったら、神田和泉町の小学校の道を挟んだ反対側にある、確か、木村というラーメン屋さんが「11月30日で閉店しました」という貼り紙を出してあった。
理由は、近隣の再開発のためとのこと。
それだったら、きっと、その裏路地にあるかつ丼が美味しいとんかつ屋さん「ふくよし」も、もうやっていないに違いないと、裏に回ったら、お店が閉まり、「移転しました」という貼り紙が...。
でも、家に帰って、検索してみたが、新しいお店を開いたわけではないよう。
淋しい、秋葉原の昭和通りを渡った山手線の外側にも、容赦ない再開発の波が...。
もう何年かしたら、我が家のところまで、その波は届いてしまうのだろうか?こわっ。

ところで、私の好きなバーゲンのお知らせ。
我が家の方では有名だと思うのだが、左衛門橋通りを新御徒町の方から蔵前橋通りに向い、その直前のおかず横丁入口の信号のもうちょっと手前、鳥越神社のある方の通り。(薬局のちょっと先)東京都台東区鳥越2丁目7−5

事務所の一階が駐車場になっていて、そこに、折々靴下を広げてバーゲンしてくれる有難い会社。
靴下の問屋さん?(最近、我が家のほうでもこういうバーゲンがめっきり減ってしまった)
私は靴下しか買ったことないけれど、丈夫でしっかりしていて、しかも安い。


d0063149_11423154.jpg

[PR]

by mw17mw | 2017-12-18 11:53 | 日常生活 | Comments(0)

72時間ホンネテレビ

解散時からファンになった私は、今回のホンネテレビは、森くんが出ていた時とか、最後のライブの部分以外、ずっと見ていたわけではなく、チラッとたまに見る程度だったけれど、楽しかった。
で、一番感じたのは、この人たちはやはり、ファンに囲まれた舞台で、踊ったり歌ったりするときが一番輝いていて幸せそうだということ。
新しいことにチャレンジしていく姿勢があって、しかも、ファンの前での舞台パフォーマンスがあるからこそ、SMAPが輝いていると思った。
(また、何ていうのだろう、2人で歌うより、3人、3人で歌うよりは4人と、声が混ざるほど、歌が上手に聞こえるグループなのだと思う。だから、中でソロを歌うことがあっても、基本、グループで映えるグループなのだ)
SMAP時代の曲は歌えないとのことで、他の人たちの曲を72曲歌うライプ、下手だったけれど、すごく良かった。

翌日以降もこのライブ見たいと思ったのだけれど、Abemaのネットテレビだったので、録画できるのかも知れないけれど、やり方わからないし、機械持っていないでできなかった。

そして、だったら、Abemaのビデオというサービスがあるみたいなので、翌日以降ビデオになって見られるのかと期待していたけれど、どうも、きっと著作権の問題があって、他人の曲と言えども誰でも聞けるようなサービスはできないみたいで、いつまで経っても公表されない。
だったら、Youtubeかと思ったけれど、こちらも私と同じで、誰も録音録画できなかったのか、全然出てこない。
但し、その日の7時からbayFMの香取慎吾と草なぎ剛の番組があって、このライブの一部を放送していたらしい。
その音だけだけれど、Youtubeにあったので、ご紹介。
2時間近いライブのうちの1時間だけなのだが、これだけでも、聴けて嬉しいと思った。




[PR]

by mw17mw | 2017-11-07 12:11 | 日常生活 | Comments(0)

ニトリの温度調整掛け布団と掛布団カバー

つまらないことだけれど、もう一つ書かせてください。

先日、ニトリの温度調整掛け布団が、寒くはないのだが、しっくりこないと書いた。

そのときは、布団にカバーをかけないで使っていたのだ。
側生地というのか、布団のうち、綿を包む布はポリエステル100%だったが、どなたかの使用感のコメントに「顎にあたる部分に縫い目がなく、快適」と書いてあったので、そもそも、カバーなしで使い、汚れたら洗濯機で洗うようにデザインされているのかと、カバーなしで使ってみたのだ。
でも、なんだか、しっくりこなくて、体に馴染まなかった。

で、その後ニトリの「掛け布団の手入れ」という小冊子を見たら、「掛け布団を干す場合、カバーをかけたままで干すと、側生地が傷まない」と書いてあって、「やはり、カバーが必要」と納得して買いに行ったのだ。

ニトリに行くと、色々可愛かったり、素敵だったりするカバーがたくさん安く売られていた。
ま、素材からいうと、安いものは、綿100%か、ポリエステルなぞの合成繊維かという感じか?
綿100%の方が肌触りは良いと思うのだけれど、洗濯すると、しわしわになることが確実。
その点、楽なのはポリエステルだよねと思いながらも、え~い、しわはどうにかなると思い、肌触りや汗を吸ってくれることで、綿100%で安めのものを探すことに決めた。

本気で探すと、ニトリのカバーは、表になる面と裏になる面が違う模様が多く、結構、その2つの面の模様に連続性がなかったりで、あまり気に入るものがなかった。
表が大胆な模様で、裏の方が細かい模様とか。
表は白っぽいのに、裏は、緑が濃いとか。
(掛け布団を首のところで折り返したとき、恰好良く見えるようにデザインされているみたいだ)

ま、どうにか、自分の部屋に入れて、違和感のない平凡な綿100%を選んで買ってきた。

d0063149_11592918.jpg

布団を掛布団カバーに押し込んでセットし、いざ、使い始めて気づいたのだが、どうも、自分の体に直にあたる布が綿100%になったら、違和感が消えて、体に馴染み始めて、使い心地が良くなった。
私に布団の違和感を与えていたのはポリエステルの肌触りだったことが判明。
(これでもう一枚の掛け布団カバーは試しにポリエステルを買おうかと思っていたが、綿100%に決定)

私の買ってきた布団カバーは、白っぽくて、横長の模様の入った方を表に使うみたいだったが、そうすると、クロステッチのような細かい模様が私の体に直にあたるのだ。

d0063149_11595763.jpg
何だか、これが落ち着かない。
何でだと考えると、今まで、生まれてからこの方、掛け布団の裏地は、原則、無地が多かったし、カバーをかけても、細かい花模様とかばかりだったのだ。
細かい模様でも花なら平気なのだが、目が覚めたとき、目に入る布団カバーの裏地が無地でも、花模様でもなく、他の細かい模様だと、ぎょっとしてしまう。
(そういえば、ニトリに、表面インディアンのテント模様、裏インディアンの矢の絵がたくさんという掛け布団カバーがあったけれど、イラストとはいえ、武器である矢の絵が自分の体を包むようなものは絶対いやだと思った)

ということで、ニトリさんの提案の反対で、細かい模様を表に来るようにして、大きな模様が体にあたるようにして、使っている、この方が寝心地が良い。

人間って、本当に「慣れ」で暮らしている動物なのだと思った。
自分が安心して使えるものは、やはり、ずっと長く使っているもの?
ま~、これからの子供たちなぞ、今後長くニトリの布団カバーを使って育つのだから、私のような「掛け布団の裏は無地か花柄でなくてはいや」という旧型日本人にはなるまい。(笑)←最近、自分が旧型になりつつあることを自覚できることがたくさん起きる。

(そうそう、今、この記事を書くにあたり、私の温度調整ふとん(2~4)を調べたら、ニトリの通販に載っていなかった。今、品切れなのかも知れない。ニトリで「品切れ」ってあるのだと発見。夏の間に調べて夏の間に買っておいて良かった)

[PR]

by mw17mw | 2017-09-06 12:16 | 日常生活 | Comments(0)

浴室用洗剤・食器用洗剤

そうそう、ケイトさんのコメントに刺激されて、色々いじってみたら、画像を回転させて、そのまま、保存することだけ、できるようになった。
後は、ボチボチ研究することにしたい。

<浴室用洗剤>
いつもは、浴室用洗剤が切れそうになると、使い慣れているバスマジックリンの詰め替え用を買っていたのだが、1,2か月前だかに、ドラッグストアで、お試し期間とのことで、ジョンソンのスクラビングバブル「防カビ・除菌プラス バスクリーナー」が安かったので、買ってみたのだ。(リンクしたページの下の方に、使用した方のレビューが載っているので、参考にしてください)

で、いよいよバスマジックリンが切れたので、こちらを使ってみたのだが、浴室の壁(タイルに目地)に吹きかけてちょっと置いてこすったら、黒くなってしまった目地がきれいに白くなったので、びっくり!
お風呂の壁の目地の黒ずんでしまったところの掃除、最近は諦めて熱心ではなかったが、昔は大変だった。
目地にティッシューを貼って、除菌効果のあるハイターなぞを吹きかけて30分くらい、置いたりして、結構苦労していた。
それが、時代が進んだとは言え、こんなに簡単でいいの?と信じられないくらい簡単にきれいになったのだ。

今は湯船に入っていないので、湯船には使っていない。
浴室の壁(タイルと目地)をきれいに洗うということだけしか試していないが、その使い方において、この浴室用洗剤は本当に優秀。(でも、その他のメーカーの浴室用洗剤全部を使ったことがあるというわけではないから、もっと良い洗剤があるかもしれない、一意見として読んでください)

d0063149_12032848.jpg
欠点としては、スプレーの出来が良くないというか、斜めに持ったりすると、出にくいこと。
また、使い方のページでは、吹きかけてから20~30秒置いたらすすぎ流すと書いてあるが、私はお湯をかけながら、目地を布で軽くこすった。

<食器用洗剤>
先日、カンブリア宮殿の花王の回を見たら、花王のキュキュットが、P&G社のJOYを抜いて、日本で一番売れている食器用洗剤になったとのことで、興味津々ながら、1,2か月前、JOYの3回分詰め替え用が安かったので、2本も買ってしまったのだ。
だから、どんなに最短でも、後1本残っているので、使い切るのに3か月はかかると思うので、キュキュットを試すことができなくて残念。(涙)
テレビで言っていたのはキュキュットのほうが洗浄能力が優れている上に泡切れが良いとのこと、そう、JOYを使っていると、泡切れどうにかならないかと思うことも多かったのだ。
でも、あと、数か月我慢して、JOYを使い切ろう。

[PR]

by mw17mw | 2017-08-31 12:33 | 日常生活 | Comments(0)