カテゴリ:東京都内のお散歩・見物( 362 )

2017年鳥越祭り 本社渡御

できました!Youtubeに貼り付けることができましたので、公開です。

(音が大きいし、非日常的喚声ですので、気を付けてください)

何でも、このお神輿は、江戸時代からのものが関東大震災で壊れた後、戦前に新たに作られたものだそうです。(太平洋戦争の間は、地方に疎開していたとか)
そういう意味では、最近作られたお神輿に比べ、丁寧な作りで手が込んでいる、風格があると評価されております。
本当にきれいなお神輿なのであります。


また、都内最大級とか、千貫みこし、重さ1tと言われる「鳥越神社のおみこし」の迫力です、喚声のすごさを味わってください。
年に一度お祭りの日曜日に朝6時から夜9時頃まで、十八ヶ町を渡ります。

以前は画像で紹介しておりましたが、画像では迫力が伝わりません、その点、動画は音がつきますので、実態に近い迫力をお知らせすることができます。



[PR]

by mw17mw | 2017-06-12 15:47 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)

南青山の根津美術館界隈をフラフラ

南青山の根津美術館に行った時の話が途切れているので、続ける。

表参道の駅で降りて、エスカレーターやエレベータで上に上がれる出口から出たら、青山通りのアンデルセンあたり。
ここらへんは、私でも来たことがある。(なんちゃって、40年くらい前だけれど)
そこを交差点の方に向かって右に曲がって、ずっと行けば、根津美術館の筈。
それにしても、行きも帰りも、他の道を歩いても、大きなブティックが目に入る。
こ~んな大きな土地と建物を買うか借りて、ほんのちょっとの洋服をぶら下げて売っていりゃ、高いに決まっている。
それにしても、知らないデザイナーばかり、あ、「ステラ・マッカートニー」だって、その人なら知っている、ポールの娘でしょう、高級住宅地で親戚や幼馴染の友達の子どもに逢った気分。(笑)
他に帰り道で、「ドルチェアンドガッバーナ」の建物を発見、確か、香取慎吾の隠し子ではと言われた男の子はここのパーカーを着ていたと週刊誌に書いてあったっけ、どう考えても、ただの子どもではなく、金持ちの子どもなのだ。(笑)
ということで、建物やマンションに気圧されたというより、広くて、高そうなブティックがこんなに存在することに気圧された。
今まで、余り深く考えないようにしていたけれど、私って、こんなブティックの一つだって、買わないとしても、冷やかしでも入れないし、正真正銘の貧乏人なんだと、自覚した。(笑)

また、根津美術館に行く前に、その当時、人形町の富士屋本店に行くことをドロールさんと品川Iさんとメールで詰めていたので、どこかランチを食べるのに良さそうなお店を聞いて出かけたのだ。

紹介する順序に意味はないのだけれど、まずは、ヨックモックの本店のカフェを推薦され、ちょうど通りがかりにあったので、見たのだ。
でも、ランチメニューがなかったのか、何かが気に入らなかったか、混んでいたか、もしくは、美術館を見てからにしようと思ったのか、ざっとメニューを見て、通り過ぎた。(ヨックモックカフェの食べログ

他にも、根津美術館の庭園の中にあるNEZUCAFEでも、軽食が取れるとのことで、そちらの方に興味があったのかも知れない。
中でも、このカフェのミートパイは、「以前根津美術館が建て替える前にあったガゼボというカフェの時代から出していたメニュー」とのことで、興味津々。
でもね、お庭を見終わって行ってみたら、行列ができていた上に、ミートパイに売り切れの札が貼られていたので諦めた。
d0063149_16545937.jpg

それだったら、外に出て、岡本太郎記念館を探しながら、もう一軒教えていただいた「クリントン・ストリート・ベイキング・カンパニー」というNYのパンケーキのお店の支店を見つけて、そこで食べようとか思ったけれど、甘かった。
お店は無事見つかって、「あ、空いてそう!」なんて思った私が甘かった。
入口は角の路地を曲がったところで、そこには20人くらいの行列があった。
d0063149_16541271.jpg
ずいぶん、天気の良い日だったし、面倒くさくなった。
岡本太郎記念館も無事見つかったのだけれど、切符売り場の手前にカフェのようなものがあって、そこは切符を買わなくても入れそうだし、空いていたので、一番安いパンケーキのセットを食べてきた。(一番安くても1600円もしたけれど)
それなりに気を遣って作ったものだろうけれど、不味くもなし、美味しいという程でもなし、ま、こんなものでしょうという感じ?
d0063149_16543203.jpg

そうして、庭を見ていると、太陽の塔のミニチュアのようなものとか、岡本太郎作品が沢山目に入ってきた。
私も年を取ったのだろうか、根津美術館のような自然に溶け込んだような芸術・美術を見たのなら、そのまま静かな気持ちでいたかった。
本当に芸術心のある人なら、根津美術館は根津美術館、岡本太郎は岡本太郎で、それぞれの作品をそれぞれに見ることができるだろうけれど、何だか面倒くさくなって、また、後日、岡本太郎さんの作品だけ、見に来ようと思って、帰って来た。
d0063149_16542287.jpg
帰り道、行きに通った稲荷神社の前を通って、多分、色々奉納をした商店等の名前を良く見ていたら、北村薬局と、東食品というお店は先程、根津美術館に行くために歩いた道沿いに、ビルに建て替えて、北村薬局は青山通りの一階に、東食品は、青山通りから根津美術館に曲がる角のビルの半地下にあったのだ。
昔は、こういう普通の商売をしていた家が沢山あったけれど、いつの間にか、地上げされて、一般的な商店はどこかに行ってしまい、今みたいなオハイソな街になってしまったのかも。

d0063149_16542951.jpg

紀ノ国屋も、あのスーパーの紀ノ国屋なのだろうと思う。(その隣が青山通りの北村薬局)


d0063149_16542684.jpg
それにしても、パンケーキとか、パイとかのお店ばかりの地域でびっくり!(私には住めない)

[PR]

by mw17mw | 2017-06-08 17:07 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(8)

南青山の根津美術館(初めて)

私は、根津美術館に行ったことがなかったのだ。
それを聞いた品川Iさんが、「あそこが所有している尾形光琳の国宝燕子花図は、色が褪せないように、年に一か月だけGWの時にしか公開されないので、連休中に行くと良い」と教えてくださった。
で、連休中、別に用がなかったので、三連休の一日に行って来た。

ま、周囲の様子とかはまた別に書くとして、根津美術館は、隈研吾さんの設計で新しく建て直されているとのことだったが、建物自体とても素敵だった。
私の中の隈研吾さんの作品って、浅草の観光協会、東大本郷のくろぎが入っている建物、後、行ったことはないけれど、最近では豊島区役所?何だか、実は、余り好きでないのだけれど、この根津美術館のデザインはすごく良かった。

d0063149_12443715.jpg
で、勿論、展示物もゆっくり見たけれど、一番楽しみにしていたのは、お庭
明治39年に、根津嘉一郎さんがその起伏がある土地を気に入って、購入し、深山幽谷の趣のある庭園を造り、田舎家風の建物や茶席を配したとのこと。
だから、ずいぶん、手を入れているとは思うけれど、「明治時代の青山って、こんな自然のあったところだったのだ」という感激がある。
d0063149_12444298.jpg
所々に、茶室や、石や金属の美術品が置いてある。
このお庭にも作者がいるのかと調べたが、特定の人はいないよう。
きっと、根津嘉一郎さんがひいきの庭師と相談しながら、根津嘉一郎さんの美意識に従って、作っていったのかも。

庭の中には川が流れているし、水も枯れていないみたい。
季節柄の燕子花がきれい。(燕子花だと思うけれど)

d0063149_12444516.jpg
d0063149_12480095.jpg
下の画像なぞは、本当に日本の各地にありそうな風景。

d0063149_12472282.jpg
本当にゆっくり散策していると、その自然の美しさ、石仏、石の像なぞで、気持ちが落ち着いてくる。
それが、青山であるところがすごい。

d0063149_12472603.jpg

d0063149_12475655.jpg

明治時代から植わっている木々かしら?高い!

d0063149_12480425.jpg


[PR]

by mw17mw | 2017-06-01 17:45 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(4)

北千住界隈-荒川土手に行ってみた

さて、いつもは、槍かけ団子でUターンしてしまう「宿場通り商店街」であったが、その日は、その先の路地に入ったところにある名倉医院と、金八先生のロケをしたと言われる荒川土手に行くべき、先に進んだ。
そうすると、以前、千住七福神巡りのときに歩いた覚えのある建物が見えて来た。
思い出ではこの家は駅から相当遠いところにあるように記憶していたが、実は、槍かけ団子からすぐであった。
しかし、いつ見ても、普通の人の家としては、本当に大きい、
駅の方から歩いてきて、この信号を右に曲がって...。

d0063149_08192588.jpg
まっすぐ行って、一本目の曲がり角を左に曲がると、植え込みのある空き地みたいな家が見えるのだが、それが名倉医院。
「名倉医院」って、全国区で知られている骨接ぎなのか不安だったが、Wikiの名倉家のところに「接骨術の代名詞」と書いてあるから、きっと全国区なのだと思う。
(私が子供の頃の方が良く名前を聞いていたし、東京各地の地名を冠した名倉医院が沢山あった思い出がある、最近でも、新御徒町に名倉医院が開業している)

その日は祭日で、建物の前に駐車場がある作りだったが、駐車場の前に低い可動式の塀があり、祭日だから鍵がかかって、建物近くまで行けなかったのが残念。

d0063149_08192923.jpg

名倉家の前を通ると、向かい側に大きな壁のような土手が見えてくる。
ここまで高い土手というのも余り知らない。
横に階段がついていたので、昇って上に行った。

d0063149_08193446.jpg
階段を上り切ると、そこに車道が通っていて(上の画像の上の方の緑色の帯が車道)、そこを渡ると、更に階段があった。(荒川の水害って、何mを予想して、この土手を作ったのだろう、予想される水位や津波の高さを想像すると怖い)

d0063149_08193841.jpg

先の階段を上って、ようやく、荒川の河原が見えて、この日光街道に近い方の土手は、野球場なぞが作られていて、スポーツをしたい人たちが利用できるようになっていた。

しかし、大きな空と、川が見えるということはすがすがしくて気持ちがよかった。
こんな近くなら、もっと早くから人を案内すれば良かったと後悔。

また、下の画像右側をずっと歩いて行くと、常磐線や東武線の線路や陸橋とぶつかってしまい、それより右側の景色も余り見えず、右側に抜けられなかった。(その陸橋が邪魔で向かい側の東京拘置所が良く見えなかったのが残念)
どうも、河原に下りてしまえば右側に行けそうな感じ。

d0063149_08194364.jpg
しかし、この土手に上ってみて、一番良かったのは、河原全体に広がる空と川ではなく、その反対の住居地の方。
住居地の方を見ると、何だか、普通の家でないような建物の塊が見えて来た、結構広大な敷地に黒い屋根が折り重なるように広がって巨大な邸を作っていた。
そんな風景を見たことがない、例えば、昔の屏風に描かれている雲の間から見える貴族の御殿を連想させたし、不忍池近くの岩崎邸には昔500坪の和風の邸があったとのことだったが、きっと上から見たら、こんな感じだったのではと思えるような立派で大きな屋敷に見えた。
あれは何?敷地内には、他に赤い鳥居とか、日本庭園がちょっと見えて、神社?とも思うし、神社の割には赤い鳥居一つではおかしいということになり、上から見ている分には、何だかわからなかった。(上から覗き見しているわけではないと思う、上から見ても、折り重なる屋根しか見えないから、迷惑ではないと思う)

下に下りてから、そちらの方に回って、それらしい邸の敷地の周囲を回ってみたら、何と、その建物ぜ~んぶ名倉さんちであった。
何だか、江戸時代からこの地に住み着いて繁栄した名家、代々、骨接ぎの名医として多くの弟子を育てているわけだし、昔は修業する人たちを家に住まわせていたのかも知れないから、大きな家が必要だったのかも、そうして、もしかして、関東大震災にも戦災にも小さな火事にも遭わず、こんな古くて大きな屋敷が残ったのかも知れない。

うわ~すごいな、日本国中を探せば、こういう大きな和風の大きな邸はもっとあるかも知れない、しかし、その屋根の重なり具合を高いところから見ることができる屋敷は少ないのではないかと思う。
私はもちろん、全国を良く旅している従姉たちもこんな大きな屋敷を上から見る経験は今までなかったよう。
(名倉さんの迷惑になっていないという前提で)荒川土手の上から見る名倉家はすごい。(また、敷地の端に大きなマンションもできていて、皆、今風のマンションに住んでいて、和の邸は使っているのかどうかは不明。でも、壊さないで残してほしい。)

土手の上から写真を撮ったつもりだったが、逆光だったのか、写っていなかった、残念。(涙)

広々とした風景や素敵な和風建築の屋根の群れを見てから、駅の方に戻り、ファミレスで生ビールを飲んで帰って来た。
従姉たちは、北千住と遠いところに住んでいて、北千住というイメージはテレビで見るままだったので、今まで、「商店街が沢山ある町」というイメージしかなかったが、実際に行ってみたら、「元宿場町であるから、江戸時代から賑やかなところで、商店街だけでなく、その中に歴史や古い物も沢山あるところが良かった」とのことであった。

また、北千住の土手に疎い私は家に帰って、地図を見て反省したら、金八先生のロケ現場になった土手は、今回行った日光街道に近い部分ではなく、北千住駅東口の方から歩いて行く方の土手であった。(その近所の有名なものは、東武スカイツリー線の牛田駅とか、柳原稲荷神社)
こちらの土手の方が向かい側の東京拘置所が良く見えるし、行く価値がありそう。

[PR]

by mw17mw | 2017-05-14 09:02 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)

北千住界隈ー宿場通りの看板猫なるとくんは有名ニャンコであった!

佃煮屋さんを出て、北千住駅に続く道沿いにある「大橋眼科」を紹介、それに、北千住には、イトーヨーカ堂の一号店があるわよと、言ったのに、「あら~、見当たらない」、確か、大橋眼科の近くにあるのに...。
そうしたら、大橋眼科よりもうちょっと日光街道の方に行った建物があったところが大きな工事現場になっていた。
きっと、あそこが元イトーヨーカ堂だったに違いない、うわ~、イトーヨーカ堂の一号店が取り壊されているって、時代の流れが余りに早い感じがした。

その2つを確認してから、宿場通りに入り、路地にある本陣跡の説明書きを教えてから、さ~、宿場通りの100キンの看板猫にご挨拶。
と思ったが、相変わらず寝ていた。
d0063149_16540659.jpg
でも、今回は周囲に飾ってあるものがちょっと違って、名前が「なるとくん」であること「アメリカンカール」という種類の13歳のオスであること、触っていい場所と触ってはいけない場所が図解で示されていた他、何と、この子だけではないけれど、ぽちゃ猫ワンダーという写真集 に取り上げられたニャンコとのこと。
(帰ってから調べたら、「なるとクンのブログ」というブログは持っているは、北千住警察にモデルとして雇われていたり、出勤風景を撮影した動画があったり、すっかり有名ニャンコであった、お見逸れしました)

そこまでわかると、何だか、「会えるアイドル」みたいで、この子はただの看板猫ではなく、「街で気軽に会えるアイドルニャンコ」という気になってきた。(笑)

眼を開いているところを見たことないが、写真によると、眼を開けると可愛い顔をした猫さんのよう。
また、この子は、ビルの上の部屋に住むおばあさんに飼われていて、毎朝、エレベータに乗って店頭にご出勤、この場所で眠ってから散歩して、適当な時間にまた部屋に帰るらしい。(一階に下りるのは簡単なような気がするが、住んでいる階に間違わないで帰れるのか、不思議。誰かに階のボタンを押してもらい、一匹だけか付き添いの人がついて帰るのかな?)

d0063149_16541056.jpg

帰りに再びなるとくんの前を通ったら、眼は開いていなかったけれど、顔を上げていたので、目をつぶったままだったが、初めて顔を見ることができた。

d0063149_16541592.jpg


その他、祝日の宿場通りは、普通のお店が結構開いていて、居酒屋さんや飲食関係のお店が閉まっている印象であった。
下の画像の乾物屋さんも営業していたし、その向かいの並びにある、昔からの木造家屋の婦人服の用品屋さんも、最近閉まっていることが多いのだが、その日は開いていて、ご店主のおばあさんの姿も見ることができた。

d0063149_16541996.jpg

その後、宿場通りを歩いたら外せない「紙問屋の横山家」の古い建物と、その向かいにある絵馬屋さんを紹介。(絵馬屋さんは以前は中を見ると、絵馬を書いている作業の道具がまるで働いている最中のように置いてあったが、今はきれいに片づけられているよう)

その日は、荒川土手に行くつもりだったので、それよりもうちょっと進んで槍かけ団子のところに行った。(従姉妹に「やりかけ団子に行く」と言ったら、「作業をやりかけた団子」だと頭に浮かんだら「あら、槍をかけておいて食べたお団子だったのね」というのが面白かった。(笑)

d0063149_16542450.jpg
その槍かけ団子の横の路地を日光街道の方に結構進むと、左側にあるのが「市場食堂 さかなや」というお店で、将来的に行きたいので、場所を確認した。
ただ、「「足立市場」に勤める仲買人直営店ならではの、新鮮な魚介で季節の旬をご堪能!」と書いてある割には、点数が3.58で低くはないが、飛び抜けて美味しいという数字でないところが気になるけれどね。
この日は、このお店は営業していなかったけれど、駅に近い支店である「さかなや別邸」は営業していると書いてあった。
両方ともそんなに並ばなくても良さそうなら、行ってみたい。(湯葉料理もそろそろ飽きたので)

あ、そうそう、芸術劇場の横から槍かけ団子まで歩いてみて感じたのは、北千住駅西口の商店街には、海苔巻き・いなり寿司やお赤飯・お団子を売るお店はまだそこそこ数が残っているのに、パンやケーキの個人商店が全くなかったこと。
宿場通りのホテルの一階に、コンビニスイーツのアウトレットはあるけれど、これだけ、個人のお菓子屋さんがないのも変とも思ったが、きっと、駅前のアトレやマルイのデパ地下の大資本のパン屋やケーキ屋さんにお客を取られてしまい、商店街のパン・ケーキのお店はなくなってしまったのかも知れない。(西口でも駅近に少々、東口にはケーキ屋さん、パン屋さんがあるとのこと)

[PR]

by mw17mw | 2017-05-13 09:43 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(2)

東浅草 東禅寺

「梅とチーズ」を出て、現金問屋に向かうとき、適当に色々な路地を曲がりながら、自転車を走らせた。
そうしたら、東浅草から今戸方面、大きなお寺が沢山あったのだ。
これらは、江戸時代にこちらに移されたものだろうか、それとも、初めからこの土地に作られたものかなぞ、全然わからない。
(我が家の方のお寺は皆、江戸市中から移ってきたと聞いている)

その中で、あるお寺の前通ったら、大きなお地蔵さんの像があったのだ。
d0063149_21150797.jpg
それを見て、「もしかしたら、街道のスタート地点に作られたという江戸六地蔵の一つではないか」と思ったのだ。
ここだったら、日光街道とか、水戸街道のスタート地点と言えるかも知れない。
今まで、七福神巡りで、新宿のお地蔵さんと、品川のお地蔵さんのあるお寺には行ったことがあり、これで三つ目。
六地蔵の中で現存しているものは、5つだけだそうで、後、巣鴨と清澄白河だから、両方とも行ってみよう。

そのお寺は正面から見ると、右側に大きなお地蔵さんの他、左側に、和服であるが、女性のヘアスタイルが日本髪ではないので、明治以降の銅像だと思うが、老夫婦の銅像が鎮座していた。(その下はお墓なのかな?)
d0063149_21150255.jpg
で、謂われを書いた金属板があったのだが、もう錆びているところがあって何も読めなかったのだが、家に帰って、このお寺の名前である「東禅寺」で検索したら、その老夫婦の銅像の謂れが出てきたのだが、このお二人は、何と、アンパンで有名な木村家総本店の創業者夫妻であった。(やはり、私は食べ物に縁がある)

東禅寺さんの正面で目立つものはその二つであった。
また、東禅寺さんって、何か聞いたことのある名前だと思ったら、実は、このお寺の裏側を私は問屋に行くときいつも通っていたのであった。
d0063149_21145899.jpg
ただ、別に、表に回って見るべきものがあるとは思わなかったので、裏しか知らなかったのだ。(でも、この裏の方は10年以上通っている)
でも、表に回ったら、歴史のあるお寺であることがわかった。

[PR]

by mw17mw | 2017-04-29 21:24 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)

台東区寿に、新しいタイプの本屋さん?

昨日、東浅草に仕入れに行くとき、知り合いの人に頼まれ、「ホワイトローズ」という雨具のお店の引っ越し先を正しく把握する必要があったので、寿の裏通りを自転車で走り抜けたのだ。
そうしたら、改装済んだばかりというモダンな外装の1Fが出現していて、「見たことがないな」と思ったので、近寄ってみた。
d0063149_08572379.jpg

そうすると、中は、スカスカの本屋さんという感じ、このモダンさは何だと思ったし、毎日新聞からのお祝いの言葉か何かが外に貼ってあって、謎の建物。
そうしたら、中を覗いている私に気づいた中の男の人が出てきて、「今日からオープンで、11時からです」(もしかしたら12時~と言ったかも)とのこと。
ちょうどその30分前くらいだったのかな、偶然オープンの日に前を通ったのはラッキーだったのだけれど、30分早過ぎて入れなかった。
その男の人によると、「絵本とか、文章を書くための本の本屋」とのこと。
へ~、新しいタイプの本屋さん、成功を祈る。(その後、時間があったら、入ってみよう)

しかし、下記資料で、名前を入れて検索したけれど、HPもまだできていない模様。
d0063149_08572652.jpg


d0063149_08572987.jpg
Readin' Writin'
Bookstore
台東区寿2-4-7
銀座線田原町からが一番近いと思う。


[PR]

by mw17mw | 2017-04-24 09:05 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)

東銀座と銀座ガス灯通りに残っている昭和の香り

花山うどんまでは、日比谷線を東銀座で降りて、歌舞伎座のエスカレーターを上がって、表に出た。
(そうそう、銀座は歩いているだけで刺激の多い街、今回一番びっくりしたのは、地下鉄の通路で見かけた、小学生のHIPHOPダンスチームと思われる女の子たちとそのお母さんの集団。
女の子たちはお揃いのズボンとコートを着ているだけでなく、全員ではないけれど、髪の毛を金色に染めて編み上げた上に、明らかにお化粧していて、きっと、何かのショーに出たか、コンテストに出てきた帰りだろうか、その風情が、小学生というより、パフォーマンスに責任を持っている一端の芸能人という雰囲気。ふえ~、いや、皆良い子かもしれないけれど、私が小学校の先生で、生徒が髪の毛染めてお化粧してHIPHOPダンスチームの花形と頑張っている子がクラスにいたら、話が通じるかしら?とか思ってしまった。ま~、今の時代、そのくらいで驚いていたら、先生は務まらないのだろう)

さて、地下鉄の駅を出て、歌舞伎座の正面に見て、右側、文明堂との間の路地を入っていくと、先日紹介した白金や(プラチナヤ)といういなり寿司屋さんがあり、その先に、シチュウで有名な銀之塔の看板があって、そこに行列ができていた。
d0063149_17262767.jpg
(行列でなかったら、銀之塔に入っても良かったのだけれどね、ここも何十年も行きたいと言いながら、行っていないお店)
「あ、ここが銀之塔なのだ」と従姉たちと話しながら見てきたが、家に帰って調べると、銀之塔の本店は、同じブロックの裏側にあるみたいで、私たちが見つけたところは別館のようだった。

で、その先だと思うのだが、何でもオムライスで有名なYOU という喫茶店がある筈なのだが、その日は行列ができていなかった。
以前、別の日に行った時に、喫茶店に行列ができていたので、あのジョンとヨーコが良く行った喫茶店かしら?と思ったら、YOUだったみたい。

そうして、花山うどんに着くほんのちょっと手前に、若い人たちの行列ができていたお店こそ、ジョンとヨーコが通ったという樹の花という喫茶店
d0063149_17263138.jpg
結構面白いお店が多くて、文明堂から花山うどんまでの間は歩いていて楽しい。

お店に着いたら、従姉たちは、東銀座の表の方はわかるけれど、裏の方まで来たことがないと喜ばれたので、知っている限りというか、思いつくだけ案内した。

言われてみれば、そうかも知れない、私が東銀座界隈をウロチョロするのは、築地まで自転車で行った帰りなのだけれど、色々な路地を走ると、昭和通りより都心側の銀座は、殆ど個人の小さな家が消滅し、大きなビルに建て替えが進んでしまい、昭和の香りが殆どないのに、昭和通りから築地までの間はほんのちょっとだが、個人が住んでいる昔の家、昔の商売が残っていて、昭和の下町を感じさせるものが結構目に入って来て面白い。(その地域は昔は木挽町と呼ばれた地域?)

歌舞伎座の裏側には、お米屋さんがあって、実は、年末に前を通ったら、どうも仕事納めだったみたいで、米袋を積み上げてあるお店の通路にテーブルをセッティングして、ごちそうとビールを並べて、大勢の男の人が作業着のまま、そこで打ち上げをしていたのを見かけたのだ、何だかな~、いいな~、未だにこうやってお店で仕事納めする商店があるなんて昔風で素敵!と思ったのだ。
そのお米屋さん、写真を撮ってくるのを忘れたので、今、ネットで調べたり、探したら、このような画像が見つかった。
このお米屋さんは、銀座方面で手広く業務用のお米を扱っている銀座米販売所という会社の支店のよう。
お店の中に米袋が積み上がっているし、その建物の左隣の路地は本当に昔の下町風の建物が建っていて、本当、昔、銀座の裏側ってこういう町だったのかもと思わせる。

その他、マツコの知らない世界で知った「チョウシ屋」という揚げ物屋さんがあって、ここまで従姉たちに場所を教えて終わり。
チョウシ屋は、一度行きたいのだが、土日月祝日お休み、勿論、盆暮れ正月休みというお店なので、買うことはおろか、開いているのを見たこともない。
でも、美味しそうなので、一度行きたい。

家に帰ってから思い出したのだけれど、「そうだ、あそこらへんだと、古い中華そば屋さんがあって、昔はよく雑誌に載っていたものだった」と思い出した、確か、名前は萬福
場所がマガジンハウスの裏だということもあり、今ほど、ラーメン店が多くなかったころ、雑誌で、よく、老舗として取り上げられていたと思う。
それは、もう40年くらい前のことで、私はずっとそこで食べてみたいと思いながら、東銀座方面に行くことは殆どなく、お店を見つけたのはつい最近で、入ったことがない。
あのお店、中華そばで有名だったような気もするし、冷やし中華だったような気がする。
どちらにしろ、今、調べたら、大正4年からのお店なのだって。
昔風の東京の中華そばが好きな人は行くべきだろう。

と紹介したものだけでなく、東銀座駅の歌舞伎座の裏当たりの路地をふらふらすると、色々な小さなお店があって、楽しい。(でも、きっと、平日の方が営業しているお店が多いと思うから、できたら、平日フラフラがお勧め?)

それから、三越でぼた餅を買ってから、広島のアンテナショップに向かったのだが、今回何気なく、中央通りの一本有楽町寄りの道を歩いたのだ、そこは、「ガス灯通り」という名前の通りで、煉瓦亭とか、グリルスイスがあって、ここらへんも昭和の香りだねと思いながら歩いていたら、白いばらという昭和の香りぷんぷんの昔風キャバレーが出てきて、わ~、まだ、こういうキャバレーさんが銀座に残っていたのだと私、大喜び。(昭和6年創業なのだって)

d0063149_17263525.jpg
銀座って、表通りは、シャネルだ、ヴィトンだ、ブルガリとか、世界の超一流のブランドのビルばかりになってしまったけれど、一本奥に行けば、白いばらがあるって、面白かった。(銀座の小さなバーは4丁目から新橋にかけて多いのは知っていたが、まさか、中央通り一本裏手の銀座三丁目にこういう大きなキャバレーがまだあるって、意外だった。)

お店の前には、日本列島の地図が貼ってあって、各県の出身別に女の子の名前が書いてあり、「あなたの郷里の娘を呼んでやってください」とのこと。(石川県、富山県、滋賀県は、現在募集中であった。)

このお店の正面の端に貼ってある募集看板も昭和チックで、おっとりしているし、何故かやかんが写り込んでいるところが昭和チック?(笑)

d0063149_17332857.jpg

銀座の路地を探せばまだまだある、昭和の香りかな。


[PR]

by mw17mw | 2017-04-11 17:37 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)

蔵前にVAN?

後で、他の記事も書くけれど、本日の朝、面白いお店を見つけたのでご紹介。

---本題です---

今朝は、色々な用を済ませた後、蔵前の江戸通りの方に行って、PIAGOというコンビニのようなところに、イトウ製菓のお菓子がないか見に行ったのだ。
見事なかったのだが、そこから家に向かう途中、新堀通りという合羽橋に繋がる道に出る手前で、VANの看板を発見、しかも、そこには、VANの製品が並んでいた~。
ここは確か、以前は、ペルシャじゅうたん屋さんだったと思うけれど、いつの間に、VANのお店になったのだろう?


そうして、家に帰って「VAN 蔵前」で検索したら、このお店の隣のビルにVANの本社があることが分かってびっくり。

きっと、表のビルの一階が空いたので、ショールームになったのかも。

d0063149_15150882.jpg
(この画像は、新堀通りから、江戸通りの蔵前駅の方を写したもの)

それにしても、VANの本社が蔵前だって...。(昔は青山にあったりして、恰好良かったけれど、ま、蔵前のステイタスが上がったと考えよう)

このお店の並びに住んでいた中学時代の友人はVANが大好きだった、今はお嫁に行ってもう住んでいないけれど、このことを知ったら、びっくりするに違いない。

これを機にもっとおしゃれな街になって欲しいような、欲しくないような。(笑)

[PR]

by mw17mw | 2017-04-05 15:24 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)

2017.03.11の築地場外-半久商店の廃業

今日、根津の方に行くついでに、笑点のメンバーである三遊亭好楽師匠の口から良く出る「池之端しのばず亭」という寄席の場所でも、確認しようと、不忍通りの一本西側の道を探したのだが、寄席らしいものは全くなかったのだ。
寄席なら、のぼりが立っていたり、今日の演目を書いてあると思ったのだけれど...。
仕方がないので、スマホで、三遊亭好楽さんのWikiとか住所、Google Mapで場所を検索したら、だいたいの場所はわかったのだが、寄席はなかった。
そうして、住所を辿っていくと、三遊亭好楽さんの本名をローマ字で書いた普通の家が一軒見つかっただけ。
あれが「池之端しのばず亭」?何だか、ずいぶん大げさな感じ。ちょっとがっかり。

---本題です---

先週の土曜日築地場外に、じゃこを買いに行ったのだが、まさかの....。
そう、自分のブログをチェックしてみたら、品川Iさんが推薦してくれて、2010年からずっとじゃこを買っていた半久商店がもぬけの殻で、シャッターが閉まっていた...。まるで、隣の魚河岸千両というお店の看板置き場になってしまった。
d0063149_19133131.jpg
今回じゃこを買いに行ったのは、山椒ちりめんがない生活が長くなったので、作ろうという気になったから。
ということはもしかして、今年になってから、半久さんに行っていなかったのかも。
それにしても、本当に何から何まできれいに掃除して何も残っていなかった。

淋しいな~、あそこは、秤もレジも古いままで(あ、もしかして、レジなかった?)、そろばんで計算していた、昭和と言っても、30年代とか40年代の香りの強いお店だったのだ、お店の人たちも何となく我が亡父を思い出させるような床屋さんで切って来た七三の頭とか、服装も何となく父に似ていた、そこも魅力的だった。
後から聞いた話では、兄弟二人でやっていたお店なのだけれど、昨年夏お兄さんが亡くなった後、弟さん一人で頑張っていたとのこと。(お店の人は他にもいたと思うのだけれど)
築地は、もう会社組織にして時流に乗って行こうと決心したところはまだ持つかも知れないけれど、家族だけで昔からの商売を細々と経営している家は、メンバーの一人が倒れれば、皆風前の灯。

あ~あ~、築地からまた昭和を感じさせるお店が一つ消えてしまった。
場外は一見栄えているように見えるけれど、昔からのお店が商売をやめると、その後に、現代の商売上手な派手なお寿司屋さんや飲食店が入ってくる感じ?
だから、場外が栄えていると言っても、お寿司屋さんばかりだし、昔からのお店でも、歩きながら食べられるものを開発して、観光地化して生き延びている感じ?

私が築地に通い出して20年くらいなのだけれど、その20年前でも、表通りに面していない建物の中のお店なぞ、殆ど店じまいしていたから、その前の場外に比べたら、商売をしているお店はずいぶん減っているのだろう。

ま~、嘆いても仕方がない、場内なら、1kg単位でじゃこを売っているお店はあるけれど、場外だと、もう一軒、松露という玉子焼き屋さんの並びに、しらすとじゃこを味見させてながら、売っているお店があるので、そこに行ってみた。
そうなのだ、素人がじゃこを買う場合、100g単位で売ってくれることと味見させてくれることが条件。
この松露の並びのお店は、「しらす家」さんというみたい。

d0063149_19133584.jpg
味見して、選んで買った。(その日の目玉商品のじゃこが安かったが、それは味見できなかったのか、やはり、目玉だから味が薄かったので、選ばなかった。)
d0063149_19165823.jpg
今回、何だか、この2,3年、場外に行ったときに感じる混み具合より若干であるが、空いてきているように感じて、場外の中を久々うろちょろ歩いてみた。
そうしたら、何軒か、じゃこを売っているお店はあったのだけれど、味見させてくれるところは中々ないみたい。(寿屋さんが味見付きで売っていた)

フラフラ歩いていると、私の後ろにいた二人組の男の子たちが「まぐろとカニとどっちが強いだろう?」と話しているのが聞こえ、横を見ると、すごい看板ができていることを発見。
その後、その二人の男の子たちは、「あれは、戦っているのだろうか?愛をささやき合っているのだろうか?」と話していて面白かった。
ま、本当に築地場外のテーマパーク化は止まらない。

d0063149_19134108.jpg

場外の一階はお店がぎっしり並んでいるけれど、上を見ると、古いビルの2階以上は昔は、アパートで、働いてた人たちが住んでいたのかも。
見ると、もう古過ぎて、誰も住んでいないみたい。
誰の所有の老朽化したビルかわからないけれど、一階しか店子が入っていないって、結構不経済な気がした。←でも、倉庫で貸している可能性はあるけれど(建て直したくても、これだけ混みあう街だと難しいかも)
d0063149_19134438.jpg

[PR]

by mw17mw | 2017-03-19 19:28 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)