カテゴリ:食材・食材のお店( 453 )

私の好きな調味料「赤酒」 2/2

一番最初に買ったお客さんが「コクがあった」「何か紹興酒みたいな感じ」と教えてくれた。
紹興酒というイメージはなかったが、瓶から白い器に出してみると、確かに色艶は似ている。
出したついでに舐めてみると、くどくない上品な甘さである。
ネットで製法を調べたが、原料は似ているけれど、紹興酒は、長く寝かせることによって、茶色くなるらしく、赤酒とは、違う製法であった。

MLの人が一人赤酒を高級スーパーで見つけて試してくれて、大絶賛でであったことが嬉しかったが、その私から一番最初に買ったお客さんの口から「美味しかった」の言葉が聞こえなく、ちょっと考えてしまった。

赤酒を使うと、料理が美味しくできるのは確かであっても、使う人に余裕がなく、それ程美味しさを求めていなかったりすると、価値はないのかも知れないと思った。

また、「ちょっとあそこのものは...」と陰で評判のお弁当屋さんのご主人に「味醂は何を使っているの?」と聞いたら、「味醂風調味料」とのこと。
別にそれだけが原因ではないとは思うが、あそこのお弁当は確かに美味しくない。

味醂風調味料は、プロは使わず、シロウトの普通のお客さんが買い物に行く「酒類の免許を持たないスーパー」のためのものだと思っていたが、どうして、どうして、安いお弁当屋さんや惣菜屋さんで結構使われているらしい。(でも、その味醂風調味料を使っているお弁当屋のお弁当が特価であるわけではない。利幅を大きくしたいのだろう)

味と価格、人それぞれの価値観や思惑のある中で、私の「赤酒」を売るのはうまく行くのだろうか?
ちょっと不安になるが、でも、本当に良い調味料なので、引き続き売って行きたい。

もし、合羽橋や御徒町近辺に買い物に来られる方で、私から赤酒を買って試してみても良いわという方がいらしたら、私(真理子)のメールアドレスmw17@tctv.ne.jpまで連絡ください。
JR御徒町、日比谷線仲御徒町、大江戸線新御徒町駅、もしくは、合羽橋までなら、メールで打ち合わせの上お届けします。

東肥赤酒  720ml 580円(賞味期限は、来年の11月のものです)

d0063149_034612.jpg右の写真は、今私が使い終わろうとしている古めの赤酒の液
(新しいものより、茶色が濃い。新しいものはもっと飴色)

尚、今、味醂だけの酒類販売免許ができており、申請すれば、スーパーでも味醂を扱うことは可能だそうです。
[PR]

by mw17mw | 2005-08-24 00:08 | 食材・食材のお店 | Comments(2)

私の好きな調味料「赤酒」 1/2

d0063149_18273023.jpg私は、ご存知のように、絶対に「お酒より食べ物」にうるさいタイプで、お酒には全然こだわらないタイプなのに、酒屋を継いでしまった。

だから、「芋焼酎の香り高いものが欲しい」とお客さんに言われても、実は困っているのが現状。
でも、こういうお酒類については、ボチボチ勉強しようと思っている。

私の中で即戦力となる知識は、やはり「味醂類に対する知識」だ。
この十年くらい、味醂については、福来純、三河味醂、大手の普通の味醂、赤酒と全て使った経験と評価を持つ。(残念ながら、「味醂風調味料」は使ったことがない)
(反対に普通の酒屋さんは、男性が多いし、お酒についての知識は豊富でも、味醂についての知識はない人が多いらしい)

我が家の方の生活水準とか、本人としても、「高くて、使い方をケチってしまうような調味料は扱いたくない」という気持ちもあり、「比較的安価で、美味しい調味料」ということで、「東肥赤酒」を店で扱うことにした。
以前書いたが、嘘ではなく、赤酒を使うと、自分の煮物の腕が上がったような錯覚に陥る。
赤酒を使い出して、もう味醂には戻れないと思ったので、今回、自分のためも含めて、取り寄せることにした。

他所で売られている味醂の種類と値段を色々見比べたのだが、
高い順でいうと、福来純、三河味醂、赤酒、大手メーカーの純米味醂、大手メーカーの純米ではない味醂、味醂風調味料の順になると思う。
赤酒は、純米でない味醂の2倍程度、福来純の1/2程度の値段。
そう考えると、福来純は、最も普及している味醂の4倍の値段だ。

お店を開いて、既に8か月が経ち、しかも、自分が生まれて育った場所なので、近所の奥さんたちがお店に来た時に、「私が自分のために取り寄せた調味料で、使い方は味醂と同じ。でも、味醂より柔らかで味に幅が大きい」とセールスすると、その場で買ってくれるか、「今持っている味醂が終わったら」と言ってくれる人ばかりで助かっている。

でも、一番大切なのは、「美味しかったわよ」とリピーターになってくれることなのだが、この部分はどうなるかまだわからない。
[PR]

by mw17mw | 2005-08-22 18:31 | 食材・食材のお店 | Comments(2)

最近気に入ったもの

最近、気に入った食材を2つご紹介します。d0063149_22431876.jpg

1.油麩
  あるとき、合羽橋のマントウさんで、品物を
  見ていたら、レジのところで、お客さんが、
  「油麩って、本当に美味しいわ~、気に
  入ったの」とか言っているのが聞こえた。
  それが気になって買ってみた。
  蔓藤さんで聞いたところ、汁気の多いもの
  なら何に入れても合う、お味噌汁に入れて
  も美味しいとのこと。
  保存は、袋を輪ゴムで縛って、冷蔵庫に入
  れておけば、持つとのことであった。

  残り物のおでんの汁の中に、長葱を細く切
  ったものと練り物を入れて煮て、そこに油麩
  を入れてみた。
  汁の染み込んだ油麩は、コクがあって美味
  しかった。
  どちらかというと、凍り豆腐の揚げたものと
  相通ずる美味しさで、精進料理でお肉の役目がで
  きそうな味。
  お麩ながら、油で揚げてあるので、カロリーは高い。

  油麩は、東北地方独特のもので、作られるようになったのは、昭和の初めとか戦後とか」書い
  てあった。
    佐繁商店

    仙台麩 山形屋商店←蔓藤さんで扱っているもの
  使い方や料理例は、袋の裏やHPに書いてあるが、私は、鍋物や汁の多い煮物の残りに、
  粉々にして入れて煮て食べることが多い。


2.醤油ごま
  母方の叔母がずっと前に「これ、美味しいわよ」と送ってくれたものをずっと食べずにいて、気
  づいたら、賞味期限が切れていた。(笑)
  でも、食べ始めたら、とっても美味しく、ご飯を食べて最後おかずが足りなくなった時とか、もう
  ちょっと白いご飯が食べたいときにとても役に立ち、一袋全部食べてしまった。
  使い方、ふりかけと同じ。
  この胡麻は、味もいいし、塩分が低いところが魅力的。
  オニザキは、すり胡麻で有名だが、この醤油ごまも買ってみる価値があると思う。

真理子「合羽橋へ来てね
[PR]

by mw17mw | 2005-07-21 22:57 | 食材・食材のお店 | Comments(0)