カテゴリ:食材・食材のお店( 454 )

北千住駅界隈-「鮒秋の佃煮」

で、宇豆基野の周囲をぐるっと回った後、北千住駅の南側に二つ踏切が前後に並んでいるすごく長い踏切地帯がある(片一方の踏切には見張りの人が立っている)のだが、そこを横切って、芸大の分校みたいなところを通り過ぎ、芸術劇場の手前の角を右に入ると、その商店街の名前はよくわからないのだが、宿場通り商店街に続く商店街に入るので、そこに入った。

私が思うに、北千住の中の商店街では、一番メインになると思われる通り。

ま、昔ながらのお団子やおにぎりを売っているお店とか昔懐かしい商店がぼちぼちある他、一応、色々な商店が開いていて、ずいぶん「生き生きと生きている商店街」なのだ。
そこを色々見ながら歩いていると、北千住の駅に曲がるよりちょっと手前右側に「佃煮 鮒秋(ふなあき)」という昔からの佃煮屋さんがあったので、従姉たちに紹介すると、二人とも佃煮が大好きということで中に入ることになった。
お店の正面には、3種類くらいしか並んでいなかったけれど...
d0063149_11180927.jpg
奥に長いお店に入ると、細長いガラスのショーケース2つに余りに多くの佃煮が並んでいるのでびっくり。(我が家の方にはここまで揃っている佃煮屋さんはないかも)
いなごまであった!

d0063149_11181251.jpg


d0063149_11181522.jpg

従姉たちは、思い思いに自分の好みの佃煮を注文していて、聞いていると、100gでいくらと表示があったが、50gで良いということがわかった。
私は以前から、鰻の佃煮を食べてみたかったのだ。
今まで、上野駅前の駅の反対側の路地の佃煮屋さんとか、日暮里駅北口の夕焼けだんだん手前の佃煮屋さんで、鰻の佃煮を見たことがあるが、高いし、一人でお店に入る勇気がなく、買えなかった。
しかし、今回、鰻の佃煮を売っている佃煮屋さんの中に入り、おじさんが50gで良いと言っているので、思い切って買ってみることにした、50g千円。(牛肉並みの価格)

そうそう、このお店は、葉唐辛子の佃煮があったのだ、買えば良かったと後悔。
(葉唐辛子は自分で作った時、すごく気に入ったのだけれど、その後、唐辛子の葉っぱが手に入らず、一度きりで終わっていたのだ。<「唐辛子と茹で落花生で「秋」を感じる」と「葉唐辛子佃煮づくり、大成功(赤い唐辛子の副産物」ご参照 )

このお店の下の看板、最初読めなかったけれど、「鮒寿ゞめ焼き」と書いてあって、懐かしかった、昔のお節には、本当に小さな鮒を5匹くらい串で打って焼いて甘辛く煮〆たものが入っていた。
その茶色い鮒が同じ大きさでお行儀良く並んだ様子がすずめが電線にとまっているのに似ているからすずめ焼きと言うのだっけ?
昔はお正月に必ず食べたよね、海老の同じようなものは、確か、鬼殻焼きだっけなぞと話しながら、このお店を離れた。
(鰻の佃煮のお茶漬け話はまた後日)

d0063149_11492007.jpg

[PR]

by mw17mw | 2017-05-12 11:55 | 食材・食材のお店 | Comments(2)

佐竹通りのおせんべいやさん「鳥越せんべい」のこわれ、美味しい!

本題に入る前に、平野美宇選手の強さについて、私の観察を書かせてください。
あの平野美宇選手は、容姿は可愛いけれど平凡で、いつもニコニコしていて、そこらへんにいる子のようだけれど、実は、今後中々出てこない子かもしれないと思う。
というのは、ここ2,3年、伊藤美誠ちゃんとともに、お母さんまで取り上げられ、どう教育されたかがテレビで流されていたので、それを見ていたのだ。
そうすると、美誠ちゃんのお母さんは、娘を中国選手に勝てるような選手に育てるという目標があったので、娘にスパルタ教育をし、できなければ、夜中の2時まで練習をさせたり、家の外に立たせたりという教育をしたみたい。
その点、美宇ちゃんのお母さんは、小学校まで家で暮らしたわけだけれど、平日は、3時間の練習を課しただけで、特に一流の選手になるための練習は家ではさせなかったみたい。(その代わり、土日には一人で大阪のミキハウスまで練習には行っていたみたいだけれど)
この違いは大きくて、よく「即戦力では、伊藤美誠だけれど、2020年の東京オリンピックまでの伸びしろは平野美宇の方がある」と言われたが、それは、家でのお母さんの教育の姿勢の違いかも知れない。

で、本当かどうかわからないけれど、私の眼から見ると、美宇選手のお母さんは、筑波大学ということは元東京教育大学出身で、実際教職員の経験もあり、結婚後は、婚家で「平野英才教育研究センター」を開いていたというのだもの、「英才教育」とはどういうものかわかっている方なのだ、きっと。
それも、勉強に限った英才教育ではなく、大人になるとき、自分の進路を選べ、そこに自分の足で立ち、自分の頭で考え、静かに自分を磨くことのできる人間になるように、幼いときから、周囲がどう接して、子供の心を整えてあげればよいのか等、心理学的学問としてわかっている人なのだと思う。

そういうお母さんの下で、育つことって、誰にでもできることではないということで、美宇ちゃんは稀有な選手ではと思うのだ。(別にそういうお母さんに恵まれなくても、他の方法で、補ってくれるチャンスに恵まれれば良いことは良いのだけれど)

だから、美宇選手をどう育てたかというインタビューの中で言われることは、「卓球が嫌いにならないようにしていた」しかお母さんは言わなかったと思う。
その他印象に残る美宇選手のお母さん語録は、選手として勝つことより、人間として、周囲の人から愛される人間になることの方が大切みたいなこと、東京オリンピックに出たいということは、中学生くらいから東京に出なくては行けないということで、その早い別れを覚悟し、娘が自分のことは自分でできるように仕向けて行った、(中国留学の1か月間は)娘の自立のため連絡を一切断っていた...等々。
どの教えが役に立って、この度アジアチャンピオンになれたかは不明だが、やはり、自分の成長をせかさないで、ゆっくり見守ってくれる環境で育ったことが、「今までの日本の女の子にはいなかったメンタルが強いタイプ」と言われる所以だろうと思う。

---本題です---

最近、糖と油の合体は肥満の元ということに気づいた。
そうなると、食べない方がいいのは、「サラダせんべい」?あれは、サラダオイルで揚げた煎餅ということでしょうと、そうではないおせんべいが欲しくなって、全然買ったことがなかった佐竹通り商店街の「鳥越せんべい 加賀屋」に行ったのだ。
d0063149_17220466.jpg
お店の前、左右にワゴンがあって、左側が315円、右側が210円のものが並んでいる。
どちらにしろ、高い方が量がお得かも315円の方から、久助というのだろうか、割れたり、かけたりしているおせんべいの袋を買ってきた。
(本当はね、海苔のついたおせんべいが欲しいのだけれど、海苔がついていると量が少ないので、今のところ買わない。<笑>)

d0063149_17220896.jpg

そうしたら、やはり、スーパーに並んでいる大量生産のおせんべいより相当美味しい気がして気に入ってしまった、多分、原料の味がストレートなのだ、きっと。
ただね、後ろの原料名を見たら、「植物油脂」の文字が...。
二度目買いに行った時に聞いたら、お醤油のおせんべいなどには油は使っていないけれど、色の薄いおせんべいには使っているとのこと。
大量に食べるわけではないし、ま、いいか。(でも、おせんべい自体食べない方が良いのかも知れない)

美味しいからお勧め。

何でも、鳥越で生まれて佐竹に移って89年と書いてあったかな。
鳥越せんべい 加賀屋
営業時間 10:00~18:00
休日   日曜日

ネットで、「鳥越せんべい」で検索すると、この佐竹通りの加賀屋さんの他、東京都荒川区東尾久4-30-13の「鳥越せんべい 坂下商店」、東京都荒川区町屋2-9-2の「鳥越せんべい 楚良商店」なども発見。どういう関係か今度聞いてみよう。

[PR]

by mw17mw | 2017-04-21 17:30 | 食材・食材のお店 | Comments(0)

最近の鳥越おかず横丁20170414、まつやさん再開店他

昨日、おかず横丁を歩いたら、鳥越神社に近い口からすぐの揚げ物やお肉を売っていたまつやさんは、一軒普通の家のように改築していたので、もう商売をやめてしまったのかと思っていたら、何でも、明日からまた復活なのだって。(まつやさんは、かき氷の港家さんの真ん前)

d0063149_12134639.jpg

で、その写真を撮ってきたら、写りが悪かったので、今日も写真を撮りに行ったら、男の人が出てきて、息子です、明日からまた商売します、宜しくとチラシをくれた。
何でも、毎日営業するかは決めていないのだけれど、とりあえず、土曜日は必ず営業しますとのこと。
私は以前は余りおかず横丁に通っていないから、詳しくなく、まつやさん=揚げ物のイメージがあったが、息子さんによると、「それより以前、焼き豚が名物でした」とのことで、今回、焼き豚を復活させるとのこと。
明日から新規開店なのだけれど、焼き豚ができるのはお昼過ぎと思ってくださいとのこと。
焼き豚は、大きさによって大中小あるけれど、塊のまま販売らしい。
他、うずらの卵の煮ものとか、あるみたい。
時間がうまく合えば、買ってみようと思う、何しろ、おかず横丁に土曜日限定と言えども、新しく食品のお店ができるなんてすばらしい。

<郡司味噌漬物店の青いしば漬け>
お肉屋の大黒屋さんがやめてしまってから、私と鳥越おかず横丁の繋がりは、郡司味噌漬物店の合わせ味噌だけ。
で、お味噌500g430円を時々買いに行くのだが、その時に必ず「他に何か?」と言われるのだ。
d0063149_12144659.jpg
で、3週間くらい前だったか、ちょうどその時に、「今だけ特価200円」という緑色の柴漬けがあったので、買ってみたら、これが美味しいのだ。
d0063149_12145089.jpg
殆ど胡瓜と大葉と生姜の漬物、細かく切って、おにぎりの芯にして食べているが、お茶漬けにもぴったりと思う。
これはなくなりそうだったので、昨日リピートしてしまった。(まだ、安かった)

<村上商店の新じゃがの煮もの>
村上商店を覗くと、今の季節ならではの、新じゃがを甘辛く挽肉とともに煮たものがあり、200g300円、うわ~、こういう煮物、じゃがいもの皮を剥くだけだって大変と思って、買ってしまった。
d0063149_12145406.jpg
d0063149_12145980.jpg
すごく味が濃くて、ビールのおつまみに良さそう、でも、飲み物なしでペロっと食べてしまった。

[PR]

by mw17mw | 2017-04-14 12:23 | 食材・食材のお店 | Comments(1)

最近気に入っている美味しいおやつ


d0063149_10555539.jpg
<森永のチョコチップクッキー>
ヤマザキのスーパーで売っているケーキ等美味しく、よく買っていたのだが、やはり、カロリーが気になるということで、スーパーのクッキー売り場で、色々見比べて、森永のチョコチップクッキーなるものが安かったし、美味しそうだったので、選んで買ってみた。
これが甘過ぎず、結構美味しいし、食べ過ぎなければ、ケーキ類よりカロリーが低いし、安いので、常に手元に置いておくようにしている。
1袋に2枚ずつ入ったものが6袋で、税込み161円かな?
今、色々検索してみたら、「市販のチョコチップクッキー7種類を食べ比べてランク付けしてみた。」という記事が見つかり、ここで4位で評価に「ザクザク系。クッキーにはカカオの風味が強い。チョコは部分的に顔を出してくるけれど、あまり強くない感じ。ほんのりした苦味は大人向けかも。」と書いてあって、カカオの風味が強いけれど、チョコレートがそんなに多くなく、ほんのりした苦みが好きなのだと、思えた。(とても的確な表現での評価を有難う)

 上位3位は、イトウ製菓という会社のチョコクッキーで、これは東京のスーパーには置いてないのではと思う、ということは、イトウ成果を除けば、実質一位?(と思ったが、イトウ製菓というのは、東京北区のメーカーらしい、私は売っているのを見たことないが、それは余りお菓子売り場に行かないからかもしれない、今度から探してみよう)

森永のクッキーの箱を良く見ると、箱の天上にさりげなく「ビスケットは森永」と印刷されているのを発見、そうか、明治製菓が勝手に「チョコレートは明治」とメロディーつきで名乗り、全国民の頭にインプットしてしまったから、森永も、目立たないところで、そういうキャッチフレーズを既成事実化し、他が使えないようにしているのかも。(笑)
d0063149_10555989.jpg

<ブレンディスティックのアーモンドミルクココア>
もう一つ気に入っているのが、AGFのブレンディスティックの中のアーモンドミルクココア。
これは、いつも、仕入れに行った時に、タジマヤという現金問屋で買っているのだが、普通のスーパーでもブレンディスティックは見かけるのだが、アーモンドミルクココアは見たことがない。
去年の冬から気に入って飲んでいたのだが、最近、箱を良く見たら、アイスの時の飲み方が出ていて、その通りに作ったら、私は、ベローチェのココアフロートというアイスココアにソフトクリームが浮かんだ飲み物が好きなのだけれど、それと似た味、同じ冷たさだったので、とても気に入った。
今年の夏は、ベローチェでココアフロートを買わずに、ブレンディスティックで間に合わせてしまうかも。(笑)

あ、そうそう、タジマヤでどれにしようか選ぶとき、勝手に勘で、アーモンドミルクココアが美味しそうと思って買ったら、大当たりで、それ以降、それ以外の種類は買ったことも飲んだこともないのだ。
だから、もしかして、他の種類の方が美味しい可能性は十分ある。
(Amazonで、ブレンディスティックココアで検索したら、このココアは一位のココアオレの次であった。)

[PR]

by mw17mw | 2017-04-01 11:13 | 食材・食材のお店 | Comments(4)

プレミアムでもスーパーでもない、魚屋さんフライデー

在蔵前の方が教えてくださって、先日紹介した魚弥太さんでは、金曜日の夕方だけ、フライを店頭で揚げて売っているとのことを知った。

へ~面白い、魚屋さんがフライを揚げて売るって、聞いたことがなかったので、早速金曜日に様子を見に行くと、入口に揚げ物用の油の入った鍋が置いてあり、予め「何時に何をいくつ」と注文してくれば、その時間に揚げておくとのこと。
その場で、海老3本を頼んで家に戻った、一本130円だったかな?

二度目は、3時くらいに頼みに行ったのだけれど、夕飯をフライにしようという気にならなかったので、何があるかなとメニューを見ただけとなった。
でも、実際にお店を閉めた午後6時過ぎになったら、夕飯のおかずのようなものは何もなく、かといって、作るのも面倒になって、「そうだ、やはりフライ」と思い、自転車で魚弥太さんに頼みに行ったのだが、その時点で注文は受けてくれたけれど、30分かかるとのこと、でも、もう心と胃がフライを受け入れる気になっていたので、頼んで30分近所のスーパーで時間を潰した。

時間を潰して30分後に戻ると、結構、単身赴任みたいな男の人が大量にフライとお刺身を買っていた。
ここのお刺身と揚げ立てのフライは単身赴任の方の心を慰めるなと思う。

その他、勿論、忙しいお母さんたちが頼んであったものを引き取りに来ていた。
週に一回、自分で魚を買う手間もなく、フライを作ることで台所を汚さないでも、出来立てのアツアツを家族に食べさせることができるのは、蔵前のこの魚屋さんの近所に住んでいる幸せかも。

(画像がないのだ、きっと、家に帰って、お腹が空いているので、すぐ食べてしまったからかしら?)

確かに海老フライやイカフライ、スーパーでも売っているけれど、揚げ立てではないし、やはり、素材が魚屋さんの方が安心できる?(お値段も消費税込みだと、魚屋さんの方が安いかも)

メニューはうろ覚えだけれど、牡蠣、海老、イカ、アジ、先日はかますとほうぼうがあったかな?
他もうちょっとあったと思うけれど、まだ、そんなに親しくないので、写真を撮るのを遠慮してしまう。

[PR]

by mw17mw | 2017-03-01 11:32 | 食材・食材のお店 | Comments(0)

緑のたぬき・赤いどん兵衛

昨日、【世紀の大発見】奇跡の強引コラボ! どん兵衛と赤いきつねを混ぜた「赤いどん兵衛」が激ウマ!という記事を読んだ。
ちょうどその前の週に、ミニの「緑のきつねそば」と「赤いきつね」を買って来て、食べていたのだ。(両方とも、関東地方向けEタイプ)
d0063149_20212688.jpg
(あら~、なぜか、赤いきつねの画像しかない、話の中心は「緑のたぬき」なのに...すみません)

(今までわざわざ書かなかったけれど、カップヌードルのミニカップとか、緑のたぬきそばや赤いきつねのミニカップを買うことがある、ま、半年に一回くらいか、二回くらい。たま~に食べたくなることがある。でも、普通サイズのものは買ったことがない)

私の感想としては、緑のたぬきの方が好き、美味しい。
私は、熱いかけそばというか、「たぷたぷした熱いつゆにお蕎麦」は基本的には好きではないのだが、なぜか、東洋水産の緑のたぬきは美味しいと思って食べている。
何だろう?おそばがくたくたにならずに、適度に硬いままだから好きなのかも。

それに比べて、「赤いきつね」、数日前に食べたけれど、こちらは、麺がくたっとなっていて、おつゆもそんなに美味しくなく、「緑のきつねに劣るな~」と思っていたところだったのだ。

そんな時、どん兵衛と赤いきつねを混ぜると美味しいと聞き、試したくなった。(因みに私はどん兵衛は食べたことがない)
しかし、どん兵衛は、ミニがないのだ。
ということは、試すためには、普通サイズのカップうどん二つにお湯を入れるしかないわけで、いくら美味しくなるとは言え、二つは食べたくない。
仕方がないので、半分弟が引き取ってくれるというので、実行してみた。
d0063149_20220743.jpg

お湯を入れて5分待ってから、お鍋の中で混ぜて、少し火を入れたのだけれど、確かに、おつゆが美味しくなっている。
それぞれのうどんつゆを単体で飲んでみると、どちらも、インスタント臭さがあるのに、確かに、二つを混ぜると、お互いのインスタント臭さを消しているみたい。
だったら、天然だしの美味しさが出るというわけでは勿論ないのだけれど、やはり、インスタントのつゆであることはわかるものの、癖とか臭さが抜けているみたい。
素直な味で食べやすくなっている。
試す価値あり。(あ、そうそう、今回の実験は、Eという記号がついた関東地方向けのものを使った。)


[PR]

by mw17mw | 2017-02-25 20:26 | 食材・食材のお店 | Comments(0)

蔵前のお魚屋さん ぶりのあら

色々話が長くなるので、端折って始める。

2,3か月前に、ブログで知り合った蔵前在住の方から、「魚弥太」さんというお魚屋さんが美味しいと教えていただいた。

私が魚弥太さんの良い評判を聞くのは、初めてではないと以前の記憶が蘇る。
数年前、同業者の人から、「魚弥太さんのものは何でも美味しい」と教えてもらった覚えもあるし、夜更けのお母さんは、「鮭が絶品、私は鮭はあのお店の物しか買わない」と二三度聞かされたことを思い出した。

で、行ってみたら、もうおじさん一人の小さなお店ながら、魚が美味しそうだし、魚を切った時の切り落としが安く出ているのだ。

ということで、最初に買ったマグロ、次に買った甘塩の鮭についても書くべきなのだろうが、今日、「そうだ、魚弥太さんのことを記事にしなくては」と思い、午後1時くらいに行ってみたら、ぶりのあらがあって、それが絶品だったので、そのことを先に書く。

魚弥太さんの前を自転車でゆっくり通り過ぎながら観察すると、一皿だけだけれど、ぶりのかまと尻尾のところと思われるセットであって、おじさんに聞いたら、400円とのこと。
うん、絶対これは美味しい、買いますというとおじさんが「焼いても煮ても美味しいよ」と教えてくれた。
私はかまを見ると焼かねばと思うけれど、大根、ごぼう、長ネギなぞと一緒に煮ると美味しいとまたまた教えてくれ、じゃ、二つに切ってあげると、それぞれを切ってくれた。

その時、実はその後のお昼ごはんのおかずは決まっていたのだ。
だけれど、家に帰って、とりあえず、ブログで紹介できるように写真を撮ろうと写真を撮っていたら...。
d0063149_20395345.jpg
な~んて美味しそうなの!
そうだ、焼くか煮るの他、お刺身にできそうなところをこそげ取って、漬けにして食べるという方法があるじゃないかと思いつく。
それは、築地に買い出しに行った時に、ぶりのあらの良いものに巡り合うと何度か作ったことのあること。
とても、きれいなぶりで、匂いもしないで身がきれいで新鮮なので、骨がない部分をこそげ取って、わさび醤油につけて、熱いご飯の上に乗せて食べた。(こういうことをやるなら自己責任でね)
途中で、海苔があった方が余計美味しいと焼き海苔を揉んでご飯に乗せたら、その通りになった。
わ~美味しい!
d0063149_20395605.jpg
で、大根があるので、夜は残りで、ぶり大根を作ろうと思ったのだ。
その時、全然レシピなぞをチェックしないで、きっと大根は下煮しておくものだし、その方が楽だろうと、お昼休み中に小麦粉を入れたお水で煮てしまった。

夕方、ちゃんとぶり大根のレシピを見たら、ぜ~んぶ「大根は生のまま煮ること」であった。(涙)
でも、良いのだ、食べられれば。(笑)
ぶりは、お湯をさっとかけて、お水に取り、汚れを取ったけれど、殆ど汚れがなかった。
何てきれいなぶりなの!
これと大根と昆布をお水とお酒で煮始めたのだが、私は何せ大根を先に煮てあったので、長く煮る必要はなく、途中お水を半分捨てて、お醤油やお砂糖や生姜の薄切りを入れて大根に色がつくまで煮た。

出来上がると、ぶりが素晴らしい煮あがりで、特にかまの方の部分が絶品にふっくら煮えていた。(尻尾の方も美味しいことは美味しいけれど、かまのところと柔らかさがが違う)
本当に臭みもブリっぽい匂いもせず、あくまできれいなぶり大根。(煮始めの頃、確かにちょっとアクは取り除いたけれど、アク自体も量が少なかった。)
ここまできれいなぶり大根、外でも中々食べられないのではと思ってしまう程美味しかった。
こんな美味しい料理を昼夜二回続けて食べられて、本当に幸せ。

行ったこともないのに何だが、まるで、北陸の海で釣ったぶりを直送してきたみたいな美味しさだった。
(昔、上野松坂屋で北陸展があって、その時にそういうぶりを一度だけ買ったことがあるのだ)
d0063149_20561816.jpg
魚弥太さんと我が家はちょっと離れていて、たまにふらっと買いに行くのに良い位置にある。
また、高い魚ばかりだと私が通い切れなくなるのだけれど、早く行くと、数少ないけれど、新鮮なあらが安く並んでいたりする。

まだ、お付き合いが始まったばかりだけれど、大切にしたい魚屋さんの紹介でした。

[PR]

by mw17mw | 2017-02-13 21:07 | 食材・食材のお店 | Comments(0)

糖度で選ぶみかん

広く一般的なことかわからないが、家の近所のスーパーヤマザキでは、今年、みかんを大きさのサイズと糖度を表示して売っている。
何でも、「糖度は甘味を判断する目安」とのこと。
で、実際、お勧めの糖度のみかんを買うと外れないので、最近は、みかんはスーパーヤマザキで買っている。
d0063149_23212919.jpg
私がいつも選ぶのは、糖度11度のSサイズ、税別450円、外れないので、助かっている。
別に、糖度表示していないものでも不味くはないのだろうけれど、「外れない」という安心感ができたので、いつも糖度11度を買っている。(以前、高い糖度12度のみかんも置いてあったが、売れなかったのか、今はない)
ただ、みかんの季節はそろそろ終わりのようで、以前より張りのあるものが少なくなっているような気がする。

[PR]

by mw17mw | 2017-02-03 23:26 | 食材・食材のお店 | Comments(0)

本郷鵜飼商店の「混合厚削り」と「昆布の切れ端」

昨年の夏、いつも買う大きめのかつお節屋さんで、混合厚削りの大袋を買ったのだが、それで出汁を取ってみると、何だか、いつもと品質が違うみたいな気がした。
美味しくないし、たくさん入れても思うような出汁が取れない。
あ~あ~、どうして、こんなまずい時に大袋を買ってしまったのだろう、いつもは普通サイズを買うのに...。
でも、勿体ないから、最後まで使い切ったら、年を越して、1月の終わりになってしまった。

こういうものって、どんな原材料を使っているか、信頼問題が大切で、相手を信頼するしかない、また、相手も裏切ってはいけないと言い切りたいところもあるが、天然の素材を使ったものだから、毎年毎年同じ品質のものが取れるかどうかも、定かではないのだ。

でも、その件で、ずっと買い続けていたお店で買う気はなくなって、本郷の鵜飼商店さんで買うことにした。
鵜飼商店さんは、お母さんと息子さんと二人でやっているかつお節問屋さんで、全てに目が行き届いている感じ。
d0063149_21194643.jpg
<鵜飼さんの昆布>
鵜飼さんは、削り節屋さんだから、昆布全般は扱っていないのだが、昆布の端っこの大袋だけは売っているのだ。
多分、630円?(そういえば、この昆布の種類、聞くのを忘れている)
「厚い昆布が一番」みたいなことを有名な料理人がテレビで言っていたりするけれど、何だか慣れてしまうと薄い昆布の方が使いやすい。
別に特段美味しいというわけではないけれど、普段用には十分だと思うし、この薄い昆布があると、白菜漬けにうってつけで好き。
最近、切らしたことがない。(というか、たまには良い昆布をと思って、年末に羅臼の2千円の天然ものを買ってきたのだが、立派過ぎて使いたくない気分、結局それを開けないで、鵜飼さんの薄い昆布を、また、買ってしまった。)
お母さんの話では、天然物だから、美味しいよとのこと。
高い昆布をケチケチ使うより、安い昆布を惜しげもなく使いたい。(あ~、でも、高い昆布を使えば使ったで、やめられない美味しさを味わえるかも)

<鵜飼さんの厚削り>
買いに行ったら、かつお節の厚削りしか並んでおらず、「混合の厚削り」と言ったら、どこかから出してきてくれた。
これが開けると良い匂いがするし、そんなにたくさん入れなくても、良い出汁が取れてとても気に入ってしまった。
これも、その時200gで600円だったかな?
この鵜飼商店紹介のページによると、「材料的に一般のものと比べると少し価格が高い」と書いてあるけれど、メジャーな大量生産的なものに比べると結構高いかも知れないが、老舗のかつお節屋さんや問屋さんベースで比べると決して高くないみたい。(今回、混合厚削りを初めて買い、200g600円が高いかどうか、他の通販をしている老舗のかつお節屋さんと比べたら、安かった。)

そうそう、それから、以前築地の老舗や近所のかつお節屋さんで「混合厚削り」を買ったことがあるのだが、全く私の好みではなかった。
こういうものって、そこのお店で大量に買う飲食店の好みに合わせて調合するのだ、だから、どのお店でも同じ味ではないし、自分の好きな味でない可能性も高いので、一度自分に合っているとわかったら、そのお店から買い続けてしまう。
今まで買っていたお店の混合厚削りは私に合っていたから買っていたことを思い出した。
鵜飼商店の混合厚削りの味も私に合っているみたいで良かった!

鵜飼さん、少人数で、丁寧な仕事で、とても良いお店。

当分、この薄い昆布と厚削りで濃い出汁を楽しもう。
d0063149_21094091.jpg
実は、後、かつお節の粉を買っているのだが、これは今一つうまく使えていない。
今回お店の前に「かつお節、注文で削ります」とか書いてあったっけ、私も今後はかつお節を削ってもらおうかな?
それをそのまま冷凍してしまえばいいのだものね。

[PR]

by mw17mw | 2017-01-30 21:23 | 食材・食材のお店 | Comments(0)

外神田の石橋でお肉を買う

先日、今半ですき焼きを食べた関係で、「東京で一番人気のあるすき焼き屋さんはどこだろう?」と思い、食べログ東京で、すき焼き屋さんのランキングを検索してみた。
そうしたら、何と、外神田のいし橋さんだった、意外。(日山かなと思っていた)
(先日は、テレビの影響で、小伝馬町の伊勢重という明治2年創業の東京で一番古いと言われるすき焼き屋さんに関心が行ったが、考えてみれば、いし橋さんも古い、明治5年創業のよう)

だからか、本日の土曜日、蔵前橋通りを北上して本郷に向かっているとき、末広町の交差点を越してちょっと行ったところにある石橋さんのお肉屋さんの方が目に飛び込んで来た、いつもは目に入らないのに。(というか、いつも日曜日にお肉屋さんの前を通ることが多く、日曜日は定休日で開いていないのだ。)
d0063149_21194389.jpg
私が通る時、お店が開いているのが珍しいし、鳥越の大黒屋さんなき後、肉屋難民の私としては、「あ、石橋さんのお肉を買うという手もあった」と思えて、自転車を降りて、お店の冷蔵ショーケースの中身を見せてもらった。
そうしたら、既に切ったものを並べているお店ではあったが、結構安いのだ。
今回豚肉をじっくり見たけれど、何だか、何でも、浅草橋の池田屋さんより50円ずつ安いような気がした。
中々いいぞ。
牛肉ももちろん高級品も並んでいたけれど、買いやすいものも並んでいるよう。

で、今回は、一番安いのが国産牛の牛コマ、で350円だったので、200g買ってみた。
勿論、ただの国産牛だから、和牛の美味しさはないのだろうけれど、何となくきれいなお肉。(まだ、食べていない)
買って来て、袋を開けたなら、お肉を包んでいる包装紙が素敵であった。
d0063149_21370273.jpg
石橋さんなら、古くからのお肉屋さんだし、お肉の仕入れ筋や保存方法が昔風ではないかと思えるので、当分、通ってみようかな?
日祭日はお休みで、午前10時からとのこと。(お店の写真を撮ったつもりが、家に帰ってみたら、なかった、残念)

勿論、すき焼き屋さんのほうも行ってみたいけれど、まずは、お肉屋さんに詳しくなりたい。
d0063149_21194999.jpg
<おまけ>
ターレットと言ったら、築地を走り回っているものが有名だけれど、我が家の方にも結構ターレットがあるのだ。
我が家の方では主に、紙関係の問屋さんが、断裁していない大きな紙を運んだり、自動車に乗せるのに使っている。
そうしたら、今日、近所のターレットが下の写真のように使われていたので、笑ってしまった。
d0063149_21370835.jpg
ターレットに布団や毛布を広げて、ターレットで高く上げて、干していた。(笑)
これだったら、低いところで布団等を拡げて、そのまま、ボタン一つで昇らせることができるのだもの、二階で手すりに布団等をかけるより危なくないものね。

[PR]

by mw17mw | 2017-01-28 21:45 | 食材・食材のお店 | Comments(0)