「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:100キンの道具( 13 )

ダイソーの「シリコンのペットボトルキャップ 」

先日、この記事を書いた時には、「シリコンタイプは買わない」と書いたのだけれど、実際に、使い出したら、卓球に持っていくものの他、ミネラルウォーターのペットボトルも食卓に置いておきたくなったので、もう一つペットボトルのキャップを買うことにした。(漢方薬を飲むためなのだけれど)

それで、ダイソーで、シリコンタイプを買ってきて使ってみた。
画像はこちら、この画像でわかるように、口で吸い付くところの長さと材質が全然違った。
d0063149_09353978.jpg

シリコンタイプは、当然シリコンでできた短いストローのようなものが吸い口になっていて、それがシリコンだから柔らかくて、どの方向にもたわむのだ。
そして、管が細いのか、ワンプッシュタイプに比べたら、口に入ってくる水量が少ない。
そして、ふたの開けやすさは、当然だが、ワンプッシュ式のものより、開けにくい。

だから、もし、このシリコン型を使うとしたら、赤ちゃん・幼児・老人と病人向けかも知れない。
ちょっとストローの部分が短すぎるかも知れないけれど、これだったら、寝たままお水を飲むことができるかも。
[PR]

by mw17mw | 2015-01-11 23:54 | 100キンの道具 | Comments(0)

ダイソーの「ワンプッシュペットボトルキャップ ストロータイプ」

なんだか、フィギュアの男子は色々な劇的なドラマがたくさん出てきて、すごいね~。
私は実生活で、お客ではない、取引先のゆとり世代の男の子が苦手なのだけれど、羽生選手も町田選手もゆとり世代なのだよね、でも、二人ともしっかりしている。(うちの甥2人もゆとり世代なのだけれど、一緒に働いてないし、普通に暮らせば良い子たち、でも、職場でどう評価されているか...<笑>)

でも、私が今回一番嬉しかったのは、小塚選手の復活。
あの人は、年齢から言うとゆとり世代のちょっと前の生まれで、フィギュアスケートのサラブレッドと言われ、両親とも選手で、しかも、本人もデビューしたとき、本当に上手で期待されていたのだ。

彼のスケートは、機械体操というか、正確にキビキビ難度の高い技をこなしていくスケートで、敵なしだったのに、2010年のバンクーバーオリンピックの頃、トリプルアクセル(三回転半)にこだわった浅田真央が負け、トリプルアクセルに挑戦しなかったキム・ヨナが優勝するような演技の採点基準が大幅に変更になってしまったのだ。

芸術点というのか、曲を理解して表現しているのかみたいなところで点数がつけられるようになり、小塚選手は、幼い時から、大技をこなす練習が主だったのに、今まで考えてもみなかった、情緒とか芸術とか、細かい手の動きに感情を込めるみたいなことをこなさねばならず、一流選手になってから、そういう動きを身に付けるため、新たにダンスやバレーをやり出したのだ。
それがようやく、人に感動を与えるまでの技術として、身についたようで、本当に良かった。(最初の頃、外国へそういうダンスを習いに行くことがドキュメンタリーとしてテレビで放送された)

それから、一体何年かかったのだろう、もしかして、5年?

それにソチのときは、最後の一枠に、協会の方が高橋大輔選手を選んで、小塚選手はオリンピックに行けなかったという不運もあったし。
でも、二度の不運(自分に大幅に不利なルール改正・ソチに行けなかったこと)にも負けず、良くじっと我慢してひたすら地味な練習して、若い世代に勝つような、今風のフィギュアの演技ができるようになったと思う、偉い。

−−−本題です−−−

先日、ダイソーの「ワンプッシュペットボトルキャップ がぶ飲みタイプ」をつけたお水の入ったペットボトルを卓球場に持って行き、飲んでいたら、他の方が、「私は、ストロータイプを持っていて、そちらが使いやすい」と教えてくださったのだ。

「使いやすい」?何が使いやすいのか良くわからず、とりあえず、時間があった時に、ダイソーに行ってみたら、ストロータイプは、二種類あって、「ワンプッシュペットボトルキャップ ストロータイプ」と同じような名前で、シリコンタイプがあったのだ。

どちらが良いのか良くわからず、その時には買わなかったけれど、上野広小路のABABの中のダイソーを見たときに、圧倒的に、、「ワンプッシュペットボトルキャップ ストロータイプ」の方ばかり売れていたので、そちらを買ってみた。
d0063149_15261301.jpg

(左は「がぶ飲みタイプ」、右は「ストロータイプ」)

ペットボトルの口につける部分と、じゃぱらがついた市販のプラスチックストローがワンセットで、家に帰ってから、説明書を読んでストローをその口に差し込んで使えるようにしてみたら、ストローは、ストローとして使う場合、お水の入っている容器の中で水路になると同時に、吸い口になるのだけれど、ダイソーのボトルキャップに使う場合は、あくまで、水路として使われ、吸い口は、ペットボトルキャップになった。
これが結構意外であった。
d0063149_15261466.jpg


そして、飲んでみると、ペットボトルを傾けなくても、吸い口を吸うと、お水がストローを伝わって口に入ってくるので、ペットボトルを傾けたり、頭を動かさなくても済むところが良い。
口に入ってくるお水の量も、がぶ飲みタイプに比べたら少ないけれど、女性だったら、ごく普通に飲むくらいの量。

女性だったら、こちらの方が確かに使いやすいかも。
但し、中のストローだけれど、500ccのペットボトルなどだったら、問題ないのだけれど、お茶350ccのペットボトルに使う場合は、ストローの長さを切って、調整しないとうまく使えないみたい。
(私の画像のストロータイプに使っているペットボトルは、350ccなれど、ダイソーの梅よろしという飲み物のペットボトルで、お茶に比べたら、高さがある。)

何でも、ストローは、市販の「」を使うことができるそう。

ということで、私は、「ワンプッシュペットボトルキャップ ストロータイプ」を使うことになりそう。
ということは、「ワンプッシュペットボトルキャップ がぶ飲みタイプ」は、少なくても冬の間は使わないかな?
(真夏には使うかも)

ということで、シリコンタイプは、もう勿体ないから買わないと思う。(誰か、使い心地ご存知でしたら、教えてください)
[PR]

by mw17mw | 2014-12-30 13:24 | 100キンの道具 | Comments(0)

当たった!& 見つかった!

<当たった!>
昨日の夕方、外から家に帰るとき、家から宅急便の人が手に大きな贈り物らしき包みを持って出てきた。
あんな大きなお歳暮、誰がもらうのだろう?誰が留守なのだろう?と思ったら、私とおにゃんちゃん宛プレゼントであった、ラッキー!(笑)
d0063149_15255802.jpg


忘れていたけれど、先日、Gさんから連絡があって、「ねこまんま」のはごろもフーズが、キャンペーンを行っている、応募すれば、1つ無一物があたるし、その他、「無一物を買ってあてようキャンペーンというのもあって、無一物がカウントしてあるレシートを貼って投函すると抽選で200名に無一物セットかシーチキンセットが当たるというもの」を教えてくださった。
ちょうど、ねこまんまを購入したレシートが二枚あったので、一つは猫餌無一物セット、一つは、私用シーチキンで応募したのだ。(あ、今、気づいたけれど、私は、一枚は、無一物ではなく、他のねこまんまのレシートを提出したかも知れない)

で、無事、今日、はごろもフーズから、無一物セットが届いたのだ。
d0063149_15255931.jpg


なんだか嬉しいな~、クリスマスシーズンにどこへも行く予定もない淋しい女子一人と淋しい女子猫一匹の家庭に、愛の贈り物だわ~、はごろもフーズさま、本当に有難う。(「私を巻き込まないでね、私は猫なのだから、家にいて正常よ」(猫談))

ニャンちゃん、良かったね、クリスマスプレゼントが届く猫なんて、滅多にいないのだから、あんたはラッキーガールなのだからね、自覚してね。(実は、また、寝床で餌が食べたいとごね出したので断固拒否したら、ずっと機嫌が悪い馬鹿猫なのだ。)

そして、ダブルで良かったのは、教えてくださったGさんにも当たって、同じものが届いたこと、良かった、良かった。

当たったから、言うわけではないけれど、うちのコーちゃんは、ねこまんまシリーズなら、どれでも大好き!
是非、猫を飼っている皆様、お試しください。

<見つかった!>
昨日、上野広小路アメ横近くのキャンドゥーに行ったら、百二十枚入りのプラスチック製「官製はがき入れ」なるものを見つけて、無事ゲットした。
d0063149_15260007.jpg

(店頭には一つしかなかった、まだ、在庫があるかどうかは不明)

「年賀状入れ」で検索すると出てこないけれど、「官製はがき入れ 100均」とか「はがきケース 100均」でググると、画像がたくさん出てくるみたい。
なんだか、ダイソーでもどこの100キンでも扱っている商品のよう。
[PR]

by mw17mw | 2014-12-24 09:05 | 100キンの道具 | Comments(0)

ダイソーの「ワンプッシュペットボトルキャップ がぶ飲みタイプ」

先日の「100均の「直飲み水筒(常温)」比べ」という記事のコメントで、大外郎さんに、ダイソーの「ペットボトルにつけるワンタッチキャップ、「がぶ飲み」」を教えていただき、本日買ってきた。(他、スクイズボトルも習ったが、まずは100キングッズから)

正式名は、タイトルの通り。
キャップが本体と一体型のところが便利で、手前の緑のボタンを押すと開き、キャップを倒して蓋をするとぱちんと音がして閉まる。
d0063149_15254655.jpg


特段のロック機能はついていないし、「完全密封ではありません:」と書いてあるものの、蓋をパチンという音がするように閉めた状態で、上下逆さまに置いておいても、水は全くこぼれなくて、先日紹介した他の100キングッズに比べて優秀。
ただ、装着の仕方が悪かったとか、何かに当たったからと、蓋が緩んでこぼれる可能性は十分考えられる。
本体の包装紙にも「こぼれる恐れがありますので、バッグの中に入れないでください」と書いてあるので、バッグに入れる場合は、ビニール袋に入れてからにした方がよさそう。

大外郎さんがおっしゃったように、車の運転をしながら、飲み物を飲むときは、片手で開閉できるから、とても役に立ちそう。

飲み口は、前回紹介したものが、突起を吸ってお水を吸い上げるタイプであるのに対し、ダイソーのはただ、そういう機能はなしで、ボトルの傾け方によって、お水の出る量が決まる感じ。

ダイソーのは、チューチュー吸うタイプではなく、ごく普通のペットボトルの飲み口と同じなのだけれど、他のものより、キャップがしっかり閉まることと、キャップと本体が一体なことで、私のニーズにより合っていて、使いやすそう。
欠点としては、普通のペットボトルの飲み口と同じで、飲むとき、飲み口全てを口に含んでしまうと、空気の出入り場所がないので、飲みにくいこと、飲むときは、飲み口の上の方を口から外して、空気の取入れ所にする必要性がある。(なんていうのは、今までチューチュー吸って飲むタイプを使っていた私だからそう思うのであって、最初から、ダイソーのものを使ったら、違和感はないと思う)

当分、これを使っていきたい。
[PR]

by mw17mw | 2014-12-19 16:51 | 100キンの道具 | Comments(2)

100均の「直飲み水筒(常温)」比べ

駒込の商店街の最終回は明日にして、今日は違う話題をば

卓球をなんとなく始めた時、自販機で冷たいお水を買って持って行ったのだが、医者に、「冷たいものを飲んではいけない、常温にしなさい」と言われてしまい、それだったら、手持ちの400㏄入る魔法瓶の水筒に、常温の2リットル入りのミネラルウォーターのお水を詰めて、、卓球しに出かけていた。
しっかし、だんだん、魔法瓶が重たく感じられるようになってきた。
どうせ、魔法瓶の機能は使わないのだから、常温の水筒を探そうと思って、多慶屋の家庭用品売り場に見に行ったら、一つもなかったのだ。

ここにないとすると、次は、100均。
まず、私の好きな本郷三丁目のNBKに行ったら、下記画像右の黒いプラスチック、500cc入る蓋つきの直飲み水筒があったので、買ってみた。
でも、これは、飲む分にはいいけれど、持って歩くときに、お水が漏れるのだ。
おかげで、蓋が本体に針金を使って留められているのだが、一週間後には、そこが錆びてしまった。
d0063149_15253327.jpg

次に、駒込に行ったとき、駒込の田端に近いほうの改札を出て、左側に行くと、すぐに商店街になるのだけれど、その右側にキャンドゥがあったので、見てみたら、上の画像、真ん中の500ccの直飲み水筒があったのだ、その他、左側は、「ボトルキャップ」という、普通のペットボトルに取り付けると、直飲みができるキャップが2組セットで売られていたので、両方とも買ってみた。

で、家で試してみたが、この3つとも、持ち運びの時、真っすぐ持っていないと、お水がこぼれてしまうという、何だか、完成度が低い道具であった。(笑)
(お水を入れて、ちゃんと蓋をきちっと閉めて、逆さまに立てて置いたら、両方とも、水がしみ出していた。)

この中では、画像一番左の普通のペットボトルにキャップを付けたものが、一番小さくて、ジップロックの中サイズに入れることができ、私のニーズに一番近くて使いやすそう。(この画像のペットボトルは、350㏄だけれど、お茶のペットボトルに比べたら、縦長。<ダイドーの「梅よろし」というジュースのペットボトルなので>)
お茶の350ccのペットボトルなら、もっともっとジップロックの中の袋に楽に入りそう。

ま、いつまで、卓球熱が続くかわからないから、当分は、このボトルキャップを付けた350ccのペットボトルにお水を入れて、ビニール袋に入れて、使おうかと思う。
ま、途中こぼれやすいという欠点はあるけれど、夏場でも400ccのお水すべてを飲み干すことはなかったから、350ccの容量で十分だし、容器が軽くなって嬉しい。

こういうものって、どこに行けば、水漏れしないものが買えるのだろう?
ハンズみたいなところ?スポーツ用品店?

あ、そうそう、直飲みのものは、雑菌がつきやすいとのことで、使ったら、取り外して、洗うか、もしくは、次に使うときに、アルコールを吹きかけている。(他、逆流するのであるのだろうか、今のところ、飲み残したものをまたきれいなキャップで飲んだりするけれど、お腹は壊していない。)
[PR]

by mw17mw | 2014-12-14 22:30 | 100キンの道具 | Comments(4)

最近気に入った100キングッズー小さな泡立て器とシリコンロート

<小さな泡立て器>
これは別に、100キンでなくても、合羽橋でも売っている道具だと思う。
先日、お好み焼きを焼くときに、白身を泡立てると膨らむとのことで、卵一個分の白身を泡立てるために購入。
(というのは、手持ちのお菓子用泡立て器では大き過ぎるので)
で、白身一個分の泡立てにも良いし、他、私の場合、自分用に卵一個をほぐすことが多いのだが、この泡立て器を使うと、小さな容器(直径7.5㎝程度)の中で、簡単にほぐれる。
d0063149_12355840.jpg


空気を入れたい場合は、大きく早く泡立て器を回転させれば良いし、ただほぐしたいときは、グリグリ回転させる他、時々、持ち上げて白身を着るようにすれば、小さな容器の中で、あっという間に、卵がほぐれる。
しかし、欠点としては、最後、完全に白身と黄身を混ぜきらない状態だと、容器から抜こうとするこの泡立て器にどうしても、白身が絡まってしまうみたいで、そこを、スプーンやフォークで取り除かなくてはいけないのが、面倒。
でも、卵1つをほぐすために、小さな容器一つを汚すだけで素早くできるから、気に入っている。

<シリコンロート>
このくらい小さなシリコンの折りたたみ式のロート(漏斗)なら、100キンで手に入るみたい。
最初、緑色のものを買ってきたが、ペットボトルでもうまく使えるし、基本的には、気に入ったので、後、黄色と赤を買ってきた。
というのは、洗って置いておくだけでは水が中々切れないから。
(だったら、拭けば良いのではといわれるかもしれないが、それも面倒。)

洗ったシリコンロートが乾かないうちに、つい、粉もの(白コショウとか、小麦粉)を小さな容器に移したくなったりする。

それで、今回、2つ買ってきて、三色揃えてみた。
d0063149_12355986.jpg


通常の透明や白っぽい液体−−−緑

赤い液体(赤ワイン・赤梅酢)−−−赤
(緑のロートで赤いものや醤油なぞ色の濃いものを通すと、なんだか、色が染みつきそうな気がするし、実際、茶色かったり赤っぽいアクがついているような気がする。
実際は絶対染みつくまではないと思うのだが、洗うのを忘れたみたいな事故で色がつかないとも限らず、100円と安価なので、別にしてみた)

粉もの−−−−−−−−−−−−黄色
に決めた。

極力濡らさないで、たまにしか使わない粉物の黄色は、折りたたんで、引き出しの中。
他の二つは、たたまないで、水切り籠かご入れっぱなしの場合が多い、だったら、じゃぱらのロートでなくて良いのではと思うかも知れないが、そこはそれ、シリコンだから、他のものとぶつかったり、重なっても、グニャっと一人で形を変えて、対応してくれて、場所を取らないところが好き。(笑)

とても気に入ったので、他の100キンで購入した金属製やプラスチック製のロートはすべて処分してしまった。
ただ、この折りたたみシリコンロートに欠点がないかというと、折りたためるように、シリコンの厚い部分と薄い部分が段々になっているのだが、薄いところが日光で透けて、使い込むと、アクがつくのだろうか、汚れが目立つようになる。
まだ、やっていないが、たまには漂白剤に漬ける必要性があるかも。
[PR]

by mw17mw | 2014-08-20 08:51 | 100キンの道具 | Comments(0)

猫グッズ3点

猫小屋だけれど、ジャンプが得意なニャー助くんの「マカロン風」?の新居がでとても可愛い。

---本題です---

「猫グッズ」と題名をつけたが、猫だけのための道具はなく、2つは、人間用の道具。

そういえば、私は、詳しい人に習って、楽天で「ひのきの猫砂」を購入して良かったので、今回、送料無料を狙ってほぼ一年分の猫砂を購入してしまった。
しかし、フレッツ光のポイントが楽天のポイントに交換できるので、これで賄えた。

1.毛布
  コーちゃんのケージを寒くないように覆うのに、私の毛布と敷パッドを一枚ずつ供出したので、私用の新しい毛布が必要になり、買いに行ったら、多慶屋の毛布売り場で「猫プリント柄」「犬プリント柄」の西川の毛布を発見。
「洗濯機で洗濯可能なマーク」はなかったけれど、水洗いがだめというわけではなかったので、水流が柔らければ洗濯機でも選択可能ですと言われて、「猫プリント柄」を買ってしまった。
d0063149_11553686.jpg
1,2年前に、このブログで教えていただいたマイクロファイバーの毛布が安くて軽くて温かったので購入し、それで十分であった。
だから、また、同じものがあったらと探しに行ったのだが、今の時代は売っていないみたい。(少なくとも多慶屋には)
  一枚だけ、ペラッペラのそれらしきものがあったが、1,2年前に比べたら、品質が落ちて、色の種類がなくなり、価格が倍になっているような気がしたのでやめておいた。
  で、この猫模様は、2980円で、二枚重ねのポリエステルの毛布で、軽くて本当に温か。
  (そういえば、最近、私は真冬にはマイクロファイバーの毛布を二枚かけていたが、これだと、一枚で十分そう)
  今日、自転車で走っていたら、浅草橋5丁目で、この毛布の犬のプリンティング柄を干している家があったが、犬のプリンティング柄もとても可愛かった。(何か、この模様の毛布を近所で見たら、皆「あ、多慶屋で買った2980円の毛布」と思うと、ちと恥ずかしい!)
(犬プリント柄については、「西川 毛布 犬」で検索すると画像が出てくる。)

d0063149_11564249.jpg2.携帯クリーナー
  これは、上野のABABの中のダイソーで数か月前に発見して買ったもの。
  携帯とか、デジカメの画面を拭くのに使っている。
  これで105円はとても安いと思っている。
  先日、1つ目のひもを間違って切ってしまったので、二個目を買いに行ったら、この色合いは一つしかなかった。
  もう一つの色の組み合わせは可愛くないと思う。

  猫の頭の後ろの布がクリーナーになっている。
  
  実は、私は最近老化のせいか、デジカメ等紛失しやすいのだ。
  (手に携帯・デジカメくらいだったら忘れないのだが、その上、もう一つ、加わると何かを忘れてくるようになってしまった。)
  だから、デジカメに大好きな猫をくっつけておけば、猫がくっついていないより、置いて来ることは少ないだろうというおまじない代わりに使っているのが実情(笑)。

d0063149_1157583.jpg3.籐のかご
  これは本郷の100キンで買った籐のかご。
  (猫の餌については今度書くけれど)うちのコーちゃんは歯がないので、大袋に入っている硬いカリカリが苦手で、どうもシーバのカリカリは中がクリーム状で柔らかいからだか、食べるのだ。
  で、シーバは20gずつ小袋に入っているので、それと猫缶と各種猫に関する商品のパンフレットを入れておくのにピッタリで気に入っている。
  このかごの白っぽいのもあったから、今度、人間の缶詰保管かごとして買って来ようと思う。

  他、良く100キンで売っているプラスチック製の黒い細長い長方形のごみ箱を、猫砂シャベルや小さなちりとりと箒のセットなどの入れ物している。
[PR]

by mw17mw | 2013-12-01 00:03 | 100キンの道具 | Comments(0)

マグネット付きオープナー

本日、キャン・ドゥの上野アメ横店で見つけた道具をご紹介。
今、電動のレターオープナーは持っているのだが、それを買った頃、台所用にも何か良いオープナーがないか考えてみたのだ。
しかし、台所用の、お菓子とか調味料を開けるオープナーは、切る位置がバラバラだから、台所用の電動オープナーを設計するとしたら、結構複雑なものになってしまい、実用的ではないと思ったのだ。

で、電動は諦めるとしても、手動でも、調味料やお菓子のオープナーは見たことがなく、本日、初めて出会ったのだ。
刃物がついているから、お子さんのいらっしゃる家庭では怖いかも知れないが、マグネットがついているので、冷蔵庫の表面の高いところに、貼り付けておけば、安全ではないかと思った。

早速買ってみたのだが、どうも、袋の右から左へ使うものか、いや、左から入って右に抜ける方が使いやすそうかと色々に考えている。
d0063149_18283070.jpg
この道具の袋には、 上の右から左への絵が描いてあるけれど、そうなると、人差し指を入れるための穴の位置が不自然に感じるのだ。(遠過ぎる)
人差し指を入れる穴を中心に考えると、下の画像の使い方の方が利にかなっているような気がしている。
 
ということで、今、どっちから使ったら使いやすいか研究中。
右利きの人が使うとして、皆様は、どちらから使うのが正解だと思いますか?

あ、そうそう、アメ横の二木の菓子に行ったら、アルフォートのチョコレートが79円で、今まで見た中では、最安値。
ただ、その向かい側の1号店と思われるお店だと、2Fに置いてあるのがちょっと面倒だけれど。(、ビック館の方はまだ開いていなかったので、わからない)
ただ、二木の菓子って、アメ横だけでなく、色々なところにあるみたい。
[PR]

by mw17mw | 2013-05-02 18:37 | 100キンの道具 | Comments(0)

歯ブラシをぶら下げる道具

d0063149_2122597.jpgこの道具、とても気に入っているのだが、既に包んであった紙とか捨ててしまったので、名前がわからない。(見て来た、「歯ブラシホルダー」だって)

売っていたのは、本郷のNBKという100キン屋さん。

吸盤で鏡に貼りつけ、歯ブラシをぶら下げておくもの。

最初、中心から遠い方に、しかも片一方だけに歯ブラシを一本ぶら下げたら、吸盤が外れてばかりいた。

歯ブラシをぶら下げる場所を内側にしたら、吸盤が落ちなくなった。(でも、改めて画像を見ると、ちょっと歯ブラシの方が重いのか、歯ブラシ側が下に落ちている。結構、重さのバランスを考えないと使えない道具かも。ま~、105円だから、そんなものかも)

こういう道具欲しかったのだ、今まで、歯ブラシを置いておく場所がなかったのだ。
[PR]

by mw17mw | 2013-02-19 21:23 | 100キンの道具 | Comments(0)

靴下を洗濯機へ

私だって、ちゃんと洗濯機を使って洗濯をするのだけれど、何が嫌いって、沢山の靴下を洗った後、模様や色が同じ左右を揃えること。
洗い終わった靴下を床に広げ、神経衰弱のように、靴下をセットしていくのだが、この作業が大嫌い。(私は一人分だけれど、家族のいる皆さまはさぞかし大変だろうと思うけれど、どうやっているのだろう)
この作業を考えると、私一人分だし、そもそも靴下を買う時、全て同じものにすれば良いのだとはわかるのだが、実際問題、いつも同じところで同じ靴下を買うなんてことはめったにないので、非現実的。

また、今年は冬が寒くて、しかも、今私はダイエットに成功していて体重が良く落ちてくれるのだけれど、その分寒くて、ひどい時は、4枚重ねで靴下を履いているので、洗濯の量が半端ではない。

靴下は、脱いだ時にセットしておけば、この作業をやらなくて済むということはすぐ頭に浮かぶ。
確か、昔、テレビで、そのための便利グッズを見た覚えもあるのだが、少なくとも100キンでは売っていないよう。(今、検索したら、靴下用洗濯バサミというのが出て来たが、何個入りだかわからないけれど、1260円だって、高い。この方が使い良いかもと思うが、1680円)
東急ハンズにならそういう便利グッズがあるかも知れないが、そこまでして、きっと100円では済まないものを買いに行くのも気が進まない。

ということで、100キンで、「目玉クリップ」なるものの一番小さいサイズを買って来て、脱いだ靴下をセットしてみた。
d0063149_22135378.jpg

上を留めるか、つま先を留めるか考えたのだが、この目玉クリップは金属だから、上を留めて、そのまま織り込んで靴下の中に入れてしまうのが安全かなと思った。
もしくは、靴下の中側から、挟んだりもしている。
とにかく、洗濯しても、左右が離れなければ良いのだ。
(目玉クリップは小さいし、全て洗濯ネットに他の衣類と一緒に入れてしまうので、剥き出しでも、洗濯槽を傷めることはないと思うのだが、念のため)

そうしたら、このやり方だと、靴下を対にする必要がなく、本当に楽。
目玉クリップの豆という一番小さいサイズだと厚手の靴下を挟むにはちょっと力不足のようなので、その上の「特豆」も購入。

価格から言っても、このやり方が一番良いと思う。
但し、金属だから、洗濯槽を傷めない入れ方を工夫することが大事かも。
[PR]

by mw17mw | 2012-12-02 22:15 | 100キンの道具 | Comments(2)