カテゴリ:ダイエット・健康( 141 )

再び、軽いダイエットに...,主には「飴」ダイエット?味方は深蒸し茶

そう言えば、先々週だったか、テレビのビフォーアフター最終回のお家が「浅草」とのこと。
で、見ていたら、そのお家がどこにあるかわかったので、昨日、見に行ってみた、私の予想は当たっていてそのお家はすぐにわかったのだが、留守であった。
(留守でなくても、中までは見せてくれないだろうけれど)
あのお家、いくらで改築したかとか、そのプロセスを近隣の人が皆知っているわけで、住みやすいか、住みにくいかどちらだろう?

---本題です---

色々な人と話すと、やはり、痩せた方が良いとのこと、ずいぶん、暴飲暴食で好き勝手に食べていた期間が長かったせいか、本人も今回は思い切れて、少しダイエットをしようという気になった。

でも、そんな急にすごいダイエットは無理だし、そんなダイエットをしても、リバウンドが怖い。

ということで、ライトなダイエットを考えてみた。

まずは、運動関係で、「一日一時間は必ず歩くこと」として、毎朝、浅草橋の野菜スタンドや宇治屋さんを徒歩で回っている。
でもね、土日祭日はこれをする気にならないので、パス、それでも2週間続いている、効果が早く出ると良いのだけれど。

<飴ダイエット>
また、三食はきちんと食べるとして、間食を一切しないこととした。
と言い切りたいのだけれど、多慶屋の健康食品コーナーで、ダイエット用のクッキー等買ってきたので、これだけは、例えば、午前中1時間歩いて来た後に、80~120kcalだけは食べても良いこととしている。

それ以上、空腹感を感じて何かを食べたくなったらどうするのだと考えた時、飴を舐めようという気になって、念のため、ネッとで「飴 ダイエット」で検索したら、結構好意的な記事が多かったので、多慶屋に飴を探しに行ったのだ。

自分に向いている美味しい飴を舐めて、お茶やコーヒーを飲んだら、空腹感が紛れるのではと思ったのだ。
で、飴も色々な種類があったのだけれど、甘過ぎるものよりと思って、「すっぱしょっぱの塩レモン」というものを買ってきた。
これが当たりで、私に合っているみたい、勿論、飴だから、基本甘いのだけれど、中心部に酸っぱい味としょっぱい味の成分があるので、どこを舐めても同じ味ではなく、はじめ軽く甘酸っぱいのだが、中心部に行くとすっぱしょっぱが強くなり、味に変化があるところも単調でなくて良い。
で、これが気に入ったのだが、近隣のコンビニやスーパーの飴売り場を見て回ったが、どこにも置いていなかった。

ネットで「塩れもん キャンディー」で検索してみたが、別に私が購入したものでなくても、他の会社数社から、同じような飴が出ているはずなのに、どこにも売っていないのだ。
う~ん、塩れもんキャンディーの評価なぞを読むと、もしかしたら、この飴は夏向きなのかも知れない。
アサヒの塩レモンキャンディが美味しそうで、これも買ってみたいが、どこにもないのだ。

私の購入した塩れもんキャンディは、松屋製菓という三重県の会社のものだから、東京のコンビニやスーパーに並ばないのかも。

ま、仕方がないので、多慶屋に再び行って購入したのだが、その隣に同じ会社の「塩梅飴」という飴があったので、これも買ってみたが、こちらは余り酸っぱくなくて残念。
d0063149_17545953.jpg
その他、他のお店で、アイファクトリーの「塩トマト」という小粒のドライトマトの袋詰めがあったので、買ってみたが、「このどこが塩?」と思うほど甘くて、期待外れ。
(飴とか、外れても捨てるわけにもいかず、後始末が大変)

( それにしても、たかがコンビニの狭いキャンディコーナー、その裏で、飴の会社がしのぎを削って、自社製品を陳列してもらうために、営業マンが日夜戦っているのだろうなと思った。)

<深蒸し茶>
一昨日紹介したワンカップティーメーカー、いただいたとき、「確か、冷凍庫に冷凍させた茶葉があるはず」と思ったのだが、実際なかった、きっと保存が長くなり過ぎて、処分してしまったと思う。
それで、仕方がないので、タジマヤに仕入れに行った時、ちょうどお茶を売っていたので買ってきた。
それが数日前にちゃんと袋を見たら、「深蒸し茶」であった。
d0063149_15160132.jpg
(本日、タジマヤに行く用があったので、見てきたが、何気なく購入した深蒸し茶、タジマヤの中では高級品であった、だから、美味しいのかも)

深蒸し茶って、ガッテンが推奨しているお茶で、メタボにも有効と書いてある。

淹れ方を研究というか、ちゃんと深蒸し茶の淹れ方を読むと、お湯を注いで1分置いておくのがコツみたい。(こうやって飲まないと効果ないかも)
そうすると、ちょっと渋みのある味になって、何だか、浮遊物がお茶の中で泳いでいるのだが、これが正解みたいで、それに気づいてから1分置いてから茶漉しを出している。
ちょっと渋みのある熱いお茶が美味しいし、すっぱしょっぱの塩れもんキャンディーと合っていて、一度に、甘味、酸っぱみ、しょっぱさと苦みと4つの味がするので、満足感が高い。

まだ、こんなことしかしていないけれど、「一日一時間歩いて、飴食べて空腹感をごまかし、メタボにも効く深蒸し茶をがぶがぶ飲む」日が、2,3か月続いたら、「あら、痩せたわね?」と言われないか、夢見ている。(笑)
あ、でも、もうすぐお正月だものね、2,3か月では無理かも。(でも、お正月の間も深蒸し茶と塩れもんキャンディで頑張ろう)

[PR]

by mw17mw | 2016-12-05 18:03 | ダイエット・健康 | Comments(0)

アーモンド

最近、テレビを見るとはなしにつけておくと、健康やダイエットに良い素材として、「もち麦」と「アーモンド」を取り上げていることが多いような気がする。

もち麦も試してみたいが、結構高いし、美味しくなさそう。
某お米屋さんに意見を求めたら、「生産量と消費量が釣り合っているからちょうど良かったのに、ブームが起きてしまったので、もち麦が足りなくなっている」とのこと。
身体にいいのかなと聞くと、玄米と同じ程度では?とのこと。(食べたことはなさそうだ)
テレビでは、白米と半々で炊いて毎朝食べる事を勧めていた。
その他、ネットで見ると、もち麦少な目のレシピもある。
普通の押し麦だったら、とろろごはんのときに食べたことがあるけれど、とろろなしではどんなものだろうと食べながら思っていた。
何だか、つるっとした食感で噛めない印象があるのだ。
ま、でも、玄米とか雑穀と同じくらいの効果と聞いてやる気を失った。

そんなとき、アーモンドを取り上げている番組を見たら、普通ナッツというのは、木の実だけれど、ピーナッツだけは木の実でなく、豆の仲間とのこと。
言われてみればその通り。
私はお腹が空くと、柿ピーを食べる癖があり、最近、セブンイレブンの柿ピーがでんろく製のものであることに気づき、良く買うようになってしまったのだ。
(に木の菓子で買う小さなパックの大袋のピーナッツの方が上等な気がするけれど、慣れてしまえば気にならない)
それを阻止して、アーモンドに置き換えようと、アーモンドを探したら、大きなスーパー(ライフ)で簡単に見つかった。
まずは、目に付いた、油で煎って塩を振ったもの92g321円、これはおつまみとして美味しい。

次に行ったら、素焼きというのだろうか、油と塩を使っていないものがあったので、65g300円を購入。
こちらの方が美味しくはないけれど、慣れてしまえばそれなりの味わいのある風味で飽きない。

この記事によると、本当は生のアーモンドで殻付きが良いと書いてあるけれど、そんなもの売っているのかしらね?
(売っていても、高いような気がする。)

でも、結構高いねと思い、多慶屋に行ったら、多慶屋は3段階か4段階で大袋があった。
余り買い過ぎて飽きて食べなくなっても怖いので、一番か二番目に量の少ない190g480円を購入。
(皆、同じアメリカ産のアーモンドだし、噛んだ時のカリっとした感じは高い方が優れているような気がするけれど、やはり、毎日食べるとしたら、多慶屋の大袋が一番良いと思う)
d0063149_12044275.jpg


海苔を入れる容器が一つ余っていたので、そこに入れて、一度に4粒ずつ食べようと思っている。
d0063149_12044355.jpg

(下の容器は、焼き海苔1/4サイズと除湿剤)
一番良いかどうかわからないけれど、何か食べる前にアーモンドを何粒か食べたら、アーモンドの糖質は殆どないので、血糖値を上げないのではと思うのだけれど...。
でも、結構、食事の前に食べるのを忘れることが多い。(笑)

結局今のところ、一日20粒は食べているような気がする、食べ過ぎで、ダイエットには利かないかも知れない。(笑)
でもね、食事前とか小腹が空いたとき、アーモンドを齧ると結構お腹が落ち着くような気がする。
[PR]

by mw17mw | 2016-07-15 17:05 | ダイエット・健康 | Comments(0)

プロポリスを求めて

今、TBSのニュースを見るとはなしに聞いていたら、何でも、世界的チョコレートのお店の海外初出店のお店が浅草橋にできて、今日、オープンだったのだって。
何だ、何だ、私のテリトリーではないかと思い、「浅草橋 チョコレートショップ」で検索したら、「ダンデライオンチョコレートが蔵前の裏通りに来る」という題名のブログが見つかり、これだと思う。
浅草橋というより、蔵前の裏通りにこんなものできて...と思うが、賃料の低さとネームバリューできっと成功するだろう。
(この場所って、以前、静岡のお茶屋さんか何かがお店を出していたところ?)

−−−本題です−−−

私は「龍角散ダイレクト」のおかげでだいぶ元気になったけれど、やはり、自ら動きだそうという元気が起きない。
今日の午前中まで、よく眠ると少し動けるという感じであった。

昨日、Winnieさんに教えていたいたぺージと、森川健康堂食品取扱店舗一覧を見たのだけれど、もう時間が遅かったので、店舗一覧には載っていなかった多慶屋のレディス館の地下1F健康食品のところに見に行ったら、森川健康堂のプロポリスはなかったのだけれど、他のメーカーのものでも、大瓶が1万5千円、小瓶が6千円と、教えていただいたページとずいぶん価格に差があり、びっくり。
ホームページにあった200円とか600円というのは、私の願望から、1桁少なく見てしまったのかしら?と思い、買わないで帰ってきた。

でも、家に帰ってみても、やはり、200円に600円だった、あら~私が欲しいのはこういう安い商品なのに、本当にどこかで売っているのかしらね?

ま、仕方がない、次の日に、森川健康堂商品の取扱店になっている上野松坂屋に行ってみたら、1万5千円、6千円くらいの2種類しかなかったのだけれど、利くか利かないかわからないものに、こんなにお金をかける気はなかったので、買わないで、中央通りを走って、日本橋三越の7Fへ。
三越の方が置いてある商品の幅がちょっと広くて、マイルドというものとか、スプレーを売っていた。
確か、スプレーは3千円だったと思うのだが、ま、いいや、ここまできたら、高島屋地下も見てみようと行ってみたのだ。
そうしたら、私の記憶違いかも知れないが、スプレーが2千円だったので、これを買うことに決めた。
(店員さんに、喉しか当たらないとか、プロポリスの量が少ないとか言われたけれど、わたし的には、私の症状は、喉が完治すれば、全て解決しそうという見立てなので、スプレーでいいやと思い切れた。)

買った後、すぐに開封して、自分の喉めがけてスプレーしたら、子供のころ、扁桃腺を腫らして耳鼻咽喉科に行くと喉仏に塗られた濃いルゴール液みたいな刺激的な味ながら、昔懐かしい味だったので、不味いとは思わなかった。
d0063149_11575726.jpg


そして、これをつけてから、まだ、たまに喉の奥が「イガイガ」としないわけではなかったが、段々「イガイガ」の回数が減っていき、先程二度目のスプレーを行ってからは全然咳き込まなくなった。

きっと明日には元気になっていると思う。

しかし、プロポリスがはちみつ関連のものであることは知っていたが、詳しくは知らずに走り回って手に入れたけれど、抗菌・抗炎作用がある天然自然のもので、実感としてその効力は下記の通り。
Winnieさん、良いものを教えてくださって、有難う。

プロポリスのスプレー>龍角散ダイレクト>普通ののど飴

そして、森川健康堂の店舗一覧を良く見たら、「サンドラック」というドラッグストアでは取り扱っているらしい。
浅草橋と上野にサンドラックがあるから、今度、安い飴があるかどうか、チェックしておこう。
[PR]

by mw17mw | 2016-02-11 18:47 | ダイエット・健康 | Comments(0)

冷たいおにぎりに凝る 4/5−具は、梅干しとちりめん山椒だけで飽きない

冷たいおにぎりに凝る 1/5

冷たいおにぎりに凝る 2/5−おひつがすごい

冷たいおにぎりに凝る 3/5−味付け海苔が合う

毎日朝夕殆ど冷たいおにぎりを食べているのだけれど、中の具は、ずっと梅干しとちりめん山椒で飽きていないのが不思議。

<梅干し>
d0063149_11564477.jpg

梅干しは、日田の親戚に習った減塩10%の漬け方の梅干しが一番美味しいと思う。
しかし、同じ梅干しでも、熱々のおにぎりを食べていたころ、一つ食べると、味がきついのか、次から数日は梅干しでおにぎりを作ろうとしなかった。
それなのに、冷たいおにぎりでその梅干しを食べると、梅干しの味が冷たいご飯の味になじんでいるのか、飽きないのだ。
(ご飯も熱々でない方が甘さが抑えられ、梅干しの方も酸味が自己主張をしないから、味がまとまるのだと思う)
しめしめ、実は、梅干しはそんな風なたまにしか使わない使い方だったので、減らなくて困っていた。
冷たいおにぎりに使うと、きちっきちっと梅干しが減っていくので、とても嬉しい。

また、先日、友人からいただいたパイナップルジャムも、熱いトーストに塗ると、いかにも南国の果物のジャムという感じだったけれど、常温のクラッカーに乗せて食べたら、酸味や味の華やかさが抑えられ、しっとりとした穏やかな美味しさのジャムに感じられ、不思議だった。
今のところの私の考えでは、酸味の強いものは、熱々で食べるのと、常温で食べるのでは味が違ってくるのかも知れない。

<ちりめん山椒のレシピ完成>
で、ちりめん山椒は以前から手作りしていたのだけれど、ここに来て、自信のレシピ完成。
みんなの料理の後藤加寿子さんのレシピをアレンジしたものだけれど、これで作ると、弟や親戚に評判が良く、褒められる。(「料亭の味」とまで言われたが、お水や出汁を使わないこと、煮切った日本酒とみりんを使うことがコツかと思う。ま、京都の本当に美味しい物、食べたことないが、きっと負けるだろうけれど、家で食べる分には十分美味しい)

下記のレシピで100gのじゃこで150gのちりめん山椒ができると思う。
私の場合、できて冷ましたちりめん山椒の半分はビニール袋に入れて冷凍しておく。

<分量>    
じゃこ      100g
日本酒     100cc
みりん      大さじ2
薄口しょうゆ   大さじ1(私はヒガシマルを愛用)
濃い口しょうゆ 大さじ1
実山椒      大さじ2(好みで3でも)

<作る前に>
じゃこは買ってきたら、100gずつ小分けして、冷凍しておく
(そうそう、じゃこは、「ちりめん山椒を作るのに向いているの」というと、小さめのものを選んでくれる。確かに大きいと美味しくない)
実山椒も5~6月の出盛りに買って来て、枝から実を外して茹で、水気を取って、冷凍しておく

<作り方>
1.じゃこは、ざる2つに挟んで、ボウルに入れ、お湯をかけると、泡が出るので、そうなったら、その白い泡を流すように、ざるでじゃこを抑えながら、泡がじゃこに残らないようにお湯を捨てる。

2.ざるを押して、水気を切る。

3.小鍋に日本酒100ccとみりんおおさじ2を入れて火をつけ、煮切る。
  (私は、沸騰した日本酒とみりんに火をつけてアルコールを燃やすけれど、この方法でなくても可能。<ただ、高温で沸騰させるだけでもアルコールは飛ぶ>)

4.そこにじゃこを入れて、5~10分煮てから、2種類のお醤油を入れて、さらに、味を含ませるように時々かき混ぜながら煮る。

5.山椒は、煮過ぎると、風味が飛ぶと聞いたので、お鍋に入れて、解凍される時間程度しか煮ない。

6.汁がひたひたになったら、出来上がり、そのまま味にむらがないように、味を含ませるように、冷ましたら、出来上がり。

ポイントはお醤油の量かも。
普通のじゃこなら、この分量で美味しくできると思うが、人によって、塩分の濃さの好みがあるので、調整は必要。
それに、今、以前、冷凍のしらすを買ってきたら、何だか、半分乾いたようなしらす(ということはじゃことしらすの中間くらいの乾き方)だったのだ。
これが、しらすとして食べると、美味しくなかったので、じゃことしてちりめん山椒にしてみたのだ。
そうすると、半乾きくらいのしらすは水分が多いのか、この分量のお醤油ではしょっぱくなってしまった。

甘さもね、私は甘いのが好きでないから、後藤加寿子さんのみりんの量に比べたら、みりん少な目だけれど、これも好み。
d0063149_11564559.jpg


これを作ろうと思っても、まず、実山椒の冷凍がないと作れないのだ。
もしかしたら、実山椒の冷凍の通販もあるかも知れない、でも、安く作ろうと思ったら、今年の5~6月の山椒の季節に頑張ってください。(大した手間ではないですし、私が今使っている冷凍山椒は確か、東日本大震災の時に取り寄せたもの。また、その前の年に作った冷凍実山椒も出てきて、それも、今でも美味しく食べられるから、この作業は無駄にならず報われる。<笑>)

(実山椒の下ごしらえのレシピはこちらなのだが、私は茹でた後、一度くらいお水に取るけれど、1時間もさらすことはない。
多分、味見して、アクが少なかったら、さらさなくて良いし、2,3度水を取り替えれば良いと思う。)

ま、ちりめん山椒を殆ど買ったことのない私が言うのも、説得力がないのだけれど、外で売られているちりめん山椒は甘いということは良く聞く。
甘さもしょっぱさも自分に合ったちりめん山椒を手に入れるのは、自分で作るしかないし、自分で作れば安い。

冷たい海苔巻きおにぎりに凝る 5/5−容器の問題
[PR]

by mw17mw | 2016-01-23 11:13 | ダイエット・健康 | Comments(0)

冷たいおにぎりに凝る 3/5−味付け海苔が合う

冷たいおにぎりに凝る 1/5

冷たいおにぎりに凝る 2/5−おひつがすごい

広島のIさんから、「おにぎり用の1/3枚に切ったやま磯という広島のメーカーの味付け海苔、ゆかりとかき醤油を11月にいただいた。
d0063149_11562862.jpg


以前から、ケンミンショーで関西出身の女性演歌歌手が、「なぜ、焼き海苔ではなく味付け海苔が好きなのか」という質問に対して、「おにぎりに味付け海苔を巻いておくと、おにぎりの湿気で海苔がご飯となじんで、とても美味しいから」と言っていたのを聞いて、「そういう海苔の使い方もあるのだ、美味しそう」と思えて、いつか味付け海苔で巻いたおにぎりをt試してみたかったので、ラッキーであった。

両方とも11枚入りで、まずは、かき醤油を使ってから、ゆかりに移ったのだ。

そうしたら、これははっきり言えるけれど、何も味のついていない焼き海苔を巻いたおにぎりを保存しておくより、味付け海苔を巻いて保存した方が絶対に美味しい。
味付け海苔自体も、私は、味付け海苔を例えば熱々のご飯を巻いて食べると味がくどくて苦手なのだけれど、熱いおにぎりに巻いて乾かないように置いておくと、味付け海苔の味が薄く広く白いご飯の方に移るみたいで、ちょうど良い感じに味がつくのだ。

そして、かき醤油はとても美味しく感じたが、ゆかりの味付け海苔に移ったら、何だか、味が物足りなく感じられた。

それで、その2袋がなくなった後、色々なところに味付け海苔を探してみた。
やはり、東京は味付け海苔後進国というか、元々味付け海苔はそれ程流行らなかった地域なのか、それ程の種類を揃えている店舗は少なかった。
ましてや、1/3枚に切ったおにぎり用の味付け海苔は、白子のりとかニコニコ海苔の「味付け海苔」と書いたものならどこにでもあるが、他の味がついたものとか、特徴のあるものがなく、仕方がないので、1/8枚切りで探してみた。
で、かき醤油の味付け海苔は、やま磯さんのものでなく、有名なかき醤油のメーカーとか、他の広島のメーカーの1/8枚切りなら東京でも手に入ったので買ってみたけれど、味的には大きな違いがあるのかないのか良くわからなかったけれど、やはり、8枚切りだと、おにぎりに3枚貼り込まねばならず、それが面倒であった。
また、他、化学調味料無使用という味付け海苔も買ってみたけれど、リピートしたいという程ではなかった。
d0063149_11562887.jpg

(右は、Iさんにいただいたやま磯のかき醤油海苔、左側下の2つは東京で見つけた広島の他のメーカーのかき醤油海苔。
左上は、東京で見つけた広島のメーカーの化学調味料を使っていない味付け海苔)

という経験を色々した後、多慶屋の海苔売り場を見たら、何と、私の余り好きではないやま磯さんのゆかりタイプのおにぎり海苔なら、定価より相当安い値段で山積みされていた、「え~、何で、ゆかりだけ?」と不満な私であった。
仕方がないので、やま磯さんの東京営業所に電話して、かき醤油タイプのおにぎり海苔は東京で売っていないのか聞いたら、田無のイオンで扱っているとか...、こりゃ、無理と思って、やま磯さんの通販で、送料がかからないのが3千円以上なので、270円の品物を12個頼み、手に入れた。

でもね、久々、やま磯さんのかき醤油海苔で巻いたおにぎりを食べたら、全然感激しなかった。
但し、何度か食べ慣れて行ったら、やはり、この味と思うようになった。

すごく美味しいというわけではないけれど、慣れると他の味を食べると物足りなくなる感じ。
何か他に美味しい味付け海苔が見つかるまで、このかき醤油のりを食べ続けようかと思っている。

味付け海苔全てが冷たいおにぎりに向いているわけではないかも知れないけれど、味のない焼き海苔より、握ってから時間を置くおにぎりには、味付け海苔が向いている。(そうそう、手間暇を考えると、3枚切りの細長いタイプが楽)

ま~、こんなことを書いても、東京の人は、時間が経ってから食べることを前提とすると、海苔を別に用意して、食べる直前に巻いてしまうような気がするけれど。(笑)

そういえば、今回のことで、「味付け海苔」について調べたら、何でも、wikiiによると、明治時代、明治天皇が京都にお里帰りをするときのお土産にと山本海苔店が発明したのが最初なのだって。
そういう意味では、東京生まれなのに、その後、関西で受けているところが面白いというか、東京で発明されたけれど、初めて食べて最初に気に入ったのは京都の人たちということ?

今回、どうせなら、山本海苔店の味付け海苔も買いたかったのだが、缶入りの1600円以上するものが一番安いものだったので、やめておいた。

冷たいおにぎりに凝る 4/5−具は、梅干しとちりめん山椒だけで飽きない

冷たい海苔巻きおにぎりに凝る 5/5−容器の問題
[PR]

by mw17mw | 2016-01-20 16:48 | ダイエット・健康 | Comments(0)

冷たいおにぎりに凝る 2/5−おひつが凄い!

相変わらず、常温に冷えたおにぎりを食べ続けている。
つくづく思うに、ご飯は、炊き立てが最高に美味しいが、冷まし方さえ上手なら、冷えてからも違う味で十分美味しいし、まだ、体重には結果が表れていないのは残念だが、朝2個、前日の夕方に握ったおにぎりを食べると、結構いつまでもお腹にどっしり溜まっている感じで、お昼まで、間食しようという気にならないのだ。(先日紹介した、海苔と紀州梅のはさみ焼きくらいはつまむが)
だから、大抵の日は、夕方に次の日の朝のおにぎり、朝には、その日の夕飯に食べるおにぎりを作って、保管している。
(お昼くらいは、ごはんはともかく、まともなお惣菜でご飯を食べた方が良いかと思って、普通のご飯とかランチを食べている)

最初は、以前、書いたように、おにぎりを包む竹皮でぐるぐるに空気に触れるところがないように包んでから、おひつに入れて保存しておいた。(何故、おひつかというと、普段は使っていないので)
そのうち、おひつに入れておくといつまでもソフトな食感だったので、おひつは必要はないような気がして、竹皮でぐるぐる巻きにしたものを、台所に放置しておいた。
その方が、ご飯の老化というのか、レジスタントスターチ化が激しいのだろうか、何だか、いかにも、炊き立てのご飯から一皮剥けましたみたいな味と噛み具合になっていて、頼もしい感じ。(笑)

でも、竹皮は一度お水なり、お湯に浸けて、柔らかくし、また、その水けを付近で両側拭き取ってからでしか使えないことをハゲさんから習って、そうし出したのだが、それがだんだん面倒になってきた。(硬いまま使うと使いにくいし、破けてしまうから)

それで、試しに、竹皮は使うのをやめて、海苔付きのお結びを作ったときに、おひつをお水で湿らし、簡単に余分な水気を布巾で拭ったものに、保管するようになった。
d0063149_09494565.jpg

(このおひつは確か2008年に買ったので、もう7年は使っているので、きれいでなくてごめんなさい)

そうしたら、竹皮に包んだだけで放置した時よりは、レジスタントスターチ化が若干遅い気がするのだが、何かに包むこともしていないのに、ご飯が乾かず、美味しく食べることができることがわかった。
また、海苔も、おひつ側に張り付いてしまうことは、0とは言えないが、本当にたまにだけ。

竹皮2枚、両面からお水を拭うことが面倒なのだ、その点、おひつなら、水道の下に持っていき、中にお水をジャブジャブかけて湿らせ、しばし伏せて水気を切ってから、布巾で簡単に拭くので、濡れている竹皮を拭くのと比べると、比べ物にならない程楽なのだ。

それにしても、おひつって、すごいよね。
朝一度ご飯を炊いて、おひつに入れておけば、きっと、お昼はお昼なりに、12時間後くらいになる夕飯時は夕飯時なりに、美味しいご飯が食べられるように保存できるような気がする。(夏場はわからないが)

電気炊飯器が発明されてから、おひつはご飯を美味しく食べるための道具から外されてしまったけれど、実は、炊き方も大切だけれど、おひつを活用することこそが大切な気がする。

おひつと同じ機能という点では、杉の曲げわっぱのお弁当箱が役に立ちそうな気がする。
実は、多慶屋のキッチン用品売り場でも、半端物の杉の曲げわっぱのお弁当箱を1500円で売っていたのだ。(まだ、あるかも)
こちらの方が大きさ的には楽だから買っても良いのだけれど、私の場合、おひつは、ご飯を週に一度くらいご飯を炊いたときに1時間くらしか使っていないので、もっとおひつを活用した方が良いので、買うのをやめた。(そうそう、それにファミリーバザールで見た2千円のものより、品質が細かいところちょっと劣るような気がしたし)
[PR]

by mw17mw | 2015-12-24 12:38 | ダイエット・健康 | Comments(0)

冷たいおにぎりに凝る 1/5

まだまだ、知識不足で、「冷たいおにぎりダイエット」について、書ける状態ではないのだけれど、実際に冷たいおにぎりを食べると、本当に腹持ちが良くて、間食が減るので、続いている。

そして、人から聞いたのだけれど、世の中には、「おにぎりダイエット」なるものがあって、Exileのメンバーがそれで痩せたとか色々な話があるみたい。
そして、おにぎりダイエットは、2~3週間の間、一日三食冷たいおにぎりしか食べないダイエットとのこと。
確かに、それだったら、苦しくなくて痩せるだろうとは思うけれど、ご飯しか食べないなんて、不健康なので、私は集中的にはやる気がない。

でもね、朝7時頃、熱々のおにぎり80gを二つ食べていたところを、前日の夕飯時に握っておいた同じ量のおにぎりを食べるようにしたら、熱々のときは、ついつい、菓子パンやちょっとした間食のものを買ったりしていたのだが、冷たいおにぎりの場合は、そういうものが目に入らなくなって、おにぎりだけだったら、12時半まで、それに汁物がつくと、午後1時過ぎまでお腹が持つのだ。

ということで、いつ飽きるかわからないけれど、今は、12時間前に握ったおにぎりに興味津々。
私が思うには、ご飯をいかに美味しく冷まして保存するかが問題だと思う。

で、今、竹皮を使っていて、竹皮で、中華ちまきのようにおにぎりを巻いて、おひつに入れて12時間保存しておく。
それで問題ないのだけれど、スーパーで、クックパーの「おにぎりつつみシート」を見つけてしまった。(定価は300円?)
d0063149_09491370.jpg


無視しても良いのだけれど、今、「冷たいおにぎり研究家」なので、買って使ってみた。
アルミ箔に薄い紙が貼ってあり、二重だから、高いし、アルミ箔だけでは、水を吸収できないので、薄い紙を貼ったのだと、良く分かる。
80gのご飯のおにぎりを包むのに、13㎝くらいの長さが必要なので、1箱買って23個くらい包めるのかな?
(一つのおにぎりに対して、使い捨てだと、10円以上のコストがかかるのを高いと思うか、大したことないと思うのか、微妙。)

今色々に使ってみているが、一回使って捨てなくても、お水で紙側を洗って、乾かせば、何度も使えるみたい。
また、熱々のご飯に海苔を巻いたものを包んで12時間置いておいたのだが、やはり、竹皮程、水分をうまく吸収してくれなくて、シートの紙の方に海苔が結構張り付いてしまった。
海苔を巻いたおにぎりを美味しく保つために、適度に水分を外に出してくれる能力は、竹皮の勝ちと私は思う。(私の場合、竹皮は、中華ちまきのようにぐるぐる巻きだけれど)

だったら、このクックパーは価値がないかというと、海苔を巻かない塩むすびを乾燥させないようにするのに向いていると思う。
竹皮は、お水やお湯に浸ければある程度柔らかくなるけれど、おむすびを包むしなやかさは、紙には負けるから。

だから、クックパーのシートで塩結びを保管した場合は、12時間後、シートから出したお結びにパリっとした海苔を巻いて食べている。
[PR]

by mw17mw | 2015-12-13 23:54 | ダイエット・健康 | Comments(0)

冷たいおにぎりは、レジスタントスターチ?

上野~本郷の話の続きは、本日、時間があったら、書きます。

−−−本題です−−−

先日、おむすび用の1/3枚に切った海苔をいただいてから、冷めたおにぎりの研究をするため、結構朝夕、冷凍してあるご飯を電子レンジで解凍し、おにぎりを握っては、竹の皮に包んだり、ラップに包んだりして、数時間おいてから食べているのだ。

まだ、どのやり方が一番美味しいか結論は出ていないのだが、冷たいおにぎりを美味しく食べられれば、もしかしたら、何となく聞いたことのある「レジスタントスターチという、難消化性のでんぷんを食べることになって、ダイエット効果があるのかな」と頭に浮かんだのだ、

私の場合、炊いたご飯(白米:玄米=1:1)をおひつに入れて、余分な水分を取った後、80gずつラップに包んで小分けし、冷めてから、冷凍保存をしている。
それを解凍して、ほかほかにしてから、おにぎりにして、海苔で巻いて保管し、例えば、前夜作って、翌朝食べているのだが、こういう冷凍ご飯でも、レジスタントスターチになるのかなと思って調べてみた。

まだ、一つのページしか見つかっていないけれど、しあわせサプリというページの「冷やご飯ダイエットに効果あり!レジスタントスターチの働きがカギを握るらしい」というところの下の方に、「一度冷蔵や冷凍などで保管しておいたものを温めなおしたあと、常温に戻しても問題はありません。」と書いてあったのだ、万歳!
(ただ、レジスタントスターチが一番多くなるのは、4、5度の時とのこと、多分、そこまで冷ましたら不味いのではと思うので、冷蔵庫に入れてまでは考えていない。→幼いとき、冷蔵しておいたご飯が大嫌いで手をつけなかった。 ということは、私の食べているおにぎりの温度は常温で、今だったら、10度ちょっとかも。)

と言いながら、例えば、ただ、おひつに入れることもなく冷ましたご飯とか冷蔵庫に保管しておいたご飯は美味しくないと思うけれど、おむすびにして、水分をうまく調整したおにぎりは結構食べられるということを今回実感している。
だからと言って、例えば、お刺身を食べるとき冷たいおにぎりでは合わないしね、三食全て冷めたおにぎりは無理かも知れない。

でもね、今日、朝、冷めたおにぎりを2つ(いつもの熱いおにぎりと同じ量)にポトフを食べたのだが、何だか、ずっと腹持ちが良かった。
なんとなく、消化されないから、いつまでもおなかが重たい感じがした。(本当かな?)
ただ、このくらいの季節になると、冷たいおにぎりだけの朝食は辛いので、熱い汁物が必要かも。

本当にダイエット効果があると嬉しいので、今後は、少なくとも朝だけでも、毎日、冷たいおにぎりを美味しく保存する方法を実験しながら、食べることにしよう。

これで少し痩せたら、本当に嬉しい。(藁をもすがる私)
[PR]

by mw17mw | 2015-12-02 16:07 | ダイエット・健康 | Comments(0)

もずく&オリーブオイルの話

もずく&オリーブオイルは、相変わらず、飽きずに食べている。
別段まずいという程の味ではないし、ところてんに近い味で食べ良いし、食べれば食べるだけ、腸の働きが自然になって行き、気が良いので、自然に続いてはいるが、一日三食全部忘れずに食べることは少なく、大抵1日2回、たまに1回食べる日が多い。、
(一日中食べ忘れると、腸の調子に影響があるような気がするので、少なくとも一度は食べるように心がけている。)

1.もずくは水洗いするようになった。
もずくは、購入して食べるときに洗わなくて良いみたいなのだが、きっと、製造工程で、消毒液につけられているのではと私は疑っている。(他の本を読んだら、こういう食品に使われる消毒液は、身体に無害らしい。)
最初の頃は、洗わなくてよいというので、そのまま使っていたが、たまに、消毒液みたいな匂いを感じることがあり、yahooの知恵袋に、水洗いとか、熱湯をかけるとあったので、真似してみた。
今のところ、ざるに入れて、流水の下で、2、3度揉んだ後、置いておいた後、お水を絞って使っている。
お水で洗うくらいで十分なので、熱湯をかけることはしていないが、この流水で洗う作業を入れたら、もずくに消毒液っぽい匂いを感じなくなった。(めでたし、めでたし)←どこかに、もずくというのはもともと消毒液臭い海藻と書いてあった覚えもあり、本当のところは良くわからない。

2.相変わらず、酢の物にして、食べている。
冷蔵庫に「出汁150cc:甘梅酢30cc」に塩とお醤油を小さじ1/3くらい入れたものを作っていおいて、そこに、適当な量のもずくを入れて、冷やしておいて、忘れない限り、食事の前に食べている。
食べる分量は、140g入りを買ってきて、その半分を出汁&甘酢につけて冷蔵庫に入れておいて、だいたい3回に分けて食べているから、一日70g程度だと思う。
(家に梅甘酢なぞがない場合、普通に甘酢を作って、そこにはちみつを入れると、美味しく食べられると思う)

3.オリーブオイルの量
毎回、自家製もずく酢にオリーブオイルを入れているのだが、少ない方が好みだし、やはり、大量の油を飲むことに何だか心理的抵抗があるので、小さじ1/3も入れていないと思う。
それでも、オリーブオイルを摂るようになって2週間後くらいから、腸の調子が良くなってきた。
どこに書いてあったか今見つからないのだが、「オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、たくさん摂取すると、小腸では消化されず、大腸まで届き、大腸でも消化されずに、大腸をくすぐるので、排便の刺激になる」
それで、これまたどこに書いてあったか忘れたのだが、「朝、大さじ1とか大さじ2のオリーブ油を摂るように、なぜなら、少しだと、小腸が消化してしまい、大腸まで届かない可能性があるから」というようなことをお医者さんが書いてあったのを読んだ覚えがあるのだ。
でも、私の経験からすると、きっと、お医者さんというのは、万人に対して、この量なら間違いないというものを公表するのではないかと思うのだ。
私は自分の体験で、小さじ1/3くらいずつ、一日に2度か3度摂るとして、一日に直すと小さじ1も摂っていないのに、どうも小腸は消化しないで、大腸までオリーブオイルが下りて行き、便秘に聞いているようなのだ。
だから、便秘症の人で、オリーブオイルを試してみようかなと思う方で、オリーブオイルをたくさん飲むのに抵抗がある方は、お医者さんの本のとおりでかまわない、自分なりの量で試すと良いと思う。
それで訊いたら、めっけもの。

4.オリーブオイルの質
オリーブオイルはいつも多慶屋というディスカウントショップで、普及品というか、スペイン製の大きいペットボトルを買ったりしていて、良いものを使ったことがなかったみたい。
昨年だっけ、従姉が小豆島に行ったとのことで、小豆島から、オリーブオイルと生搾醤油を送ってくれたのだが、もったいなくて使わないでいたのを思い出し、今回、もずく酢を食べるのに開けてみたのだ。
d0063149_09451260.jpg


それは、スペイン産のオリーブオイルに小豆島産オリーブオイルを合わせているとのことだが、やはり、上等。
多慶屋で買っていたオリーブオイルは、オリーブオイル的な独特な匂いと味がしていたのだが、こちらの小豆島製のオリーブオイルは、そういう癖がなくて、びっくり。
そうか、私は安いオリーブオイルの味しか知らない人間なのだと、悟った。(笑)
(オリーブオイルと書いてはいるが、生で使っているので、勿論、エキストラバージンオリーブオイル)

さて、自家製もずく酢を毎食前に食べるのは、腸の調子のためだけではなく、食事の前に、食物繊維を摂ると血糖値が上がらない、すなわち、肥満を避ける効果があるのではと思ってのことだが、今のところ、その効果があるのかどうかは良くわからない。(体重も量っていないし...。
でも、理論的には、やはり、効果があるはずだから、痩せる効果はなくても、これ以上太らない効果はあるのではと信じている。(笑)
[PR]

by mw17mw | 2015-09-12 23:06 | ダイエット・健康 | Comments(0)

痩せるぞ!−2015

昨晩、テレビで、「どうやって、佐野さんのデザインの元ネタを探したか」という種明かしを見た。
Googleで、検索を「画像検索」で切り替えて、カメラマークをクリック、そこに、画像をドラッグしたり、URLを指定すれば、簡単に似たような画像を検索してくれることを発見。
こりゃ、似たような画像を探すのは本当に簡単だと納得!
これでは、本当に無数の人が探偵になれてしまう。

−−−本題です−−−

去年のいつまでだったろう、私は、普通の体型だった、一生懸命、糖質を減らしていたし、月に一度お医者に通って漢方薬をもらっていた記憶があるし、体重の記録もつけていた。
でも、昨年末には確実に、リバウンドしてしまい、体重計に乗ることもやめてしまった。

夜に、ご飯は食べないままであったが、赤ワインを飲み出したことが良くなかったと思う。
数種類試して、大衆的なワインの中で、メルシャンのBistroの赤が口に合ったのだ。
最初、お医者さんもOKしてくれて「150cc」飲むようになったのだが、だんだん量が増え、毎晩250~300ccを飲むようになっていた。

そして、卓球を始めたら、ご飯が美味しくてついついたくさん食べるようになった。
私が思うには、痩せようと思ったら、下手にスポーツをしない方が良いと思う。
というのは、スポーツ後のご飯が素晴らしく美味しく、それを我慢するのが大変だから。

そういった状況で、自分が無様な体型になっていることは自覚していたが、1,2か月前に、一週間に3人くらいから、「ずいぶん太ったわね~」と言われることがあって、ちょっと考えるようになった。
また、来週、親戚の結婚式に招待されていて、久々洋服を買いに行ったのだが、11号を飛び越し、13号を買うことになった。(でも、これはがっかりしたというより、15号でなかったことにほっとした。)

とにかく、痩せなくてはという自覚が最近湧いてきて、自分のできる範囲で、痩せる行動をすることに決めた。

1.ワインは毎晩100~150ccにする
これは、ラッキーなのだが、Bistroというワインのレベルが今年の春だったか、夏だったかに落ちたのだ(と私の舌が感じた)
考えてみれば、ワインの原材料であるぶどうは自然のものだから、毎年出来が違うはずで、そんな安い大衆的なワインでも、同じぶどうを使っても毎年味が変わるのが普通だということに気づいた。
また、円安で輸入食品が軒並み値上がりしたのに、Bistroは値上げしなかった、ということは、使っている輸入ワインの質を下げている可能性がある。
いつだったか、買ってきたワインを開封したら、今までより美味しくなかったのでびっくりした。
しっかし、良く考えたら、自分の口に合う美味しいワインだったから、飲み過ぎていたのだ。
私って、美味しいものに素直だから、今のレベルのBistroだと、150cc以上は手が伸びない。
ひどいときは、150ccグラスに注いだものを50cc残してしまうこともあったので、最近は、最初に100ccしか注がなくなった。
そうなのだ、太るということは、美味しいものを食べ過ぎるということでもある。
今回、ワインの方から質を下げてくれたので、これで、少しは痩せる!というより、これ以上は太らないぞ!、ラッキーという感じ?

2。低脂肪牛乳は一日150ccまで。
最近、「太ったわね」と言われた時、おいしい低脂肪牛乳をがぶ飲みしていて、二日で1リットルを空けていたように思う。
いくら、低脂肪と言えども、牛乳の飲み過ぎは絶対太るということに気づいて、1日150ccまでに制限し出した。
牛乳は飲むのをやめても良いような気がしたけれど、現在、「もずく・オリーブオイル」で快調な腸なのだけれど、いろいろ検索すると、牛乳に含まれる乳糖も、便秘に効果的なのだって。
ま、今の腸の調子を維持するために、飲むのをやめることはしないことに決めた。(そうそう、私は、ヨーグルトは全然食べていないのだけれど、もずく・オリーブオイル・低脂肪牛乳で快腸を維持している)

3.VAAM登場!
という風に、1と2は全く苦労しないで、カロリーを減らすことができているのだが、やはり、歩かないと痩せないなと感じ出して、先週から、朝の買い物には自転車を捨て、30分以上自分の足で歩くことにした。
で、やはり、それを効率的に贅肉落としにつなげるとしたら、VAAMかなと思い、昨日、アメ横のマツキヨで買ってきた。
月曜日からね、歩く20分くらい前に、VAAMの粉を冷水で溶いだものを飲んでから、歩くことにしよう。
VAAMの粉は、一回分123円くらいで、お金はかかってしまうけれど、歩く時間が短くても効果があれば、もったいなくないと思う。

ということで、間食もしないようにして、来週からがんばるぞ!

そのほか、卓球のコーチに、私のふくらはぎに筋力がないと指摘された。
それを無理して筋力をつけようとすると、ケガをしやすいから、無理しない程度に、足を使って、徐々に筋肉をつけてねと言われたのだ。
(レベルが違うけれど、錦織選手のコーチのパトリック・チャンは現役の時筋力増強を無理した結果の怪我で引退したというテレビを見て、納得)
で、どうして良いかわからないので、台東区でオープンしているトレーニングルームで、トレーニングに参加してみた。
その時に、皆で体操をし、片足立ちをして、上げている足で8の字を書くという動作をしたら、見事、私はフラフラして、それができないことがわかった。(他の人は皆できていた)
お~、なるほど、私のように、今まで全然スポーツをして来なかった者は、「片足立ち」すらできない、卓球のコーチの指摘が良くわかった。
私は、筋力トレーニング以前のレベル、片足立ちすらできないので、まずは、片足立ちの練習をするようにしたら、すぐに片足で立てるようになった。

で、そちらのトレーナーさんには相談できなかったので、もう一つの会場で定期的に行われているトレーニングレッスンのトレーナーさんに個別的相談をしに行ったら、色々教えてくれた。
その方の話では、片足立ちには、目を瞑って行うものと、目を開いて行うものがあるけれど、目を開いて、目に入ってくる情報を取り入れてまっすぐに立つことが大切なので、目を開いて行いなさい、また、片足立ちをしただけでは筋肉がつかないので、馴れてきたら、浮いている足や両手をを前後左右に動かして、それでも、片足立ちができるように練習してねとのこと。
(ま、このくらいの動きを毎日行っても、筋肉は傷めないとのこと、)
だから、毎日、何等か、片足立ちの練習をしている他、週に1、2度、台東区で行っている誰にでもできる、道具を使わない30分から1時間のトレーニングというか体操にに出席しようと思っている。

良い結果が出ますように。
[PR]

by mw17mw | 2015-09-06 10:12 | ダイエット・健康 | Comments(0)