カテゴリ:ダイエット・健康( 148 )

ダイエット-キャベツと糖質制限などの食べ物・食べ方の効能

先日書いたように、糖質制限のダイエットの本に「追い込みの時は、三食糖質を抜く」と書いてあったので、私も時々、一日1食だけご飯80gを食べたりすることはあるけれど、大抵は3食ご飯やパン、麺類なしで最近は頑張っている。
それまでの1か月間、ご飯の量を一食につき160gだったのを80gに落としていたこともあるし、他の気持ち良さができたので、一日三食ごはんやパンを抜いてもそんなには辛くない。
ただ、味付けの砂糖もだめということについては、若干自分に甘いし、りんごも食べるから、完全な糖質制限にはなっていない。

しかし、糖質制限をしていても、何だか、体重の減り方がどういうわけかきちんきちんと1日0.1kgだけで、それ以上でもそれ以下でもないのだけれど、それは正常?

<キャベツの効能>
糖質制限を始める前に、食べる量ではなく質を見直すダイエットの奨めで、千切りキャベツを良く食べるようになったのだけれど、そのおかげだと思うのだが、逆流性食道炎と言うのだろうか、時々、胃酸が食道を通って口まで上がってくることが1週間に1度くらいあったのだが、それが全くなくなったのだ。
お医者さんにもらった漢方薬はそれでやめてしまったが、その後もキャベツを食べ続けているせいか、胃酸が逆流することはその後も起きない。
私はよくわからないのだが、そういう症状と言うのは、胃が疲れていたり、炎症を起こしていると起きるらしい(それと、炎症を起こしたところは一生きれいには治らないらしい)のだが、不思議だったので、調べてみたら、キャベツの中には、キャベジンともよばれるビタミンUが含まれており、胃酸の分泌抑制や、胃粘膜の新陳代謝の促進をしてくれるらしい。
実際にキャベツを毎日生で食べていた私は、それを実感して、とても嬉しい。
そのことについて、「ビタミンU」という記事に詳しいし、それを読むと、生で食べなくてはだめみたい、だから、今後とも、キャベツを生で食べようと思った。
そうそう、昨日の朝、ワイドショーで、「朝一番で、「大豆を蒸したもの」を20粒食べると、食物繊維が摂れて良い」と良くテレビに出るお医者さんが提唱していたけれど、私としては、朝一番は、ヨーグルトに果物、昼と夜一番は、胃薬代わりにもなり、食物繊維と酵素が摂れるキャベツを優先したい。

<糖質制限の効用>
う~ん、正しく、3食とも糖質制限か、1食くらい糖質を食べて良いのかとか、はっきりした記憶はないのだが、私の中で明らかに「すごい」と思うのは、糖質制限の食事をすると、食後眠くならないこと。
今まで、お昼ごはんや夕ご飯に、おかずやご飯を食べると、必ず眠くなっていた。
お昼は30分くらい、くーくー眠れたし、夜は、ご飯を食べ終わって、9時とか10時になると、自然と布団の上に横になってしまい、そのままずっと眠ってしまうこと多く、「年を取ったから、体力がなくなったから、眠くなるかも」とか、「母も9時になると眠っていたから、遺伝かも」と思っていたのだ。
でも、炭水化物を殆ど食べなくなったら、気づいたら、夜中の12時頃まで目が固く開いていて、行動している自分がいて、びっくりした。
昨日「炭水化物が人類を滅ぼす」という新書を読んでいたのだが、その本の中に「やってみてわかった糖質制限の威力の一つ」として「昼食後に居眠りしなくなった」が挙げられていて、「あ、皆、そうなのだ」と納得。
(その炭水化物を食べると眠くなるというメカニズムは、「食後のウトウト…何とかしたい! 眠気防ぐランチ術 」に載っている。結局、炭水化物・糖質だけが血糖値を上げ、その後下がるから、低血糖になって眠くなるのだ)

(余談だが、「炭水化物が人類を滅ぼす」は読むのをやめた。作者は、糖質制限ダイエットに成功し、その経験から、人類と食に思いを馳せ、話がどんどん広がって過去に行くのだ。でも、私はまだ糖質制限ダイエットに成功したわけでもなく、この方の人類の食への追求より、本には書いていない、「この方が朝食に何を食べていたか」が知りたい。<笑>また、余裕ができたら、読もう)

ご飯を食べないで、生のキャベツやお肉やお魚、お味噌汁やスープだけの食事をすると、不思議なことにずっと眼や頭が冴えているのだ、それは私にとって心地良い状態である。
今は、一日中眠くならずに起きてられることが嬉しくて、糖質制限を続けようという気になっている。(但し、食べ方の順序とか、消化を考えた食べ物の取り方なぞも覚えて行って、いざ糖質を食べたいときには食べられるような人間になりたいとも思っている)
受験生になってからでは遅いかも知れないけれど、夜遅くまで頑張らなくてはいけない人は、夕食は摂るべきだけれど、炭水化物を摂らないで満足できるような食生活の訓練をしておくと、効率が良いかも。

<ブロッコリーとゴーヤは、抗がん野菜?>
これは自分で確かめたことではなく、知人で、現在、抗がん剤や放射線治療でがんと闘っている人が、お医者さんから聞いた話として教えてくれた。
(そういえば、C型肝炎だったので、がんになる可能性のあった私の母も、テレビで見たからだろうか、毎日、かかさず、ブロッコリーを食べていたっけ、有名な話なのかも知れない。)
最近、ブロッコリーの蒸し方の研究をしていたら、Cookpadに「ブロッコリー 蒸し方」というレシピを発見、そこに、「茹でると抗がん作用のある成分が抜けるのと蒸す方がビタミンCが96%が保持されるらしい」と書いてあった、ブロッコリーは茹でたり蒸したり、また、加熱時間で栄養分が随分違うみたい。
そのことをもっと突っ込んでみたいが、そういう記事は今のところ見つかっていない、残念。
見つかった中では、「がんを予防するために食べたい野菜」という病院が発表している記事が役立ちそうだけれど、どの野菜もどうやって食べれば効能があるとかないとかあるのだと思う。
ゴーヤは余り知らないので、触れないでおく。

この記事をまとめてみて、私って、決して「長生きをしたい」と考えている人間ではないのに、無意識に体に良いことを一生懸命調べたり実践している。(笑)
やはり、長生きしたいのかな?
人に迷惑をかけない範囲で、自立して動けるのなら、生きていたいのかも、余り、社会の役に立っていないけれど。

[PR]

by mw17mw | 2018-01-17 16:34 | ダイエット・健康 | Comments(0)

ダイエット-食事の初めに「酵素を取る」ことが良いらしい

1月1日と2日に体重が増えたものの、3日4日に炭水化物をきっぱり抜いて、増えた体重+0.2kgダウンにした。
その後、一進一退を繰り返し始めたので、改めて、参考にしている本を2冊読み直してみた。

そうすると、糖質制限ダイエットに基づく本に、「消化には酵素が不可欠なので、食事の初めに酵素を取ることが大切、食事の初めに生野菜を食べましょう」と書いてあったのだ。
何でも、酵素を取るには、発酵食品(ヨーグルト、納豆とかキムチ)を食べるか、生のフルーツ・野菜が良いらしい。(糖質制限の場合、フルーツは基本余り良くないよね、甘いから。ただ、どこに書いてあったか行方不明なのだが、朝はフルーツを食べても大丈夫らしい)

ということで、一応、キムチも買って来て、今、冷蔵庫でスタンバイOK。

最初に参考にした量より質を見直すダイエット本では、朝一番、苺、キウイ、リンゴのどれかを入れたヨーグルトを食べることになっているので、これは、このまま続けても、「糖質制限ダイエット」である「やせるおかず作りおき」でも問題なしと思った。
残るは、昼と晩、生野菜を取ると聞くと、手っ取り早いと頭に浮かぶのは、キャベツの千切りだけれど、一日に二回も、キャベツを冷蔵庫から出して、葉をはがし、洗って刻むのも面倒と思った。
その時に思いついたのが、大阪の焼肉屋さん。
大阪の焼肉屋さんは、今でもそうだと思うのだが、サービスで、キャベツの葉っぱがただなのだ、大雑把に切ったキャベツを縦に入れる容器に入れたものを一人一つずつ出してくれ手。お代わり自由。
焼肉を食べていて、口が脂っぽくなるとそのキャベツを食べて口の中をさっぱりさせるのだ。
キャベツには、何もつけないか、塩くらい?

面倒だからそのやり方がいいやと思って、キャベツを冷蔵庫から出し、葉を剥いて、洗ったものをお皿に並べた。
お塩で食べても良いのだが、あの「やせるおかず作りおき」の中に、ディップ代わりになるものが載っていて、簡単且つ家にある材料でできるし、作って食べてみたら、物足りなくなかったので、これを作っておいて、冷蔵庫に保管、食事の初めに、キャベツをちぎってはこのソースにつけて食べることにした、結構快適。(芯だけ残るので、溜めておいて、後日スープへ)

それは、プレーンヨーグルト大さじ4(60g)お味噌小さじ2(12g)とオリーブオイル大さじ1とガーリックパウダーを入れて小さな泡だて器などで良く混ぜれば出来上がり。(ガーリックパウダーはお好みで)

このディップと言うかソースなら、食べ過ぎても大丈夫そうな内容だし、味も中々良い。
糖質制限ダイエットの範疇では、サワークリームに明太子のディップとか、マヨネーズなぞで、食べて良いものなのだろうけれど、やはり、それは、プレーンヨーグルトにお味噌ディップの方がカロリー少ないだろうし、安心して食べられる。

ま、当分、このディップにキャベツをちぎりながらつけて食べるのを一日二回するけれど、飽きないか、ちょっと心配。
今日は人参があったので、細く切って、スティック野菜風にしてみた。(でも、人参って、他のビタミンCの摂取の邪魔をするって聞いたけれど、いいのかな?)


d0063149_17301359.jpg
このように、一昨日は、一日三食の頭に酵素を取り、最後の夕食は、実は、ずっと前に買って冷凍してある中トロの切り落としだったのだが、どう考えても脂っぽいよね~、そのことにつき、いちご、キウイ、りんごは、脂っぽい食事をした後に食べると、身体の大掃除をしてくれると書いてあったので、ま、糖質制限ダイエットからすると、食後にリンゴは違うのだろうけれど、もう一方の「量より質を見直すダイエット」の助言に従って、中トロの後にリンゴを食べておいた。(血糖値は上がるかも知れないけれど、食べた脂肪を分解してしまうことの方が重要に思えたから)

三食の頭に酵素を摂り、最後の脂っぽい食事のデザートにリンゴを食べたら、次の日の朝、ぐんと体重が減っていて、気分を良くした。
(思わず、ジョナゴールドが安く売られていたので、買って来てしまった。苺も買いたいけれど、今は高い)

当分、三食の頭に酵素を取り入れることと、脂っぽいものを食べたら、すかさずリンゴを食べることで体重が減るかどうか、試したい。
(そうそう、炭水化物は、できれば、三食ともなしで、ま、食べても1食にご飯80gか、焼きそば1人前の1/3を上限としている)


[PR]

by mw17mw | 2018-01-10 17:36 | ダイエット・健康 | Comments(0)

ダイエット-なぜか、ニャンコと私のための鶏胸肉常備

今度また私がやっているダイエットについて、経過とともに書くが、今日は、私が今参考にしているダイエットブックによると、ダイエットにとって「たん白質を取ることが重要」と書いてあり、一日に取るたんぱく質の目安として、「豚肉薄切り肉100~150g、鮭の切り身100g、玉子1個に豆腐100g、それに、プレーンヨーグルト100g、牛乳(100~200ml)プラスすれば完璧」と書いてあることについて。
これだけのたん白質を食べるとしたら、朝昼晩のごはん時、それぞれに何かたんぱく質をメニューに入れないと、食べ切れない。(きっと私は老齢だからこの80%くらいの量で良いとしてもだ)

一番最初、キャベツも食べた方が良いとのこともあり、冷凍庫に挽肉があったので、100gの挽肉で4つの小さなロールキャベツを作り、軽く焼いたのち、S&Bのポモドーロソースを少し薄めたもので煮て、保存した。(これは2回作った)

それと、中くらいの鰯を6尾買って来て、梅干しと生姜で煮るレシピを参考にして煮ておいた、これも美味しかったけれど、やはり、ちょっと生臭いかな?

この2つを交互に温めて、朝食べていた。

で、それも食べ終わったので、今回は、「そうだ、鶏の胸肉を焼いたものを保存しておいて、たん白質が足りないとき、薄切りして食べよう」と思って、一昨晩、胸肉を買って焼いたのだ。
ま、適当なやり方なのだけれど、買って来た胸肉の皮を剥き、竹串をブスブス差した後、塩・胡椒を塗りこんで少し置いてから、まんべんなく、油を薄く引いたフライパンで表面を焼いた。(焼き色が付くほどではないかな?)
その後、火力を落として弱火にして、上下5分ずつくらい、蓋もして焼いた後、アルミ箔に、出てきた汁ごと移して、オーブントースターで15分くらい蒸して、芯まで熱を通した。
取り出して、アルミ箔を開けて、粗熱を取ったら出来上がり。
ナイフを入れると、全てに火が入っていたし、結構柔らかく美味しく出来上がったのだ。(でも、まだ、柔らかく仕上げる研究をしなくては)

d0063149_17125172.jpg

しっかし、これが焼き上がったら、思いもかけずにニャンコが狂喜乱舞したので、びっくり!
今まで、ささみとか鶏のもも肉とか食べさせたことはあるけれど、こんなに喜ばなかったし、執着しなかった。

それに、いつも、うちのニャンコちゃんは、私が何かを食べると、目から見た情報と匂いの情報から、「いいわね~、あんただけ」と恨みがましい目つきと啼き方をしながら、出てくるし、特にそれが焼きたてのじゅうじゅうという良い音と匂いがすると、鳴き声が大きく、しつこくなる、どうも、やはり嗅覚が発達しているみたい。
でもね、大抵は、私の食べるたん白質は、厚みがなく、両面塩胡椒を振ってあるものだから、塩分は食べてはいけないニャンコに分けてあげられないのだ。
そういう時は、ニャンコの餌皿に、私の食べているものではなく、猫用のレトルト食品を少し出してあげるのだが、それでも満足して食べてくれる。

しかし、今回、焼いた胸肉は厚みがあるし、むしりやすいので、周囲の塩胡椒の付いている部分を包丁でこそげ取れば、真ん中をほぐしてニャンコにあげられるのだ。
あげたら、ニャンコが喜んだ、ま、今は物珍しいから喜んで食べるのかも知れないが、今のところ、大好物のよう。

最初の頃、我がままで、一度目が出来立ての香ばしい匂いのする生温かい胸肉だったときは、貪り食うように喜んで食べたのに、次の朝、常温で置いていたものをほぐしてあげたら、不満そうで食べないのだ。
しかし、その後は、諦めがついたのか、時間が経ったら、これを食べるしか仕方がないと思ったのか食べたから、許してあげよう。
でも、朝夕二回の食事に、どうも、胸肉が入っていないと、ニャーニャーうるさくて困る。(笑)

余りに食べっぷりが良かったし、私の方はどのくらい飽きずに食べられるかは問題だけれど、昨日、スーパーで胸肉を安かった日だったので、大ぶりの胸肉を3つ買って来た。これで、どのくらい、持つだろう?
でも、私のダイエットに役に立ち、思いもかけずにニャンコの好物でもあり、良い料理。

猫の健康を考え、今後は、芯の方まで味が行くようにと、竹串をブスブス刺していたが、それはやめよう。
その代わり、塩味のない胸肉は、焼いたら出てきた塩味の汁をつけて食べることにした。


d0063149_17132198.jpg
これは、見る限り、余り脂肪分がないみたい。
また、この汁は、余ったら、スープに入れると美味しいと思う。


[PR]

by mw17mw | 2017-12-22 17:15 | ダイエット・健康 | Comments(0)

ダイエット-まだ三週間だけれど、「今のところの基本方針」とご相談 その1

私が購入した本が、どちらかというと、糖質制限ではなく、糖質を燃やせるようなビタミンBやたん白質が足りている身体にするための食事をすることで痩せようという本であったので、食事制限がきついというより、結構良く食べている感じもないわけではない。
下手をすると、ダイエットをする前より、種類数も絶対量も多く食べているかも知れない。

間違っているところがあるかも知れないが私が今行っている食事の基本方針は、

1.ご飯を食べるときは、まず、お茶→汁物→小鉢のような野菜類→動物性たんぱく質→それでも足りないなら、ご飯の順序で食べる。
結局、液体や食物繊維をおなかに沢山入れてから、食事に必須の動物性たんぱく質を食べ、最後、糖質を量を少なめに食べるようにして、お腹がいっぱいになるように仕向ける。(おかずでご飯を食べることはやめている)

ということで、私も汁物を作っておく以外、小鉢のような野菜主体のおかずを作らねばと思っているのだが、3週間で作ったのは、かぼちゃと挽肉の煮っころがしだけ。

でも、強い味方が身近にいたのだ、浅草橋の野菜スタンドに最近、ピンク色をした薄く切った大きなかぶの甘酢漬けがあったのだ。
社長に「このピンク色は、梅酢?」とまたおバカなことを聞くと、何でも、赤カブを漬けたからピンク色だとのこと。
なるほど~と、この甘酢漬けを買って来て、一日一パック、三回の食事の度に、汁物の次に食べることにしていた。
で、はじめ1パック買って気に入ったので、次に5パック買ったのがっ数日前に終わってしまった。


d0063149_20465589.jpg
でも、今日無事に注文しておいた10パックを買うことができた。

d0063149_20465870.jpg


赤かぶというのも、今頃の農作物だから、一年中この甘酢漬けはないわけで、どうしようかと思う。
ちらっと考えたら、自分で大根とニンジンのなますとか、お酢を柔らかくして作ればいいのかな?

また、その本には、週に三回くらい、食事の最初にごぼうを食べると良いと書いてあったのだけれど、ごぼう料理も面倒くさいよね?
また、きんぴらとかもう飽きているし、そういうことに頭を使うのは、もっとダイエットに慣れて、自分に余裕ができてからと自分を甘やかした。
もしかしたら、鳥越おかず横丁の郡司味噌漬物店に、ごぼうのお漬物とかあるのでは?と思い、見に行ったら、一つだけ、黒ごぼうという細いごぼうのお漬物があったので購入500円。
これも味がそんなに濃くなくて、ボリボリ食べることができて良かった。(ただ、ごぼうをたまに食べても、何の効果も全く実感していない)

そして、汁物も作っておける時ばかりではないので、多慶屋で、簡単に飲めるスープの素を色々買って来て常備し出した。
中でも、結構トマトのポタージュがお気に入り。(私は、化学的な日本のだしは苦手なのだが、洋風のスープの素は結構大丈夫なので、スープ関係ばかり買ってしまう)

d0063149_20465366.jpg
2.この本では、30~40歳の女性が毎日2千kcal摂取することを前提にしているようだが、他の栄養の本を色々チェックしたら、それだと、私の世代は、1600kcalで良いみたい。
だったら、何で調整するかというと、現在は、今まで、一回の食事で160gのご飯粒を食べていたところを80gにしている。(それも食べるとき、本当に30回ずつ噛んで、殆ど液状にして喉に送り込んでいる。<笑>)

それでも、一日のうち1度くらいは、160g取ってしまうこともあるのだが、その時とか、外食で多めに食べた時は、その後の食事で、ご飯を食べるのをやめたりしている。
でも、1で書いたように、毎食必ず、汁物を飲み、野菜をたくさん取り、動物性たんぱく質を食べるから、そんなに辛いことはない。

その他にも、色々なことをやっているのだが、本日、体重を計ったら、1週間前より900g減っていたので、ホッ。

また、ダイエットの方針についてだったり、ほんのちょっとの知恵なぞ書きたいことはあるのだが、今日はこんなところで。

で、ダイエットにちょっと関連して、ご相談なのだが、私は今後も揚げ物とか食べたいのだ、とんかつも好きだし、牡蠣フライも好き。
それをどうしようかと考えている時に、ちょうどオーブントースターの調子が悪くなったので、買い替えるとしたらとAmazonで調べたら、現在、コンベクションオーブンのようなオーブントースターが結構安く出ていることがわかった。
コンベクションオーブンを買えば、油を使わず揚げ物にできるとのことで、ダイエットに良いかなと思う。
でも、どなたか、使ってらっしゃる方から、意見を聞いてみたいです、使ってらっしゃる方、是非教えてください。

[PR]

by mw17mw | 2017-12-13 20:53 | ダイエット・健康 | Comments(0)

ダイエット-一人暮らしのリンゴとヨーグルトの関係

今、読んでいるダイエット本によると、「ヨーグルトは、毎朝100g以上食べる、それも、果物を入れて」とのこと。
その果物は、ペクチンの関係で、リンゴか苺かキウィが良いとのこと。
で、実際毎日朝果物だけを入れたヨーグルト(果物入りのヨーグルトではない)を食べているけれど、本に書いてあるような効果は実は感じていない。
色々疑問に思うのだけれど、リンゴが安い時に沢山買ってしまったし、毎日ヨーグルトと果物を摂ることは良いことだと思って、続けているのだ。
それに、ヨーグルトを食べるとき、はちみつなら良いのだろうけれど、ついついそういうものを使わないで、市販のヨーグルト用のソースを使っており、良くないな~と思っていたのだ。

(興味のある方は、私の文章は所々端折ってあって、完全ではないので、本を読んで全体を掴んでください)

で、本を読んだ時に、リンゴは、1/4個と書いてあったけれど、これが生だと、独身の場合は、始末が大変。
後、塩水に浸けて冷蔵庫で保管?を前提に書いているのかなと思った。

でも、その時、私は、リンゴの芯を取って適当に切って冷凍したリンゴが冷凍庫にあったので、それを使ってみることにした。

一回目
冷凍リンゴは、氷とは違い、糖度があるからだろうか、包丁で力を入れないで、薄く切ったり細かく切ることが可能。
夜眠る前に、ざっくり細かく切ったものを蓋つき容器に入れて、常温で置いておき、次の朝、ヨーグルトと混ぜたのだが、見事、リンゴは茶色く変色していた。
本によると、リンゴに期待できるのはビタミンCとペクチンとのこと、こんなに茶色くなったリンゴには殆どビタミンCが残っていないのではと思った。

二回目
次の晩、冷凍リンゴを細かく切った後、ヨーグルト100gと和えて、蓋つきの容器に入れて、一晩冷蔵保存。
朝、それを出して食べたが、余りに冷たく、ヨーグルトはともかく、こんな冷たいものを起きたばかりに、おなかに入れるなんて、腸のために良い筈がないと思って、採用しなかった。

三回目
細かく刻んだ冷凍リンゴは、ヨーグルトと和えて、リンゴの表面をヨーグルトで覆えば、酸化しないみたい(色が変らない)なので、その状態で、常温に置いておいて、朝食べた。


d0063149_15132628.jpg


常温に置いておいても、りんごの色は変わらなかったし、ヨーグルトもごく普通の状態だと思う。
このやり方が一番自分としてはすっきりしていて、今後も続けようと思うけれど、本当にヨーグルトの中の乳酸菌の数が常温に置くことによって減っていないか、リンゴもビタミンCが減っていないかなぞ、全然わかっていない。
どなたか、わかる方、いらしたら、教えてください、やはり、常温で7,8時間放置したヨーグルトって、良くないのかしらね?冬はまだいいけれど、夏になったら、どうしようかと思う。

現在、何気なく選んで食べたジョナゴールドが美味しかったので、ジョナゴールドのみ冷凍している。
皮も剥かずに、芯だけ取って、1/6とか1/8等分に切って、芯を取り、真ん中から二等分して、冷凍している。


d0063149_15161776.jpg

一度、生のリンゴを朝切って、ヨーグルトに混ぜて食べたが、何せ1/4個なので、後を冷凍させようとか忙しかったし、冷凍を解凍したりんごは繊維が柔らかくなっていてそれなりに食べよく美味しい。
シャキシャキした生のりんご感も良いけれど、私の場合、それより、ジャムに近い食感の冷凍リンゴの方が好き。

[PR]

by mw17mw | 2017-12-09 15:17 | ダイエット・健康 | Comments(4)

新しいダイエット本を買ってみたー「食べても食べても太らない法」

先日、広島Iさんとメールで話していた時、「私の糖質制限の知識はいい加減だし、最近のダイエット事情に確かに疎い」と思ったので、Amazonの本のところで、「ダイエット」で検索してみた。
そうすると、身体を動かしてダイエットする本が多かったのだが、割と上位に「食べても食べても太らない法」という本が出てきて、点数も良いし、コメントを読むと、簡単に読めて、具体的な数字を示して効果があると書かれた評が多かった。
その後、近隣5区の図書館で検索したら、台東区や他の区にももうあったけれど、今申し込むと、4番目だったかな?
そうすると回ってくるまで1か月かかってしまいそう、だったらと、値段も630円+税で買ってしまった。


d0063149_09344228.jpg

届いて読むと、内容も、表紙の写真と字の大きさのまま
こりゃ、読んでいるのを見られるのを恥ずかしいとカバーをつけたのだが、昨日、山手線の中で広げてみたが、絶対隣の人から何の本を読んでいるかまるわかりのようであって恥ずかしかった。(笑)←これが本の欠点かな?(私は購入時に気づかなかったが、今では、文庫本版も売られているよう)←やはり、文庫本サイズでも満員電車で読むのはちょっと恥ずかしいかも。

それとこの本の欠点は、わかりやすいように、細かいことが書いていないこと。
この本は、どんな年齢層を対象に食べ物の重量を設定しているかというと、あるページに「1日の推定エネルギー必要量 男性約2560kcal、女性約2000kcal(30~40歳の場合」と書いてあるから、この年齢層の人が基準ではないかと思うのだ。
そうすると、私のようにもう高齢者に入る人に置き換えると、例えば、毎日の動物性たんぱく質はどのくらいなのだろうか、この本ではわからないのだ。(今度、カロリー表で調べてみよう)

先に欠点を挙げてしまったが、そもそものこの本の特徴は、一二度読んでみてわかったのだけれど、決して、今風の糖質制限の本ではなく、反対に糖質は制限しないで、糖質をエネルギーに変えるビタミンなぞを含んでいる栄養素をきちんと食べましょうと言う本であった。
きちんと糖質が燃える栄養素を備えた体になれば、糖質を制限しなくても、太りませんよということ。

その一つとして、きちんと三食を食べないと指導しており、例えば、朝食を抜くと、お昼までの間に、変に間食してしまうとか、お昼を食べ過ぎると書いてあった。
言われてみれば、私はいつからだったか、朝ごはんをおにぎり二つにしていたけれど、これこそ、肥満のもとだったかも反省。
朝から、きちんと、お味噌汁やたん白質・野菜のおかずでご飯を食べないから、お昼までの間にサンドイッチを食べたりしたから行けないかもと反省。

それから嬉しいことに、一食食べ過ぎたら、3日以内にリカバリー可能とか、とても気が楽になることが書いてある。

その他、私の特殊事情で、今、胃酸過多=逆流性食道炎で困っているのだが、この本によると、食べ過ぎの帳消しに役に立つ食べ物として、キャベツが推奨されているのだが、そこに「キャベツ特有の成分であるキャベジン(ビタミンU)の出番。胃酸の分泌を抑え、食べすぎ、飲み過ぎで荒れて弱った胃の粘膜を丈夫にし、修復を助けます」と書いてあるではないか、キャベツを食べることはダイエットにも役に立つし、胃酸過多にも良い効果があることがわかった。(私の胃酸過多に投薬をし、ダイエットを指導してくれる医者もこのくらいのことを言って欲しい)

ま、色々中身を書いては悪いので、ご興味のある方は、Amazonの書評等読んでみてください。(87くらいのレビューが載っていて、2つくらい、知っていることばかりで役に立たなかったという書評もあった、私もそうだったら、勿体ないなと思ったけれど、実際に本が届いて読んでみると、知らないことばかりだし、頭の中を整理してくれる内容であった。←でも、ちょっと、日本語がわかりにくいところがある)

何でも、今年の6月に出版された新しい本。
糖質制限でない本に巡り合ったのは、偶然ではあるが、糖質制限より楽そうなので、当分、この本を片手にダイエットを頑張ってみようと思う。

[PR]

by mw17mw | 2017-12-03 09:48 | ダイエット・健康 | Comments(0)

「痩せること」への第一歩-総量規制を言い渡される

私は、1、2年前から、逆流性食道炎というのだろうか、胃酸が時々のどまで逆流するようになった。
本を見ると、食べ過ぎとか老化の症状と出ていた。
そういう症状が起きるのは、1週間に一度くらいだし、その症状に合う市販薬もあったので、1週間に一度くらい市販の胃薬を飲んで落ち着かせていた。
でも、それも長くなってきたし、胃酸は逆流してくると、すごく不味い酸の味だし、一度治療して直してしまいたいと思ってはいたのだが、全然内科とかかかったことがないので、どこに行って良いかわからず、放っておいた。

それでも、今日気が向いて、少し前に禁煙の後太ってしまったことについて通院していた診療所に行ってしまったのだ。(ま、気に入らなかったら、お医者さんを変えれば良いのだからと)

その診療所に行くのは久しぶりで、まずは受付したら、体重測定と血圧測定。
で、昔の記録が残っていたので、今回計った体重が、前回3年前より11kg増えていることが判明、ふえ~、3年間で11kgって、凄すぎない?
確かに、この診療所に通うのをやめてから、体重を気にするのが面倒で、体重計に乗ることもやめたから...。
そして、この診療所に3年前まで通ったのは、禁煙の後太ってしまい、適正体重より5kg多かったのをどうにかしたかったのだけれど...。
ということは、今回、また、あのお医者に痩せることを指導されるわけだけれど、何と、全部で最低16kg痩せるよう指導されるみたいだ...おお、怖。

私としては、今の体重のままでも良いのだけれど、お医者さんが言うには、「今の体重を続けたら、逆流性食道炎以外の病気が沢山出てくる」とのこと。

初回である今日、言い渡されたのは、「食事をするな」ということ。(笑)
何でも、今の日本に、食事をしなかったら餓死する人は一人もいないくらい、皆、栄養状態が良いのだって。
特に私は、それだけの体重があれば、大丈夫、とにかく、食べるな~!

どうせ、今、ご飯を食べると言ったって、時間になると習慣的に食べていて、決して、空腹になったからではないのでしょう?
(それも、良く噛まないで、早食いなんでしょう?と言われ放し、当たっているけれど)
本当の空腹って、知っているの?(余り知らないかもね)
とにかく、一日一食でいいから、お腹が空いたら、ご飯を食べるようにしてね、だって。
(もう私からすると無茶苦茶に近いことを沢山言われた、もう食事を作るな、お腹が空いたら作ればいいではないかというけれど、お腹が空いたら、ご飯を作る気も起きないよね。
たばこをやめられたのだから、煙草の方が食欲を抑えるより難しいのだから、あんたなら、食欲を抑えられるはずとか、全く私のことを知らないからこそのことをお医者は並べた。
私から食欲を取ったら、無機質、人間の心なし、カサカサ、パサパサの干からびた人間になってしまうのにね。)

とにかく、「総量規制、総量規制」とのこと、つい「糖質制限なんて、考えなくていいのですか?」と言ったら、「そんなこと、総量規制ができるようになった、次の次の次くらいにやるべきこと」だって。

と言われるだけ言われて、家に戻って考えた。
あの先生に言われたことの中に、参考になることもあるから、自分なりに作戦を立ててみよう。
ま、お医者さんに言われた通り、とにかく三食食べることを無視して、空腹になるのを待つのは、う~ん、自信がない。

でもね、自分で食べる量を減らすことを考える時、糖質制限が一番わかりやすくて、やりやすい。
とにかく総量規制なら、今、食べている量の半分だけ食べるようにしよう、今、大抵、ご飯は80gに小分けしたものを一食に2つずつ食べているところを1つにして、30回噛んで食べよう。(それで十分ではないかという気もする)
料理も今まで、お昼はお昼で、夜は夜で作っていたけれど、お昼に一食分作ったものの半分をお昼に食べ、夜に半分回すことにしよう。(うどんやお蕎麦とか、1/2人前しか食べないのだ)
それから、お味噌汁とかお吸い物を常に作って、それを毎食飲むことにしよう。
(確か、テレビで食育なんだらの資格を持っている平野レミさんのお嫁さんが、「毎食、子供には発酵しているものを必ず食べさせている」と言っていた、そのことを考えると、お味噌がいいのかな?)
その上、なめこを食べれば、消化も完璧だし、とにかく、今、私にできそうな、総量のうちの糖質の1/2規制、頑張ろう!

(そうそう、この先生に処方箋を書いてもらって薬局で薬をもらったら、何と、漢方薬だった。敵は、私の逆流性食道炎については、もしかして、完治させる気はなく、対処療法の漢方薬で釣って、私を長く通わせ、痩せさせることを考えているようだ。)


[PR]

by mw17mw | 2017-11-22 16:21 | ダイエット・健康 | Comments(2)

再び、軽いダイエットに...,主には「飴」ダイエット?味方は深蒸し茶

そう言えば、先々週だったか、テレビのビフォーアフター最終回のお家が「浅草」とのこと。
で、見ていたら、そのお家がどこにあるかわかったので、昨日、見に行ってみた、私の予想は当たっていてそのお家はすぐにわかったのだが、留守であった。
(留守でなくても、中までは見せてくれないだろうけれど)
あのお家、いくらで改築したかとか、そのプロセスを近隣の人が皆知っているわけで、住みやすいか、住みにくいかどちらだろう?

---本題です---

色々な人と話すと、やはり、痩せた方が良いとのこと、ずいぶん、暴飲暴食で好き勝手に食べていた期間が長かったせいか、本人も今回は思い切れて、少しダイエットをしようという気になった。

でも、そんな急にすごいダイエットは無理だし、そんなダイエットをしても、リバウンドが怖い。

ということで、ライトなダイエットを考えてみた。

まずは、運動関係で、「一日一時間は必ず歩くこと」として、毎朝、浅草橋の野菜スタンドや宇治屋さんを徒歩で回っている。
でもね、土日祭日はこれをする気にならないので、パス、それでも2週間続いている、効果が早く出ると良いのだけれど。

<飴ダイエット>
また、三食はきちんと食べるとして、間食を一切しないこととした。
と言い切りたいのだけれど、多慶屋の健康食品コーナーで、ダイエット用のクッキー等買ってきたので、これだけは、例えば、午前中1時間歩いて来た後に、80~120kcalだけは食べても良いこととしている。

それ以上、空腹感を感じて何かを食べたくなったらどうするのだと考えた時、飴を舐めようという気になって、念のため、ネッとで「飴 ダイエット」で検索したら、結構好意的な記事が多かったので、多慶屋に飴を探しに行ったのだ。

自分に向いている美味しい飴を舐めて、お茶やコーヒーを飲んだら、空腹感が紛れるのではと思ったのだ。
で、飴も色々な種類があったのだけれど、甘過ぎるものよりと思って、「すっぱしょっぱの塩レモン」というものを買ってきた。
これが当たりで、私に合っているみたい、勿論、飴だから、基本甘いのだけれど、中心部に酸っぱい味としょっぱい味の成分があるので、どこを舐めても同じ味ではなく、はじめ軽く甘酸っぱいのだが、中心部に行くとすっぱしょっぱが強くなり、味に変化があるところも単調でなくて良い。
で、これが気に入ったのだが、近隣のコンビニやスーパーの飴売り場を見て回ったが、どこにも置いていなかった。

ネットで「塩れもん キャンディー」で検索してみたが、別に私が購入したものでなくても、他の会社数社から、同じような飴が出ているはずなのに、どこにも売っていないのだ。
う~ん、塩れもんキャンディーの評価なぞを読むと、もしかしたら、この飴は夏向きなのかも知れない。
アサヒの塩レモンキャンディが美味しそうで、これも買ってみたいが、どこにもないのだ。

私の購入した塩れもんキャンディは、松屋製菓という三重県の会社のものだから、東京のコンビニやスーパーに並ばないのかも。

ま、仕方がないので、多慶屋に再び行って購入したのだが、その隣に同じ会社の「塩梅飴」という飴があったので、これも買ってみたが、こちらは余り酸っぱくなくて残念。
d0063149_17545953.jpg
その他、他のお店で、アイファクトリーの「塩トマト」という小粒のドライトマトの袋詰めがあったので、買ってみたが、「このどこが塩?」と思うほど甘くて、期待外れ。
(飴とか、外れても捨てるわけにもいかず、後始末が大変)

( それにしても、たかがコンビニの狭いキャンディコーナー、その裏で、飴の会社がしのぎを削って、自社製品を陳列してもらうために、営業マンが日夜戦っているのだろうなと思った。)

<深蒸し茶>
一昨日紹介したワンカップティーメーカー、いただいたとき、「確か、冷凍庫に冷凍させた茶葉があるはず」と思ったのだが、実際なかった、きっと保存が長くなり過ぎて、処分してしまったと思う。
それで、仕方がないので、タジマヤに仕入れに行った時、ちょうどお茶を売っていたので買ってきた。
それが数日前にちゃんと袋を見たら、「深蒸し茶」であった。
d0063149_15160132.jpg
(本日、タジマヤに行く用があったので、見てきたが、何気なく購入した深蒸し茶、タジマヤの中では高級品であった、だから、美味しいのかも)

深蒸し茶って、ガッテンが推奨しているお茶で、メタボにも有効と書いてある。

淹れ方を研究というか、ちゃんと深蒸し茶の淹れ方を読むと、お湯を注いで1分置いておくのがコツみたい。(こうやって飲まないと効果ないかも)
そうすると、ちょっと渋みのある味になって、何だか、浮遊物がお茶の中で泳いでいるのだが、これが正解みたいで、それに気づいてから1分置いてから茶漉しを出している。
ちょっと渋みのある熱いお茶が美味しいし、すっぱしょっぱの塩れもんキャンディーと合っていて、一度に、甘味、酸っぱみ、しょっぱさと苦みと4つの味がするので、満足感が高い。

まだ、こんなことしかしていないけれど、「一日一時間歩いて、飴食べて空腹感をごまかし、メタボにも効く深蒸し茶をがぶがぶ飲む」日が、2,3か月続いたら、「あら、痩せたわね?」と言われないか、夢見ている。(笑)
あ、でも、もうすぐお正月だものね、2,3か月では無理かも。(でも、お正月の間も深蒸し茶と塩れもんキャンディで頑張ろう)

[PR]

by mw17mw | 2016-12-05 18:03 | ダイエット・健康 | Comments(0)

アーモンド

最近、テレビを見るとはなしにつけておくと、健康やダイエットに良い素材として、「もち麦」と「アーモンド」を取り上げていることが多いような気がする。

もち麦も試してみたいが、結構高いし、美味しくなさそう。
某お米屋さんに意見を求めたら、「生産量と消費量が釣り合っているからちょうど良かったのに、ブームが起きてしまったので、もち麦が足りなくなっている」とのこと。
身体にいいのかなと聞くと、玄米と同じ程度では?とのこと。(食べたことはなさそうだ)
テレビでは、白米と半々で炊いて毎朝食べる事を勧めていた。
その他、ネットで見ると、もち麦少な目のレシピもある。
普通の押し麦だったら、とろろごはんのときに食べたことがあるけれど、とろろなしではどんなものだろうと食べながら思っていた。
何だか、つるっとした食感で噛めない印象があるのだ。
ま、でも、玄米とか雑穀と同じくらいの効果と聞いてやる気を失った。

そんなとき、アーモンドを取り上げている番組を見たら、普通ナッツというのは、木の実だけれど、ピーナッツだけは木の実でなく、豆の仲間とのこと。
言われてみればその通り。
私はお腹が空くと、柿ピーを食べる癖があり、最近、セブンイレブンの柿ピーがでんろく製のものであることに気づき、良く買うようになってしまったのだ。
(に木の菓子で買う小さなパックの大袋のピーナッツの方が上等な気がするけれど、慣れてしまえば気にならない)
それを阻止して、アーモンドに置き換えようと、アーモンドを探したら、大きなスーパー(ライフ)で簡単に見つかった。
まずは、目に付いた、油で煎って塩を振ったもの92g321円、これはおつまみとして美味しい。

次に行ったら、素焼きというのだろうか、油と塩を使っていないものがあったので、65g300円を購入。
こちらの方が美味しくはないけれど、慣れてしまえばそれなりの味わいのある風味で飽きない。

この記事によると、本当は生のアーモンドで殻付きが良いと書いてあるけれど、そんなもの売っているのかしらね?
(売っていても、高いような気がする。)

でも、結構高いねと思い、多慶屋に行ったら、多慶屋は3段階か4段階で大袋があった。
余り買い過ぎて飽きて食べなくなっても怖いので、一番か二番目に量の少ない190g480円を購入。
(皆、同じアメリカ産のアーモンドだし、噛んだ時のカリっとした感じは高い方が優れているような気がするけれど、やはり、毎日食べるとしたら、多慶屋の大袋が一番良いと思う)
d0063149_12044275.jpg


海苔を入れる容器が一つ余っていたので、そこに入れて、一度に4粒ずつ食べようと思っている。
d0063149_12044355.jpg

(下の容器は、焼き海苔1/4サイズと除湿剤)
一番良いかどうかわからないけれど、何か食べる前にアーモンドを何粒か食べたら、アーモンドの糖質は殆どないので、血糖値を上げないのではと思うのだけれど...。
でも、結構、食事の前に食べるのを忘れることが多い。(笑)

結局今のところ、一日20粒は食べているような気がする、食べ過ぎで、ダイエットには利かないかも知れない。(笑)
でもね、食事前とか小腹が空いたとき、アーモンドを齧ると結構お腹が落ち着くような気がする。
[PR]

by mw17mw | 2016-07-15 17:05 | ダイエット・健康 | Comments(0)

プロポリスを求めて

今、TBSのニュースを見るとはなしに聞いていたら、何でも、世界的チョコレートのお店の海外初出店のお店が浅草橋にできて、今日、オープンだったのだって。
何だ、何だ、私のテリトリーではないかと思い、「浅草橋 チョコレートショップ」で検索したら、「ダンデライオンチョコレートが蔵前の裏通りに来る」という題名のブログが見つかり、これだと思う。
浅草橋というより、蔵前の裏通りにこんなものできて...と思うが、賃料の低さとネームバリューできっと成功するだろう。
(この場所って、以前、静岡のお茶屋さんか何かがお店を出していたところ?)

−−−本題です−−−

私は「龍角散ダイレクト」のおかげでだいぶ元気になったけれど、やはり、自ら動きだそうという元気が起きない。
今日の午前中まで、よく眠ると少し動けるという感じであった。

昨日、Winnieさんに教えていたいたぺージと、森川健康堂食品取扱店舗一覧を見たのだけれど、もう時間が遅かったので、店舗一覧には載っていなかった多慶屋のレディス館の地下1F健康食品のところに見に行ったら、森川健康堂のプロポリスはなかったのだけれど、他のメーカーのものでも、大瓶が1万5千円、小瓶が6千円と、教えていただいたページとずいぶん価格に差があり、びっくり。
ホームページにあった200円とか600円というのは、私の願望から、1桁少なく見てしまったのかしら?と思い、買わないで帰ってきた。

でも、家に帰ってみても、やはり、200円に600円だった、あら~私が欲しいのはこういう安い商品なのに、本当にどこかで売っているのかしらね?

ま、仕方がない、次の日に、森川健康堂商品の取扱店になっている上野松坂屋に行ってみたら、1万5千円、6千円くらいの2種類しかなかったのだけれど、利くか利かないかわからないものに、こんなにお金をかける気はなかったので、買わないで、中央通りを走って、日本橋三越の7Fへ。
三越の方が置いてある商品の幅がちょっと広くて、マイルドというものとか、スプレーを売っていた。
確か、スプレーは3千円だったと思うのだが、ま、いいや、ここまできたら、高島屋地下も見てみようと行ってみたのだ。
そうしたら、私の記憶違いかも知れないが、スプレーが2千円だったので、これを買うことに決めた。
(店員さんに、喉しか当たらないとか、プロポリスの量が少ないとか言われたけれど、わたし的には、私の症状は、喉が完治すれば、全て解決しそうという見立てなので、スプレーでいいやと思い切れた。)

買った後、すぐに開封して、自分の喉めがけてスプレーしたら、子供のころ、扁桃腺を腫らして耳鼻咽喉科に行くと喉仏に塗られた濃いルゴール液みたいな刺激的な味ながら、昔懐かしい味だったので、不味いとは思わなかった。
d0063149_11575726.jpg


そして、これをつけてから、まだ、たまに喉の奥が「イガイガ」としないわけではなかったが、段々「イガイガ」の回数が減っていき、先程二度目のスプレーを行ってからは全然咳き込まなくなった。

きっと明日には元気になっていると思う。

しかし、プロポリスがはちみつ関連のものであることは知っていたが、詳しくは知らずに走り回って手に入れたけれど、抗菌・抗炎作用がある天然自然のもので、実感としてその効力は下記の通り。
Winnieさん、良いものを教えてくださって、有難う。

プロポリスのスプレー>龍角散ダイレクト>普通ののど飴

そして、森川健康堂の店舗一覧を良く見たら、「サンドラック」というドラッグストアでは取り扱っているらしい。
浅草橋と上野にサンドラックがあるから、今度、安い飴があるかどうか、チェックしておこう。
[PR]

by mw17mw | 2016-02-11 18:47 | ダイエット・健康 | Comments(0)