「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:合羽橋以外の道具( 16 )

道具色々-ドギーバッグを探す・醤油ちょいかけスプレー・一杯用「おっ!これ便利」

土曜日の午後7時半から、NHK総合で、「東京が戦場になった日」という「1945年3月10日、東京。東京大空襲のあったこの日、空前絶後の消防活動に身を投じた帝都の若き「消防隊員」たち。戦争で敵と殺しあうのではなく、燃料も食料も不足する中で、空襲の消火活動を徒手空拳で行え、と命じられた彼らをつき動かしたものは何だったのか。
若者の多くが戦地へ赴く中、徴兵を猶予された理科系・医科系の学生たちによる『学徒消防隊』、満18歳に満たない少年たちによる『年少消防官』などの消防隊員たちが危険にさらされた市民の命を救うため、自らの命をかえりみず火の中へ飛び込んだ、知られざる人間模様に迫る。」というドラマがあったみたいだが、私は、祖父を、東京大空襲の消火活動で疲れ切って発病し、薬もないまま死んだと聞いているので、可哀そう過ぎて見る気がしなかった。
(だから、我が祖父は、間接的には東京大空襲の犠牲者であるが、あくまでも病死であり、戦災の犠牲者ではないのだ)
私の祖父は消防係でもなんでもなく、地域の自警団だったと思う、確か40代で亡くなったのだが、若い男性は皆兵隊にとられていたわけだし、残った者たちで、自分たちで空襲の火を一晩中消し続けるしかなかったのだ。
私の父は、薬もなく、手当てもできずに、死んでいくしかなかった祖父に付き添ってずっと看病したわけで、祖父の最後をボソボソと私に話したのは、私が大人になってからであった。
本当に悲しいことは、中々言葉にできないということを教えてくれたのは父だった。

本題です。

この土曜日の午後も池袋のハンズに必要なものを買いに行ったので、「ドギーバッグ」を売っているか、聞いたのだが、数年前は扱っていたが、今では扱っていないとのこと。
では仕方がないということで、珍しく、西武の中のLOFTの家庭用品売り場も見てみることにした。

で、結果的には、ドギーバッグはなかったのだが、LOFTの方が、テーマを持った品揃えで面白かった。

特に、LOFTは、お弁当用品が充実していて、お弁当箱以外、断熱シート付のお弁当バッグが、可愛いものばかりだった。
その他に、以前から欲しかったものが2つ見つかり、お買い上げしたので、ご紹介。
d0063149_07322651.jpg
醤油スプレーは、テレビか何かで見て、欲しかったのだ。
ようやく見つけて買ってしまったけれど、家に帰って、ネットで検索したら、ネットではもっと安く売っているみたいでがっかり。
(私の買ったものは、消費税別で570円)
私は、減塩のためというより、お寿司とか、お漬物、お刺身のために、醤油皿にお醤油を入れたりするのだけれど、そのお醤油のほとんどは残して捨てることになるので、勿体ないと思っていたのだ。
が、実際、買ってきてから考えると、やはり、わさびを溶く食べ方の時には、このスプレーで代替するのは難しいかも知れない。

使い方は難しくないのだが、長く、継ぎ足し継ぎ足しで使うのはやめてくれと、説明書に書いてある。
やはり、スプレー部分を常に清潔にして、お醤油がそこに溜まらないようにしなくてはいけないので、一度使い切ったら、お水とかぬるま湯につけて、手入れしなくてはいけないのが、面倒そう。
でも、普通の醤油つぎと併用で、当分使ってみようと思っている。(まだ、使っていないので、ここに取り上げたと言っても、推薦しているわけではない)

あ、でも、今、不安になったのだが、使わない期間が長いと、スプレーについたお醤油が乾いて、スプレーが機能しなくなる可能性があるかも。
そうなったら、スプレーだけお湯に浸けて掃除すれば良いのだけれど、どんなものだろう?
しょっちゅう使っていれば問題ないけれど...。

後、あの使い捨ての一人分のコーヒー紙フィルターだけ30枚300円(消費税別)で売っていたので、買って来た。
これはもう使ってみたけれど、通常の私が今飲んでいるUCCの一人用の紙フィルターにセットされたコーヒーの紙フィルターと全く同じものであった。
実は、クレール ドゥ リュンヌの有機栽培コーヒーが美味しかったので、近くのスーパーで中細の有機栽培コーヒーの粉を買って来たのだが、やはり、ドリッパーを取り出して、お湯で温めて、紙フィルターをセットして、粉を入れて、コーヒーを作るという作業が面倒で、有機栽培コーヒーは、冷凍庫に保管したままになっていたのだ。

私が思うには、一杯だけのコーヒーを淹れようとすると、特に冬は、使う陶器のドリッパーやコーヒー茶碗が冷たく、何かで温めないと、熱くないコーヒーができてしまうのだ。
その点、この「おっ!これ便利」型紙フィルターは、簡単だし、入れる容器をプラスチックに諦めれば、結構簡単な手間でコーヒーが
入れられるのだ。
このフィルターは、一杯分10円になるよう、これを買ってきて、粉を買ってきてセットしたら、一杯いくらになるのだろう?
今のところ、すでにコーヒーをセットしてある一杯分のコーヒーの方が安いと思う。
でも、気に入ったコーヒーの粉があったとき、このフィルターがあったら、便利なので、一応持っておきたい。
お客様相談室にわが近所売で売っているお店を聞こうと思う。

あ、ドギーバッグだけれど、結局、通販でしか買えないみたいなのだ、しかし、どんなものか全くわからない状態で通販に注文する気にはならないので、買うことはないと思う、残念。

また、ケーキの通い箱に良さそうなお弁当箱が2つくらいあったのだが、それも、お値段にして、千円以上のものばかり、ま、ケーキの通い箱に千円かける気がないので、買わなかった。

<おまけ>
消費税アップがあるので、ほんのちょっと、買いだめをしている。
そうしたところ、植物油なぞ、安売りが多いから買いだめしなくて良いのだが、ちょうど切れたので、大き目を買っておこうかと良く見ている。
そうしたら、植物油って、1000g単位で売っているメーカーと、1000ml単位で売っているメーカーがあることがわかった。
1000gと1000mlとどちらが量が多いか調べたら、大さじ1杯は、15ccなのだけれど、重さは12gと出ていた。
そうか、1000gの方が量が多いのだとわかったけれど、良く考えたら、水と油を混ぜると、油が上に来て水に浮かぶから、油の方が水より軽いのだということは、調べなくても、その事実を思い出すだけでわかったのだ。
ということで、1000gと1000ml、同じ値段だったら、1000gを買うことにしたい。(ま、使うとき、大さじ1という風に容量で使うことが多いし)

[PR]

by mw17mw | 2014-03-16 07:55 | 合羽橋以外の道具 | Comments(0)

テンキーキッチンタイマー、消える運命かも

本題とは関係ないが、今日、鳥越おかず横丁の味農家さんの前を昼間自転車で通ったら、ご店主がお店の前にいて、一年数カ月ぶりにお会いすることができた。(味農家さんのHPはこちら
そして、彼の手には、赤ちゃんが....、お守り中だったよう。
わ~、私がダイエットで夕食を余り食べなくなり、味農家さんへも一年間毎月通ったので気が済んだし、ずっと以前から予約しないと入れないしで、自然と行かなくなった間に、先方には大きな変化があったようだ。
商売も順調そうだし、抱かれている赤ちゃんも、とても可愛い赤ちゃんで、お父さんも幸せそうな様子であった、私も希望通り痩せたし、先方も幸せそうだし、めでたし、めでたし。
久々に話すことができて、あのお店も本当に素晴らしいお店であり、行かなくなったのは、ダイエットのためと伝えることができて、良かった。

それと、今日TV番組をチェックしたら、今度の土曜日のアド街は、「合羽橋特集」だって。
かっぱ橋道具祭の最中にこの放送と言うことは、次の日曜日と月曜日は相当の混雑になると予想される、アチャ~である。(鳥越祭のときに、アド街が鳥越特集を放送したら、次の日曜日はすごい人出だったから)

---本題です---

昨晩、多慶屋のキッチン用品の階に行く用があって、見るとはなしに、色々な商品を見ていたら、私が大好きな「卵型デジタルタイマー」のところに在庫限りと書いてあるではないか。
d0063149_22394491.jpg
「え?」と思って、卵型と並んでいる他のデジタルタイマーを見ると、私の好きなテンキータイプが他には一つもなく、他は、全て、「分・秒」タイプであった。

世の中、これから、どこのキッチン用品売り場に行っても、若い人が好む「分・秒タイプ」しかない時代になるのだ...と思ったから、この私の好きな卵型デジタルタイマーを2つ買ってしまった。
この卵型、数年で壊れた経験があるからなのだけれど...、ま、とりあえず二つ買っておけば、私が料理を自分でする間はどうにかなるだろうと思うことにした。(全部だめになったら、iPodや携帯のタイマーを使えばいいのだし)

私も「分・秒」タイプを一つ持っていて、このブログで、長坂@名古屋さんに「いつも同じ分に設定しておく」というアイディアを教えていただき、いつでも5分に合わせておいて、5分専用タイマーとして使っている。(確かにそういう使い方をすれば便利)
この「分・秒」タイプで、色々な時間を設定するのは、私にとっては煩わしいし、5分専用にして、ようやく使えたという感じの商品なのだ。

iPodでも携帯でもカウントアップ・カウントダウンタイマーは、テンキ―式に近い作りなのに、何故に、キッチンタイマーだけ、あの「分・秒タイプ」が人気なのだろう。(確かに見た目、単純そうだけれど、長坂さんに習ったように、複数個買って来て、5分用・3分用とか予めセットしておかねば、面倒くさい道具だと思うのだ、特に30秒をセットする時。)

昨日、赤札堂というスーパーでサンマが1尾49円だったので、2尾買って来て、昨日のお昼はサンマのお刺身、今日は、クッキングシートを使って塩焼きにしてみた。
nonさんのご指摘で、クッキングシートで焼く場合、はなまる式の「5分、4分、1分」はちょっと焼き過ぎかもと思ったので、本日は、「4分、3分、1分」にしてみた。
確かにこの焼き時間の方がジューシーだったが、後1分加えた方がより完璧かと思った、今度は、「4分、4分、1分」で焼いてみるつもり。
こういう焼き方をするときだって、テンキ―式の方が良いと思うのだけれど。

私の好きな卵型のデジタルタイマーは、540円で、昨晩時点で多慶屋に後6個くらいしかなかった。
カウントダウン、カウントアップもできて、カウントダウンの場合、10分より長い時間を設定すると、10分経過時、5分経過時にも「ピピッ」と教えてくれて、とても親切。
カウントアップというか、ストップウォッチ機能といおうか、私のように、(趣味ではあるが)レシピを書こうという時、なくてはならない機能。(時計機能もあるらしいが、使ったことがない。)

そう言えば、ラーメンのお店なぞ、麺をゆでる時、タイマーを使っているのを良く見るが、プロが使うのは、テンキータイプか、分・秒タイプか、今度良く見てみよう。(特にくろ喜)
[PR]

by mw17mw | 2012-10-04 22:45 | 合羽橋以外の道具 | Comments(5)

使い捨て取り鉢を探す

昨日、なぜ唐揚げを揚げたかというと、実は、1か月前に中国に赴任した妹が、短期であるが、国慶節のお休みがまとまってあることがわかり、急遽、一時帰国して来たのだ。(以前聞いた話では、1月の春節まで日本に帰れないということであった。)

しかし、中国での話を聞くと、初めての仕事なので、予習が大変で、この1か月間、ハードな日常を送っていた様子。(何でも、この1か月、「こんなにインスタントラーメンを食べたことはなかった」というくらい、インスタントラーメンをすすって生きていたらしい。(笑)

(ということで、本人は、疲れているし、実際に暮らしてみたら、足りない物が色々あるので、東京で買い出しが忙しく、親戚の皆さまにはご無礼してしまうので、このことは内緒にしてくれと言っていますので、親戚の皆さまは聞かなかったことにしてください。)

ま~、そんなこんなで、赴任して一カ月、ただひたすら仕事をこなして、親しい人を作る暇もなかったみたいだし、今の時期、中国国内観光はおろか、北京観光だって、一人ですることはやめておいた方が良いし、東京に帰って来るのが、最良の休みの取り方なのだろう。

帰って来た日が昨日で、夕方、皆で集まって色々出したら、「何を食べても美味しい」と感激していた。

で、土曜日で私もお店がないので、今回は、何かを作れると思って、色々考えた。
ま、妹の好きなうどんすき(出汁をきちんと取ったもの)とスティックサラダ(たらこディップ付き)を作って、果物を剥いて冷やしておき、うどんすきという炭水化物料理があるので、お寿司はやめて、海苔巻きに格下げして、それを買ってくれば、そんなものでいいかなと思ったのだが、何せ、集まるメンバーに、22歳と20歳の男子がいるので、これじゃ~、肉っ気が足りないだろうと、唐揚げを作ったのだ。(後、甥のお母さんが、メロンに生ハムを巻いたものを出してくれた)

海苔巻き、13本57切れ、うどんすきうどん4玉、から揚げ500g、全てなくなった~。
(ま、6人だから、こんなものかも知れないが)
スティックサラダの残りは、全て妹にあげたから、本当に全然無駄が出なかった。

妹にも一カ月会っていなかったけれど、甥2も某プロ野球球団を今年は全試合応援するということで忙しいので、2か月前の妹の歓送会から、殆ど口を聞いていなかったので、今回、ゆったりと二時間強、それぞれの近況を聞きながら、楽しい時を過ごした。

で、今日の本題は、「使い捨て取り鉢」なのだが、私は基本的に殆ど食器を持っていなくて、取り鉢というか、鍋物を汁ごと取り分ける容器がないし、後で洗って仕舞うのも面倒なので、熱いうどんすきをそれぞれに分ける食器を100キンで探してみた。

まず、金曜日の夜に、浅草ROXのダイソーに見に行ったら、発泡スチロール製の「17cmの丼」しかなかったのだが、他になかったら、困ると思って、絶対に大き過ぎるけれど、一応購入しておいた。
しかし、17cmの丼って結構大きくて、うどんすきを取り分けるのには絶対向かないと思ったけれど、何もなかったら、仕方ないものね)

そして、土曜日、春日のお医者さんに行ったついでに、春日のキャンドゥを見たら、ダイソーよりちょっとだけ小さめの丼があったので、これでも大き過ぎるけれど一応買っておいた。

その後、本郷のNBKに行ったら、「おわん」という発泡スチロール製の小さな容器があり、これが私のイメージに一番近かったので、お買い上げ。
d0063149_23111922.jpg
(画像右上が17cmのダイソーの丼、その隣がキャンドゥの丼、右下は、14cmの取り皿、左下は、おわん。<14cmの取り皿は、14cmと書いてあるので、一緒に写してみた。>)

(何で、こんなに買ってしまうかというと、一方通行の買い物だから。もっと100キン各店が密集していれば、あっちこちに行き来して、比較してから、一番気に入ったものを選べるのだが、100キンは一つの地域に密集していないから困る。←浅草なら2軒あるが。

また、こういう紙皿や発泡スチロール製の使い捨ての食器は、100キンのものが人気があるので、他の業種、例えば、多慶屋なぞにも紙皿は置いてあるが、以前に比べたら、種類や大きさのバリエーションが相当減ってしまっているのだ。
だから、最近は、こういうものを探すとなると、100キンを探すしかないのだ。)

結局は、発泡スチロールのおわん型を使ったけれど、私のニーズにぴったりであった。
大き過ぎる丼もそのうち、何かそれ一食で完結するような料理を出す際に使えると思うから、しまっておこう。

今日、お墓参りに行ったのだが、その前後の散歩のときに、名前がわからない100キンがあったので、そこを覗いてみたら、そこにも、「おわん」型があった。

何だかな~、100キンって、何でも揃いそうなのだけれど、実はそうでもなくて、結構、どこの100キンで何を売っているか、常日頃把握していないと、いざとなっても、効率良く、用途にピタっと合うものを手に入れるのは、本当に難しい。
[PR]

by mw17mw | 2012-09-30 23:14 | 合羽橋以外の道具 | Comments(0)

錦糸町ダイソーで買ったもの

うえ~ん、今、記事を書いたのに、Internet Explorerがフリーズしてしまい、全て消えてしまった。
仕方がないので、今、Googleを立ち上げて、そちらで書きなおし。(涙)
え~い、金輪際、Internet Explorerでブログを更新するのはやめることにしよう。

ということで、内容を簡単に書くと、

d0063149_23364532.jpg<320mlのネジふた付きコップ型保存容器>
1年以上前に、ダイソーで購入し、紹介したものだが、その後、一年くらい、商品がお店から消えていた。
しかし、今回、錦糸町店に行ったら、復活していたので、3セット買って来た、また、手に入って嬉しい。

甘酒とかスープを作った時、小分けして保存したり、この容器のまま冷凍させることができるので便利だし、遠距離の移動には不向きだけれど、家の中を飲み物を持って移動する時に便利。

このシリーズの保存容器は、私が一人暮らしで、サイズがちょうど合っているということもあるけれど、私にとっては、ジップロックコンテナーの昔の500mlタイプと同じくらい便利で使いやすく気に入っている。

<NANO CLEANING CLOTH>
iPod touchの画面を拭くクロスがあったらと思って探したら、一種類だけあって、しかも最後の一つだったので、お買い上げ。
家に帰って使ってみると、不思議な程、きれいに指紋が取れて、とても気に入った。
先日、モノマチで、皮の指サックのようなスマホ画面拭きを売っていたのだが、千円くらいしていた。
スマホの画面拭きにも色々なタイプがあるのかも知れない。
安さに重点を置いたら、このダイソーのクロスはとてもお奨め。
(しかし、このクロス、汚れても水洗いだけで、洗剤を使ってはいけないそう。それをずっと覚えてられるかどうかが問題)

それに、非常用の5リットルのお水を入れられるバケツ代わりの丈夫な袋を売っていたので、これも買ってしまった。
これなら、ペッタンコだから、収納できるし、いざとなったら、確かに必要だものね。
[PR]

by mw17mw | 2012-06-03 23:41 | 合羽橋以外の道具 | Comments(0)

最近のお気に入り-ブラシ・手指消毒・UVカット

最近、気に入ったものをご紹介。
d0063149_12555037.jpg


<掃除用の小さなブラシ>
先日、八王子の従姉が来店し、写真のブラシをプレゼントしてくれた。
何でも、秋葉原駅近くの昭和通り沿いのブラシ専門店で見つけたとのこと。
小さい方のブラシの部分が、私の古いタイプのジップロックコンテナーの蓋の折り返し部分を洗うのに向いていそうだし、その他、色々なものの細かいところも掃除できそうで気に入った。
お値段は、150円とのこと。(2本いただいたので、一本は、弟嫁に渡した。)

で、そのブラシ屋さんは、どこにあるか見当がついたので、自分でも買いに行ってみた。
場所は、秋葉原駅昭和通り口を出て、昭和通りを渡って、多慶屋に向かって歩き、右側、1,2ブロック先という感じかな?
何せ、お店の前にも色々なブラシが置いてあるからすぐわかる筈。

で、従姉にもらったブラシは、安いから、当然店頭に並んでいるものかと思ったら、そんなことはなく、店内に入ってざっと眺めても見つからず、お店の人に聞いて、ようやく場所がわかったくらい、目立たない場所に置いてあった。

「人からもらって、気に入ったので、買いに来た」とお店の人に話したら、にこっと笑って、「そうなのですよ、人にちょとしたお返しをする時なぞも、お菓子ではなく、このブラシを差し上げると喜ばれますよ」とのこと。
確かに。

東京刷子株式会社(「刷子」はブラシと読むのかな?)
千代田区神田和泉町1-3-4 TEL: 03-3861-7571

<サニサーラ EG>
そろそろ、万田酵素タブレットがなくなりそうなので、価格.comで安いお店を探して注文した。
甥の分と2瓶買ったら、送料は無料になるし、価格も多慶屋より相当安かった。
それだけでも十分満足なのに、昨日届いたのだが、「サニサーラ EG」という「すり込むだけで手指の消毒」できる「速乾性アルコールジェル」40mlがおまけについてきた。
これを指先にチュチュっとつけて伸ばすと、指先がきれいになり、手も荒れないようで気持ちが良い。
お水も不要だし、除菌ウェットティッシューのようにゴミも出ず、とても気に入った。

ネットで検索すると、店によって価格のばらつきがあるようだが、安かったら、持ち歩きも便利だし、1つ持っていると良いと思う。

<ハダラボUVミルク
今年はどうしても日焼けしてはいけない理由があって、日焼け止めを多慶屋に買いに行ってみつけたもの。
SPF50+が欲しかったのだが、化粧品メーカーのものは高くて手が出ず。
そんな中、これは安かったので、お買い上げ。
ロート製薬のもので、「ヒアルロンサンUV乳液」と書いてある。
一度日焼けしてしまうと、やはり、その後のシーズンの方が、その日焼けの跡をより汚く感じることもあり、今年は、この乳液で、顔と手を守ろうと思う。
[PR]

by mw17mw | 2012-04-27 13:01 | 合羽橋以外の道具 | Comments(0)

はじめて「野菜調理器」を使ってみた

d0063149_992211.jpgにんじんのごまみそきんぴらを作るのに、初めて、去年の6月にバーゲンで購入した野菜調理器を使ってみた。
これは、刃が色々取り換えられて便利そうだと思って買ったのだ。

こういうにんじんを千切りにしたい場合は、「ツマ切り」が、にんじんシリシリと同じ形だと思って使ってみた。
切れ味、切れ具合等、まあまあこんなものかなという使い心地。
でも、刃が固い刃ではなく、柔らかな金属の切り口のようなので、「ツマを切る」のではなく、「にんじんの繊維を傷つけながら、削ぎ取る」感じ。

この道具、大量にツマ切りするのは無理だけれど、一人暮らしの私にはこんなもので十分と言う感じであった。

にんじん200gをツマ切りにしたら、プラスチック部分が、人参色に染まってしまった。
使ってすぐ、濡らしておくと、洗剤で粗方落ちるのだが、完全には無理。
漂白剤を溶かしたお水に一晩浸けておくと、完全に落ちる感じ。

その上、私の野菜調理器は、刃を取り換えられるタイプなのだが、ツマ切りをセットする時に、斜めに入れてしまったのか、外れなくなってしまった~。
ま~、150円だし、単機能でしか使えなくても良いのだけれど、こういう買い物って、難しいなと思った。

本当、私は一人だから、こういう小さいスライサーでプラスチックで手入れが大変でも使って行こうと思うけれど、ご家族の多い方、使う頻度が高い方は、こういうスライサーは向かないなと思った。

楽天の野菜スライサー人気ランキングのページを見たら、全てプラスチックだった。
こういう高級なプラスチックだったら、野菜の色が染まらないのだろうか?

私の場合、今後、やはり、にんじんを一番スライスするだろうから、沖縄の木と金のにんじんシリシリ器が一番向いていると思う。
やってみないとわからないけれど、色が染まるのを気にしなくて良さそうだから。

沖縄の木と金のにんじんシリシリ器を買うかどうかは微妙。
[PR]

by mw17mw | 2012-03-01 09:15 | 合羽橋以外の道具 | Comments(2)

お鍋をおでん用に仕切る「仕切り」

10月初めに、「おでん鍋を欲しい」という従姉妹たちを合羽橋へ案内した。
その時に、確か、おでん鍋が欲しいと言う従妹に「おでん鍋を買わなくても、おでん鍋を仕切る仕切りでもいいのでは?」と私は言ったのだ。

確か、普通のお鍋をおでん鍋のように仕切る仕切りを見たことがあったのだ。
しかし、改めて合羽橋を見て歩くと、どこにも、「普通鍋をおでん鍋にする仕切り」はなかった。

その後、そのことを忘れていたのだが、今、私は部屋を整理整頓せねば、にっちもさっちも行かない状態にあり、整理整頓を始めたら、袋の中に、「おでん 仕切り」という使ったことがない道具が出て来たのだ。
d0063149_20532956.jpg
買ったのは覚えている、かっぱ橋道具祭りのワゴンセールで300円で買ったのだが、きっと母他界後だったのだろう、その後、大人数のためのおでんを作ることがなかったので、使うこともなく、その存在をすっかり忘れていた。

そう、この仕切りがあれば、とりあえず、今あるお鍋で、何の仕切りもないお鍋に比べたら、きれいにおでんを並べることができそう。
値段も、300円の札が付いていた。
きっと、売れ残りで、箱がちょっと古めだったから、半端物の整理品だったのだろう。

ま、私が実際に使ったことがない道具なので、例えば、きれいに洗えるかとか耐久性がどうかとか、全然わからない。

d0063149_2054483.jpgで、今でも売っているのかなと、ネットで、「おでん鍋 仕切り」で検索したら、「ステンレス製 フリーサイズ おでん鍋仕切 業務用 厨房 」という私の持っている物が出て来た。
説明を読むと、直径20~30cmのお鍋で使えるとのこと。
(でも、それ以上大きいお鍋でも、中心部だけ仕切ることができる。)

現在は、箱もきれいな新品が850円+送料315円で手に入るよう。(私が手に入れた時の300円という価格は、やはり、破格だったのだと思うと、とても満足)

d0063149_20543732.jpg(何で、合羽橋でこの道具を売っていないのかなと考えると、これを売ってしまうと、おでん鍋が売れなくなるからだと想像している。だから、この道具は、お鍋を扱っていない菓子道具のお店で扱えばいいのにと思う。)

実は、その後、私のブログを読んだ従兄妹のお嫁さんが、「実は私もおでん鍋が欲しい」という話を聞いたのだ。
食べ盛りの子供が複数いる家では、大きなおでん鍋があったらな~と思っているお母さんは多いのかも知れない。

で、私は今後どう考えても、おでんを大量に煮ることはないと思ったので、その親戚に使って欲しいと送ってしまった。(その方が道具が生きるから、私の手元にあっても、寝かせておくだけだから)

おでん鍋を買った場合、仕切りも外せて、ただの大鍋としても使えるし、蓋が木だったりして、ムードはたっぷりだけれど、置き場所を考えるとちょっとねと思う場合、この仕切りがお薦め。
[PR]

by mw17mw | 2011-11-10 20:54 | 合羽橋以外の道具 | Comments(0)

調理道具のタイムセールに出会う

この土日は、例年なら、鳥越祭りの日だけれど、今年は、中止、こんなこと、多分、生まれて初めて、ということは、こんな静かな6月第一週を味わえるのは今回だけかも。

で、本日の午後三時半頃、多慶屋に行った後、「日本橋三越の中国茶事情を見て来よう」と思い立って、日本橋方面に自転車を走らせた。
その途中で、「そうだ、6月の第一週は、岩本町・東神田の維問屋街のファミリーバザールの日だ」と思い出して、その通りに行ってみたら、とても賑やか。(夏は、5月の最終週と6月の初週の土日だから、鳥越祭りがあると行けないのに、今年は行けて嬉しい。)

d0063149_22401278.jpg本当は洋服がメインのセールだけれど、見るほどの時間もないので、真っ直ぐ「貝印本社」に直行。
久々来てみたけれど、お鍋類が少なくなって、調理小物が沢山出ているような気がした。

で、人だかりができているところを見たら、何でも1つ300円が、もうセールが終わる1時間前だから、何でも2つ300円とのこと、ラッキー!
d0063149_22403658.jpg
私も手を出してめぼしい物を探してみた。
そうしたら、シリコンの刷毛があったのでゲット。
(今、ダイエット中なので、フライパンに油を引いて焼くとか、揚げるをしないで、オーブントースターに並べた具材の上に刷毛で油を塗ったら、具合が良いのではと、最近考えていたのだ。それには、シリコン製の刷毛が良さそうだな~と思っていたところだったのだ)

その次に目に入ったのは、「野菜調理器」
平たい板に、2種類くらいの千切りができそうなものを発見、それを握っていたら、近くの人が握っている同じようなものに「5つの機能」の文字が見えたので、それを探すと、果たしてあったので、ゲット。
d0063149_22493177.jpg家に帰って見たら、「スライス用、おろし用、ツマ切り用、千切り用に、皮引き」の5機能。
昔から、こういう多機能野菜調理器は1つ持っていたかったのだけれど、使うか使わないかわからないし、その割には安くはないので、買えなかった。

何だか、この2つで300円なんて、とても幸せ。
今まで知らなかったけれど、このセール、最終の一時間が得だとわかった。
この次は、確か、11月の最終週と、12月の初週の金土日曜日かな?
また、日曜日の4時に頑張ろう。
[PR]

by mw17mw | 2011-06-05 22:41 | 合羽橋以外の道具 | Comments(0)

調味料の容器

<ハニーマスタードの容器>
相変わらず、飽きずに、炒り煮したこんにゃくに、自家製ハニーマスタードをつけて食べている。
でも、このハニーマスタード、保存容器がないのだ。
初めは、蓋のついたガラス瓶に入れ、次には、パイレックスのメジャーカップに入れてラップを被せて、冷蔵庫に保管していたが、直接、容器からハニマスをかけると、切れが悪いから瓶の側面が汚れ、スプーンですくうと、スプーンがべたべたに汚れる。
これを解決するのに、良い容器はないかしら?と思っていたのだ。
d0063149_2328849.jpg名前は忘れたが、写真左手の、はちみつやメイプルシロップ用の容器だと思うのだが、内容物を出した後、切ってくれる容器は持っているが、現在は黒蜜が入っている。
それに、実際に使うと、完璧には、内容物のたれを切ってくれなくて、やはり、側面に少しこぼれてしまうことがわかっている。

ハニマスは、どちらかというと、マヨネーズとかトマトケチャップと同類でねばねばしていて、容器に移し替えて使うと実は、扱い難いものではないかと思う。
マヨネーズとケチャップは、多分、工場から、ジャストフィットの使いやすいチューブの容器に入って販売されているから、これだけ普及したのではと思う。
ハニマスも、同じような容器に入って、安くて美味しい気製品があれば、いいいのにね。

で、ミニストップのおひとり様用のケーキで、確か、「苺チーズなんだら」というケーキのようなものを買ったのだが、この空き容器が、今のところ、ハニマスの容器としては最高だとわかった。
蓋がついている上、ついてきたプラスチックのミニスプーンを入れたまま蓋ができるのだ。
どうせ、ハニマスは、ほんのちょっと使うだけでいいので、ミニスプーンですくって出せれば、十分。

何故か、ハニマスは、この程度の保存方法で、表面が酸化して固くなることもなく、こういう状態で、腐ったりしないし、かびが生えたり、味がおかしくならないみたい。

欠点と言えば、ケーキのラベルの紙が洗ってもきれいに取れないこと。

ま~、現在のところ、このドンレミーのケーキの空き容器が一番使い勝手が良いので、当分、このスタイルでハニマスを使うことにしよう。

余談であるが、今日、根津の方から家まで歩いたので、池之端のドンレミーアウトレットを覗いてみた。
(先日、クリスマスに買ったミニストップの苺のショートがドンレミー製だったから。)
そうしたら、ミニストップで320円で買ったケーキがアウトレットで170円であった。
しかし、正規の商品は、半分に切った苺が4つ乗っているのに対し、アウトレットは2つであった。

<めんつゆの容器>
d0063149_23283690.jpg創味のつゆを常備していて、鶏肉の焼いたものに、ほんのちょっとかけたいのだが、パックのままかけると、出過ぎて勿体ないし、味が濃くなってしまう。
で、これは、もう皆様おやりになっているだろうけれど、100キンで売っている先が細い容器に移し替えて使っている。
こういう容器に移した方がほんのちょっとだけ使えて良い、早くこうすれば良かった。
(私が創味のつゆを使うのは、めんつゆとしてと、この焼いた鶏肉と長葱にちょっとかけるだけ。煮物等には全然使っていない、念のため)
[PR]

by mw17mw | 2010-12-26 23:28 | 合羽橋以外の道具 | Comments(0)

千切りスライサー

今日は一日雨、しかも断続的に強い雨で、まるで外に出られず、しょぼんとした休日になってしまった。

本題です。

d0063149_23201251.jpg千切りスライサーを持ってらっしゃる方も多いと思うが、私はつい先日買ってしまった。
というのは、ビストロで良く出てくる人参の千切りのサラダの作り方のところに、「包丁で切るより、スライサーで切った方が、ドレッシングの染みが良い」と書いてあったからだ。

(でも、どうして、こういう道具が必要になったかと言うと、やはり、ダイエットと腸内環境整備の関係で、今まで以上に野菜を食べたい、野菜料理の常備菜を常に冷蔵庫に保管したいと思い出したからだと思う。)

去年だったか、沖縄のニンジンしりしり器がテレビでしょっちゅう紹介され、あれが欲しいなと思っていたのだが、その頃、見つからなかったこともあり、普通のスライサーでいいやと思ったのだ。

多慶屋には、京セラの千切りスライサーが二種類と、スライサーのセットがあった。
私は結局、2.5mmの千切りしかできない、プロテクターもついていない、一番安い(980円)のスライサーを買ったのだが、その他のものは、プロテクターがついていた。
また、もう一種類の千切りスライサーは、厚みを調整できるもので、15mm~2.1mmの間の千切りができるみたい。
セットの方は、二種類の千切りスライサーの他、普通のスライサー、大根おろし器のセットであった。
でも、普通に薄くスライスするのは、野菜の皮むき器でできるし、千切りにしたって、実際使い出したら、幅を調整するみたいな細かい使い方はしないだろう、とにかく、人参サラダができればいいやということで、一番安くて単機能のものにした。

d0063149_232122.jpgで、買って来て使ってみると、ドレッシングの染みが良いかどうかははっきりわからないが、快適に使えることは使える。
正しい使い方は良くわからないが、人参1本を野菜皮むき器で皮を剥いてから、ボウルにセットした千切りスライサーに当てて、前後に動かすだけ。
プロテクターがないので、最後残ったものは、包丁でみじん切りして終り。

今は、フランス風の生のにんじんの千切りドレッシング和え、もう一つは、細かいことは忘れたが、千切りを軽く茹でてから、お醤油と胡麻油で和えたもの。

d0063149_23212685.jpgそして、今日はインターネットで見つけた、にんじんしりしりの一種である、にんじんの千切りの卵とじみたいなものを作ってみた。
他、ベターホームの「作っておくと便利なおかず」に載っている「にんじんとツナのいためサラダ」にも使える。(今日、にんじんしりしりでインターネットを検索していたら、これも、沖縄のにんじんしりしり料理の一つのようだ)

結構、便利で、味を染み込ませたい千切り料理には、確かに良さそう。(後使うとしたら、じゃがいもときゅうり?)

また、本日、にんじんんしりしりで色々検索していたら、Amazonで、にんじんしりしり器を売っていることを発見、欲しいような気もするが、どうしようかな?
下記の動画を見ると、沖縄のニンジンしりしり器で切る人参の千切りは、千切りスライサーでスライスしたものより、そうとう、幅が広くて、長いみたい。
ダイナミックでいいな~、でも、千切りスライサーを買ってしまったので、にんじんしりしり器は買わないと思う、でも、欲しいことは欲しい。

[PR]

by mw17mw | 2010-09-23 23:23 | 合羽橋以外の道具 | Comments(6)