2017年 12月 16日 ( 1 )

新国立美術館の「安藤忠雄展」

初め、全然興味がなかったし、安藤忠雄さんについて、殆ど何も知らなかったのに、テレビでロングインタビューを見て、また、安藤忠雄の作品を見たことがないと思っていたら、上野の国際子ども図書館のリニューアルの設計が安藤忠雄であると教えられ、俄然興味が湧き、金券ショップで、切符が後数枚であったこともあり、買ったので、先週、新国立美術館に行って来た。(下の画像は、新国立美術館から、ミッドタウンを見たところ)

d0063149_16424649.jpg
上野の国際子ども図書館は、ルーブル美術館のガラスのピラミッドを使ったリニューアルの骨子のパクリとは思うけれど、そのセンスは、あの古い図書館にぴったりで好き。(後、身近なところでは、東大の福武ホールも安藤忠雄さんらしいが、こちらは余り何も感じない。その他、浅草に安藤忠雄さんが設計した住居が一軒あるみたい)

安藤忠雄って、何も知らなければ、だみ声の大阪弁の元気なおっちゃん風なのだけれど、実はすごいのね、というのが今回安藤忠雄展を見た感想。

ま、大阪生まれで、大阪の工業高校を卒業して、建築の教育は受けたことがなく、就職した建築事務所で学んだことで、一級建築士の資格を取り、独立して、今や、世界中にひっぱりだこの建築家とのこと。

余りに色々な作品を見ていて、何ていうのか、もし、私が建築家になれたら、一つ素敵なものを設計したら、それだけで嬉しくて満足して、そこにずっと留まってしまうと思うのだが、それは、凡人だからなのだ。
安藤忠雄さんは、やはり、天才とか建築界の巨人なのだろう、一つの到達点に留まることができないで、ずっとずっといくらでも先に進んでいくしかない人のようだ。
それに、もう一つすごいなと思ったのは、若い男女が沢山見に来ていて、それが日本人だけでなく、東洋人、西洋人、色々な人がいたし、聞こえてくる言語も様々、皆、建築を学んでいる人なのかなと思うと、世界中の若い人が憧れて見に来る人であること。

だから、展示されている個人の家から公共施設から膨大な数で、見るのが大変。

現在、安藤忠雄さんは、病気のため、胆のう、膵臓、脾臓を摘出してそれでも元気で世界中で活躍されているとのこと、とにかくすごい。

下の画像は、安藤忠雄さんの初期の傑作、光の教会。
今、我が家の近所のお寺が、ビル丸ごと墓所というものを建てたのだが、その表面は、下のように十字架にはできないので、一本真ん中に上から下まで直線が一本刻まれており、夜になると光っている、私からすると、パクリだと思うけれど、どんなものだろう。(パクリやすいデザイン)

d0063149_16425165.jpg
安藤忠雄展は、12月18日(月)まで。

[PR]

by mw17mw | 2017-12-16 16:50 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)