2017年 12月 02日 ( 1 )

初めて見る六義園の「紅葉と大名庭園のライトアップ」

私は数度六義園に行ったことがあるのだが、余り好きではないと思っていた。
自分で勝手に順路の札を頼りに見て歩いただけなのだが、ただ広いだけで面白くないという印象を持っていた。

そうなのだけれど、今日は、六義園でバイトしている知り合いに届け物をしたく、ついでに、有名な紅葉のライトアップも見てきたら、この庭園、紅葉があるかないかで、全然きれいさが違ったし、この催し物の間、駒込駅のはす向かいにある染井門が開けられ、そこから入れるのだ。

山手線の駅から徒歩2分で、広々したお庭の紅葉を楽しめるって、すごい!
(でも、この庭園を見ながら、皇居の東御苑とか、古河庭園にも行きたくなってしまった。ただ、便利さから言ったら、六義園がベスト)


d0063149_20204353.jpg
いつもは、ぐるっと不忍通り近くまで行って正門から入るし、私も正門からの回り方しか知らなかったが、染井門から入ると、また、歩く道が違うみたいで魅力的であった、入場料300円。

実は、先週行こうかと知り合いに様子を聞いたら、「今年のもみじは何だかきれいではない」とのこと。
だったら、一週遅らせた方が良いかと今日にしたのだが、ま、すごい紅葉とまで行かなかったけれど、ところどころ、赤い葉っぱがきれいであった。

d0063149_20204625.jpg

私は、ライトアップにも興味はあったが、まずは、明るい状態で紅葉が見たいと思い、午後4時くらいに行ったのだ。
多分、5時近くなると、相当太陽光は暗くなるだろうからと計算したのだが、余り当たらなかった。
でも、六義園のもみじを見るのは初めてだし、ま、昼間のもみじを見ておく必要なあると思う。
所々に警備員さんが立っていて、誘導してくれる。
事故防止だからだろうか、結構、昼間でも通行禁止のロープを張られているところが多々あったし、ライトアップが始まる前には、灯りが少ない場所なぞ、もっと通行禁止になるみたいだった。


d0063149_20210865.jpg

でも、明るいうちは、一方通行は少ないし、高いところから、池を見たり、できて、楽しかった。

d0063149_20211250.jpg


この景色は、六義園の中で一番高い「藤代峠」の上からみたもの。


d0063149_20211588.jpg

染井門から、池の周囲を歩いてから、正門に向かったのは、4時半くらいで、その頃から、ライトアップが始まった。
その時間くらいに知り合いに会えて「これから、ライトアップを見てから帰る」と伝えたら、「ライトがついても、きれいではないのだ。やはり、どっぷり夜にならないと、ライトアップが映えない」と教えてくれた。
叔母と別れて、警備員さんが誘導する方に回ったら、そこからは、一方通行、元には戻れなくて、しかも、どこを歩いているか全然わからなかった。
それでも、お団子屋さんなぞがあるところに、無料休憩所みたいなところがあり、茶店の台が空いていたので、そこに座って、30分くらい時間を調整して、日が暮れるのを待って、まだ、ちょっと暗さが足りない5時15分に短気なので、立ち上がってしまった。

そうして、人の波にくっついて回ったのだが、突然、人工的なお水みたいな青いところが出てきた、でも、幻想的できれい。
よくよ~く見ると、ここは、お水が流れていない地面に、青いライトを当て、ミストを発生させているみたい。
(ただね、私のiPodのカメラの性能が悪くてごめんなさいね、暗いところは写らないみたい)

d0063149_20211849.jpg

私のカメラでは、この程度の色にしか写らないけれど、実際はもっと赤が強くて、どこを歩いていても、きれいだった。
回るコツがわからなかったので、どうも、池の周りのライトアップを見損なったと思ったのだが、再度、池の方に行くと、一方通行なので、今見て来たところも全て再度見ることになるので、今年は諦めて、染井門から出てきてしまった。

染井門には、これからライトアップを見ようとする人たちで溢れていた。
何でも、昼間よりライトアップの方が人気があるみたい。

d0063149_20370056.jpg
何て、記事を載せたが、六義園のライトアップは、12/6の水曜日までらしい。
見る価値あると思う。


[PR]

by mw17mw | 2017-12-02 20:51 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)