2017年 11月 29日 ( 1 )

ポン酢をごまだれに直す

つまらないことだが、この前の日曜日の明け方、スマホの携帯メールに、全く知らない人からの間違いメールが入ったのをきっかけに、変な迷惑メールが一日100通近く届くようになってしまった。
どうして良いかわからず、受信だからお金はかからないのではと放っておいたのだけれど、やはり、鬱陶しいし、受信でもお金がかかっているかも知れないと思い、色々いじっていたら、My Softbankというページが出てきて、そこで、迷惑メールのフィルターの強度を調整できることがわかり、強に設定したら、まだ、ちょっと不安な動きはするけれど、殆ど迷惑メールが届かなくなった、万歳!(珍しく自力更生、人間、やればできる!なんちゃって)
しかし、世の中には、あんな人の嫌がる迷惑メールを多くの人に出す人がいるわけで、万に一つも反応があったら、儲かるとかあるから、あんなことをするのかしらね?わからない世界、近寄りたくないし、近寄らないで。

それと、月曜日のペコジャニを見ていたら、最近、グルメとか、佐々木希さんと結婚したので有名な渡部健さんという方が勝ったのだが、その人の押しているお店の鶏肉が確か大山鶏(だいせんどり)と言っていたと思うのだが、それを「相当にすごい銘柄鶏」と持ち上げていたのが気になった。(地鶏と銘柄鶏について
大山鶏と言うのは、地鶏でも、鶏の種類の名前でもなく、鳥取県の大山で、ブロイラーを良い環境で育てたもので、確かにブロイラーよりは高級だし、銘柄鶏の中では名前は知られているけれど、所謂、高級な肉質から違う軍鶏みたいな在来種ではないのだ。
だから、ブロイラーより高級だけれど、鶏肉全体のヒエラルヒーから言ったら、そんな高級なものではないのに、渡部健さんは、そのことを知らないみたいに大山鶏を崇め立てて、煽っている感じがした。
あの方は、グルメとして、お店を紹介することはできるのかもしれない、しかし、料理しないみたいだし、自分で食材を買ったりしないから、こういうところでぼろが出るのかも。(この回は、服部調理師専門学校の先生が出ていなかったし、誰も、そこまで知らない人たちで番組を作ったのかしらね?)
(私がペコラーで料理を選べるとしたら、大山鶏は選ばず、その時にだけしか食べられない地鶏を選ぶと思う。)
これが、大山鶏ではなく、大山地鶏だったら、また、価値が違うけれど、テレビで確かに「大山鶏」と言っていたと思う。

---本題です---
余り面白くない話かも知れないが、ご飯の準備は面倒ということで、最近、気に入っているのは、白菜・白滝・お豆腐などの材料が共通している同じお鍋で、昼は、たらちりをポン酢と大根おろしで食べ、夜になると、そのお鍋のお湯や残りの白滝なぞを温め直して、豚肉のしゃぶしゃぶ用を入れて、煮て、ごまだれで食べている。

最初は、両方とも、手持ちのためしてガッテンの水炊きでのレシピで作ったポン酢で食べていたのだが、ある時、このポン酢に、練り胡麻とお砂糖を入れれば、ごまだれになるではないかと思いついて、やってみたら、大正解、違う味で鍋ものが簡単に食べられるようになった。(ガッテンのレシピ=濃い口醤油100cc、薄口醤油(できればヒガシマル等)100㏄、米酢(できれば、千鳥酢とか)100㏄、グレープフルーツ果汁1/2個分、あれば、かぼすの果汁3個分(なければ省略)

たらと豚肉以外、たらちりの時は、そこに大根おろしを入れて食し、豚しゃぶの時は、ポン酢に、練り胡麻、チューブのおろしにんにく(別にチューブでなくても良いが)、砂糖を入れて分離しないように小さな泡立て器等で混ぜる。(好みで、ラー油も)
入れる量は味見しながら決めるが、甘めの方が良いかも。

(私は、好みでだしの入っていないポン酢を使っているが、きっと、市販のだしが入っているポン酢でも美味しく直すことができると思う。ポイントは結構甘さにあると思う)

今日のお昼、容器に残った練り胡麻にポン酢を入れて、ごまだれにして食べたのだが、少し、余ってしまった。
これは、今日の夜、冷凍してある王将の餃子を焼いてこのごまだれにつけて食べよう。(ダイエット中なので、夕飯は餃子6個のみ)
これで、無駄を出さないことになる、めでたし、めでたし。


[PR]

by mw17mw | 2017-11-29 17:05 | 調理・料理研究 | Comments(0)