2017年 11月 09日 ( 1 )

日暮里駅界隈界隈-「山田屋日暮里店」でホルモンとカルビ 2/2

山田屋本店の食べログで予習したところによると、このお店に来たら、「ホルモンの5種盛り」と「面脂(めんあぶら)」というものは食べなくてはとのこと。
「ホルモンの5種盛り」は、「山田屋ミックス焼き」という名前のよう、お店のお兄さんに、「一人で、山田屋ミックス焼きと面脂両方を取ったら、多すぎますか?」と聞いたら、5種盛りは、1種類につき3切れが盛られてくるので、結構量がありますよとのこと。

だったらと、最初、ホルモン5種盛りを塩でとビール中ジョッキだけにして、その後のおなかの具合で追加を取ることにした。

d0063149_16591173.jpg

面脂は、下のメニューの下から5番目にあった。塩味のよう。
食べログを読んだところによると、面脂って、顔のお肉らしいということしか、調べて来なかった。

d0063149_16590790.jpg


これがホルモンの5種盛り。見ただけで、新鮮さがわかる。
でもね、私は、スタミナ苑でホルモン食べた後、焼肉屋さんでホルモンを取ったことがない。(というか、夜に焼肉屋さんに一緒に行く友達がいないのだ)
で、勘違いと言うか、意識していなかったけれど、焼肉屋さんで出るホルモンって、基本、牛ではなく豚のなのかな?(そんなこともわかっていなかった)

何が何という名前か全部教えてくれたけれど、結局、一番左が牛レバーと言われたと記憶している、後、子袋という名前があったような気がする。(多分、右から2番目)


d0063149_16593138.jpg

それと、左から2番目の包丁目が格子状に入れられたものだけは、良く焼かないと噛み切れないから、良く焼いてくださいと教えてくれた。
その他は、皆、ミディアムレアに焼いて食べたが、どれもこれも新鮮で美味しかった!
他、どんな味だったか、説明しにくいのだけれど、それぞれの食感と、新鮮ならではの薄い味が何とも言えない。
はっきり言えるのは、牛のレバーは、「こんな血の味がしないレバーってあるのだ」という感想、全然血生臭くないので、びっくり。

で、満足して食べ終わった時、まだ、軽くなら食べられると思った。
面脂って、どんなものかわからないし、ご飯に合うかどうかもわからないし、これは、次回来た時の楽しみに取っておいて、ごく普通にカルビとご飯にしようと思った。
(後で調べたら、面脂って、豚の二重あごの部分のお肉らしい)
カルビは、勿論、一番安いので良いわけなのだけれど、「得 カルビ(中落ち)」950円と、「カルビ」1050円の量が少ない方を取ろうと思ったけれど、量は同じなんだって。
だから、カルビ(中落ち)とご飯の小を頼んだ。

出てきたカルビは、今まで見たことのないような相当の厚みのサイコロ状のもの。
いつもカルビというと、薄っぺらい肉片ばかりで、こんな厚切りサイコロ状は初めて!(安い焼き肉屋しか行かないせいかも)
これを見たら、「中落ち」と書いてあるけれど「高級なお肉の切り落としでは?」と思ったが、細かいことはお店に聞いていない。
これだったら、普通のカルビはどんなものだろう、興味津々。

d0063149_16593669.jpg

で、外側だけ焼いて食べたけれど、脂が軽いのなんのって、重たくなくて、軽い美味しさ、私は好き。
焼き肉のたれがあったので、それにつけて食べたけれど、不要かも。
また、甘味噌と辛いお味噌があって、最初に甘い方を溶かして食べたら、甘過ぎた。

こちらは、ランチだからと、スープ・お漬物・ライスみたいなセットがなくて残念。
最後、クッパやピビンパを取っても良かったのだが、結構お腹が良くなっていたので、ご飯小にしたが、お漬物が欲しかったな。

ここは、どうしても、通常一人でランチサービスで食べる価格より高くなってしまうけれど、店の品ぞろえのグレードが違うから仕方ない。
今回、2620円だったかな?
でも、美味しくてとても気に入り、毎月は無理としても、2,3か月に一度くらい行きたい。
ホルモン好きな人に絶対のお勧め。

そういえば、スタミナ苑だけれど、もう20年前の話をしても、今は変っているかも知れない。
あそこは、ホルモンやお肉は美味しかったけれど、料理(クッパとかピビンパとか)は美味しくなかった。
このお店はどうだろう、楽しみ。

後、このお店の欠点は、結局、12時に入って食べ終わるまで、お客は私一人だったのだ。
そうしたら、カウンターの中には3人くらいの若いお兄さんたち、客席にもサービスのお兄さんが3人くらいいて、何だか、見られているようでその点嫌だった。
もっと混んでいる時に行きたい。(笑)

[PR]

by mw17mw | 2017-11-09 09:01 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)