2017年 10月 17日 ( 1 )

超目玉の半端物マグロ

先日、鳥越のココスに行ったら、チラシに載っていない「超目玉」というシールが貼られた、サクにできない筋の多い部分の「天然物 長崎産 生本マグロ(中トロ)」が出ていた。
これは、スーパーの魚屋さん側でも超目玉に分類したけれど、私からしても、「え~、こんな天然物の本マグロで、日本国内で捕れたからこそ生(凍らせていない)、しかも、中トロの半端物がこんな値段で出るの?」と、まさかの発見をし、「超目玉」に分類したこのスーパーの価値をその通りと感じたので、これを私が買わなくて誰が買うと思って、買ってしまった。(4パックあったが、一生懸命見比べて、一番美味しそうなところを選んできた)
(珍しいよね、本マグロで生というものはスーパーで中々見ない気がする。)
ちょくちょく、朝一番で、スーパーに行くと良いことあるのね。(笑)
(今朝も、こういう超目玉の札を貼られた半端物が出ていたが、外国で獲れたインドマグロの冷凍の中トロだった。値段は同じ)

d0063149_15481883.jpg

家に帰って早速、スプーンとか、ナイフで筋から身をこそげ取ったのだが、今までになく、筋が少ないタイプで、最初計量したら、370gだったのが、筋を取り除いても、320gであった。
今まで色々なまぐろの筋を買って来て、身をこそげ取ったが、今までで一番、筋が少ないし、ぬめっとしていて、本当に美味しそう。
(同じ長崎産の本マグロのサクは、100g798円で売られていたから、この半端物はその1/3の値段ということになり、本当にお買い得)

d0063149_15482064.jpg

このパックの中には、筋っぽい大きな切り身の他、筋が余りない、サクにはならない細長いマグロが結構入っていたので、ぶつ切りにした。
それでも、何ていうか、筋から掻い出して、柔らかくふにゃっとなったマグロも中落ち丼とか手巻きにすると十分美味しいのだが、こういう普通の切り身やぶつ切りで食べられるまぐろも絶対美味しい。

私は母が生きていた頃、私が自分でお金を計算して買い物をするから、つい、美味しいマグロを買うとき、同じような味なら、お刺身にしたものより、中落ちの方が安いからと掻い出したものを買ってしまっていたのだが、それは、値段と味のコスパが頭に入っている人間だからこそしたことだったみたい。
そういうものを食卓に出すと、昔人間のコスパを日頃考えていなかった母なぞは、「ちゃんと身として固まっていて、四角い形をしているまぐろのお刺身でないと食べる気がしない」と言っていたっけ。
そりゃね、サクにして、お刺身用に切ったマグロが最高と、母のことを思い出しながら、四角いマグロを食べる。

d0063149_15482340.jpg

全部処理した後、ピチットシートを敷いたトレイに平らに並べて、上からもピチットシートを重ね、ビニール袋に入れて冷蔵庫に半日寝かせて、中の水分を取った後、ラップをしたトレイに並べ替え、上からもラップで覆い、冷凍させた。
で、それをバリバリと割って、ビニール袋に移した後、今、時々、解凍して、食べているけれど、そりゃ、最高級でないけれど、我が家でリーズナブルに調達できるまぐろの中では特上の部類でとても美味しく満足。

d0063149_15482643.jpg

そういえば、昔むか~し、物凄く物識りの人に、築地場内で、夏なら、生のまぐろは需要が少ないので、素人の手が届く値段で買えると習ったことを思い出した。
確か、生の本マグロは、冬場が季節で、冬場は本当に人気があって、素人の手が届かない値段になってしまうとか聞いた覚えがある。
今回、寒くなる前の10月の初旬にスーパー経由で手に入ったのだが、今後、また、夏になるまで無理かも知れない、そう思うと、大切に食べなくては。

そういえば、こういうマグロの掻い出したもの、他の魚に比べて、冷凍させると変色が早い気がするので、大切に食べなくてはと言いながらも、変色する前に食べてしまわなくてはね。
ニャンコには、この前に処理しためばちまぐろの掻い出したものを冷凍させてあるので、そちらをほんのちょっとずつあげている。

[PR]

by mw17mw | 2017-10-17 09:12 | 食材・食材のお店 | Comments(0)