2017年 10月 16日 ( 1 )

ピチットシートとレックの醤油さし

<ピチットシートの研究>
今年の夏だったか、品川Iさんから、「ステーキ用のお肉をピチットで挟んでおくと、熟成牛肉になる」と聞いたのかな?
それに刺激を受けて、ピチットシートを合羽橋の本間商店から買って来て、また、使うようになった。
ピチットには、ライトとレギュラーがあるけれど、やはり、レギュラーだなと迷わずレギュラーをチョイス。
その次、大きさが二つあって、レギュラーが1枚25㎝×35㎝、ミニが1枚18㎝×25㎝と、ほぼ半分サイズだが、ステーキ肉に使うつもりだったので、小さい方をチョイス。
おおきいものを脱水したいときは2枚使えばいいし。


d0063149_16462802.jpg

最初はそれで良かったのだが、段々、大きい生ものを冷凍する前に脱水するようになった。
例えば、新鮮なアジを2本くらい買って来て、自分で2枚におろして、ピチットに包んだ後、ビニール袋に入れて半日くらい冷蔵庫に保存、脱水し、それから、ラップに包むなり、袋に入れるなりして、冷凍している。
その他、イカ、後、筋の多いマグロの実を掻い出したものも、最近は、ピチットしてから、冷凍している。

で、使った感想なのだが、アジやイカは生で売られているのだが、ピチットシートで処理してから冷凍させたものを、手早く解凍して生で食べたりしている。(自己責任でね)
マグロの筋の多いところで太平洋で獲ってきたものとか、アンガス牛のステーキ肉なぞは、冷凍してあったものを解凍して売っているので、家でそれを再び冷凍するのは、良くないのだけれど、一度に全部食べられないので、そうするしかないのだ。
しかし、ピチットで余分なお水を取ってから冷凍すると、そんなに味が落ちないような気がしている。

で、ピチットシートに話を戻すと、アンガス牛は100gあたり100円高いけれど、肩ロースよりサーロイン、特に厚切りが美味しいのだけれど、最近余りでなくなって、ピチットシートは、魚用になり、一度に二枚使うことが多くなってしまったのだ。

で、かっぱ橋の本間商店で値段を比べたら、レギュラーは、32枚で、1850+税なので、1枚62.44円、ミニは、36枚で1200+税だから、1枚36円、2枚使うと、72円となり、量の多いものを脱水するならば、レギュラーサイズを1枚使った方が10円安いという結論に達した。
でも、私は、今後、両方手元に揃えて行くと思う。(う~ん、でも、ステーキ肉を買うのはたまのたまだから、最終的には、レギュラーのみかな?)


d0063149_15482815.jpg


<レック DELIプッシュ式しょうゆ差しS>
自分の持っている道具をチェックしたら、醤油さしが100キンレベルのものが多くて、実は満足していないことに気づいた。
合羽橋のTDIに見に行ったら、ま~色々なものを売っているけれど、しっくりこなかった。
そこで、ネットで、「醤油さし お勧め」で検索したら、「醤油さしの最強おすすめランキング10選【液だれしない!】」で一位なのが、レック DELIプッシュ式しょうゆ差しSで、100㏄が入って397円。岩澤硝子 江戸前すり口醤油注ぎとかイワキ フタ付きしょうゆ差しにも魅力を感じないことはないのだが、現在は、レックのDELIプッシュ式しょうゆさしのSに興味津々。
ただ、これは私の生活範囲では見たことがないのだ。
でも、最近、吉池の地下2Fで、LECの文字は良く見るな~と思って見に行ったら、激落ちくんばかり。(涙)
で、この商品、Amazonで買うとなると、「ご注文合計額が¥ 2,000 (税込)以上の場合、購入いただけます。」と書いてある。
今のところ、Amazonで何か買いたいというものがないので、手が出ない、グスン。(そのうち、本でも買おうかな?)
ということで、今、探しているのだけれど、ハンズとか行けばあるのかしら?
今、LECのお客様相談室に電話したら、受付は4時までなのだって。
明日、また、電話して、扱っているお店を聞いてみよう。
(売っているお店を、ご存知の方、いらしたら、教えてください)

でもね、本当は、液だれしないことも大切だけれど、実は、入れたままにしておいても、水分が蒸発して濃くならないタイプが欲しいのだけれど、望み過ぎだろうか?
イワキの蓋つき醤油差しは、ふたを毎回毎回とか、使った後にちゃんと蓋をするかとか考えると、難しいかもと思うし、岩澤硝子の江戸前すり口醤油注ぎは、高いから、まず、レックを使ってみて、物足りなかったらねという感じ。
(ということで、お勧めの醤油さし、できたら、安いもので良いものがあったら、教えてください)

[PR]

by mw17mw | 2017-10-16 16:32 | 道具 | Comments(1)