2017年 10月 02日 ( 1 )

近所に「てんぷら 下村」さん新規オープン

我が家の近所にあった江戸時代末期からの和菓子屋さん「吉岡堂」が半年前くらいに、突然、廃業した。(峠のもなかが有名であった)
何でも、技術を持って跡を継いだ養子さんが突然倒れてしまい、後を継げる人がいなかったとか。
そのお店に、長らく「貸店舗」の札が貼ってあったが、最近工事が始まって、新しいお店が出来上がりつつあった。

離れたところから見ると、白木を使った内装、カウンターがあり、清潔そう、何屋さんなのだろうと興味津々。
金曜日に見たら、「てんぷら 下村」という表札が出て、まもなく、オープンだと思ったのだ。

ま~それでなくても、近隣に、上野広小路の名店天庄で修業した人のお店「天婦羅 みやこし」があって、古くからの天ぷら屋ののれん分けである蔵前いせやがあって、天ぷらのお店は多い方だと思うのに、また、天ぷら屋?
「この地域なら天ぷら屋が成り立つ」と思われたのかな?

週が明けた先程午後1時くらいに見に行ったら、予想は外れ、もう暖簾が出ていて、贈られた花がずいぶん飾られていて、既にオープンしている模様。


d0063149_16081114.jpg

贈られた花の中に、「山の上ホテル社長」からのものがあったり、のれんに「山の上より」と染め抜いてあったりして、お茶の水の山の上ホテルの中の有名な天ぷら屋さんで修業した人が開いた店なのかと思った。(近隣三店で一番高級そう)
山の上ホテルのメニュー見たら、くわばらくわばらと思うほど、高いのでびっくり。

先程様子を見に行った時、既にお客さんがカウンターに座って食べている雰囲気だけれど、まだ、メニュー表とか全然表に出ていない。
とりあえず、山の上ホテルの常連さんが来ているのかな?

何だか、近隣住民なぞ当てにしないで営業するお店なのかな?成功を祈る。

[PR]

by mw17mw | 2017-10-02 16:10 | 飲食店・菓子店 | Comments(7)