2017年 09月 16日 ( 1 )

入谷駅界隈ー三度目の「千束いせや」で、しらうおと青柳のかき揚げ定食

今日から三連休なのだけれど、また、自販機で売り切れが出てしまい、東浅草に仕入れに行かねばならず、その前から、ケイトさんやなご壱さんのコメントを拝読し、また、千束いせやに行きたくなっていたので、喜んで出かけてしまった。


d0063149_22473463.jpg

今回は、絶対「しらすと青柳のかき揚げ」だと思って出かけて、これは繊細な味だから、丼つゆが最初からかかった丼より、天つゆにつけながら、食べた方が良いかと思って、お店のお母さんに聞いたら、かき揚げに、お味噌汁とご飯とお漬物をつけた天ぷら定食にしても、天丼にしたものと同じ値段とのことだったので、天ぷら定食にしてみた。(1300円)


d0063149_22480676.jpg

何でも、天つゆは、100年引き継いだ味ではなく、普通の天つゆとのことで、丼つゆより薄いとのこと。

こちらは、お品書きの天ぷらの部。精進揚げという野菜の天ぷらお任せ5種の盛り合わせもあるみたい。


d0063149_22474969.jpg

こちらが最初に運ばれて来た天つゆ。
少し口に含んでみると、確かに、普通の天つゆで、濃さも普通とは思ったが、食べ込んで行くと、最後、丼つゆと同じ味と思った。
(で、全体食べてみた感じ、天つゆの方がほんのちょっとだけだけれど、後味に油が微かに残るかなと思った。天丼にした場合、揚げた天ぷらを丼つゆに浸けることで、丼つゆに落ちる油があるということ?)


d0063149_22475868.jpg

こちらが、「しらうおと青柳のかき揚げ」
これも素晴らしかったが、添えられている野菜の天ぷらが、茗荷と青唐辛子、この2つも素晴らしく美味しかった。
何だか、この季節、茗荷と青唐辛子の天ぷらを添えてくれるセンスが素晴らしいし、嬉しい。
茗荷の天ぷらって、確かに沢山食べるものではないけれど、ちょっと食べる分には、香りも高く、夏ならではの味で、独特に美味しかったし、青唐辛子もほんのちょっとピリッとしていて、良い感じ。


d0063149_22475412.jpg

「しらうおと青柳のかき揚げ」は、そもそもしらうおも青柳も小さいので、それぞれの味が自分を主張しにくいのだが、全部まとめると、とても優しい味のかき揚げとなっていて、美味しかった。(個性がなく、優しい味が個性なのかな?)
(私は、しらうおと青柳のかき揚げなるものを食べるのは今回が初めてなので、他のお店と比較できないのが辛い。)

ケイトさんに気に入ってもらえる味かどうか、良くわからなかった。
とにかく、このお店は現代的な天ぷら屋さんではなく、100年以上続いている昔からの下町の天ぷら、それを他所にはない個性と考えていただければ、ケイトさんに気に入ってもらえる可能性はあるけれど、どんなものか?

そういえば、しらうおのかき揚げは、いつまで食べられるのだろう、ケイトさんがいらっしゃりたいとき、もうなかったりするのも困るなと思い、お店のお母さんに聞いたら、「このしらうおは、青森から空輸してもらっているの、冷凍できないから」とのことで、多分、冷凍では味が落ちてしまうから、チルド状態で空輸なのかしらね?(確か、生で運んでいると聞いたような気もするし、そうでなかったような気もするし、記憶がはっきりしない。でも、しらうおを生で飛行機で運ぶのは、余りに非現実的?)
その運送の関係で、たまに、しらうおがない時もないわけではないけれど、後、2か月くらいは、しらうおは入荷予定とのこと。

それに、その頃になると、はぜが入って来て、お酉様の時期になると、もっとメニューがにぎやかになるわよとのこと。

それで、謎が解けた。

d0063149_22480229.jpg

カウンターの端っこに、上の画像のような「人気の天丼」「人気の天ぷら」の写真が置いてあるのだけれど、人気の天丼一位の「はぜの天丼」に常に「品切れ」の札が必ず貼ってあるのが、謎だったのだが、はぜの季節はきっと冬だから、今は、入荷なしで、品切れなのだとわかった。
二位が「しらうおの天丼」三位が「ランチ天丼」四位が、高い「海老穴子天丼」。
天ぷらは、一位が「特製かき揚げ」二位が「しらうおかき揚げ」、三位が海老穴子天ぷら」

はぜって、私はそんなに美味しいという印象を持っていないのだけれど(何せ、めごちファン)、このお店では人気一位とのことで、今度出てきたら、是非食べてみなくてはね。

[PR]

by mw17mw | 2017-09-16 23:21 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)