2017年 08月 23日 ( 2 )

ペリカンカフェは、来週月曜日午前8時にオープン

ペリカンカフェの予定店の前を通ったら、ほぼ出来上がり、オープンを知らせるポスターが貼ってありました。


d0063149_16360371.jpg

こちらは、パン屋さんの方のポスターかな?文言も写真も素敵。

追記:(と思ったら、コメントでまぺさんに、この「74歳のペリカンはパンを売る」というのは、この秋に公開されるクラウドファンディングで作られた映画の題名なのですって。へ~、ペリカンさん、すごい、映画になったのだ。う~ん、でも、近隣住民としては、何故にそれ程ペリカンばかりが持ち上げられると不思議。また、ペリカンは2種類のパンしか作らないと書いてあって、「嘘だい」と思ったら、今は、食パンとロールパンだけで、イギリスパンとかドッグパンは作っていないらしい。何年前だろう、10年前までは作っていたのにね、やめてしまったのだとがっかり)

74歳のペリカンはパンを売る。



予告編は「地元で愛されている」で始まるが、う~ん、難しいところ、私には、「パンはペリカンでなくては」という地元民の知り合いがいない。
今は、地元民より、他所の人のニーズの方が強いのではと思う。
私も一時期凝ったが、カットしてくれないし、他より高いし、予約しないと買えないことが多いはで、段々買わなくなってしまった。
トーストで美味しいパンって、ペリカン以外にも沢山あるのにね。

<追記の追記2017.08.25>
またまた、情報をいただいたので、お知らせしたり、訂正させていただく。
某さんからいただいた情報で、FBの映画『74歳のペリカンはパンを売る。』の情報によると、どうも、このカフェで出すトーストは炭焼きでは?とのこと、それはすごく楽しみ。
また、もう一つ、私の間違いを指摘していただいたので、訂正。ペリカンパン本体のページによると、食パン、ロールパン以外のドッグパン、中丸(バンズ?)、山型パンなぞも今でも作って売っているとのこと。
また、上野駅の地方物産店に、ペリカンパンが並ぶとのこと。

<追記の追記の追記2017.08.26>
KuramaeAさんの情報では、「上野の丸井のB1F 北野エースで水・木曜 15時以降(変更の可能性もあり)食パンのみ数量限定販売ありとのこと。

お三方、情報有難うございます。

d0063149_16364708.jpg

こちらは、カフェのポスター?
私が興味を持ったのは、餅網模様に焼けたトースト、余りにきれいな餅網模様。
これって、かっぱ橋のITCで売っているガス火に乗せて使う金網のついたトースターかな?と思って色々検索。


d0063149_16371706.jpg

ずっと昔ちょっと知り合った女の子が、「パン焼き網を探しているの。発祥は京都のもので、これでパンを焼くとすごく美味しいのだけれど、東京で売っている?」と聞かれたのだが、そんなもの見たことのない私はちんぷんかんぷん。
それから、ちょっとして、ITCで売っているのを発見。
買ってみたいけれど、そんなにトースト焼かないからと買っていない。

で、今回色々検索したが、多分、京都の発祥のパン焼き網って、これかな?

この記事は、正しくかっぱ橋で買った焼き網を使ったという記事。
でも、画像はペリカンのポスターみたいにきれいに焼けていない。

その他、「パン焼き網」で検索すると、他のメーカーのものも沢山出てくる。

う~ん、どのパン焼き網を使うと、ペリカンカフェのようにきれいにパンが焼けるのだろう?

という興味を持って、行ってみたいが、当分は行列かな?

ペリカンカフェ
2017.08.28(月)8:00オープン
東京都台東区3-9-11 1F
月~土 8:00~18:00
日曜・祝日定休

銀座線田原町から行く場合、ペリカン本店のあるブロック、カナイユのあるブロックを通り越した次のブロック真ん中くらい、100キンローソンの隣。
大江戸線蔵前駅から行く場合 国際通りに出て2ブロック目(クレールドリュンヌのブロックの次のブロック、前がぐる~りめぐりん停留所)

[PR]

by mw17mw | 2017-08-23 16:58 | 飲食店・菓子店 | Comments(13)

田原町駅界隈-「カフェマントウ」であんみつスペシャル

築地の帰り、そうだ、今日は土曜日だから、カフェマントウに行くことができると思いつき、浅草の方に向かった。
ただ、平成通りを走っている時に、宮川食鳥店の前を通った時、向かい側の路地裏に確か、天草から寒天を作る甘味やさんがあって、そこも行っていないことを思い出したけれど、そのお店の内容は殆ど忘れていたので、その時に行くのは無理と思った。
先程調べたら、そのお店は、「天まめ」さん、今度行こうと思う。

で、築地から無事かっぱ橋の入口に到着、これが、かっぱ橋道具街の方から見た新しいマントウさん。
売店もカフェモ入口は同じ、但し、キャッシャーは別々。


d0063149_12374330.jpg

お店の入口のところに、こんな写真も貼ってあって、わかりやすい。


d0063149_12374636.jpg


こちらの方が全体のメニューがわかるかも。


d0063149_11590670.jpg

お店を入ると、カフェで使っている素材が展示されていた。
これを見ると、白玉とか赤えんどう豆なぞは自分のお店で作っているみたい。

d0063149_12374912.jpg
カフェの中。

d0063149_12375342.jpg

私は、あんみつスペシャルを注文。
すぐに、冷たい容器の冷たいあんみつが運ばれて来た、星型は、パイナップルを抜いたもの。

元々、萬藤さんは品物が良いから、黒蜜や餡が味が濃厚でとても美味しかったし、勿論、寒天やあんずも良かった。
ただ、白玉は大きめながら、作り置きなのだろう、ちょっと周囲が柔らかくなっていたのが残念。
(今どき、注文を受けてから白玉を作ることを要求できないかも知れないが。どこか、そういうお店、あったよね?)

とても、美味しかったのだけれど、何ていうか、あんみつしかないのが、季節柄残念であった。
というのは、この前、新宿西口の時屋で、クリームあんみつを食べたばかりだったので、甘味屋さんだったら、クリームあんみつか、ソフトクリームあんみつがあって当然でしょうと思ったが、まだ、開店したばかりのせいか、あんみつの次に冷たいものはかき氷になってしまうところが残念。

後、食べ終わった後に飲むお茶が欲しかったな。(時屋、ついてきた)


d0063149_12375859.jpg

この前の時屋さんのフルーツが結構入っているクリーム白玉あんみつが、980円だったかな?
まんとうさんのクリームが入っていなくてフルーツがちょっとの白玉あんみつが650円というのは、ま、妥当と言えば妥当なお値段かも。

土曜日の二時頃行ったのかな、そうしたら、お客は私ともう一人だけであった。(その後、徐々に人が入ってきたが)
そこに、店員さんが4人もいて、「これで採算が合うのか」とちょっと心配になった。(笑)
(馴れた店員さんが、新米の店員さんを指導しながらの4人ではあったが。)

まだ、甘味だけで、そのうち、お餅とかお赤飯とか、お腹に溜まるものも始めるのだろうか?

今の時期、かき氷が季節かも。
苺とあんずは生シロップとのこと。(見ていても、苺のかき氷を注文する人が多かった。実際のかき氷を見ても美味しそう)

かっぱ橋に買い物に来た時に、どうぞ、ご利用ください。

そうだ、心配は、カフェと売店一体型のお店になったけれど、売店の年末のバーゲンは引き続き開催してくれるのかしらね?
(もし、こちらではバーゲンしなくなった場合は、合羽橋本通りの萬藤さんの方が12月の前半にバーゲンするので、そちらに行こう)

[PR]

by mw17mw | 2017-08-23 12:12 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)