2017年 08月 21日 ( 1 )

葉唐辛子で葉唐辛子の佃煮を作ってみた


8月の初旬に多慶屋の野菜売り場に「葉唐辛子」という葉っぱが並んでいた。
初めて見る「葉唐辛子」だけれど、葉唐辛子の佃煮を買ったばかりだから、一度はあきらめたのだが、好奇心が勝って、次に行った時、まだ沢山あったし、安かったので、一束買ってしまった。


d0063149_11575125.jpg

家に帰って、束ねたところを外してみると、葉っぱだけでなく、沢山の青唐辛子がぶら下がっていた。
葉唐辛子って、青唐辛子が生っている頃の唐辛子全体を言うのかな?


d0063149_11575520.jpg

下の画像は、全部葉っぱと青唐辛子をむしり終わった後。
葉っぱは、部位の名称が良くわからなかったので、「植物 部位 名称」でググって出てきた、このページに助けてもらうと、葉身という名前の葉っぱ本体は佃煮にするとして、葉柄という葉身と茎を繋ぐ細い部分は不要だから、葉っぱ全体をむしれば良いというわけではなく、葉身だけを取ると結構面倒、分解に二時間くらいかかったかな?


d0063149_11580198.jpg

ここまで下処理をしてから、以前、一度だけ葉唐辛子の佃煮を作った記事を探し、そこの今年最後の葉唐辛子の佃煮というククパのレシピを参考にして作ったのだ。
でも、作る前から気になったのは、2015年9月に自分で作った時の画像を見ても、ククパのレシピを見ても、使っている唐辛子の葉っぱが、唐辛子が赤くなってからの物であること。
その点、今回は、青唐辛子時代の葉っぱなのだけれど、どうなのだろう?と少し不安であった。(実際に葉っぱをかじっても、辛くなかった。だったら、赤唐辛子の時の葉っぱは齧ったことがあるのというと、その時はそんなことしなかったので、赤唐辛子時代の葉っぱの味はわからない)

ま、でも、今回このレシピを再び見て、先日古くからの老舗の某佃煮屋さんで買った葉唐辛子の佃煮が余り美味しくなかったのは、「お酢とはちみつ」が入ってなかったらだと思った。(老舗の佃煮屋さんははちみつ使わないと思う)

でも、ククパのレシピ通りに作ったつもりだが、今回は、全然美味しくなかった。
私の腕が悪いかも知れないし、やはり、葉っぱ自体、青唐辛子のときの葉っぱではなく、赤唐辛子の時の葉っぱでないと美味しくないのかも知れない。
そこらへんのこと、わかる方いらしたら、教えてください。

前回は偶然、赤唐辛子の時の葉っぱが手に入ったけれど、その後は、手に入らない。

出来上がった美味しくない葉唐辛子の佃煮は冷蔵庫に入ったまま、どうしよう?
それと沢山の青唐辛子も冷蔵庫に入れっぱなし、こちらは、刻んで冷凍しようかな?
(朝、多慶屋で葉唐辛子を買った日の夕方、再び多慶屋に行ったのだが、沢山あった葉唐辛子が全て消えていた。
多分、全然売れないから、ひっこめられてしまたのかも)←追記:2017.08.24に見に行ったら、また葉唐辛子が沢山出ていた、もしかしたら、人気商品かも知れない。


[PR]

by mw17mw | 2017-08-21 12:20 | 調理・料理研究 | Comments(0)