2017年 08月 16日 ( 1 )

上野駅界隈-「キリンシティ 上野」でランチとビール


お盆休みのある日、アメ横を通ったら、裏通りにキリンシティがあった。
昔から同じ場所にあったかどうかは不明、でも、現在のお店は新しいビルの中にあることに間違いない。

d0063149_08324997.jpg
表の色々な看板を見ると、ランチメニューがあるみたいだし、このお店では、「ビールは一杯一杯3回注ぎをしている」と書いてあり、興味津々。


d0063149_08325234.jpg

2,3日して、雨や曇りの天気が多い中、珍しく暑くなった日のお昼に行ってみた。
一人だから、カウンターに通され、メニューを見る。
注ぎ方の解説以外、ビールの種類も色々あったし、キリンの3回注ぎ以外に、フローズンのビールとか、ハイネケンなぞもあった。

ビールは、通常のグラスサイズとミニサイズがあったので、店員さんに聞くと、普通サイズが300cc、ミニが200ccとのこと。(普通サイズで安くて520円だから、結構高い)

d0063149_08325533.jpg

座った席が、その三回注ぎをする人の近くなので、たまに観察していたが、少し注いで置いておいて、阿波が落ち着いたら、2回注ぎ足す感じ?
メニューに「注文してから、4分お待ちください」と書いてあったから、最初に注いでから、完成まで4分くらいかかるのだと何となく思っていた。

私の注文したのは、ラガー。
少しして運ばれて来た、泡がきれいで、固い。
(でも、別段、泡が美味しいとは感じなかった。)
飲んでみると、ラガーなのに苦みがないこと、ラガーを飲んで苦いと思わないことは今までなかったと思うのだが。
へ~、やはり、注ぎ方で味が変わるものなのかしらね?


d0063149_08325967.jpg

こちらは、お昼ごはんの日替わりスパ、チーズと生ハムのパスタ?
ランチの選択肢は、パスタかカレーだったのだが、カレーは、黒カレーが黒ビールを使った、赤カレーは赤ワインを使っているカレーと書いてあり、それが美味しいかどうか冒険するのは嫌だったので、普通の一番安い日替わりパスタにした。
味は普通、量は多め、無難。
あ、でも、途中飽きたので、「ハバネロかタバスコありますか?」と聞いたら出てきた。(何だか、テーブル席にはハバネロの瓶が置いてあるみたいだが、カウンターにはなかったのだ)


d0063149_08330388.jpg

ここのビール、一気に飲むのなら、この温度でも良いのかも知れないけれど、私のように食事しながら、タラタラ飲むと、そもそも出て来た時の温度が、キンと冷えたビール程冷えていない(だって、4分は常温に置いておいたのだから)ので、どんどん、「冷えたビール」でなくなっていったのだ。

何だかな~、この3回注ぎの泡がしっかりしたグラスビールって、それを飲んで美味しい気候があるのではないかと思った。(オールシーズンには向かない注ぎ方?)
夏日の日差しの強い、店の外は灼熱地獄というその日、このお店に入った時、お客が自然に欲するビールの温度はもっと冷たいものではないかと思った。
反対に、秋とか冬にこの少しぬるめの3回注ぎがあっているのかも知れない。

何だかな~、ビールの美味しさって、その日の気候の温度と、ビールの温度がピタっと遭い、また、注ぎ方にも工夫があるからこそ美味しいと思った。

何も私が聞かなかったからか、店員さんのアドバイスもなかったわけだけれど、真夏日には、3回注ぎより、フローズンのビールを選ぶべきだったかも。
それを、何とかの一つ覚えで、真夏日でも、ちょっとぬるめの「3回注ぎ」を売り物にしている大ビールメーカーの名前を冠したビアレストランって、間が抜けていると感じた。

今までで、ビールが本当に美味しいと思ったのは、ちょっとじめじめした初夏、足立区のかっぱ寿司で飲んだプレモルの生ビール。
あれは本当に美味しかったが、きっと、気候とビールの温度がピタッとあったに違いない。
その後、プレモルの生ビールがあったら生ビール、普通の缶ビールでも、プレモルを飲んでみたが、ピタッと美味しかったのは、かっぱ寿司の一回だけであった。

また、天気とビールの温度、注ぎ方がピタっと遭ったビールに再び巡り合いたい。

[PR]

by mw17mw | 2017-08-16 08:56 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)