2017年 06月 18日 ( 2 )

Myにゃんこ物語 63-猫お嬢様用特別ベッド

うちのニャンは、家に来てから何年になるのかも忘れて来たくらい、我が家にいるのだ。
表情はだいぶ柔らかくなったものの、野良の時の習性そのままで、私に触らせず、暮らしている。
いつまでだっけ、いつも、部屋の隅のベッド下の猫小屋で寝ていたのを、私がいなくなると、私の布団のかけ布団を折っているところで、眠るようになって、それがとても気に入ったみたいで、飽きずにずっと毎日続き出した。
しかし、寒い日は、くつろげないみたいだったが、ある程度温かい日、私がエアコンをいれてあげた冬の日は、必ず、猫小屋から出てきて、私の布団で休むようになった。

何がそんなに気に入ったのかなと考えると、南向きの窓のところで、そこから薄いカーテン越しの光を背中に浴びながら、四肢を伸ばして、身体の手入れをすることに幸せを感じるみたいだった。
どんな動物もやはり、日向ぼっこが一番楽しいのかな?(人間もそうで、我がお店の前でタバコ吸いながら、太陽浴びている人は結構多い)

そうして行くうち、段々図々しくなり、私は、大抵平日の8時半頃、お店に行くのだが、7時半くらいから、朝ごはんは食べ終わったのに、にゃあにゃあ啼きだすようになった。どうもそれは「早く出て行ってよ~、早く着替えなさいよ~」コールみたいで、うるさいのだ。
特に、土日祭日という概念のないニャンコのこと、お休みの日もにゃーにゃー言ってうるさい。
どうも、9時半くらいまでなら、私が出て行くのを待てるみたいだが、そのくらいになっても、私が出て行かないと、「わ~、我慢できない!」みたいな堪忍袋の緒が切れた感じで、ぷいっと納戸に隠れてしまう。(納戸の中で呼んでも、「ふ~」とか言ってけんか腰)

段々私も土日祭日でも10時頃までには部屋を出るように躾られてしまった。

それにしても本当に私の掛布団が好きみたいで、段々、今度は午後3時に私が部屋を出るのだが、その少し前になると、横になっている私は怖くないみたいで、私の顔のすぐそばに来て、「そろそろ時間よ、私の番だから」というようになった。

部屋を出ながら、色々な機会に様子をうかがったのだが、私が本当に出かけたかどうかは疑い深く、私が出た後、時間をかけて、一人(否一匹)だるまさんが転んだ状態で、徐々に徐々に私の布団に近づいていくみたい。

一旦出かけた後、たまに、忘れものとかあって、部屋に戻ることもあるのだが、その時にそっと覗くと、ちゃんと私の布団の上でくつろいでいる。(私に気づくと、一応はニャ~と自分の部屋だと主張するが、私が部屋に入ると、すぐに諦めて、猫小屋に行ってしまう)

やはり、四肢を伸ばして、くつろぐということは猫にとっては余りに無防備な姿で、周囲に他の生き物がいるとできないのかな?

しかし、今はいいけれど、お正月とか、元旦から、「早く出て行ってよ」と猫に追い出されるのは私が可哀そう。(笑)

それに、もう20年以上使って来た布団を新しくしようと考えている時なのだが、あんなにニャンコに気に入られているので、捨てるには忍びないのだが、私は新しい布団が欲しい。

ということで、色々考えた結論。

1.新しい布団セットは購入。
2.今、気候が良いので、とりあえず、新しい布団が決まるまで、私は敷布団とタオルケットを持って、ニャンコの猫小屋のある部屋で寝起きすることとする。
  (新しい敷布団を買ったら、古い物は廃棄し、新しい掛布団は私専用とする)
3.ニャンコの大好きな古くて汚い私の掛布団2枚は下の写真のように4つ折りして、南向きの窓のところに、設置する。
  (お猫様用特別ベッドの前に置いてある白いものは、使わなくなったバスタオル、最近、ニャンコは自分の好きな掛布団を汚すことはないのだが、時々、私の布団のシーツに、お腹に溜まった毛玉を吐き出すので、こんな工夫をしてみた<これは猫を飼っている現実>)

実は、昨晩、私が、頑張って、ドタンバタン、部屋を片付けて、上記移動を行って眠ったのだが、大成功!

d0063149_19130724.jpg

朝起きたら、猫お嬢様用ベッドの周囲に猫の毛が落ちていたし、私が眠っている間に、新しいベッドで寝ていたのかも知れない。
そのせいか、今朝は猫に追い立てられることはなかったのだ!
ニャンコは、自分が好きなベッドにいつもより十分な時間眠ることができたので、満足したのかも知れない。

これが続けばめでたし、めでたし。

ま~ね、最終的には、私が起きて部屋にいても、特別ベッドで平気で眠るようになってほしいのだけれど、それは望み過ぎかな?

[PR]

by mw17mw | 2017-06-18 19:18 | | Comments(0)

鳥越おかず横丁のグールーの牡蠣サンドと牡蠣ご飯情報

今朝、グールーのインスタに牡蠣の情報が載っていたので、ご紹介。
何でも、今日が牡蠣サンドで、明日が牡蠣ご飯の予定とか。
平日お勤めの方は今回ご飯は無理かも、でも、牡蠣サンドも美味しいです。


モノマチ9のグールー(こちらに牡蠣サンドを食べたことが載っております)

お値段は、牡蠣の大きさによるらしく、今回のはまだ決まっていないようですし、良く読んだら、今日は12時オープンとのこと。
グールーのインスタをちゃんと読んでから、お出かけください。


[PR]

by mw17mw | 2017-06-18 08:21 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)