2017年 06月 04日 ( 1 )

秋葉原駅界隈-二度目の「志なそば 田なか セカンド」でアンチョビ塩まぜそば味玉付き

4月初めに行った切り、中々行けなかった「志なそば 田なか セカンド」に行ってみた。
d0063149_20353339.jpg

そうしたら、「志奈そば田なかSECOND第1章閉幕のお知らせ」という貼り紙が目に入ってきた。
「現在の形の営業を6月20に火をもちまして、一度閉幕」?
でも、地域一番を目指して、今後とも精進?必ずレベルを上げて帰って来る?
一体、何?
d0063149_20353702.jpg
その時、他に行きたいお店があったので、そちらに行ってみたけれど、ランチは3千円一本と聞いて、すごすごとこのお店に戻って来た。
そうして、今回選んだのは、アンチョビ塩まぜそば味玉付き。
もう気候が暑いので、熱い汁のラーメンは食べたくなかった、そうすると、このまぜそばか、つけ麺なのだって。

d0063149_20355446.jpg

出てきたのはこちら。
底にアンチョビソースが敷いてあるので、その上に乗っている麺を大きく混ぜて和える。

d0063149_20354359.jpg
そうすると、解説に書いてあるように、タリアッテ―レくらいの平打ち麺が出てくる。
アンチョビソースは私好みの「アンチョビ臭さを活かしている」の反対で、何となく魚醤っぽさを感じるくらいの軽い感じ。
だからか、余り印象に残らない一品であった。
中華で、イタリアンぽいものを作ってみましたという感じ?ただ、それだけ?
d0063149_20354652.jpg
で、お店を出るときに、見送ってくれたお兄さんに「閉店するのですか?」と聞いたら、「一旦、20日に営業をやめて、2,3日かけて中を改装して、再オープンします」とのこと。
再オープンするとメニューも替わり、アンチョビ混ぜそばと、至高の出汁ラーメンがメニューから消えるのだって。(その代わりの新しいものも出るようなことを言っていたような気がする)
うん、アンチョビ混ぜそば、決して不味くはないのだが、個性が良くわからないので、なくなっても良いような気がした。
至高の塩かけそばは、限定30食だったか50食だったかで、夜の5時からしか食べられないというのがやはりネックになって人気が出ないのかも知れない。
でも、以前から、至高の塩かけそばを食べてみたかったので、是非、6月20日までに行ってみることにしたい。
(「至高の塩かけそば~房総の恵み~」で検索すると、色々な感想が沢山出てくる、出汁研究家の私としては、絶対食べなくては)

[PR]

by mw17mw | 2017-06-04 20:59 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)