2017年 04月 20日 ( 1 )

稲荷町駅界隈-「稲荷屋」でワンタン麺

今まですべてのフレッツ光の電話セールスを相手にしなかったのだけれど、家を訪問してきたお兄さんに、「ギガらくWi-fiにすれば、力が強くなる」と言われたのかな?
その時は、「でも、不自由はないから」と断ったのだが、それから数日経って、「そうだ、私のプリンターはwi-fiで情報を受け取って印刷できるはずだけれど、今、それができない」ことを思い出したのだ。
わ、この点が改善されるなら、ギガらくwi-fiにしてもいいなと思っていたところに、また、セールスの電話が入ったので、色々訊いてみた。
そうしたら、その点は改善されると思うけれど、費用が、一日100円高くなると思ってくださいと言われ、え、一日100円ということは、月3千円?年間36千円高くなるのだって。
何でも聞けるサポート付きとか言われたけれど、こんなの、今までの経験では余り当てにならないし、欲しいとは思わないもの。
どうしようかと思案中ながら、きっと、今のままにするだろうと思う。

---本題です---

「稲荷屋」さんは、本人から聞いたわけではないが、何でも、現在のご店主さんが元フレンチのシェフで、普通のラーメン以外に、フレンチの手法・材料を使った月ごとの「限定ラーメン」を発表している、結構、先進的なラーメン屋さん。
しかし、ファザードというのだろうか、外装・内装とも、居抜きで借りて、一番安いテントと暖簾を選んで手直しして開店したのではと思える安っぽさで、損をしている面も大きいと思う。

中に入ると、8人くらいのカウンターに、テーブル席が3つくらいかな?
それにもまして、何といっても、お店の人が、ご店主一人というさっぱりさ。(日曜日だけ一人で、平日はもっと人がいる可能性はあるけれど)(笑)


d0063149_08523025.jpg
私が行ったのは、日曜日の午後1時半に近い時だったけれど、お店は満員で、私の前に2人の男の子たちが並んでいた。
結構、人気があるみたいで安心。
自分のブログをひっくり返してみたら、私はこのお店の限定ラーメンしか食べたことがなく、ごく普通のラーメンを食べるのは今回初めてになった。
d0063149_08523754.jpg

何せ、ご店主一人がテーブルを片付けながら、麺を茹でて、ラーメンを仕上げて出すのだから、当然回転が悪く、時間がかかる。
何だか、暇なときでないと入れないよなと思ってしまったが、平日のお昼はそれでもどうにかなっているのだろうか?

でも、まあまあの時間で、着丼。

d0063149_08523319.jpg
ここのワンタン麺、最初から結論を書くと、味は普通だと思う、特段、美味しいとも思わなかったけれど、私の中の、「ラーメンの麺、スープ、ワンタンはこういう範囲に収まるべき」の中に3つとも収まっているから、大きな不満が生まれなかった感じ?安定感が良い感じ。

だいたい、その前の大和さんのワンタン麺のハーフ900円と同じ価格なのだが、どんぶりの大きさが違うのかも知れないが、こちらは、大きなチャーシューを初め、5つの肉ワンタンも皮がフルフル大量、全てがぎっしり、いかにも千円近いコストに対して量でも応えている感じが良かった。
(大和さんは店員さんが4~5人、稲荷屋さんは1人であり、同じ900円のワンタン麺で、材料の良し悪しの差かも知れないが、大和さんの迫力のない量と比べると、大和さんに払う料金の中の人件費の割合が高いのかなと思ってしまう、それにしても稲荷屋さんは、少なくとももう一人サービス要員が必要)

スープは、あら?しょっぱくないと思った時、「あ、そうだ、醤油味なのだ」ということに気づく、醤油味なので、スープの角が丸い。
(そういう意味では、大和さんの白だしと比べてはいけないのかも)
ご店主一人のお店だし、麺は、きっとどこかの製麺所のものだろうけれど、細麺ストレート、腰があるよりちょっと柔らかめの茹で方で、ごく普通な平凡な感じがした。
チャーシューは何しろ大きいし、美味しくて満足。
肉ワンタンは、私の好きなフリルが沢山ついているようなタイプで、肉あんもたっぷり、大きさ的には満足だけれど、味的には普通かな?

このお店、限定ラーメンはものすごく繊細なものを作るけれど、その他のラーメン屋さんらしいメニューはごく普通なのかも知れない。
でも、それが受けているのか、男性のお客が引きも切らなかった。

何ていうのだろう、普通のラーメンメニューは多分、ごく普通なので、特段、推薦しないけれど、ごく普通のラーメンを食べたいときにはこのお店が良いと思う。

今度は、鶏つくね団子が入っている塩ラーメンを食べてみたいと思う。

[PR]

by mw17mw | 2017-04-20 16:43 | 飲食店・菓子店 | Comments(4)