2010年 12月 19日 ( 1 )

「こんぶの岩崎」&「大原本店のおまけ」

何だか、ここ数日、とても寒い。
寒い中を散歩しているのだが、もうちょっと気温が高かった時期は、1時間くらい歩くと、身体が温まってくるのがわかったのだが、ここ数日は、一時間歩いても、全く身体の内部が熱くなった感じがしないのだ、全く変化なし。
こんなものなのだろうか?
寒い日に寒い中で、運動したり、歩いても、無駄なのだろうか?
それとも、例えば、VAAMなぞを飲んで歩けば、多少は熱くなるのだろうか?
明日から工夫してみようと思っている。

で、本題です。

こんぶの岩崎
d0063149_23155293.jpg
無料の押上行きパンダバスができて、私にとって行き良くなったのは、墨田区の図書館だけではなく、「こんぶの岩崎」。
以前、自転車で行ったことはあるが、やはり、遠いので、一度限りになっていた。
お店の前に、特価品も並んでいるし、昆布以外の乾物も扱っているよう。

昆布も選ぶのが難しい。
今は築地で真昆布の耳の安い物を買っているけれど、どうも、余り味が出ていないような気がしていた。
で、岩崎さんで聞いてみると、やはり、耳は耳であり、真ん中に比べたら味が出ないとのこと。
また、真昆布の耳だったら、岩崎さんでも扱っているとのこと。(わざわざ築地まで買いに行く程のものでもないようだ。)

d0063149_23164518.jpgふむふむと聞いて、お店の前に並んでいたきずものの天然物羅臼を買って来た。
虫食いの穴が付いていて、千円。
多慶屋でも乾物は色々あって、羅臼の一等検が980円だったから、やはり、どう考えてもこの千円の天然物羅臼はお買い得だと思ったのだ。

家に帰って使ってみたが、どうも、こういう良い昆布になるとケチになって、ちょびっとしか使わなかったので、真昆布の耳に比べたら、どのくらい、味がグレードアップしたのかは、実は実感できていない。(笑)

それでも、本当に肉厚の昆布であり、このくらい肉厚だと、出汁を取り終わった後、捨てないで、冷凍庫に溜めておいて、昆布の佃煮を作ってみようという気になる。(真昆布の耳はペラペラなので、使い終わったら捨てていた。)

そういう意味でも決して高い買い物ではないと思う。
でも、このLivedoorグルメの出挙さんの情報の「羅臼の耳」がいいな~。

先程、こんぶ岩崎で検索したら、youtubeに動画があるようなので、貼っておく。



大原本店のおまけ>
d0063149_23171661.jpgこんにゃくを沢山食べるようになって、大原さんにこんにゃくを買いに行っている。
それは、同じ大原さんのこんにゃくでも、小売店で買うと155円なのに、大原さんで買うと115円だからなのだ。
そして、大原さんでこんにゃくを多めに買った時、同じ大原さんで作っている桜や紅葉型の生麩の冷凍5個をつけてくれることも魅力。
特に、今のようなお正月前、いただいた生麩を冷凍庫に溜めておけば、お正月の煮物なぞにちょっと乗せたら引き立ちそうで嬉しい。(なんちゃって、お一人様のお正月を予定している私が煮物を作るかどうかはちと怪しいが)

お買い得品を買った時や、こんにゃく2,3米の時にはおまけは付いて来ないし、はっきり、「いくらから、おまけがついてくるのですか?」なぞとも、聞いていないので、良くわからないのだが、多分、500円を越すくらい買うと、おまけがついてくるような気がしている。
[PR]

by mw17mw | 2010-12-19 23:17 | 食材・食材のお店 | Comments(2)