2010年 12月 10日 ( 2 )

ブロッコリーの皮の剥き方

本題に入る前にデジタル秤について。
6月だったか、ライフというスーパーの開店セールで、タニタの安いデジタル秤を買ったのだが、壊れてしまった。原因は不明。(もう一つ持っているから、壊れてもいいのだが。)

今朝、多慶屋の調理道具売り場に行ったら、タニタの2kgくらい1g単位で量れるデジタル秤が1460円くらいだったのだ。
思わず、「安い、買おうか」と思ったのだが、他の秤を見ると、2600円くらいで3kgまで量れるデジタル秤もあった。
どうせ買うなら、3kgの方が使えるな~と思い出した、しかし、お味噌を作らなければ、そんなに沢山計らないので、ま、いいか、2kgや3kg量れる秤があれば、便利だけれど、使いようでは1kg秤だけでもどうにか足りるなと思って、何も買わずに帰って来た。

何でも、多慶屋は、今限定30台で、2kgまでのデジタル秤を安く売っているそうだ。
今朝の時点では、10台くらいは、残っていた。

本題です。

最近、良くブロッコリーを食べている。
浅草橋の野菜スタンドのブロッコリー、買って来て当日に茹でると柔らかくて美味しいことがわかったからだ。(それまで、二三日、冷蔵庫に入れてから茹でるから、美味しくなかったのだと反省)

で、私は、ブロッコリーの茎の皮を剥くのが、固いし、剥き難いから、嫌い。
以前から、茎の皮を剥かないで茹でてから、剥がせば楽ではと思っていたので、やってみたら、この方がずっと楽。

ブロッコリーの茎は、花に近い部分は柔らかいから、柔らかそうなところから、切り離す。
茎は太かったら、二つなり、四つに割る。(細かったらそのまま)
それを茹でてから、水気を切って、(熱いままでも、冷めてからでも)茎の下の方から包丁を入れて上に引っ張るとするすると簡単に皮が剥けてくれる。

とても楽。

なぜ、お料理の本にはこのやり方が載っていないで、ブロッコリーの皮を剥くことから始まるのかなと、いくつかブロッコリーのレシピを見ていたら、ブロッコリーを下茹でせずにそのまま生のまま使うレシピが結構多いからかなと思った。

私は、昔の人間なので、何だか、ブロッコリーは、一度茹でてから使うものだと思っていた。

ブロッコリーを塩茹でする時、試してみてください、とても楽だから。
d0063149_1930820.jpg
(一番左は、皮を剥いたもの、その他は皮がついているもの)
[PR]

by mw17mw | 2010-12-10 19:30 | 調理・料理研究 | Comments(3)

蔵前の「カキモリ」&御徒町「2k540」

昨晩、久々、itonowaさんのブログを見に行ったら、11月30日の記事に、蔵前に新しい文房具屋さんがオープンしたとあったので、本日のお昼に見に行って来た。

蔵前の江戸通りと蔵前橋通りの交差点から、国際通りを進んで次の信号のところ。(生駒軒という中華料理屋の国際通りを挟んだはす向かい)

今時、新規開店される文房具屋さんが、昔のままの文房具屋さんである筈はないと予想して行ったのだが、果たして、とても素敵なお店だった。その名は、「カキモリ」。
d0063149_18574955.jpg
1時過ぎに行ったのだが、結構、アーティスティックな、というのだろうか、地味だけれどこだわりを持っているような若者のお客で混んでいた。
ざっと見て来たが、力を入れているのは、色々パーツを選んでその場で作ってくれる自分だけのノート(手作り便せんもあるようだが、それは10日かかると書いてあったかな?)と、とても素敵な万年筆たち。
(普通の文房具は殆ど売っていない、素敵なクリスマスカードやシールが少しあった。)

私も実は、常に手元に置いておいて、思い付いたことを書き込めて、また、どこへでも持って行ける、そして、思わず大切にしてしまうようなノートが欲しくて行ったけれど、やはり、その場で作ってもらうなり、売っているノートはやはり高かった。
こういうメモるためのノートは、使い捨てはしなくても、ほぼ使い捨てになるわけだけれど、それに、800円、千円とお金をかけるのは、ちょっと辛いかな?

そこまで凝りたくはないけれど、そこらへんの文房具屋さんや100キンで売っているノートよりもうちょっと上等なものが欲しかったら、銀座の伊東屋や東急ハンズで探せばいいのかなと思いながら、出て来た。

でも、このお店、人気が出そうな気がする。
馬喰町や蔵前に、アートを大切にするお店が増えていると聞いたが、このお店を見て、本当だと、実感。

何だか、先月は、浅草橋の路地裏に「パイプオルガンの教室」を発見、昨日は、御徒町の多慶屋の裏に「ニューヨークダンスクリエイターズ」というバレー教室を発見、今日は、ノートと万年筆にこだわるお店を発見して、何だか、ずいぶん、我が住居地界隈のレベルが上がったような気がした。

で、この「カキモリさん」から帰って来た後、多慶屋のTwitterを見たら、御徒町と秋葉原の間の高架下に、「2k540」という「32のアトリエショップ&カフェ」が今日オープンしたとのこと。
場所は、蔵前橋通りに面した、以前、はなまさの「カルネステーション」があったところのようだ。
すごいな~。
明日か明後日見に行こうっと。
(正式名は、「2k540 aki-oka Artisan」らしいが、秋葉原・御徒町をaki-okaというと、何だか、別の場所のようで、素敵に聞こえる。)
(何だか、立ち上げの様子は、このブログに詳しい。)

ファッションは、UNIQLO、安い雑貨は100キンが一人勝ちしているから、その他の商売を考えると、「ここでしか手に入らないアーティスティックな、手作りの」という形容詞がつくような商品でないと、売れない時代なのかも知れない。
[PR]

by mw17mw | 2010-12-10 19:19 | 日常生活 | Comments(4)