築地でお買い物2009.07

また、ぬか漬けの話は明日以降に。(笑)

今日は、昆布が切れたので、築地に買い出しに出かけた。
海苔、鰹節(削り節)は、築地まで行かなくても良いものが結構手に入るけれど、昆布に関しては、私はやはり築地が好き。
私にとって、昆布はなくてはならない出汁の素材だけれど、私にとって、そんなに使いこなしてないせいか、「出汁でケチをするとしたら、削り節ではなく、昆布」というどこかで読んだ言葉を信じ、切れ端で良いのだ。
昆布の切れ端は、築地以外で売っているのを見たことがないから、昆布が切れると、築地に出かけることになる。
今回は、去年の年末以来だから、本当に半年か、7か月振り。

d0063149_2114996.jpg買ったものは、右の写真と、田中商店のたらこと、卵。

今日は、大江戸線で築地に行った。
だから、場内の方から場外へ回ったのだけれど、見た風景をご説明。

まずは、場内の方の大和寿司近辺をフラフラ。
(大和寿司、寿司大、高はし等、昔からの有名店は行列の人で溢れていた)

d0063149_21181920.jpgこの前の「ほぼ日刊イトイ新聞」で売り出している海苔林屋海苔店を探す。
すぐに見つかったけれど、若いお客さんが沢山いてびっくり。
若い人も海苔にこだわる人が沢山いるのねという感じ。
海苔って、どちらにしろ、そのまま食べられるものだから、時代が変わっても、「こだわる人」が生き延びるかも。


d0063149_2117313.jpg茂助団子の前を通って、波除橋から、場外へ向かって、松村さんという鰹節屋さんを左に曲がる。
フラフラと目に移る品々を見ていたら、「極上おぼろ昆布」があって、先日スーパーで購入したものと、同じ価格で、品質が上・量も多くて、目が引かれてしまった。
先日買ったものだって、まだ、鯵寿司数回分が残っているから、迷っていたのだが、お店の人の「腐るものじゃないから、買ったら?」の声に押されてお買い上げ。
(確か、50gで消費税込で473円だったのだが、家に帰って先日スーパーで買ったものをみたら、同じくらいの価格で、何と18gであった。やはり、築地は安い!)
私の買ったおぼろ昆布は、黒と白が混ざる感じであったが、その他に、「太白おぼろ昆布」という真っ白いものも余所の店にあった。
価格はだいたい同じであったので、聞いてみたら、「味はどちらでも同じ、色の好みでどちらかに決めるもの」と習った。

買うときは、そんなに使わない人は、18~50gで十分だと思う。
100gというのも売っていたけれど、100g買ったら、きっと、2,3年残ると思う。

私もまだ家に18gの半分以上残っているのに、50g買ってしまい、使い切るまでどのくらいかかるかと思っている。

その後、「味のよねくら」を見ていたら、田庄の海苔があった、427円だったか、472円のもの一種類のみしか、扱っていないようだ。

d0063149_21203236.jpg次は、いつも「羅臼の切れ端」を購入している中本商店を目指す。
中本商店の手前の「秋山」さんという削り節屋で引っかかる。
ティーバッグ式で、色々入っている削り節(かつおぶし・さばぶし・むろあじぶし)を購入した後、その先を見ると、中本商店が目に入って来ない。
「あれ?」と思って、秋山さんのお兄さんに、「中本さんは?」と聞くと、「半年前に、お店やめてしまったよ」とのこと。
え、え、え、え~、去年の年末にはあったのに....。
中本さんで羅臼の切れ端を買うようになって、もう何年になるのだろう、定番の食材が買えなくなって、すっごく残念。
どうしようかと思ったけれど、「ま、昆布と言ったら、吹田商店だし、あそこには、時間が早ければ、真昆布の切れ端がある筈」と思って、吹田商店に行ったのだ。
それが10時半頃だと思うけれど、見事に、真昆布の切れ端は沢山売れ残っていた。
(私は中本商店の羅臼の切れ端を使うようになる前は、吹田商店のこの真昆布の切れ端がお気に入りだったのだが、朝早く行かないと売り切れていること多く、段々、いつでも手に入る中本商店の羅臼になっていたのだ。)

これが今の築地なのだと思った。
食材、素材を買う客が殆どいなくて、皆、お寿司を食べに来て、家に帰ってすぐ食べられるお土産品を買って帰る、そんな人ばかりが築地に来るようになってしまったのだ。

なんちゃって思いながら、真昆布の切れ端を二袋購入した。

その後、築地共栄会ビルに入る。
青混ぜを買う薮北さんの前を通ったら、「真昆布 職人昆布 料亭使用」という昆布が目に入って来た。
「職人昆布とは、昆布の根もとの部分のことで、細長い昆布の中でも一箇所しか取れない貴重な部分で、ここには昆布の栄養分が集まっており、良質の濃い出汁が取れます」という言葉に惹かれるも、その前に沢山昆布の切れ端を買ってしまったので、今回は諦めた。
何だか、この昆布は美味しそう、今回のものを使い終わったら、次回はこれを買うつもり。

今まで使っていた定番の食材が手に入らなくなるのは悲しいが、確かに、違うものに目が行くから良いかも。

その後、共栄会ビルの表にある卵屋さんで、「初産の卵」を探したのだが、なかったのだ。
お店の人に聞いたら、「これだよ」と「奥久慈のS」を示された。
私の欲しい初産の卵は、10個か20個袋に入ったタイプで、それは、5個単位だった。
絶対違うと思ったけれど、私がこの店で、初産の卵を10~20個入れた袋で売っているのを見たのは、半年以上前だったし、「半年前はあったじゃない」とか「半年前にあったあれ」とか言っても仕方ないので、何も言わずに、3袋購入。

その後、共栄会ビルの2Fのマクドナルドで、100円のバーガーと120円のアイスコーヒーで一服。
築地と言うと、皆、行列してまで色々食べているけれど、私はその時期は終わったし、築地の食べ物は観光地価格で結構高いし、ボリュームがすごいものが多いのだ。
一人で買い物に行くせいもあるけれど、ちょっと小腹塞ぎくらいのもので十分なのだ。

小腹塞ぎで思い出したのだが、確か共栄会ビルの角にパン屋さん(木村や?)があったのに、なくなって、松露などのお土産物屋さんになっていた。(あそこにあったパン屋さんは、場内のパン屋さんの支店だろうか?場内のお店は残っていた)
一度は食べてみたいと思っていたが、一度も買わないうちに消えてしまった。

田中商店のたらこは、また別の話の時に。

<おまけ>
d0063149_21523268.jpg場内で見つけた、ターレットの修理屋さん?
(うちの方だと、「輪業」というと、自転車屋さんだけれど、築地はさすがです)
[PR]

by mw17mw | 2009-07-11 21:45 | 食材・食材のお店 | Comments(6)

Commented by bkkfox at 2009-07-12 17:28 x
偶然ですね~。私も昨日の土曜築地に行きましたw早朝5時半でしたがw
実家の年取ったねこが「食べなくなった」と聞き まぐろの中おちを買いに。
流石にちょっと早かったので、まぐろ屋さんではまぐろが塊のままでしたので場外を3周し、カレー食べて珈琲飲んでやっと一番目の中おちを手にしました。
一皿500円で、いつもいいところが入っています。
早速実家へ持って行くと母が驚くほどよくたべました。

私がかつぶしを買うのは場外の松村さんです。
言われて気づきましたが、「中本商店さん」なくなりましたね。
あの通りは、お気に入りの小さな珈琲屋さんが去年だかに閉店して
寂しい限り(今は寿司屋)。おばさまが一人でなさっていました。
「日本橋から来た」と言うと「これ食べてよ」と頼んでもいないのに
トーストご馳走になってました。なんだかそういうのっていいなぁ・・・と思っていました。
いまでも、築地がいいなぁ、って思うのは二ヶ月に1回行くか行かないかなのに
通りがかると「今日は中おち買う?」って聞いてくる元気なおじさんが
いるようなとこですかね。

Commented by mw17mw at 2009-07-12 23:16
>bkkfoxさん
えらい、5時半に築地に行くなんて、憧れてしまいます。(最近、9時10時に行くようになってしまいました)
しかも、マグロの中落ちを買いに行くのは王道(でも、猫のというのはちょっとひっかかりますが、食欲のない猫が食べたくなる新鮮な中落ちをリーズナブルの価格でとなるとやはり築地でしょうね)

築地に仲良しが沢山いていいですね。
私は田中商店くらいかな?
お店の人と仲良くなるといいですよね。
私ももっと通わなくては。
Commented by bkkfox at 2009-07-13 00:48 x
確かに、ねこに中落ちというのは贅沢の極みですねぇ。
でももうじき旅立つねこだから いいか~と。(もちろん全部はねこが
食べてはいないですよw家族も食べる用にと思いw)
私も、5時半は久しぶりでした。最近行けても6時過ぎでしたから。
そして、品がどのくらい残っているかと考えるとやはり早く行かねば!とついつい思って気ばかりあせります。
本当に、最近のお客さんはあまり材料を買わず寿司屋狙いが多いみたいですね。9時10時でもあまり問題ないと思われます。

後、それ築地で買わなくても?みたいなモノを両手に抱えている方もまた時折見かけます。

やはり昆布やかつぶしは築地がいいようです。(魚はもちろんですが)後たらこやいくらもやはり違いますね、値段とモノの良さがいいです。
Commented by mw17mw at 2009-07-13 12:51
>bkkfoxさん
家族同様の猫なら、しかも、死期が近いのなら、心から美味しいものを食べさせたいですよね。
私も、もっと築地に行きたいし、たらこを初め築地以外で買わないものも多いのですが、一人暮らしだと中々行こうという気にならないのですよね~。

それから、あったら、買おうと思っていたけれど、築地の場外では、鯵は扱っているお店なかったですよ。(きっと鯵は安いからか、わざわざ築地まで買いに来る人いないのでしょうね。鰯は売っていました。)
場内に行けば、1kg単位で鯵は買えるでしょうが。
Commented by bkkfox at 2009-07-14 08:47 x
えぇ!鯵無かったんですか?鰯を売っていて鯵がナイとは・・・ナゾですねぇ。
そう、場内へ行けばもっと安くていいモノがあるんですが、あの量にはちょっと・・・
うちも少人数なので、場内は行っても見物が多いです。
旬がわかって楽しいのですが・・・なかなか手が出ませんw
Commented by mw17mw at 2009-07-14 09:03
>bkkfoxさん
私の見た範囲では、場外に鯵はなかったと思います。
鯵はね~、多分、余りに庶民的な魚だから、わざわざ築地に買いに行くという人はいないのかしらと思いますが、本当のところ、わかりません。
ま~築地の人も安い魚を安く、より、高い魚を安く売った方が商売の妙味があるのかなと思いました。(だったら、鰯はと言われると、良くわかりません)