飛びっきりの「もぎ立てトウモロコシ」

ぬか漬けの続きを書くべきなのだが、昨日、美味しいものをいただいたので、そちらを優先させる。

昨日、A-Ziさんが、「仕事先のひばりが丘で購入したとうもろこし」を届けてくださった。
何だか、その前の晩に、「明日、仕入れられたら、持って行くから」というメールをもらい、「あ、そうか、届けてくれるのだ」とは思ったのだが、他の仕事に気を取られ、「A-Ziさん午後に自動車で到着」と記憶し、もっと早く予定がわかったら、お赤飯を炊いておくこともできたのだけれど、今日の明日では、冷凍してあるお赤飯を渡すしかできない、ま、急だから、仕方ないとか、思っていたのだ。

で、昨日の午後4時過ぎに、A-Ziさん登場。
6本トウモロコシを渡してくださった以外に、「ひばりが丘の農家のおじさんから、『生で食べても美味しいよ』と一本もらったから」と、剥いたトウモロコシを2つに割って、半分を渡してくださった。
「え、トウモロコシを生で食べるの?」と一瞬思ったけれど、かじってみた。
ま、そうしたら、美味しいの、何のって。
十分柔らかくて、瑞々しくて、しかも甘い。
その甘さが自然な甘さで、程良いのだ、わ~、何て美味しいの!トウモロコシって生で食べても美味しいものだったのだと思った。
もぎ立てのトウモロコシをいただけるとはわかっていたのだが、それがこれ程美味しいものとは、全く想像していなかった私であった。

d0063149_121538100.jpgでも、このひばりが丘のトウモロコシは、ひばりが丘だから美味しいというわけではなく、昨年だったか、A-Ziさんが買った農家のトウモロコシは美味しかったのだけれど、今年、その農家ではまだ熟していなかったので、隣の農家で買ってみたものは美味しくなかったそうだ。

で、今回は、仕事でひばりが丘に行くに際して、その美味しい方の農家で買えそうだということで、私の分も買って来てくださったのだ。

どうして、その特定の農家のトウモロコシが美味しいか、その秘密は全然わからない。
もしかして、無農薬?
品種は、何?
細かい情報は全然わからない、確実にわかっていることは、私が今まで食べたトウモロコシの中で、飛び抜けて最高だということ。
こんな美味しいトウモロコシ、食べたことがないというくらい、美味しかった。
(一緒に写っているサンドイッチも、いただいたのだ。私の大好きな足立区中央本町SHINAのサンドイッチ。また、食べられるなんて感激であった。)

いただいた6本のうち、2本は、「同じ都会っ子の甥たちも、こんな新鮮で美味しいトウモロコシを食べる機会は、中々ないに違いない」と思って、甥家にあげた。(家族1/2ずつのつもり)

残り4本のうち、1本は、オーブントースターで、厚い皮は剥いた状態(薄い皮は、2,3枚付いている)で、焼いてみたが、フィッシュロースターみたいに、焼けなかったが、皮に少し焦げ目がついたくらいでも、十分美味しかった。
お醤油をつけて食べた。
生で食べると、シャキシャキした歯ごたえなのが、やはり、軽く火を通した歯ごたえに変わった以外は、ジューシーと自然な甘さは変わらなかった。
本当に美味しい。

後の3本はどうしようかと思ったが、インターネットで検索すると、早く火を通した方が良いとのこと。
茹でるより、ラップに包んで、(2,3本で)10分チンした後、冷めるまでラップを外さない方法がベストと書いてあったので、やってみたのだけれど、結局、中々冷めないので、その晩には結局それ以上食べられないで、眠ってしまった。(笑)

このやり方も良いのかも知れないけれど、本当は、茹で立てなり、蒸し立てなりにお塩をつけて食べたかった。(涙)
(今朝、食べてみたが、やはり、電子レンジでチンは良くないかも。自分の目で、茹で具合・蒸し具合をチェックしながら料理する方が私に向いていると思った。
また、冷めるまでラップを外さないのは、トウモロコシの粒に皺を寄らせないためらしいが、やはり、そうなると、火が通り過ぎることもあるわけだ。)

このトウモロコシ、もぎ立ての美味しさというだけではなく、やはり、農薬の使い方とか、育て方とか色々あるのだろう。
でも、見た目で感心したのは、皮や葉が青色(緑色)の美しさ。
それから、ひげみたいな茶色いもじゃもじゃの部分の匂いを嗅ぐと、本当に、土臭さとトウモロコシの甘い匂いと水分を含んだような湿り気が混じった良い香りがプ~ンとする。

d0063149_12165344.jpg
今朝、スーパーで並んでいるトウモロコシを見たら、結構、皮は緑が濃いものが多かった。でも、その緑のくすみ度が、前日のものと違うような気がした。やはり、もぎ立ては、透明感と言うか、けがれていないというか、老化が始まっていない緑色なのだと思う。
(トウモロコシの皮が黄色いものには、今度からそれだけで手が出ないかも。)

いや~、もう他のトウモロコシでは満足できないと思う程、当日の生と焼いたトウモロコシは美味しかった。(笑)

何だか、今、私は、A-Ziさんが目の前に現れて実際にトウモロコシをいただいてから、A-Ziさんは、ひばりが丘から真っ直ぐ会社に戻れば近いのに、遠回りして、我が家に届けてくださったのだということが実感された。
きっと、ご自分が経験された美味しいトウモロコシを是非私に食べさせたい、自分と同じ感激を共有できたらと考えて、行動してくださったのだろうが、本当に有難い。
有難うございました。

こんなに美味しいものを、時間を割いて、わざわざ我が家に届けてくださったことも考えると、何だか、お礼が少なくて悪かったなと反省。
[PR]

by mw17mw | 2009-07-10 12:21 | 食材・食材のお店 | Comments(9)

Commented by love-t_k at 2009-07-10 16:27
葉っぱも青々としていてひげがまたリッパでこんなトウモロコシなんて早々お目にかかれないですよね。
ヨダレもんで見ました^^
Commented by uwomaru at 2009-07-10 19:04
23cmオーバルならトウモロコシ丸っといけたのでは…と思いました。
次の機会には是非ストウブ使ってみてはと思います^^
Commented by mw17mw at 2009-07-10 21:48
>love-t_kさん
やっぱり、このトウモロコシは立派ですよね~。
でも、love-t_kさんは、野菜の目利きですね、私はこのトウモロコシを見るまで、新鮮の見分け方がわかりませんでした。
今度から、ひげに鼻を突っ込んで、匂い嗅いじゃおうと思います。

>uwomaruさん
あ、そうだ、私は23cmのオーバル持っていたのだ~。
何だか暑くなってから、自分がストウブ持っていること、すっかり忘れていました。
思い出させていただき、有難うございます。
次回は、是非、ストウブで蒸し焼きにしてみますね。
Commented by A=Zi at 2009-07-11 06:41 x
私も時々料理をしますが、味のほうはともかく、
熱い物は熱いうち、冷たい物は冷たいうちに、というように
一番おいしい時に食べるようにしています。

捕りたてのイカが食べたくて釣りを始めたくらいで、
あとはタイミングですか。
肉や魚はエィジングが必要ですが、野菜は新鮮さ。時間との勝負
だと思っています。

そういう意味でも良く畑の直売所は立ち寄るほうで、今までに
無農薬の爆裂種(ポップコーン用)のとうもろこし、間引き大根等
おいしい物に当たったのですが、今回は偶然でした。

何か所かある、直売所の中で、素人目に見てもなんか畑がきれい
(手入れされている)という印象を受けたので、そこに去年
立ち寄って出会った次第です。
私も1年待ったのですが、以前、話をした責任上、
これはぜひ知ってもらいたいと運んだわけです。
生食出来るとうもろこしは、以前潮干狩りの帰りに寄った
サービスエリアの直売所で初めて食べた(試食)のですが、
それが東京23区内の畑で作られているということが感激でした。
Commented by mw17mw at 2009-07-11 08:17
>A-Ziさん
本当に「手に入れるのが難しいと想像できる『新鮮な美味しさ』」を届けてくださって、感謝、感謝です。
ひばりが丘って、40年前に一二度行ったことがあるだけです。
23区内の畑でこんなに美味しいものを丁寧に作る方がいるなんて、感激ですね。
丹精込めたトウモロコシなのでしょうね、「永遠なれ」と思ってしまいます。
Commented by A-Zi at 2009-07-11 08:18 x
訂正です。
気になって調べたところ、その畑は23区内ではなく、
ぎりぎりの所で埼玉県新座市でした。
Commented by mw17mw at 2009-07-11 08:22
>A-Ziさん
あ、そうなのですか?
私はひばりが丘って、昔で行ったら、保谷市、今では西東京市という地名で、23区ではないのではとちらっと思ったのですが、練馬区か何かが隣接しているのではと想像しました。
埼玉県新座市と言っても、人間が勝手に引いた線のこっちか向こうかの違いですから。
とにかく、東京近郊でこれ程の農作物を作っている人がいるというところが素敵ですね~。
Commented by もず at 2009-07-11 13:12 x
昨年見た「歩いても歩いても」という映画でとうもろこしのてんぷらが出てきましたが、昔話(主役の阿部寛が小学生の頃と言う設定)で板橋区で隣の畑で盗んで作ったというのを家族が話している場面がありました。私も映画を見た翌日、実家から届いたとうもろこしでてんぷらを作りましたが、映画同様「あまーい。」と叫びました(笑)。次の日に残りを食べてみると全く違う味でした。本当に鮮度が命ですね。
実家に帰ったら、採りたてのとうもろこしで作ってみようと思います。生でも食べてみます。
Commented by mw17mw at 2009-07-11 17:21
>もずさん
「歩いても歩いても」良さそうですね、今度、借りて来て見ようと思います。
本当、トウモロコシは、収穫当日かそれ以外かで味が違いますよね。
採れ立てのトウモロコシを生で食べる環境があるなんて、相当羨ましいです。