寄せ番長

テレビで、インフルエンザ、インフルエンザ、マスク、マスクと騒いでいる。
自慢ではないが、私は集団で予防接種をしてくれる高校までしか、インフルエンザの予防注射をしたこともないし、一度もインフルエンザに罹ったことがない。
後、余り人混みに行かないので、マスクも買っていないし、全然怖くない。
(なんちゃって、罹ると、みっともないけれど)

さて、今日は朝から、お豆腐の話。

この前の日曜日、二週間振りに千鳥町の叔父のところに行って来た、二週間前に置いて行った大桃豆腐は、気に入ってくれたかな~と思いながら。

で、叔父と色々話をして、その後、近所のスーパーに私が叔父の代わりに買い物に行くことになった。
ヨーグルト、牛乳の他に、「丸い楕円形の容器に入った100円のお豆腐を買って来てくれ」とのこと。
叔父は続けて、「あのお豆腐は本当に美味しい、あんなお豆腐を100円でしかもスーパーで手軽に買えるなんて、良い時代になった」とかなんとか言っていたかな?

では、試しに、私の分も買ってみるねと言いながら、サミットというスーパーで、お豆腐を探した。
楕円形の容器に入ったお豆腐は二種類あったが、一つは高くて、もう一つは108円だったので、108円の方を買った。(当たった)

d0063149_952213.jpgしかし、それが私の嫌いな「番長シリーズ」ではないか。
名前は「寄せ番長
(写真は、食べ掛けでごめんなさい。きっとブログで紹介する程ではないだろうと、開封する前に写真を撮らなかったのだ)

自慢ではないけれど、数年前に「男前豆腐」「波乗りジョニー」は、試しに買って食べてみて、雑味がすごいと、一度で懲りた。(ザー菜とか、胡麻油と一緒に食べれば美味しく食べられるけれど)
何で、世の中の人たちはこんなお豆腐を褒めるのか、不思議で仕方なかった。
最近では、お豆腐屋さんに行く時間がなかったので、スーパーで「厚揚げ番長」を買って、煮ものに使ってみたけれど、何だかパサパサしていて、美味しくなくて後悔したのだ。
もう番長シリーズには絶対手を出さないと誓ったのは、1,2か月前のこと。

でも、叔父のセールストークに、また、手を出してしまった「寄せ番長」...。
表紙に「国産 本気で作ったこの豆腐 暑い魂で盛り込んだ白い柔肌の難い奴」と書いてある。
国産大豆を使って200g108円なら、安いなと思った。

で、昨晩、食べてみたのだけれど、今まで食べた番長シリーズと同じシリーズとは思えない程、ま・と・も
雑味もないし、国産大豆の濃い味が美味しい。

石の上にも三年、というけれど、三友豆水庵さん、とうとう美味しいお豆腐が作れるようになったみたい。

では、大桃豆腐とどちらが美味しいのと言えば、勿論大桃豆腐。
一番大きな違いは、大豆の甘さ。
寄せ番長は、大豆の美味しさは味わえるけれど、甘さを全然感じない。
(大桃豆腐のゆきほまれという比較的甘さのない大豆で作ったお豆腐でも、大桃さんの方が甘い)
でも、その点を除いたら、この品質で100円は相当優秀ではないかと思った。

叔父は調子が悪いし、先に食べた大桃豆腐の美味しさを忘れて、その後、手軽に手に入る寄せ番長の方しか、味の記憶がないみたい。
ま、仕方ないか。

こんなお豆腐を大量生産メーカーで安価に作られてしまうと、益々、街のお豆腐屋さんが大変になりそう。

ある方推薦の只管豆腐(ひたすらとうふ) も、見つかったら買ってみたいけれど、私が行く範囲のスーパーでは売っていないかも。
でも、400g567円は、高い。

ところで、「寄せ番長」で検索したら、面白いページを発見、その名は、B食隊
B食倶楽部は、B級ではなく、「美食」倶楽部なのだけれど、こちらは、本当にB級グルメのページのようだ。
紛らわしい。
[PR]

by mw17mw | 2009-05-20 09:09 | 食材・食材のお店 | Comments(2)

Commented by bunny at 2009-05-30 06:45 x
こっちは誰一人マスクしてません、逆にしてたらテロリストに間違われて危険かも。しかもインフルエンザ、誰も怖がってないんですよ。「罹ったら会社休めるしラッキー」とか思ってそうでなんか怖い。
Commented by mw17mw at 2009-05-30 07:58
>bunnyさん
何で、日本はあんなに大騒ぎしたのでしょうね。
(今はもう余り報道されないし、静かです)
たぶん、鎖国と肉食を解いて、140年の島国だから、神経質なのでしょうね。
それから、毎日淡々と仕事することを良しとする民族性があるから、「インフルエンザで休む」を恥と思っているのかも。
うちの甥2が、「週末に大阪に野球の応援に行きたい」と言ったところ、母親が「こんなときに大阪に行って、インフルエンザの菌をもらって来て、発病したら、学校に行けなくなる」と大反対したそうです。
確かに、偶然で発病したら、皆同情してくれるでしょうけれど、この時期に大阪に行って発病したら、確かにねとは思います。