はじめての「Title」ランチ

今日のお昼、山岡荘八の「徳川家康」第三巻を持って、1時過ぎに、Titleへランチに行って来た。

で、中に入ったのだが、中は、とっても素敵。
天井が剥き出しで、高く、しかも広い。
しかも、テーブルも椅子もしっかりしていて、テーブルとテーブルの間が空いている。
空間の使い方としては、台東区の中でピカ一贅沢。
(台東区を出ても、ここは空間の使い方がとても贅沢な方だと思う)

d0063149_2173621.jpg最近、iriya plusや粉花とか、最近できたカフェ、何軒かに行ってみたけれど、このTitleは、木造ではなくて、しっかりしたビルの中にあり、がっしりした骨組みの部屋、がっしりした家具の中で、他のカフェより、安心感があるのかも。骨太のカフェ。

白い壁と床、その他が茶色で、インテリアも素敵で、とても落ち着くし、そこにいるだけで、癒される感じ。
友だちと、憩いながらのランチにこれ以上のところはない雰囲気。

写真に写すと、狭い感じはするかも知れないが、実際は写真の3,4倍の広さに感じられるお店。

や、これは贅沢、贅沢、しかもオシャレ、こいういうお店が、恵比寿にあったら、当たり前と感じられる空間が、元浅草にある感じ。

が、カウンターの方を見ると、お酉さまの熊手が....。
これぞ、まさしく、台東区の飲食店の印ではないか、あれ、外してくれないかな?
お酉さまの熊手が目に入ると、「ここは台東区の飲食店」という気分になってしまう。
しかし、常連さんが買ってきてくれたら、飾らないわけ行かないしね~~。
ま、私が、熊手を目に入れないようにすればよいのだ。

1時過ぎで、そこそこ、お客さんがいたし、私の後からも人が入ってきた。(皆、勤め人風)

サラリーマンでない私は、一人だし、家に帰れば、サラダもコーヒーもあるので、メインのみ。(ケチ?)

今回、食べたのは、パスタのアマトリチャーナ、680円。
それに、全粒粉のパンを1つつけてもらった、100円。(ランチメニューにはないけれど)

d0063149_2181626.jpgちょっとして出て来たが、パスタは、ちゃんとアルデンテで、ちゃんとトマトソースで、塩味も適度で、ごく普通に美味しいと思った。(特別美味しいとも思わなかったけれど、不愉快なところはなかった)
でも、食べている内に、トマトソースの中のパンチェッタ?、塩豚?の5mm角くらいのものに当たり出したのだが、これが美味しい。
豚の味の中に、黒胡椒の味と、何だろう?ハーブの味と香りがしっかりついていて、とても美味しい。
私が作る塩豚と違って、「プロの作ったパンチェッタ」という感じ。
そうか、美味しい塩豚って、こういう味がするのねと、勉強になった。

量は、女性には適度だけれど、男性には少ないかも知れない。

パンを取ってみたのだけれど、パスタを食べ終わったら、トマトソースがお皿に沢山残ってしまったので、ちょうど良かった。

今度は、カフェ丼か、ピザを食べてみたい。

下記が、ランチメニュー。
パスタやカフェ丼は、毎日、メニューが変わるそうだ。
d0063149_20543335.jpg

[PR]

by mw17mw | 2009-05-12 21:08 | 飲食店・菓子店 | Comments(4)

Commented by cawa-j at 2009-05-12 21:55 x
> お酉さまの熊手が....。
>これぞ、まさしく、台東区の飲食店の印

まりたんの観察眼すばらしす!

ランチ安いねー♪
Commented by mw17mw at 2009-05-12 22:02
>cawa-jさん
ご近所のcawa-jさん、ずっと忙しいのだよね?
もし、時間と余裕がある時があったら、ここで、午後1時から1時間くらい、デートしない?
ランチは月-木です、そういうときがあったら、連絡ください。
Commented by cawa-j at 2009-05-15 08:36 x
するする!!!
連絡します★

来週の水曜日あたりにだと、ちょっと一山超える・・・
かも?

近くなったら連絡します♪

行けなかったらゴメンネ(><)
Commented by mw17mw at 2009-05-15 19:21
>cawa-jさん
了解しました、連絡お待ちします。
(行けるといいね~)