新御徒町にカフェが...cafe Title

今日は、朝から一日、お友達を合羽橋へ案内。
久々ゆっくり合羽橋に浸かっていたら、新たな発見が沢山あったのだが、合羽橋話は明日に回して、「新御徒町」という地域の変化について。

d0063149_2011687.jpgまず、昔でいう竹町の交差点、今で言うと、新御徒町の交差点というのか、清洲橋通りと春日通りが交差するところがあるのだが、その角に、小さい時からずっと存在していた「小野書店」が店を閉めたことに、一昨日気付いた。
何だか、今、工事中で、飲食店に変わるのではないかと思う。

ま~、私が物ごころついたときからあった本屋さんがなくなるのはとても淋しい。
と言いながら、町の本屋さんで本を買ったのは、中学生までだったと思う。
その後は、一年に1,2回しか、買わなかったと思う。

オフラインの本屋は、インターネットの本屋に食われていると聞いたけれど、本当に家の周囲に本屋がなくなってしまった。
週刊誌等のお客も、コンビニやスーパーに奪われていったのだろう。

昔からの本屋がなくなり、きっとどこかのチェーン店の飲食店ができるのだろう。

d0063149_1943724.jpgなんて、感傷に浸るというか、新御徒町の盛り場化に思いを馳せながら、春日通りより北側一本裏の道(白鴎高校のグランド裏)を自転車で走ったら、何だか、カフェみたいなものができているではないか。
朝早かったので、黒板も出ていなかったし、お店のどこにも、お店の名前がなかった。
しかし、扉が開いていて、中を見ることができた、何だか、店の外も中も、渋いオシャレで素敵。
このお店は一体何なのだろうと思いながら、お店を開けねばならず、家に戻った。
(有り得ないものを見たという感じ)

で、今日、合羽橋の帰りに、再度見に行ったのだ。
d0063149_19534694.jpg写真を撮りながら、店の端の方に、テイクアウトの窓口があるのに気付く。

その時、ちょうど普通の格好の若い男の人が出かけるために店を出て来たのにぶつかって、色々教えてくれた。
「お店の名前は、『Title(タイトル)』で、主にはイタリアン」のお店、テイクアウトも始めたところで、全体に、低価格に抑えています」とのこと。

へ~、こんな裏通りにお店を開いて大丈夫かなと思ったのだが、何と、もうこの場所にお店を開いて、2年が経つとのこと。(私は2年間、この路地を通らなかったのかな?)
2年持っているのなら、「良い店ができたのはいいが、やめてしまうのではと、ハラハラする心配はない」と一安心。
「こんなところに、こんなお店があるなんて、今まで気付かなかった」と言うと、「ご近所の皆さん、皆、そうおっしゃいます」とのこと。(笑)

家に帰ってから、写して来た写真を見、もらってきたショップカードのURL食べログの評を見てみた。

そうすると、何と、このお店は、2007年の5月9日と書いてあるから、今日はちょうど2年目なのだ。
そして、このお店のオーナーは、バッグデザイナーの方で、2Fがその事務所らしい。
わ、だから、オシャレなのかも。
そして、先程の若い男の人がシェフで、イタリアで修業してきた人だとわかる。
また、低価格みたい。

ここまでわかったら、何で、さっき行った時に、テイクアウトの自家製パンを買って来なかったのだろうと思い始め、再度、自転車で買いに行ってしまった。

先程の若い男の人は今度は、イタリアンの料理人という服装で、料理をしていた。
まだ、そこのパンが美味しいかどうかわからないけれど、「ここらへん、まともなパン屋がないから、こういうパンを売っているというだけで嬉しい」と言うと、若いシェフさんは、またまた、「皆さん、皆そうおっしゃいます」とのこと。(笑)

テイクアウトの窓口で、ショーケースにあった「ミルクパン、全粒粉パン、ゴマパン」1つずつに、ドーナッツ状のお菓子を1つ買って来た。(丸いパンは1つ70円、ドーナッツ状のものは100円)

ちょうど食パンが焼けたのだけれど、と言われたが、パンが美味しいかどうかがわからないので、今回は、食パンを買わなかった。

d0063149_19433871.jpg家に帰って袋を開けてみると、パンの香ばしい香りがプ~ンとして美味しそう。
ドーナッツみたいなものだけ、食べたけれど、美味しい。
ドーナッツ生地ではなくて、パンの生地を小さく丸めて繋げたもののような食感。
そこに、黒いものは何だかわからないが、適度に甘く、適度にバニラの香りがして、とても美味しかった。
ここのパン、良いかも知れない。

嬉しいな、カフェが近所にできて、経営者がバッグデザイナーで、お店の中心がイタリア帰りの若いシェフ、しかも、テイクアウトにも力を入れていて、その上、美味しいパンを売っているなんて、新御徒町にとっては、「有り得ない夢ではないか」と思う程のビッグニュース。
こんなこともあるのだなと思う、原住民としては、奇跡に近い出来事。(笑)
カジュアルなお店の中では、一番新御徒町に相応しくないお店が、知らない間に、存在していたのだ。

まだ、食べていないから、本当は何とも言えないのだが、「外観も内装もオシャレで、しかも、ちゃんと料理の修業をして来た人が運営しているカフェ」が、徒歩5分強のところにできて、本当に嬉しい。

ま~、このブログを読んでくださる皆さまの中で、台東区民以外、中々新御徒町にいらっしゃることはないかも知れないけれど、いらっしゃることあれば、お試しください。

このブログも参考になる。
[PR]

by mw17mw | 2009-05-09 19:58 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(7)

Commented by bkkfox at 2009-05-10 02:50 x
こんな場所にこんなイタリアンが出来ていたとは!びっくりです。
このブログに感謝です!私もここはお散歩やおつかいコースから
きっかり外れていました、ついついいつも同じの最速コースを通ってりまうので・・・
うちでは毎朝ほぼパン食ゆへこの辺りで
パン屋さんケーキ屋さんが少ないのには本当にびっくりでしたが、
(でも和菓子屋さんはかなりあるようでそこは良い所!)
徐々に出来始めているんですね。レストランの方の味のレポートも期待しています。
Commented by mw17mw at 2009-05-10 10:20
>bkkfoxさん
本当に、「こんな場所にこんなお店が」という驚きのお店でした。
外から見ただけで、センスが良いのがわかるお店です。
浅草橋のシブレットは、小学校のグラウンドの向かいだし、今度のお店は高校のグラウンドの並びだし、itonowaも小学校の横だし、台東区でセンスのある店は、学校近所が多いのが不思議です。
パン、食べました。
袋から出したらカチンカチンで、買う時に「電子レンジで30秒温めて食べてください」と言われたのを思い出し、そうしたのですが、30秒がちと長く、20秒でちょうど良いみたいでした。
来週、ランチ行って来ますね。(夜は、近所にお友達がいないので、当分無理かも)
Commented by うしくん at 2009-05-11 00:45 x
以前「紫堂」の時に書き込みさせて頂いた うしくん です。

「小野書店」閉められたのですか・・・子供の頃、利用していました。広小路や中通りの「明正堂」もよく行きましたが、
佐竹に行ったついでに「アルプス書店」に無かったりすると、
帰りがけ「小野書店」に寄ったものでした。
「小野書店」から少し御徒町に向かった方向にバナナの輸入業の方がやっていらっしゃる「バナーヌ」という名の喫茶店がありました。1度も入った事がなかったけれど、子供ごころに惹かれるものがありました。

Commented by kaneon at 2009-05-11 11:05 x
え~驚きです。こんな店ができるなんて昔だったらありえません。
さっそく行ってみたいです。
でも最近下町地区に若めの人がこだわったお店を出すケースは
ちらほら見かけますよね。
嬉しいです。
台東区情報ありがとうございます。
Commented by mw17mw at 2009-05-11 18:23
>うしくんさん
うしくんさんは、本当に、御徒町の線路外側詳しいですね、懐かしい名前が沢山です。
バナーヌは、相当長いこと頑張っていましたよね。
(私は大学時代に入ったことあります)
バナーヌがやめた後、もう1つ喫茶店が並びにできたのですが、今となってはそれもなくなってしまいました。

新御徒町と言う駅ができて、もう10年くらい経ちますが、この1,2年、ようやく変わって行きそうな雰囲気になってきましたが、古い店がなくなるのは、何だか、淋しいですね。

>kaneonさん
本当に、こんなところに、「イタリアの田舎風のカフェ」というのができるなんて、ありえないつ~の!という感じですよね。
どうせ、盛り場になるのなら、表面はチェーン店のファーストフードのオンパレードになっても、裏の路地に素敵なこだわりのお店が増えるといいですね。
Commented by 真公 at 2009-05-11 21:58 x
mw17mwさん、こんにちは。

自分のブログへコメントいただいて、ありがとうございました。
小野書店さんは、去年の年末で閉店しました。
それと、新御徒町界隈にはもう一軒、カフェじゃないんですがカジュアルなイタリアンが2年くらい前にオープンしました。
そっちはまだ1回しか行っていませんで名前も失念していますが、若い人はそこそこ入っているようです。自分のブログでも、そのうちに紹介するつもりですので、またぜひお越しください。
Commented by mw17mw at 2009-05-12 15:10
>真公さん
ようこそ。
私は御徒町に行く時に、春日通りの一本南側の道を通るもので、本当に小野書店が閉店したのは知りませんでした。(我が家皆裏道を通るので、誰も知らなかったみたい)
カジュアルなイタリアンはわかります、春日通り、昭和通りに出る手前の都民銀行を曲がったところですよね。
あそこも行きたいと思いながら、未だ果たせず、レポートを楽しみにしています。
では、今後ともよろしくお願いいたします。