上野アトレの古奈屋の「カレーうどん」

阿修羅展を見てから、アトレに向かう。
暗い公園の中を歩いて上野駅公園口に向かうのだけれど、他にも数人歩いているし、一番広い噴水横の道だから怖くはなかった。
公園口に曲がるところに交番を示す赤い電気が見えて、「あ、交番があるから安心」と思ったけれど、近くに来た時、「電気はついているけれど、無人」だったので、がっかり。(笑)

駅の右横の大きな歩道橋を渡り、エスカレーターを1台乗って、アトレに入る。
隣の麻布茶房は行列ができていたけれど、古奈屋は空いていた。
中は、10人くらいのカウンターと2人用のテーブルが2つの小さなお店。

d0063149_1191457.jpg初めてだったので、一番シンプルなかれーうどんを頼む。(前金制)
で、出てきたら、おまけにほんのちょっとの玄米の炊いたものと、生姜の甘酢漬けを細かく切ったものがついて来た。
運んできたお姉さんが、「玄米は、最後に雑炊にして召し上がってください。生姜はお好みで」と言った。

まず、スープを飲んでみたけれど、確かに美味しい~。
どろどろの汁も、何というのだろう、牛乳が、隠し味という程、地味な使い方でもなく、味を支配しているという程でもなく、ちょうど良い具合で「牛乳が入っているな」とわかる程度に入っていて、美味しい。
全体にコクのあるスープ、コラーゲンがたっぷりな感じなので、目の前にあった「レトルトパック」を手に取って、原材料を見た。
どうも、肉類は豚肉を使っているみたい、あのコラーゲンぽい感じは豚のものなのかな?
カレーの味と香り、コラーゲン、牛乳、和風の出汁が相俟って、独特に美味しい。
(アミノ酸等は入っているみたいだが、食べ終わってから、口が化学調味料の後味で気持ち悪くなることはなかった。)

昔むかし、MLをやっていたときに、古奈屋のカレーうどんの作り方を習って作ったことがあったのだけれど、今回初めて食べてみて、私が作った時には、牛乳を入れ過ぎていたことがわかった。
牛乳の使い方が上手。

で、うどん自体もつやつやしていて、腰があり、中々美味しいうどんであった。

だいたい、うどんを食べ終わったところに、玄米を投入、混ぜて、どろどろしたスープとともに食べたけれど、これはこれで美味しいけれど、私としては、うどんの方が好きかな?
最後、生姜を入れてみたけれど、生姜の甘酸っぱさが強くて、入れない方が良かったと後悔。
うどんだけだとすぐにお腹が空くので、この玄米がついているのは、良いと思う。

ということで、食べ終わったのだが、何も残さなかった。
これだけのうどんだったら、1050円は高くないかも知れない。(安いとは思わないけれど)
ここは、癖になる味だな~、すぐには食べに行きたいとは思わなかったけれど、空いていたら、ちょくちょく寄りそう。
うどん好きの甥2に推薦しよう。
[PR]

by mw17mw | 2009-04-26 11:09 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)

Commented by A-Zi at 2009-04-29 01:19 x
うまそうですね、 カレーうどん好きなんです。
蕎麦屋のカレー南蛮も好きですが。

上野って、どこで食事しようか困ってました。
適当な店がありそうで無い。
今度、寄ってみます。
Commented by mw17mw at 2009-04-29 20:30
>A-Ziさん
そうなのです、上野って、余り良い店がないですよね。
アトレの2Fの古奈屋の向かいのつばめグリルは美味しくなかったです。
古奈屋さんは、チェーン店でも美味しいみたいですよ。
一人とか少人数で、「上野駅界隈で軽く食事」するのに推薦できます。