春の予感は「桜色」

私がお赤飯を送った叔父の娘である従姉妹が、「箱根に行って来たお土産に」と、EXパックで、梅干しとともに、桜色の贈り物を送ってくれた。

何だか、冬の終わりで、もうちょっとしたら、桜が咲くのかしら?でも、まだ寒くて、咲くのまだまだだな~という時に、こういう桜色の贈り物って、とても気持ちを楽しくしてくれるということを実感した。

d0063149_22411315.jpgd0063149_22414311.jpg









左が、「桜だより」というもので、炊き上がったあったかご飯(3合くらい)に、そのままよ~く混ぜて出来上がり。パスタも同じ要領で」と書いてある。
そうだ、このご飯を、俵型にしてみよう、何だか、春めいたきれいなご飯ができそう。

右は、「桜塩」で「天ぷらのつけ塩に」「おにぎりむすんで桜むすび」「焼き魚に」と書いてある。

両方とも、原材料は、国産の塩、桜(花・茎)、梅酢。

私は茶色い料理ばかり作る人だけれど、これを使えば、食卓がきれいに春めきそうで嬉しい。
[PR]

by mw17mw | 2009-03-02 22:46 | 食材・食材のお店 | Comments(2)

Commented by bunny at 2009-03-03 07:50 x
私の料理も基本は茶色です。
綺麗なお塩!こんなに美しい袋に入ってるし、日本の文化って素敵です。私も使ってみたいです。
日本ってもう花粉が飛んでるみたいですね。ってことはもう春なんですねー。
Commented by mw17mw at 2009-03-03 11:45
>bunnyさん
嬉しいです、パパっと料理を作ると、茶色くなってしまいますよね。(笑)
こういうお塩もいいですよね。
素敵と思っても自分では中々買わないので、今の時期の贈り物にいいかと思います。(もらうと嬉しい)
花粉は結構大変ですけれど、最近、雨が多いので、助かっています。