谷中・千駄木フラフラ

土曜日は、谷中と千駄木をフラフラしていたのだが、美容院で2時間かかり、つけ麺屋で一時間かかったとは言え、12時に家を出て、戻ったのは7時前だから、本当に、心底フラフラできた。

平日、お店に張りついていて、どこにも出かけないせいかも知れない、綱を解き放たれた犬のように、ほっつき歩いてきた。

B食で、シャレースイスミニがまだ紹介されていないことに気付き、まずは、シャレースイスミニに行ったのだけれど、予約で満席で入れなかった。
パンを3つ買ってきた。

d0063149_22333644.jpgd0063149_22335873.jpg









左は、シャレースイスミニの手前にあったお寺。
梅を大アップで写したかったが、まだ、咲いていなかった。
満開は来週かな?

d0063149_22351846.jpg
谷中銀座で見つけた古今亭志ん生、金原亭馬生(池波志乃さんのお父さん)、古今亭志ん朝親子のポスター。
(こうやって見ると、志ん朝は、本当に志ん生に良く似ているのがわかる)
皆、良い顔をしていて、素敵な写真。
何だか、写真から、昭和30年代から40年代くらいの木造家屋で畳の生活の雰囲気が漂っている。
確かに、「これぞ、以前の谷中」という写真。

d0063149_2239983.jpgd0063149_22393728.jpg









出かける前に、Googleマップで千駄木あたりを調べたら、団子坂の北の方に大きな池があることを発見。
あそこに大きな池があるなんて知らなかったので、更に調べると、どうも「須藤公園」という公園らしい。
今まで名前も存在も知らなかったので、つけ麺屋の帰りに行ってみた。
場所は、中華料理の天外天の別館の裏。
不忍通りから奥を見るとこんもりした森のようなものが見えた。
急な斜面に階段がついていて、それを上ってみたら、その斜面全体が公園のようなのだ。
池も大きく、お水がきれいなのが印象的。(安田庭園とは違う。ここらへんは湧水が豊富なのだろうか)
須藤公園は元々は武家屋敷だったようだが、明治時代に所有した実業家の須藤さんがこの土地を東京市に寄贈したらしい。
滝もある筈なのだが、私が行ったときは気付かなかった。
何だか、千駄木自体が、都会のオアシスというか、ほっとできるところなのに、この公園は、それよりもっとほっとできる場所のよう。
区立の公園と言えど、遊具が全然なくて、小さいながらも自然の風景を生かした公園で中々素敵。

d0063149_22552362.jpgで、階段を登り切ったところをフラフラ歩いてみると、本当にすごい高級住宅地。
本駒込の大和邨に匹敵するだろうか、高い建物が全然ないのだ。
不忍通りに近いところは、所謂下町なのだけれど、斜面を登った坂の上は、高級住宅地であった。
(この写真の家の並びに、「須藤さん」という豪邸があったけれど、それは、須藤公園を寄贈した須藤さんの末裔のお家かしら?)
千駄木にこんな高級なところがあることを私は知らなかった。
そうだ、いつも団子坂の南の方と、不忍通り沿いしか、行ったことがなかったのだ。


d0063149_2255463.jpg美容院が終わってから、また谷中をフラフラ、後藤さんで今回は、生姜飴を購入。

適当に歩いていたら、以前から入ってみたかった豆屋さんにぶつかる。
そのお店は本当に不思議というか、昔のまんまの豆屋さん、その名は、丸安商店
本当に、ここは、滅多に余所者が来ない村のお店のようだ。
間口の狭い土間一杯に、量り売りの豆を広げていて、お店番の人がいないのだ。
袋入りもあるから、誰かがその袋を持って行けるし、持って行ったとしても、絶対わからない。
前を通る人たちが全て善人であること、もしくは豆を持って行く人はいないことを前提としたお店の作り。(笑)

ささげがあったので、買おうと思ったのだが、呼んでもだれも出て来ない。
仕方ないから、店というか、土間の奥まで入ると、左側にガラス戸があり、その中の部屋で人がテレビを見ているのがわかる。
そこまで行って、声を出したら、人が出てきてくれて、買うことができた。

私が買う間中、韓国からの若い女性の旅行者グループが、このお店を見て、キャッキャ言っていた。
彼女たちにとっても、珍しいお店なのかも知れない。

良く歩きました。
[PR]

by mw17mw | 2009-03-01 23:05 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(4)

Commented by cawa-j at 2009-03-02 11:21 x
まりたんが自転車じゃないのはめずらしい〜けど
階段とか多いからやっぱり歩きの方がいーよね。

いつかいっしょに行ってみたいな(^^)


噺家さんのポスター写真、いーねー。
なんか、色気があるとゆーか・・・。

こういう人、最近少ない気がするな。
Commented by mw17mw at 2009-03-02 11:48
>cawa-jさん
谷中までめぐりんで100円だから、つい乗ってしまうけれど、暖かくなったら、自転車でも行くと思います。
でも、歩くと時間かかって仕方ないです。
cawa-jさんの「いつか」はすごく先のことのような気がしますが、首を長くしてその機会を待っています。(笑)

「色気がある」、さすが、cawa-jさん、的確な表現。
本当に、こういう色気のある、何というのか健全に艶やかな男の人って、いなくなってしまった気がします。(落語家には皆無のような気が)
やっぱり、こういう色気は、池波志乃さんの料理本に出てくるような暮らしをしていないと、出て来ないのでしょうね。
Commented by bkkfox at 2009-03-03 03:55
お久しぶりです<(_ _)> 谷中!時々行きます。ほんとに落ち着いた町と下町っぽさがいい具合にミックスされててほっとしますね。
ここの豆屋さん気になってたんですよ~wこの近辺の美容室に通ってらっしゃるんですか?
Commented by mw17mw at 2009-03-03 11:42
>bkkfoxさん
谷中はフラフラ散歩に剥いていますよね。
ここの豆屋さん、知っているなんて、通ですね。
路地にあるからわかりにくいですよね。
美容院は駅の近所の不忍通りにあります。
あそこらへん、一通り食べ終わったら、地元の美容院に戻るかも知れないです。(笑)